【新人薄命】新入社員なのに残業100時間!過労死を防ぐ6の対処法

JESHOOTScom / Pixabay

 

  • 新入社員なのに残業100時間もさせられている!
  • これじゃ過労死ライン越えじゃん…
  • まだ新人なのに仕事量多過ぎだろ…

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近は本当にブラックな会社も増えてきていますし、人手不足に陥っている会社も増えてきていますからね。

必然的に新入社員に頼らざるを得ず、新入社員なのに残業100時間もさせられているという状況に陥ってしまいがちなんです。

ですが残業100時間となると過労死ラインを超えていますし、正直いつ倒れてもおかしくないと思います。

あまりに残業を多くしていると、感覚が麻痺してきて気分が高揚してきていくらでも働けるような気になってしまうものですが…。

 

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

ブラック企業は増加!新入社員でも100時間超えの残業をさせられるケースも珍しくない

最近はあなたのように新入社員でも残業100時間もさせられる方は珍しくありません。

最近本当にブラックな会社も増えてきていますからね。

これだけ働き方改革とか言われていますが、一向に過労死や過労自殺は減る兆候すらありませんし。

 

特に最近は生産年齢人口の減少によって若者も減ってきていて、人手不足に陥ってきている会社が多いですからね。

帝国データバンクの2018年の調査によれば、約半数の企業が正社員が足りていないと回答していますし。

必然的にあなたのような新入社員に頼らないといけない会社も増えてきているんです。

 

ですがさすがに100時間越えの残業させられていると、死ぬ危険性が出てきますからね。

今後の身の振り方はよく考えた方が良いかもしれません。

 

ただ残業100時間は過労死ラインを超えており死のリスクが!

あなたのように新入社員の方で残業百時間もさせられる方は珍しくないと思いますが…。

やはり残業百時間というのは、過労死ラインを越えていますし、死ぬリスクが出てきます。

厚生労働省によりますと、次の日残業時間が四十五時間を超えると健康リスクが出てきて、月の残業が八十時間を超えると有意に

  • 脳血管疾患
  • 心疾患
  • 精神疾患

のリスクが上がるとされています。

なので、月八十時間以上の残業であれば、過労死認定されやすいということになっているんですが…。

 

新入社員でまだ仕事に慣れていないのにそんなに残業させられていると、本当に死にかねませんからね。

ただでさえ会社に慣れていないから精神的な苦労も多いというのに。

正直新入社員でそんなにさせられているということは、それから何年か働いてベテランになっていくとさらに仕事を任されて消耗していく可能性が高いです。

今のうちに転職を検討しておくのが良いかもしれませんね。

 

もっとゆとりを持って働ける会社はあるので早めに転職を検討

あなたのように新入社員なのに残業100時間もさせられている方は珍しくないと思いますが…。

正直新入社員でそんなに残業するなんてまともな会社ではあり得ないですよ。

よほどブラックな会社で人手不足の会社なのかもしれませんが…。

 

正直今はもっとゆとりを持って働ける会社はたくさんありますので、今のうちに転職を検討しておくのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を越えてきていますし。

特にまだ若いのであればいい会社なんてたくさんありますからね。

今は失業率も低迷していて求職者も減ってきているため、比較的良い会社にも入りやすくなってきていますし。

今のうちにもっとまともな会社に転職しておくのがいいと思います。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

 

 

いつ倒れてもおかしくないので、労働時間の記録はつけておくべき

やはり新入社員で残業を100時間もさせられるのはキツすぎます。

若いので今のところはまだ耐えられているかもしれませんが、恒常的にそんな長時間労働をしていたら確実に倒れてしまうリスクが上がってしまいます。

最近の研究によると、残業が月に60時間を超えると気分がハイになってきてむしろ幸福感が高まるというとんでもないデータが出ています。

ネットでは「感覚が麻痺して脳がバグってるだけだろ」なんて突っ込まれていましたが…。

正直いつ倒れてもおかしくない状態だと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、労働時間の記録はつけておいた方がいいでしょう。

そうすれば過労死や労災の認定もしやすいですし。

特に最近はGPSで労働時間の記録がクラウド上に付けられるスマホアプリなどもありますので、こういったものを使って労働時間の記録をつけていくと良いかもしれません。

 

特にサービス残業などがある場合は、退職する際に未払いの残業代を一括で請求できる可能性もありますからね。

労働時間の記録はつけておいた方がいいでしょう。

⇒残業証拠レコーダー(外部サイト)

 

そもそも月45時間以上の残業は原則違法!36協定すら締結してなければ週40時間以上労働も違法!

あなたのように新入社員で残業100時間もさせられている方は珍しくありませんが…。

勘違いしている人が多いですけど、やはり100時間も残業させるのはそもそも違法な可能性が高いです。

大体月45時間以上の残業は原則違法ですからね。

これは労働基準法に定められています。

そもそも労働基準法32条では1日8時間、週40時間以上の労働は禁止されていますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

それでも残業を沢山させられる会社が多いですが…。

36協定というものを結べば月45時間まででしたら、残業させることができるんです。

ですが厚生労働省の調査によると半数以上の中小企業は36協定の締結すらしていません。

 

特別条項付き36協定というものを結べばそれ以上残業させることも可能ですが、半年以内で繁忙期などの臨時の場合に限るとされています。

新入社員なのに100時間も残業させられるというのは、違法な可能性が高いと思いますね。

 

証拠を揃えれば労働基準監督署も動いてくれるが…

あなたのように新入社員で100時間も残業させられている方は珍しくないと思いますが…。

そういった方でも証拠を揃えれば労働基準監督署も動いてくれやすいと思います。

やはり100時間も残業させると過労死の危険性が出てきますし。

緊急性が高いと判断されれば、やはり労働基準監督署も動いてくれやすいですからね。

 

それにはやはり労働時間の証拠が必要になってきます。

上でも述べたように、何とかして労働時間の記録をつけていくべきだと思います。

そういったブラックな会社ですと、労働基準監督署対策の為にタイムカードを改ざんするケースも多いですからね。

自分で労働時間の記録をつけていかないと、証拠を隠蔽されてしまう可能性もあるんです。

 

残業100時間はさすがに死にかねないので早めに転職を!

新入社員で100時間も残業させられるというのは、やはりまずすぎます。

過労死ラインを明らかに超えていますし、いつ倒れてもおかしくないと思いますね。

そんなに働かされいると感覚が麻痺してきて、いくらでも働けるような気がしてきてしまいますが…。

脳がバグってるだけですし、正直錯覚です。

 

今は仕事なんていくらでもある訳ですから、早めに転職を考えた方がいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えていますし。

今ならばそんなクソな会社にしがみつかなくても仕事はいくらでもありますので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

 

まとめ

あなたのように新入社員で100時間も残業させられている方は珍しくはないと思いますが…。

やはりそんなに働いていたら死んでしまいますし、いつ倒れてもおかしくないと思います。

過労死ラインも超えていますし。

それに恐らくそういったブラックな会社は36協定も締結していないでしょう。

100時間も残業させていたら、違法な可能性が高いです。

そんな会社で働いても、これから先同僚も次々倒れていき、余計に残業が増えていくことが予想されますからね。

 

今のうちに辞めて転職しておいた方がいいと思います。

幸い今は仕事なんていくらでもある訳ですし、あなたは必要としてくれる会社は他にもたくさんありますからね。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【doda】

転職サイトdodaで求人探し

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も第一位であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。