売れない営業マン6つの特徴!バンバン売れる営業マンになる改善策はこれだ!

Free-Photos / Pixabay

 

  • 売れない営業マンだと言われた!
  • 売れる営業マンになりたい!

そういった悩みを持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

今は物が売れない時代とも言われていますし、売れない営業マンの状態に陥っている方も多いと思います。

私も一時期営業的な仕事をしていたことがありますが、人に物を売るというのは想像以上に大変ですからね…。

特に最近は物やサービスが供給過剰なものあまりの時代とも言われていますしそんな中ものを売るというのは本当に大変です。

まあそんな中でもバンバン商品を売っている人もいるのが現状ではありますが…。

 

この記事では売れない営業マンの特徴と、売れる営業マンになるための方法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

売れない営業マンの特徴とは?

実は私も一時期営業的な仕事をしていたこともありますし、 正直結構売っていました。

ただ同僚にはやはり売れない人の方が多かったですし、 コツを教えても要領が悪い人ですと全然駄目だったりするんですよね…。

結局そういった人はやがて辞めていくんですが…。

売れない営業マンの特徴をまとめてみましたので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

 

押し売り感が強すぎる

売れない営業マンの特徴として、一番に挙げられるのは押し売り感が強すぎるということです。

やはり人は押し売りを殊更嫌う傾向にあります。

詐欺にあいたくない、損をしたくないと考えるのは自然な感情です。

自分の都合ばかり考えて「買ってください」という風に押し売りしていたら、拒否反応を起こされるのは当たり前です。

 

売れる営業マンというのは押し売りはせずに、「こういうのありますけどどうですかね?あぁ、買わないんですか。それじゃあ別にいいですけど?」みたいな感じでさらっとやっていたりしますね…。

仲良くなったりして、商品の紹介するのはさらっとやるぐらいでいいと思います。

 

自分の話ばかりする

売れない営業マンというのは、自分の話ばかりする傾向にあります。

売れる営業マンというのはトーク力が高くて、自分の話ばかりするイメージがありますが、実際それはないですね…。

聞き上手の方が営業マンに向いているというのもよく言われることですし。

人間は他人の話を聞くよりも自分の話をしたがるものです。

 

特に自慢好きな人というのも多いですし、悩みを聞いてもらいたいという欲求を持っている方も想像以上にかなりたくさんいます。

誰もあなたの話なんて聞きたくありませんが、その反面自分の話は聞いてもらいたいと思っています。

そこで話を聞いてあげれば仲良くなることも出来ますし、ニーズに合った商品であれば「じゃあいただけますか」となる可能性は高いです。

 

そもそも必要ない人に営業をかけている

そもそも大前提の話として、そもそも必要ない人に営業をかけているというケースもあります。

これができていないと、当然ながら押し売りになってしまいます。

どんな製品を扱っているのかわかりませんが、必要な人に「こういった製品ありますけどどうですか?」とやれば高い確率で売れるんです。

 

まぁ会社のマーケティング戦略や営業戦略がそもそも間違っていると、営業マン個人にはどうしようもありませんが…。

「売れればなんでもいい!」という会社なら、自分で見込みターゲットを考えてアプローチできますので、改善の余地はありますね。

 

そもそも商品自体が世の中に必要ない

そもそも大前提の話ですが、製品によってはそもそももう時代遅れになってきていたり、詐欺的な商品が多かったりしますね…。

大企業の製品で、使っている人が多い製品であれば別ですが、小さい会社で技術力もないと、もっと安い性能の良い類似商品があったりします。

そんな会社の営業マンですと売るのはかなり難しいでしょう。

 

そういった会社や製品はそもそも、時代遅れでもう世の中に必要ないとも言えます。

もう少し世の中の役に立つ製品を扱っている会社に転職して、商材を変えた方がいいと思います。

ダメな商品ですと必要とする人がそもそもいないため、押し売りになり売れなくなるのは当たり前です。

その場合は詐欺的な手法で情報弱者を騙して売るしかないですね…。

 

回る件数が少なすぎる

あとはよくあることとしては、回る件数が少なすぎるということも挙げられます。

一件回って百発百中で売れるような人でしたら、そんな会社にしがみつかなくてもどんな会社でもやっていけるでしょう。

100%売る力がある営業マンでしたら、どんな会社でも高い金を積んで働いてもらった方がメリットがでかいですからね。

どんなに売れる営業マンでも、たくさん件数を回っていたりします。

商材にもよりますが、まあ100件や1000件アポをとって回って、一つ売ればかなりいいほうなのではないでしょうか?

 

例えばこういったインターネットビジネスでは、1000人来たらそのうち10人が商品に興味を持ってクリックしてくれて、そのうち1人が買ってくれる…みたいな感じですからね。

誰でも知っているような大手の会社の製品でもそんな感じです。

まあ対面販売であればもっと成約率は上がるかもしれませんが、100%売るなんてありえません。

まあ大抵の目標は試行回数さえ増やせば実現できます。

もっとアポや回る件数を増やした方がいいかもしれません。

 

リピーターを疎かにしている

後は売れない営業マンの特徴として、リピーターを疎かにしているということも考えられます。

2回3回と後で続けて買ってもらえるのであれば、買ってもらえるようにアフターフォローをしていた方がいいでしょう。

新規の顧客を獲得するよりもリピーターに買ってもらった方が、既に商品の良さを知っているわけです。

関係構築もできているわけですから、遥かに楽です。

すでに売ったことがあるお客さんがいるのであれば、リピーターになってもらうべく接触を図ったりするのもいいかもしれません。

ただ商材によっては一回売ってあとはそれっきりということもありますので、全てではありませんが…。

 

売れる営業マンになるためには?

上で述べたように、売れない営業マンの特徴は色々とあります。

まあ一番確かなのは押し売り的になってしまっていることと、回る件数が少なすぎることですかね…。

見込み客がたくさんいるフィールドで勝負した方がいいですし、それにしても試行回数はある程度以上に増やす必要があります。

売れる営業マンになるための方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

社内の売れる営業マンに同行し真似をする

あなた自身は今現在売れない営業マンなのかもしれませんが、社内の同僚には売れる営業マンがいるのではないでしょうか?

なので社内の売れる営業マンに同行させてもらい、真似をするというのも手段のひとつです。

売れる営業マンというのは他人に与えることを意識している人が多いため、快く受け入れてくれる可能性もあります。

 

結局は真似から入るのが一番手軽です。

大抵モノを売る手法なんてのは割とみんな共通している部分があったりして、学ぶことは多いです。

我々人間には共感や真似を司るミラーニューロンというものがありますので、真似というのはやろうと思えば誰でもできます。

とりあえず売れる営業マンの同僚を探してみるのもいいかもしれません。

或いは社内にいないようであれば、売れる営業マンのセミナーなどに行ってコツを掴むことも必要かもしれません。

 

もっとアポや回る件数を増やす

後はそもそも、もっとアポや回る件数を増やす必要があると思います。

どんなに腕の悪い営業マンでも、数の力で売ることは可能です。

極端な話、1万件アポを取ればさすがに1件や2件は売れる可能性が出てきます。

特に最近ネットでの詐欺販売なども増えてきていますが、0.3%の法則と言って1万人にアプローチすればそのうち30人くらいには売れるという法則があります。

大多数の人にアプローチすれば、必然的にどんなに確率が低くても売れるんです。

 

まあ個人では限界があるでしょうが、アポや回る件数を増やすことで売れる確率を上げることができます。

こういった総当たり的な方法で売れる営業マンを目指すのもいいかもしれません。

まぁ実際にはFAXやダイレクトメールとかコストの安い手段で、アプローチを増やす場合が多いですね…。

 

商品を必要としている客を探す

後はそもそもマーケティング的な視点が欠けている可能性もあります。

商品を売るには必要としている人に売るのが一番です。

なので、今使っている商品を求めている人は誰か?ということを考えましょう。

 

例えば商材が女性向けの化粧品なのに男性にアプローチをかけていたら、売れる可能性はものすごく低いです。

これについては結構とんちみたいな話で、盆栽を買いに来る人には株式投資などの商材の成約率が高い…なんていう話もあったりしますが。

その商品を欲しがる人を見つけられて、見込みターゲット層にアプローチすることができれば、高い確率で売れやすいです。

まあただ商品によっては、同業他社の商品に比べて何の魅力もなかったりするケースもありますが…。

その場合はもっとマシな商材を扱っている会社に転職したり、情報弱者を騙して売りつける詐欺的な手法を使うしかありませんね…。

 

自社製品がダメな場合、転職を検討

売れない営業マンとか売れる営業マンとか言われたりしますが、そもそも売れるかどうかは商品によって左右されます。

ダメな商品ですと、他の商品をバンバン売りまくっている営業マンでも全然売れなかったりしますし。

駄目な商品でも売れる営業マンはいますが、普通の手段では売れないので、情報弱者を騙して売りつけたり、サイコパス的な詐欺師のような人が多いです。

そんな商品を扱っている会社は後々社会問題になり、倒産する可能性が高かったりしますが…。

 

自社製品が駄目な場合はそもそも売れませんので、もっといい商品を扱っている会社に転職した方がいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高いですし仕事もたくさんありますからね。

あなたが売れない営業マンなのは会社の扱っている商品の悪さが原因な可能性がかなり高いと思います。

今のうちに転職を検討しておいた方がいいかもしれません。

良い商品だったらさらっとターゲット層に紹介するだけで売れてしまいますからね…。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

営業経験者は転職で強いので、早めに転職するのもアリ

売れない営業マンでも、商品力がある製品であれば割と簡単に売れます。

逆に誰も欲しがらないようなダメな製品であれば、売れるはずがありません。

未だにハローワークなどを見ると、訪問販売系の仕事があったりしますが…。

大抵同業他社に比べて何の優位性もないダメな製品で、価格だけ高かったりします。

そんなダメな商品を売るには、情報弱者を騙して詐欺的に売るしかなくなってしまいます。

そんな会社は無くなったほうが世の中のためになりますね…。

 

あなたが売れないのは会社の商品が原因のことが多いと思いますので、早めに転職を検討したほうがいいと思います。

幸い営業経験者は転職で強い傾向にありますし、商品力のある製品を扱っている会社の営業マンになればこれまでの苦労が嘘だったかのように簡単に売れる可能性が高いです。

ダメな製品をいくら売ろうとしても無駄ですので、今のうちにもっとマシな会社に移ってしまった方がいいかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。