【自己実現】好きな仕事がしたい!好きを仕事にする11のポイント

geralt / Pixabay

  •  好きな仕事がしたい!

  •  つまらない仕事をするのは嫌!

  •  人生1度きりだし、好きに生きたい!

 とお考えの、好きな仕事をしたいと考えている方のためのページです。

 今の世の中、あなたのように考える人も少なくはありません。

 確かに人生1度きりです。

どうせ仕事をするのであれば、「好きな仕事をしたい」と考えるのは人間として自然な欲求なのかもしれません。

 ですが、簡単にいかないのも事実です。

なんとか好きを仕事にするための方法まとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

好きなことを明確にする

そもそも、あなたの「好きな仕事」というのは明確化されていますか?

これすらわからなければ、好きな仕事を目指すのは無理です

 ゴールが明確ではないということですからね。

 まずは

  • 「自分は一体何が好きなのか?」

  • 「自分は何をしているときに充実感を感じるのか?」

  • 「何をしていると楽しいか?」

ということを明確にしたほうがいいと思います。

 明快さは力です。

自分が何を望んでいるのか分かっていれば、無駄な寄り道をしなくても済みます。

 人間は、思い描いたことはかなり実現できる力があると思います。

 ですが、想像できない、思い描けないことは実現しようがありません。

好きな仕事を実際に体験してみる

JESHOOTS / Pixabay

好きな仕事が明確になったら、その仕事、あるいはそれに近い仕事を実際に体験してみたほうがいいと思います。

 大抵の人は、「この仕事がしたい!」と思っても実際にそれをやったことがなかったり、それをやっている人に話すら聞きに行かないそうです。

 それでいざ始めてから

  • 「こんなはずじゃなかった」

  • 「やってみたらそんなに面白くなかった」

  • 「思いのほかキツかった」

なんて我侭なことを言い出します。

かなり意味不明ですけどね…。

たいていの人は、勝手に目指して勝手に諦めていきます。

 icon-exclamation-circle 

 あなたが今やりたいと思っている「好きな仕事」は、実際にあなた体験したことがあるんですか?

 それを仕事にしてしまったら、毎日やっていくことになるんですよ?

 望まない道に対して努力しないためにも、一度でもいいから体験してみたほうがいいと思います。

バイトでもボランティアでもいいです。

一日体験でも何でもいいから、実際に体験してみるべきです。

可能なら、継続してやったり、一週間とかまとまった時間を確保してやってみるべきです。

実際努力し始める前に、目指すのを辞めることができれば、それに越したことはありません。

無駄な努力をしなくても済みますからね。

その仕事の何が好きなのか?分析する

あなたがなんの仕事につきたいと考えているのかわかりませんが。

「その仕事の一体どこが気に入っているのか?」細かく分析してみたほうがいいと思います。

例えば「声優になりたい」という目標があるのであれば。

その仕事に何を求めているかといえば、

  • 目立ちたい

  • 自分の生きた証をこの世に残したい

  • 自分の声を生かしたい

  • アニメが好きだから

などの欲求があるのかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

であれば、声優なんて難易度の高い仕事を目指さなくても、それを満たせる他の仕事を探せばいいんです。

普通の会社の営業職などでも、色々な人の前でプレゼンする機会があるでしょう。

そこで目立つことも可能ですよね。

自分の生きた証を残すのなんて、製造業とかドカタとかやったほうが満たされそうな気もしますし。

広い視野で見たら、別に自分の欲求を満たせる仕事なんて、他にも色々あると思うんですよね。

そのほうが遥かに簡単に、好きな仕事ができるのではないでしょうか?

ライバル少ないところを狙ったほうがラクに実現できますよ。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

どうやればその仕事ができるか?調べる

後は、「どうやったらその仕事に就くことができるのか?」を調べることも重要ですね。

 あなたが想像上で作り出した仕事でなければ、既にその仕事についている人がいるはずです。

 誰しも考えることは同じですから、実在しない職業であれば、その仕事につくことは不可能といえるでしょう。

 ですがその仕事についている人が実際にいるのであれば、そのとおりに真似をすればできるようになる確率が高いです。

先人がいるなら、その真似をすればよいのです。

もちろん努力は必要ですし、簡単な道ではないと思いますが。

 icon-exclamation-circle 

 もしここで調べてみて「さすがにこれは今からでは難しいのではないだろうか…?」と判断したのであれば、その仕事を目指すのは諦めるべきかもしれません。

 頭の中に思い描けることであれば実現可能ですが、実現のプロセスを頭の中ですら描けないようであれば無理です。

 実際にその仕事をやっている人がいるのであれば、ネットで調べてコンタクトとってみるのも手段の1つですね。

 というかそのぐらいはしたほうがいいと思います。

これから人生かけることになるのです。

その仕事を目指すことに対してのメリットデメリットは全て知っておくに越したことはありません。

今の会社で働きながら目処をつける

あなたはもう既に、どこかの会社で働いてるのかもしれません。

でしたら、今の会社で働きながらその「好きな仕事」につけるように努力したほうがいいと思います。

中にはいきなり会社を辞めて「背水の陣だ」とか言って自分を追い込む人もいますが…。

退路を断つのは絶対にやめたほうがいいと思います。

 icon-exclamation-circle 

私の経験上ですが、保険を作っておいたり、退路を確保しておくから頑張れると思います。

「失敗したら人生終わり」みたいな状況では、やりたいことに集中なんてできません。

安定収入がある今のうちに目処をつけておきましょう。

まあ今の時代は最悪、働く意欲さえ失わなければ、何かしら仕事は見つかるとは思いますけどね…。

一人なら別に、フリーターでも豊かに暮らせる時代ですし。

他人は確実に反対してくるので無視する

mattysimpson / Pixabay

こういうのって、他人は確実に文句を言ってきます。

  • 「そんなのお前には無理に決まってるだろ」

  • 「もっと堅実な道を探したらどうなんだ?」

  • 「一体いつまでそんな夢みたいなことを言っているんだ?」

などなど。

こういう人たちは、ドリームキラーと呼ばれます。

親や友達上司や同僚など、本来夢を応援すべき身近な人がドリームキラーになりやすいです。

確実に「お前のためを思って言ってるんだ!」ってスタンスで反対してきます。

今大企業を経営しているような社長たちでさえ、脱サラするときは大抵回りの人に猛反対されています。

まあだからといってあなたも成功できるとは言いませんが、こういうのはやってみないとわからないと思うんですよね。

やらなかったらやらなかったで、死ぬ間際に後悔しますし…。

なので無視するか、チャレンジしてしばらくしてから言えばいいと思います。

軌道に乗るまでは物凄いエネルギーが必要ですし、それまではテンション下がることは言われないようにしましょう。

どうせ反対されるのであれば、やる気を削がれるだけです。

趣味で好きなことをやるという手段も

あるいは、仕事にしてしまうと好きなことでもつまらなくなってしまうという意見もあります。

でしたら、好きなことは趣味にとどめておいたほうがいいのかもしれません。

そう考えると、比較的残業の少ない、定時で帰れるような仕事についたほうがいいかもしれません。

まあ今のご時世そういう仕事も少ないかもしれませんが…。

わざわざ仕事にしなくても、趣味でやれるのであれば同じ事ですからね。

あなたの気がそれで済むのであれば、そのほうがいいかもしれません。

独立する

geralt / Pixabay

あなたが一体どんな仕事を目指しているのかわかりませんが…。

たいていの人が目指すような仕事であれば、競争率が高すぎます

その場合は、自分でその仕事を作ってしまったほうが楽かもしれません。

とは言いましても、実現するのが楽というだけで、続けていくのは難しいですけどね。

大抵のことは、客さえ取れればビジネスとして成り立ちます。

最近はネットで集客することができますので、以前より難しくはなくなりました。

つまりは、以前よりも独立のハードルがかなり下がっているということです

あなたのその「好きな仕事」は、独立して実現するのが手っ取り早いかもしれません。

一度なるだけならハードルは下がる

夢を一度叶えるだけであれば、ハードルはかなり下がると思います。

最大瞬間風速的に頑張ることは結構誰でも出来ますが、結果を出し続けていくことが難しいのです。

まぁ何を目指すかにもよりますけどね…。

 プロの端っこに食い込むぐらいだったらできるかもしれません。

 ですが、結果を出し続けていくのが難しいのです。

 とは言いましても、一度達成してしまえば気は済むでしょう。

 icon-exclamation-circle 

 やらなかったらやらなかったで、死ぬ間際に後悔するでしょうし。

死ぬ間際に後悔することの第一位は、「やりたいことにチャレンジしなかったこと」と言われていますから。

面白いことに、「やって後悔したこと」はほぼ死ぬ間際には挙げられないそうです。

なので、いっそのことチャレンジしてしまったほうがいいかもしれません。

期限を区切ってやるのも有効 

あるいは期限を区切って、一時的にやってみるのも手段の1つですね。

 芽が出なければ、他の仕事に移ればいいのです。

 まだ20代だったらまあいけると思うんですが。

まあ別に、その後の再就職で選り好みしなければ、30代でもいけますけど。

 icon-exclamation-circle 

 やはり、期限を決めないとなかなかこういうのは進まないと思いますよ。

 仕事というのは時間を区切らない限り、仕事の時間は膨張し続けると言っている学者もいますから。

それはつまり、期限を区切らないとみんなダラダラ仕事をしてしまう…ということです。

 考えてみれば人生だって限られているからこそ、みんな頑張るわけですからね。

 人生が限られていなかったら、みんなもっとダラダラしてしまうに決まっていますよ。

死ぬ間際に後悔するならやるべき

 あるいはもしかしたらあなたは、その仕事を目指すべきか、目指さないほうがいいのか、悩んでいるのかもしれません。

 結局は本人が決めることですが…。

 「それをやらなかったら、死ぬ間際に後悔するかどうか?」で判断したらいいと思います。

 死ぬ間際の公開は、やって後悔する言葉少ないようです。

 大抵人間は「あの時あれをやっておけば良かった」ということを後悔します。

 そういった後悔をしてしまう可能性があるのであれば、いっそのことチャレンジしてみたほうがいいかもしれませんね。

 というか、こういうのは若いうちにやっておいたほうがいいんですよ。

 後になってから「やっぱりあれがやりたい」とか言い出すと、 再就職が絶望的な年齢になってからチャレンジし出したりしますから。

 それよりは、今チャレンジしておいたほうがいいのかもしれません。

まとめ

人生1度きりですから、好きな仕事を目指してみるのもいいと思います。

 若ければいくらでも軌道修正できますし。

 今の世の中恵まれていますから、選ばなければ仕事は見つかりますからね。

 年齢によっては、正社員の仕事が見つからなくなる可能性はあります。

ですが非正規雇用の仕事であれば、今はたくさんありますからね。

昔に比べて失敗した時のリスクは、少なくなっているような気がします。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする