新人定着率の悪い会社の特徴!と新人がいつかない時の対処法

geralt / Pixabay

  • 新人の定着率が悪い!
  • 新人定着率の悪い会社の特徴が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時勢多いかもしれません。

特に最近は仕事なんていくらでもある傾向にありますからね。

少子高齢化による労働人口の減少によって人手不足に陥っている会社が多いですし。

有効求人倍率も高止まりしていますからね。

そんな中従業員を大事にしないようなブラックな会社は誰も来ない傾向にあります。

仮に新人が入ってきたとしてもブラックなので、続かずに辞めていってしまうことが多いでしょうし。

この記事では新人定着率の悪い会社の特徴と、新人が長続きしない時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

新人定着率が悪いと人手不足の原因に

最近はそういった新人がなかなか定着せず定着率の悪い会社というのも珍しくないと思います。

最近は本当にブラックな会社が増えてしまいましたからね。

人を人とも扱わないような、本当に労働環境の悪い会社が増えてきているんです。

そういった会社ほど最近は本当に人手不足に陥ってきていますね。

 icon-exclamation-circle 

帝国データバンクの21018年の調査によると、約半数の企業が正社員が足りていないと回答していますし。

そもそも失業率も低迷しており求職者自体が減ってきていますからね。

そんな中そういったブラックな会社というのは、新人が定着しないどころか既存従業員も辞めていってしまいますからね。

人手不足の原因になってしまうんです。

これからはさらに人口動態的に人手不足が加速していくことは確定していますからね。

そんな新人が定着しない会社は働く人がいなくなって、人手不足倒産の憂き目に遭ってしまうでしょう。

新人定着率の悪い会社は性格の悪いお局がいる

そういった新人定着率の悪い会社の特徴としましては、やはり性格の悪い人がいる傾向にあります。

特に人間関係の悪さなんて退職の際の1番の原因になることが多いですからね。

そういった嫌な人がいると、定着率が悪く辞めていってしまう可能性が高いのです。

 icon-exclamation-circle 

一番は性格の悪いお局がいるケースが多いですね。

そういった人がいると新人を虐めたりしてやめてしまいますし。

特に最近は上でも述べたように仕事なんていくらでもある傾向にありますからね。

そんな働けば働くほど嫌な思いをする会社でしがみつく必要などひとつもないのです。

そういった意地悪なお局や性格の悪い人がいると、新人に仕事すら教えず嫌がらせする傾向にありますし。

そんな会社で新人が定着するわけがありません。

新人定着率も悪い会社は求人票に嘘を書いているケースも

そういった新人の定着率が悪い会社も今のご時世多いとは思いますが…。

そういった新人の定着率が悪い会社というのは、求人票に嘘を書いているケースも多いです。

特に最近は人手不足が加速してきていますからね。

正社員で募集をかけても誰も応募が来ないケースも多いですし。

そんな中人を集めるために、求人票に嘘を書いてでも求職者を集めよう!なんて考える悪質な会社も増えてきているんです。

私も何回か転職していますがそういった求人票に嘘が描いてある悪質な会社に当たってしまってすぐに辞めたことがありますからね。

特に最近なんて仕事なんていくらでもある傾向にありますからね。

求人票に嘘が書いてあることが入社後に発覚したらすぐに辞めてしまいますよ。

ふざけんなって事になりますからね。

そんな嘘を書くような誠意のない会社に新人が定着しないのは至極当たり前と言えます。

新人定着率の悪い会社は面倒見のいい社員がいないケースも

そういった新人が定着しない会社も今のご時世多いとは思いますが…。

そういった新人定着率の悪い会社というのは、ほぼほぼ面倒見のいい社員がいないケースが多いですね。

特に新人のうちなんて働くことに大いに不安を抱えていますからね。

どんなに頭が良くて仕事が出来る有能な人でも、入社して3ヶ月ぐらいは不安が大きくやめてしまうリスクが高いですし。

そんな中続けていけるのは面倒見よくを教えてくれる先輩社員がいるからです。

逆に言えばそういった面倒見の良い方がいなければ新人が定着する可能性は極めて低いと言えるでしょう。

まあこういうこと言うと「甘えるな」とか言い出す人がいますけど、そんな事言ってるから新人が定着しないんですよ。

まあ最近は仕事なんていくらでもありますから、そういった面倒見の良い優秀な人はもっといい会社にどんどん転職していってしまうんですけどね。

いくら人手不足とはいえ、求人票に嘘を書いて集めるとすぐ辞められてしまうので

そういった新人の定着率が悪い会社というのも今のご時世多いと思いますが…。

やはりそういった会社というのは、求人票に嘘を書いているケースも多いと思います。

というか求人票を出す側としては、嘘をついているとあまり認識していないことも多いかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

特にハローワークに求人を出しているような会社は、途中で待遇が変わってもそのまま書き直さずにそのまま掲載しているケースもありますし。

自分の会社が出している求人票が求職者側からしたらどう見えるか?はよく考えてみた方がいいと思います。

大抵の会社は、入社前はいいことしか書かない傾向にありますからね。

実態よりもよく見せるために盛って書いたりするケースもありますし。

それで入社後イメージと全然違えば新人は辞めていってしまいますよ。

そういったミスマッチが起きていないかどうか?考えた方がいいかもしれません。

こんなはずじゃなかったなんてことになったら、新人も定着しませんからね。

新人が定着するよう、みんなで優しく教えてあげるべき

そういった新人の定着率が悪い会社というのも多いと思いますが…。

やはりそういった新人の定着率が悪い会社というのは、仕事を覚えるうちに嫌気がさして辞めていってしまう傾向にあります。

多少給料が安かったとしても、優しく教えてくれたり面倒見のいい社員が多いのであれば、長続きしますからね。

新人が定着しないということは、仕事を覚える前に嫌気がさして辞めていってしまっているということです。

特に最近は人手不足でピリピリしている会社が多いですから、そう言った会社も増えてきてはいるのですが…。

 icon-exclamation-circle 

なので、新人が定着するようにもっとみんなで優しく教えてあげた方がいいかもしれません。

特に新人のうちなんて不安がいっぱいなんですから、かなり丁重に扱うべきです。

でないと今仕事なんてたくさんあるので、「この会社で長続きしなさそう」と思われてしまったらさっさと辞めていってしまいますし。

あまりに定着率の悪い会社だと、あなたにしわ寄せが来る可能性も高いので

そういった新人の定着率が悪い会社というのは、今のご時世多いとは思いますが…。

やはりそういった会社となると、ほぼ100%人手不足に陥ってしまうと思います。

新人が来ても定着せずに、既存のベテラン社員もどんどん辞めていってしまいますし。

特に今なんて転職がしやすいんですから、嫌なことがあったらすぐ転職してしまいますよ。

そういった新人の定着率が悪い会社と言うのは待遇も悪い傾向にありますし。

そうなると結局後に残されたあなたにしわ寄せが来る可能性が高いです。

まぁ今は本当に仕事はたくさんありますので、今の会社に不満がある場合は今のうちに転職を検討するのもいいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高いですし。

転職はかなりしやすくなってきていますからね。

新人が定着しない会社となると、本当に人手不足で年々消耗していく可能性が高いです。

今のうちに動いておくのも良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように新人が定着しない会社で勤めている方も多いと思いますが…。

やはりそういった会社というのは、本当に深刻な人手不足に陥る傾向にあります。

特に最近なんて仕事に慣れたベテラン社員もどんどん転職していってしまいますからね。

人が辞めていっているのに新人が来ない、来ても定着しないのでは本当に働く人がいなくなってしまいます。

最近は本当に人手不足で倒産する会社も増えてきていますので、他人事ではないのです。

それで残されたあなたのような社員にしわ寄せが来るというのは、よくあるパターンですし。

まぁ今は仕事は多いので、そんなブラックな会社に勤めているのであれば、今のうちに転職を検討するのがいいかもしれません。

今はもっといい会社も仕事もたくさんありますからね。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする