在職中の転職活動が会社にバレる6つの原因!バレないためにはこれしかない!

RobinHiggins / Pixabay

 

  • 在職中の転職活動って会社にバレるの!?
  • バレずに転職活動がしたい!

そういった悩みをお持ちの方は珍しくないと思います。

 

最近は有効求人倍率が高止まりしていることもあって、転職が活発になってきています。

ですが在職中に次の会社を見つけようと転職活動していると、会社でバレてしまう可能性もあります。

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いですから、転職活動しているのがバレたら猛烈に引き止めて来たり、最近はやめさせないトラブルが増えてきています。

何とかばれないように転職活動したいところですが…。

 

この記事では在職中の転職活動が会社にばれる原因と、バレない為の方法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

在職中の転職活動はなぜ会社にバレてしまうのか?

スムーズに行けば、在職中の転職活動は会社にバレないことが多いです。

ですがネットなどを見ていても、会社にばれてしまい転職妨害されたり、やめさせないと言われたなんていう事例もあります。

中には「内定をもらってから辞退の電話をかけさせられた」なんていうケースもあるみたいですね…。

まあそんな電話かけるほうもかける方ですが…。

 

在職中の転職活動がばれてしまう原因をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

SNSでバレる

今在職中の転職活動がばれる原因として一番考えられるのは、SNSでばれてしまうケースです。

最近は Twitter や Facebook などの SNS をやっている人が多いです。

自分はアカウントがばれていないつもりでも、結構こういうのは些細な情報からばれるケースはありますからね。

 

特に実名でやっていたり、どこに住んでいるかなどの情報開示していたり、特定する情報が多いほどばれやすくなります。

特に転職活動しているなんてことを呟いたり、個人が特定できるような情報を載せてしまうと、特定しようと思えば結構特定できてしまうものですからね。

 

同僚に漏らしてバレる

転職活動していることを、仲の良い同僚に話してしまう人も多いです。

味方だと思っていた同僚が会社にバラしてしまうパターンです。

口が軽い人であったり、あなたが転職することをひそかに妬んでいるような性格の悪い人ですと漏らしてしまう可能性があります。

 

こんなことになると人間不信に陥ってしまうものですが…。

やはり口が軽い人は結構多いですし、そもそも人に話したという時点で誰かに漏れるリスクは常にあります。

 

前職調査をされてバレる

最近は個人情報保護法の影響で違法になったのですが、未だに前職調査をする会社というのも後を絶ちません。

ただ信頼性が重要視される公務員や大企業、一部の業種などでは、採用試験を受ける前に前職調査をすることに同意する書類にサインを求められることもあります。

まあ在職中の転職活動なので、「本当にその会社で働いているのか?」ということを確認するために電話をかけてくるケースですね。

保険会社や関係ない業種の勧誘を装ってかけてきたりもします。

ただ電話を受けた人が勘のいい人ですと、「まさかこの社員は何かしてるんじゃないか?」みたいに勘ぐってきて、そこからカマをかけられてばれるケースもないとは言えません。

 

面接に行くところを見つかってバレる

後は面接に行くところを見つかってばれるケースもあります。

特に普段スーツなんて着ないような肉体労働系とか現場仕事系の人が、スーツを着ているところを同僚に見つかったら当然ながら「転職活動でもしてるんじゃないか?」と思われてしまいます。

スーツを着る仕事の人でも、取引先でもない関係ない会社に入っていくところを同僚に見られたらばれますね。

結構世間は狭いですし、どこに知り合いがいるかわからないので、案外こういった可能性はあります。

 

会社のパソコンで転職サイトにログインしてバレる

あとは不用意な行動をしてばれるケースもあります。

会社のパソコンで、使っている転職サイトにログインしたりするとバレる可能性があります。

バレないだろうと思ってこっそりやっていても、どの社員がどのパソコンでどんなページを閲覧していたか、というのをチェックしている会社も多いです。

そんなのチェックされたら確実にバレますね。

しかも給料が発生している業務時間中に関係ない転職活動していたなんてなったら、会社は怒るでしょう。

 

家族が同僚にバラす

後は家族が知り合いの同僚にバラしてしまうというケースも考えられます。

特に会社から自宅が近かったり、同僚に家族の知り合いがいる場合は可能性が高くなってしまいます。

家族が同僚と知り合いだったりするとポロッと喋ってしまいかねません。

自分はばれないように気をつけているつもりでも、家族はあなたが転職活動していることは当然ながら知っている可能性が高いですよね。

本人よりもバレることを警戒していない可能性が高いので、ばれてしまう可能性があります。

 

会社にバレずに在職中の転職活動をするには?

上で述べたように、在職中の転職活動は会社にバレるリスクがあります。

まあ要領よく自分から漏らさなければばれる可能性は低いんですが…。

大抵は不用意な発言や行動でばれてしまうケースが多いですね。

なんとか会社にバレずに在職中の転職活動をする方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

同僚には転職の話や会社の愚痴を言わない

会社に転職活動していることをばれたくないのであれば、同僚には転職の話はしないようにしましょう。

転職活動の話はしなくても、会社の愚痴なども言わない方がいいです。

会社への不満を同僚に愚痴ったりすると「じゃあ転職するしかねえな!」何ていう話になったりしますし。

迂闊な人ですと、そこでポロッと喋ってしまいかねません。

普段は会社に忠誠を誓った真面目な社員を演じつつ、影で転職活動を進めて、ある日突然退職を言い出した方が無難です。

 

家族にも言わないよう釘を刺しておく

あなたが会社にばれないように気をつけていても、家族がバラしてしまう可能性があります。

家族に内緒にするつもりでも、スーツを着ない業種の人がスーツを着て出かけたり、郵送で受けた会社から書類が届いたりしたらまあバレますからね。

そこで家族が同僚と知り合いだったりすると、バレる可能性もあります。

あなたが知り合いだと認識していなくても、あなたの知らない間に知り合いになっているケースもあります。

 

なので一応、家族に「転職活動していることは誰にも言うなよ!」と釘を刺しておくといいかもしれません。

そうしないと「バレてもいいじゃない」なんて考えている人も多いので、バレる可能性があります。

「ばれたくないんだ」ということは一応伝えておいた方がいいでしょう。

 

会社のパソコンやスマホを転職活動に使わない

後は基本的なことですが、会社のパソコンやスマホを転職活動に使わないようにしましょう。

パソコンは基本として、会社支給のスマホや携帯電話がある方も多いかもしれません。

そういった媒体の通信記録やネットの閲覧ログを監視している会社も珍しくありません。

社員が私用で遊びに使っていた!なんてことになったらふざけるなということになりますからね。

ましてや転職活動なんて個人的なことに使っていたら、会社は猛烈に怒ると思います。

辞めさせないぞ!なんていうことにもなりかねません。

 

有給休暇に頼りすぎない

後は転職活動していることがバレる可能性が高いのが、有給休暇を取りまくった場合です。

普通転職活動の面接は平日に設定されることが多いため、有給休暇を使って面接を受けに行くことになりますが…。

あまりに頻繁に有給休暇を使っていると、当然ながら「あいつ何かやっているな」と感づかれてしまいます。

なので、あまり有給休暇には頼りすぎない方がいいでしょう。

 

転職エージェントなどを使えば、平日の夜や土日に面接を設定してくれたりもします。

そういった便利なサービスを使い、有給休暇の使用は最小限にしていくと良いでしょう。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

転職エージェントを味方につける

在職中の転職活動でばれないようにして転職を成功させるには、転職エージェントを使うといいでしょう。

転職エージェントは、在職中に会社にバレないように転職活動を進める方法などのアドバイスもしてくれます。

面接の日程調整もしてくれるため、上で述べたように平日の夜や土日に面接を設定してくれたりもします。

正直在職中に会社にバレないように気をつけつつ、良い会社に転職を成功させるというのはかなり大変です。

エージェントであれば質の高い非公開求人も扱っており、良い会社の求人が多いです。

使えるものは何でも使って在職中の転職活動を成功させるようにしましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

バレると転職妨害の可能性も!?転職活動は慎重に

転職活動が会社にバレる可能性は常にあります。

どこに誰がいるかわかりませんし、誰が誰と繋がってるかも分かりませんからね。

特に最近は人手不足の影響で、転職活動していることがばれたら転職妨害されたり、やめさせないなんて言ってきたりもします。

最近は解雇よりも、辞めさせないトラブルが増えてきていますからね。

くれぐれも転職活動は慎重に行いましょう。

 

1番は転職エージェントなどを使ってアドバイスをもらったり、面接の日程調整をしてもらうことですね。

そうすれば最大限会社にばれないように注意しながら、良い会社に転職を成功させる可能性を高めることができます。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

転職活動
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。