仕事したいが見つからない!できるだけ早く仕事を見つける9の方法

Unsplash / Pixabay

  • 仕事をしたいが見つからない!

  • いくら受けても落とされる…

  • 貯金もなくなってきたしやばい…

とお悩みの、仕事をしたいが見つからない方のためのページです。

今の世の中、あなたのような方も珍しくはないのかもしれません。

働きたくても面接に受からない…みたいな人が結構いますからね。

しかし今なら有効求人倍率も高いですし、仕事は割と見つかりやすくなってきています。

もしかしたら、単に仕事の探し方が間違っていたり、何か方向性が違っているのかもしれません。

ですがそんな状況では、 いつまでたっても働くことができませんからね…。

できるだけ早く仕事を見つけるための方法まとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

早く仕事したいが見つからない人は多い!

最近はあなたのように、早く仕事をしたいがなかなか仕事が見つからない人というのも多いです。

最近は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきてはいるのですが…。

人手不足の業界に限られていたり、大企業などは依然として買い手市場ですからね。

受けて行く会社や仕事を選んで行かないと、なかなか仕事が早く見つからない人も多いのです。

実際ネットやSNSなどを見てみても、

「もうとにかくどこでもいいから早く仕事したい!

でももう40代後半だから厳しいんだよな…。

誰だよ人手不足とか言った奴!

全然受かんねえんだけど!」

「借金もあるし、今無職だから早く働きたい!

でも空白期間があるから全然受かんないんだよね…。

人手不足の会社の皆さん!

ここに働きたい無職がいますよ!採用してください!」

「人手不足の会社が多いって言うけど、だったら氷河期世代を採用してやればいいじゃん!

最近某大企業の社長が、40代が不足してる!とか言って炎上してたけど。

氷河期世代のフリーターで、早く正社員になりたい人だってたくさんいるんだし。

何で採用しないの?採用しない企業の自己責任じゃないの?」

こんな意見が散見されますからね…。

まだ若者だったら比較的採用されやすい傾向にはあるのですが…。

これが40代とか50代となると、さすがにきつくなってきます。

まあそれでも中小企業であれば、30代程度なら今はかなり採用されやすくなってきているのですが…。

空白期間などもあると、なかなかすぐ仕事がしたいと言っても採用されないのが現状です。

早く仕事を見つけたいなら、目標を下げる

正社員が無理でも、契約社員や派遣社員であれば見つかるかもしれません。

というか非正規雇用の仕事であれば、最近は中高年の方でも見つかっていますので、採用されると思います。

まだ若い方であればあまりお勧めはできませんが…。

 icon-exclamation-circle 

仕事が見つからないというよりは、「望む仕事が見つからない」という感じではありませんか?

今は非正規雇用の仕事であればたくさんあります。

最悪は、そういった仕事をするという手段もあるわけです。

最近は就職活動に失敗して自殺してしまう学生も多いみたいですが、一応非正規雇用でも生きられる国ではあります。

最悪の場合は、そういった待遇の悪い仕事をして生きていくというのも手段の1つですね。

そのぐらい開き直っておいたほうが、心穏やかに行きられると思いますよ。

早く仕事に就きたいなら、もっと数を受ける

geralt / Pixabay

あなたのように、早く仕事がしたい!と考えているもののなかなか採用されない方も多いのですが…。

あなたは一体、どのぐらいの会社受けましたか?

10社や20社ぐらいで「仕事が見つからない」と言っているのであれば、まだまだ受ける会社が少ないと思います。

私の知り合いに、「仕事が見つからないからフリーターになった」と言ってフリーターをしている人がいます。

ですが彼は、これまでにわずか3社しか受けていないようです。

それしか受けずに諦めてしまったのです。

さすがにそれしか受けなくては、諦めるのは早すぎると思いますね…。

 icon-exclamation-circle 

仕事が見つかるかどうかなんて、完全に運次第なんですよ。

会社なんて星の数ほどありますし。

会社によって採用方針や、人材への考え方も全部違いますからね。

「数を受けなくてはいけない」というのは、大学新卒だろうと中途入社の転職活動だろうと全部同じです。

最大限見栄えがいい形に準備したら、後はあなたを必要としてくれる会社を探すだけです。

職歴がボロボロであれば、ある程度編集する手も…

決して、職歴詐称を推奨するものではありませんが。

もしかしたらあなたは、短期の職歴を転々としているのかもしれません。

その場合、履歴書、職務経歴書の職歴欄がかなりボロボロになっていると思います。

 icon-exclamation-circle 

さすがにそんな履歴書が送られてきても、会社の担当者としては困ると思いますよ。

会社の担当者の視点で考えてみてください。

そんな職を転々としている人を入れてしまって、すぐに辞められてしまったらどうなると思いますか?

その担当者の責任になってしまいます。

でしたら、自己責任のもとに職歴を編集するのもありかもしれません。

ぶっちゃけ書類が受かれば面接で受かるかどうかなんて、担当者を納得させられるかどうか?で決まりますからね。

前職調査をする会社なんてほとんどありませんし、今は個人情報保護法の影響で違法です。

受かって働き続けられればそれでよし、ばれたらごめんなさいでいいでしょう。

まああくまでも手段の一つなので、自己責任でやってください。

採用される確率を上げたいなら、面接は一社ごとに熱意を込める

Allinoch / Pixabay

面接は、受ける会社ごとに熱意を込めましょう。

「御社が第一志望です!」というスタンスで受けないとダメです。

当たり前ですが、あなたにとってその時に受けている会社は、数あるうちの会社の1つかもしれません。

ですが面接官にとっては、人生をかけて働いている勤務先の会社です。

 icon-exclamation-circle 

そこで「とりあえず応募してみました」みたいなチャランポランな人間が受けてきたらどう思いますか?

「なんだこいつ。やる気なさそうだから不採用!」と思うに決まっています。

いくら若かろうが有名大学卒の新卒だろうが、これができていないと普通に落ちます。

なので一球入魂ではないですが、一社入魂で受けましょう。

まぁ同時進行でほかの会社を受けていくのは当然ですが、それぞれの会社に熱意を込めて受けるということです。

このくらいの要領の良さがないと、なかなか仕事は見つかりません。

印象良くするための多少のハッタリはアリ

あなたのように、早く仕事がしたい!と考えているもののなかなか採用されない方も多いのですが…。

そういう方は、ちょっと要領の良さが必要かもしれません。

正直、面接でどんなやり取りをしたか?なんて、向こうもいちいち覚えてはいません。

なので、多少のハッタリや虚飾は許容範囲です。

要は、その場で面接官に「この人ならば、うちの会社で長くやっていってくれそうだ!」と思わせればその時点で勝ちなんです。

もしかしたらあなたは、特になんの取り柄もないのかもしれません。

そんなダメな自分を馬鹿正直にアピールしていては、受かるものも受かりません。

 icon-exclamation-circle 

こういうのは、「しょぼい自分をいかに大物に見せるか?」というのが重要です。

見栄えさえよければ、 受かります。

なので、根拠のない自信を持って、凄そうな人材に見せましょう。

それでいて、素直で扱いやすそうな人間を演じましょう。

いや、演じると言うか、そういう理想的な人間に「なる」のです。

演じるつもりでやると、相手もバカではないのでバレますからね…。

面接が苦手で落ちるなら、ちゃんと事前に練習する

geralt / Pixabay

あなたのように、早く仕事がしたい!と考えているもののなかなか採用されない方も多いのですが…。

仕事がなかなか見つからない人って、基本的なことができていなかったりします。

特に、面接が苦手な人が多い印象です。

苦手なら苦手で、仕方ないとは思います。

ですが練習次第で面接なんてうまくやれるようになります。

なので、最低限ちゃんと練習するようにしましょう。

 icon-exclamation-circle 

滑舌が悪かったり、はっきりものをしゃべれないという欠点を持っている人もいるかもしれません。

ですがそういう人は、音読などのトレーニングをすることで鍛えることは可能です。

「言葉に詰まってしまう」という人であれば、それも事前に対処できますよね。

面接で聞かれることなんてたかが知れてるんですから、それを予想して、ちゃんとその答えを用意しておきましょう。

そしてそれを音読して言えるようにしておきましょう。

自信がないのであれば、まずは練習して、できるようになってから応募すべきです。

でないと、このままやみくもに応募し続けても正直無駄だと思います。

早く仕事を見つけたいなら、絶対に受かる気で受ける

あなたのように、早く仕事がしたい!と考えているものの、落ちまくってしまう方も多いのですが…。

仕事がなかなか見つからない人って、バンバン落とされます。

なので、「どうせ次も受からないだろう」という気持ちで面接を受けてしまいがちです。

なんにでも言えますが、負けるつもりで勝負したら確実に負けますよ。

当たり前ですが、そういった考えれば態度や発言にも自然に出てしまいますからね。

そんな自信がなさそうな人間は、まず雇わないと思いますよ…。

 icon-exclamation-circle 

嘘でもいいから「この会社には絶対受かるな!」という確信と自信を持って面接に臨みましょう。

というかもともと、自信や根拠なんて曖昧なんですから。

そういった自信や熱意なんてタダなんですから、やったほうがトクなんです。

やるだけで飛躍的に受かる確率があがるんですからね。

早く仕事を見つけたいなら、他人の力を借りる手も

bosmanerwin / Pixabay

或いは、あなた一人でこのままやっていてもなかなか芳しい成果は得られないかもしれません。

でしたら、他人の力を借りてみるのも手段の1つです。

転職エージェントなどを利用してみるのもいいでしょう。

履歴書の添削や、面接や転職活動のアドバイスもしてくれます。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

あるいは、公的機関を利用するのもありですね。

ハローワーク以外にも、ジョブカフェやサポステなどの職業相談機関が存在しますから。

40歳ぐらいまでの若者であれば、そういった機関も利用できます。

孤独に疲れているなら、職業訓練校に通うのもあり

あるいは、あなたは孤独な転職活動に疲れてしまったのかもしれません。

でしたら、職業訓練校などに通うのも手段の1つです。

「私には何のスキルもない」と自信がないのであれば、 なおのこと職業訓練校などに通って技能やスキルを身に付けたほうがいいかもしれません。

職業訓練校に通えば、条件を満たせば月10万円の「職業訓練受講金」が貰える制度もありますし。

失業保険を貰っている方なら、訓練期間中は失業保険が延長されます。

 icon-exclamation-circle 

とはいえそれが就職に直結するわけではないのですが…。

集団生活をすることで居場所ができて、自信がつきます。

そういった心理的な面が、仕事探しに相当影響します。

私の知り合いに30代後半でニートだった人がいますが、職業訓練校に通い出してから正社員で社会復帰できましたからね。

どうせ我々の納めた税金で運営されているのですから、利用しないともったいないですよ。

→ハロートレーニング 厚生労働省

まとめ

あなたのように、早く仕事がしたい!と考えているもののなかなか採用されない方も多いのですが…。

仕事探しなんてやることは知れてますので、できることは限られてきます。

コツとしては

  1. 準備を完璧にする
  2. 一社ごとに熱意を持って受ける
  3. 受かるまで受けまくる
  4. あまりに受からないならハードルを下げる

という感じでやっていけば、仕事なんて見つかると思います。

これは大学新卒の就職活動だろうと、中高年の中途採用の転職活動だろうと基本的に同じです。

あとはもう、運次第ですね。

あなたを必要としてくれる会社に巡り合うまで探し続けるしかありません。

まぁダメで元々で、 開き直って仕事を探した方がいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、仕事はたくさんありますし。

仕事が多い今のうちに、良い会社を探しておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする