朝礼が死ぬほど苦手!?前日の夜寝れなくなる前に試したい9の克服法

skeeze / Pixabay

  •  朝礼が死ぬほど苦手!

  •  朝礼の前の日は寝られない!

  •  朝礼が会社を辞めたいほどイヤ!

 とお悩みの、 朝の朝礼が死ぬほど苦手な方のためのページです。

 朝礼って、あの独特の雰囲気が嫌ですよね。

 会社になじめていなかったり、集団生活が苦手な人にとっては、 あの独特なノリはかなり苦手だと思います。

 朝礼のスピーチが嫌という人もいるかもしれませんし。

 ですが、そんな些細なことほど、人間の精神を蝕んでいくものです。

 何とかするための方法まとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

朝礼のことは朝礼になるまで忘れる

 というか、たかが朝の朝礼ごとき、気にしすぎではありませんか?

 朝礼のことはその時になるまで忘れておいたほうがいいのではないでしょうか?

 私もいつも日々の仕事をこなすことで頭がいっぱいで、朝の朝礼のことなんていつも考えてなかったですけどね。

「もう朝礼の時間か」みたいな。

 icon-exclamation-circle 

 なんにでも言えますが、思い悩むだけ無駄です。

 何かを後でやらなくてはいけないときは、その時になるまで忘れておいたほうがよいのです。

 特に朝礼なんて別に 何かあっても死ぬわけじゃないんですし。

 スピーチをやらされるのかもしれませんが、ある程度準備したら後は出たとこ勝負でいいと思います。

 というか結局はそうするしかないですね。

まあ、明日スピーチがあると思うと眠れないかもしれませんが…。

⇒【眠れない】明日が来るのが怖い!会社が嫌な時落ち着く9ポイント

早めに出勤して先に仕事をする

fancycrave1 / Pixabay

あるいは、早めに出勤して先に仕事を少し始めておきましょう。

 そうすれば、今日の仕事のことで頭がいっぱいになると思います。

 朝の朝礼のことなんて、その時になるまで忘れているでしょう。

 そうすれば、あまり緊張せずに済むのではないでしょうか?

朝礼の準備をしておくことも重要かもしれませんが、仕事のほうがもっと大事です。

朝の朝礼のことを忘れるためにも、仕事のためにも、 早めに出勤して先に仕事を始めておきましょう。

ネタは事前に準備しておく

 あるいは、朝の朝礼のスピーチが苦手なのかもしれません。

 であれば、もう適当なネタを事前に準備しておきましょう。

 そんなに肩肘張らなくていいと思います。

たかが朝の朝礼です。

というか、どうせみんな聞いちゃいないんですから、適当なネタを用意しておけばいいんです。

 みんな朝の朝礼の時間は

  • 「会社だるいなあ」

  • 「眠いなあ」

とか考えてますから。

 あなたのスピーチなんて、どうせろくに聞いちゃいません。

朝礼がすぐ終わる会社に転職

Foundry / Pixabay

 朝礼なんて、会社によって違うんですよ。

 会社によってはものすごく面倒な朝礼をさせられる会社もあるみたいですね。

 社員の人数が少ない会社ですと、社員一人ずつほぼ毎日スピーチさせられるとか。

 ノルマのある営業職などは、ノルマが発表されたりもしますよね。

 ノルマが未達成の人は突き上げられたりしたり。

 icon-exclamation-circle 

 そんな地獄のような朝礼を毎日させられていては、精神が病んできてしまうかもしれません。

 会社によっては、朝礼なんてそもそもなかったり、かなり簡単に済ませる会社も多いです。

いっそのこと、そういう会社に変えてしまうのもありかもしれません。

 「朝礼が嫌で転職」なんていうとバカみたいですけど…。

こういった些細なことが人間関係の悪化につながって、働きにくくなったりするんですよ。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

居眠りをする

 人数が多い会社の朝礼でしたら、居眠りをしてやり過ごすという方法もあります。

 というか、大多数の会社の朝礼ではみんな半分寝てるんじゃないでしょうか?

 朝からそんなにテンション高い人もいないでしょうし。

今は長時間労働の会社も多いですから、 居眠りしないとやってられないような会社も多いでしょう。

 まぁ完全に寝てしまったらまずいので、頭を半分停止させるくらいの感じにしましょう。

 そうすればいつの間にか、朝礼なんて終わっているはずです。

朝からテンション上げておく

Lazare / Pixabay

あるいは、会社によってはものすごくテンションの高い朝礼をやっている会社もありますよね。

正直ついていけない気がしますけどね…。

そういう会社ですと、朝から無理矢理テンション上げていくしかありません。

例えば、

  • テンションが上がる曲を聴いておく

  • 出勤前にテンションの上がる動画でも見る

など。

私も以前、体育会系の会社に勤めていた時にやってました。

「朝からテンション上げていかなくちゃ!」と考えて、出勤前にプロレスの動画を見ていました。

テンションが上がるのでお勧めです。

そうすればなんとか朝から乗り切れるかもしれません。

月曜だけなら休む

会社によっては、朝礼は月曜だけみたいな会社もあります。

あるいは、月曜だけ全体朝礼をやって、他の曜日は適当にささっと済ませてしまうとか。

そういう会社でしたら、月曜日は休んでしまうのもアリだと思います。

まあ毎週休んでいたら色々言われると思いますので、たまに休むぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。

 icon-exclamation-circle 

あなたはこんなページを見ている時点で、あなたはかなり真面目な人だということは分かります。

なので、有給休暇もかなり溜まっているのではないでしょうか?

たまには休んでもいいと思いますよ。

ズル休みだったとしても、普段から勤務態度が真面目な人間に対しては、上司や同僚もあまり言ってこないと思います。

そんなに朝の朝礼が憂鬱なのでしたら、休んでしまいましょう。

⇒会社に行きたくないときに使いたい!ズル休みの言いわけ8選!

適当に済ます

Jedidja / Pixabay

というか、朝の朝礼ごとき適当に済ましておけばいいと思いますよ。

スピーチをさせられるにしても、どうせみんなあなたのスピーチなんてろくに聞いちゃいませんし。

正直、世の中の大多数の人は、たかが朝礼5時にそこまでエネルギーを割いていないと思います。

 icon-exclamation-circle 

私も今までバイトを含めれば、かなりの数の会社を経験してますが、みんな朝の朝礼なんて適当にやってましたよ。

スピーチさせられる会社も多いですが、みんないい加減な感じで適当に済ましてました。

あなたちょっと真面目すぎるといいますか、自意識過剰なのではないでしょうか?

あんまり何事にもクソ真面目すぎると、うつ病になってしまいますよ。

もっと肩の力を抜いて適当にやりましょう。

貧血でキツいフリをする

あるいは、貧血できついフリをして、椅子に座ったり、一時的に退室してしまうのもアリです。

 朝礼の何が嫌かって、立ったまま社長の長い話を聞かされたりするからですよ。

前の会社そうでした。

中小企業なんてみんなそんな感じでしょう。

 座って聞けるんだったらまだいいですが、大抵立ってやらされますよね。

 その会社では、社長の話が長すぎて貧血で倒れる社員が何人もいました。

私もその1人です。

 なので、貧血できついふりをして退出してしまうのもありですね。

まとめ

 たかが朝の朝礼ごとき、と思いがちですがこれで死ぬほど悩んでいる人も何気にいるみたいですね。

 特にあがり症の人だったり、多汗症の人だったり、吃音症の人だと、スピーチが苦手だったりするかもしれません。

 多汗症の人ですと、朝の朝礼で緊張して汗が止まらなくなってトラウマになってしまう人もいるでしょうし。

 まああんまり気にせずにやっていくしかないと思います。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする