【死んだ魚】社畜は目が死んでる!目が死ぬ人の特徴と4の社会人サバイバル術

analogicus / Pixabay

  • 社畜は目が死んでる!
  • 絶対にああはなりたくない!
  • でも俺、このままだとああなりそう…

今のご時世、そういった悩みをお持ちの方は多いかもしれません。

 

特に最近は労働環境の悪いブラック企業が増えていますし、過酷な労働で目が死んでしまう人も珍しくないと思います。

特に正社員ほど長時間労働の傾向にありますし、社畜なんてやっていると目が死んでしまう傾向にあります。

そのまま働いていれば給料が上がったり、自由になれる希望があるのであれば、目にも輝きが出てくるかもしれませんが…。

最近はなかなか給料も上がらない時代ですし、税金や社会保険料の値上げでむしろ手取りが減っている…なんて方も珍しくありません。

 

しかし目が死んでる社畜になんて、あまりなりたくはないですよね…。

この記事では、目が死んでいる社畜の特徴と、そうならないための対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

目が死んでいる社畜になりたくない!方は多い

あなたのように、目が死んでいる社畜にはなりたくない人は多いです。

というか、そんな人になりたい人なんていないと思いますが…。

 

ネットやSNSなどを見てみても、

「まだ学生だけど、電車にいる会社員みんな目が死んでね?

死んでるんじゃねぇかってくらい爆睡してる人も多いし。

そろそろ就活だけど、俺もあんな目が死んだ社畜になるのか…」

 

「日本の社畜はみんな目が死んでるよな。

前フランスに行ったときは、あんな社畜みたいなのは見なかったよ。

まぁ海外は失業率が高いからアレだけど。

海外脱出したい!って人が多いのもわかる気がする」

 

「ドイツ人の友人に「日本人の子供はあんなに元気なのに、なんで大人になるとみんな目が死んでるんだ?」って言われてハッとした。

確かに電車に乗ってる会社員の人たちはそんな感じだよね」

こんな意見が散見されますね。

 

最近は、人件費削減でギリギリの人数で業務を回している会社も多いですからね…。

激務過ぎて、目が死んでしまうのかもしれません。

激務な会社に勤めると、ほぼ目が死ぬ!

目が死んでしまう社畜の方というのは、ほぼほぼ激務な会社に勤めているケースが多いと思います。

というか激務だから社畜と言われるのですが…。

そういった忙しすぎる会社で働いていると、仕事だけの人生になってしまいますからね…。

やがては抜け出す気力もなくなり、絶望して目が死んでしまうのです…。

 

 icon-exclamation-circle 

そういった激務な会社でも、元気そうな人はいますが…。

激務な会社で目がランランと輝いている方は、宗教かシャブでもやってるんじゃないでしょうか?

確実に洗脳されていますよ…。

 

激務な社畜なんてやらされていたら、目が死ぬのは当たり前です。

そんな生活を続けていたら、本当に死んでしまうかもしれません。

死ぬくらいなら会社辞めればいいんですが、絶望と疲労から、そんな気力もなくなってしまうのでしょう。

目が死んでる社畜は、魔界のような人間関係の会社にいることも

目が死んでいる社畜の方は、こういった傾向にもあります。

つまりは人間関係が悪すぎて、仕事や人生に絶望してしまうのです。

世の中には、人間関係が魔界レベルに悪い会社というのもありますからね…。

そんな会社で働いていると、ストレスから仕事や人生に絶望してしまうのです。

 

 icon-exclamation-circle 

こういった会社にいる場合は、もう転職も視野に入れた方がいいと思いますが…。

遅かれ早かれ、辞めることになりかねませんし。

 

実際「人間関係が悪い」という理由は、退職の際の一番の理由に挙がることが多いです。

これが原因で目が死んでいると、うつ病になったり辞めてしまうことが多いのでは…。

まぁ世の中には、薬を飲みながら無理に出社している方もたくさんいらっしゃいますけどね。

目が死んでる社畜は、休日出勤もあり休みがない!

目が死んでいる社畜の方は、やはりプライベートな時間が少ない傾向にあります。

毎日残業もたくさんさせられている人が多いですね…。

 

 icon-exclamation-circle 

それどころか、休日出勤まで頻繁にさせられる人が多いと思います。

特に最近は、人手不足のせいで平日の仕事だけでは終わらなかったりしますからね…。

仕事が終わらなければ必然的に、休日出勤もする羽目になります。

こういった会社は仕事が多すぎて、耐えられない人から辞めていきますね…。

 

目が死んでいる社畜の人も、遅かれ早かれ…って感じかもしれませんが…。

募集をかけても人が来ず、新人が来てもついていけないので辞めていきます。

休日出勤までさせられる会社なんて、長く勤めようとは思いませんからね…。

金があっても、使う時間がなければ意味がありません。

目が死ぬ前に、転職を検討する

目が死んでいる社畜になりたくない!という方は、まだ大丈夫なのかもしれません。

まだ会社員生活に染まっていなかったり、体力的にまだ大丈夫なのかもしれませんが…。

これからはどうなるかわからないですからね…。

  • 急に残業が増える
  • 適任がいないので出世させられる
  • 同僚が辞めていき人間関係が悪化

なんてのはよくあるパターンです。

ホワイト企業に勤めているならいいですが、これから先仕事が忙しくなって目が死にそうなら、転職も検討したほうが良いかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、転職はかなりしやすくなってきています。

あまりに理不尽であれば、今のうちにもっと良い会社に転職してしまうというのも手段の一つです。

 

目が死んでる社畜になって、結婚して住宅ローンとか組んだら、もう抜け出せなくなりますからね…。

一生目が死んでいる社畜として生きること確定です。

そうなるのがイヤなら、今のうちに動いておくのも良いと思います。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

⇒80%が非公開求人!優良企業転職なら【マイナビエージェント】

 

激務過ぎるなら、人員を増やして貰うよう交渉

やはり目が死んでいる社畜の方というのは、激務な傾向にあります。

激務だから残業や休日出勤も増え、疲労も溜まってプライベートな時間もなくなってしまうのです。

そんな地獄のような労働をさせられていたら、目が死んでしまうのも当たり前です。

 

 icon-exclamation-circle 

その場合は、人員を増やしてもらうように上の人間と交渉したほうがいいかもしれません。

というかそうしないと、これから更に悪化していく可能性がありますが…。

これからは更に、人手不足も加速していきますからね。

 

今少ない人員で回っているなら、何も言わないと「何の問題もないな」と思われてしまう可能性も高いですし。

うるさく騒ぎまくって、人を増やして貰った方が良いかもしれません。

生に希望を持つために、第二第三の道を模索しておく

社畜で目が死んでしまうのは、

  • 社畜をやる以外生きる手段がない
  • イヤでも会社を辞められない
  • 今の会社で勤める以外、選択肢がない
  • 会社辞めたら人生終わる状況になっている
  • 辞めたらローンが払えず死ぬ

こんな状況になっている方も多いと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

やはり人間が絶望して目が死んでしまうのは、他にいく道が無くなってしまうような状況です。

社畜をやるしか生きる術がない!なんてなると、絶望しますからね…。

 

なので、人生の選択肢は増やしておいた方が良いのです。

具体的には、

  • 他の仕事に就けるようスキルをつけておく
  • 体力をつけておく
  • 生活レベルを下げておく
  • いつ退職してもいいように貯金をしておく
  • 会社と家以外の第三の居場所を作っておく
  • 趣味を広げて、仲間をたくさん作っておく
  • 副業をして、第二のキャリアを走らせておく
  • 投資をして、お金にも働かせておく

などなど。

色々やるに越したことはありません。

 

「退路を断て!」なんて寝言を言う人もいますが、道が狭まるから絶望して、目が死んでしまうのです。

経営者側に都合のいい言葉なので、無視するようにしましょう。

労働環境が悪い会社だと、希望がなく目が死にがちなので…

目が死んでいる社畜の方というのは、やはり基本的に労働環境が悪い傾向にあると思います。

  • 残業が多すぎる
  • 人間関係が悪すぎる
  • 上司が当然のようにパワハラをしてくる
  • 休日出勤もある
  • 給料が安く上がらない

などなど…。

そんな希望がもてない会社で社畜をやらされていたら、目が死んでしまうのは当たり前です。

 

 icon-exclamation-circle 

ですが幸い最近は転職も一般的になってきていますし、酷い環境の会社にしがみつく理由もなくなってきています。

あまりに理不尽であれば、今のうちにもっと良い会社に転職してしまうというのも手段の一つですね。

 

まだ入ったばかりなら、洗脳されていないので社畜にもなりにくいですが…。

そんな生活を続けていると、社畜の完成です。

特にこれからは年金も貰えるか怪しく、死ぬまで働く時代!なんてことも言われていますし。

人生100年時代!なんて恐ろしいことも言われていますし。

仕事をする時間が長くなってきていますので、目が死んでいる社畜になりたくないなら早めに動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

⇒80%が非公開求人!優良企業転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

やはり目が死んでいる社畜の方は、多いと思いますね…。

以前私も都内で働いていましたが、満員電車で目が死んでいる社畜の方は多かったですし…。

目が死んでいるというか、仕事で疲れて車内で爆睡している方が多かったですが…。

最近は特に人手不足に陥っている会社が増えていますし、働くことに希望がもてない会社員の方も多いと思いますね…。

そういった希望や絶望は目に現れますから、目が死んでしまうのかもしれません…。

 

まぁ今は一つの会社にしがみつく時代でもありませんし、もっと良い環境の会社はたくさんあります。

目が死んだ社畜になってしまっている、またはなりそうという方は、早めに転職を検討してしまうのも良いかもしれません。

 

転職したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世かなり多いです。

特に最近は労働環境の悪いブラック企業が多いですし、給料も上がらず、辞めたいと考えながら働いている人も多いでしょう。

「転職したいけど、何からやればいいかわからない!」という方にお勧めのサービスはこちら!

 

●ミイダス

自分の転職市場価値を診断できるアプリ。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●ポイントタウン

給料が低い方の場合、転職よりも副業をしたほうが手軽かもしれません。

こちらのサイトはスマホでも手軽にお小遣い稼ぎができるため、スキマ時間に副業をして収入の底上げをしやすいです。

⇒10万円のお小遣いゲット!最強ポイントサイトGMOの【ポイントタウン】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。