無能すぎてつらい人の生存戦略8選!無能社会人はこれで生き残りを図れ!

StockSnap / Pixabay

  • 無能すぎてつらい!
  • これから先どうやって生きていけばいいんだ…?

そんな悩みをお持ちの方も、今のご時世珍しくないと思います。

 

最近は特に仕事に求められることも増えてきていると言われており、無能な方ですとなかなか働けない傾向にあります。

無能でもできるような単純な仕事は機械に置き換わったり、非正規で不安定な身分で働かされたりしますからね…。

無能な方ですと「これから先生きていけるのだろうか?」なんて不安になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では無能すぎてつらい方が生きるための生存戦略についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

無能すぎてつらい…仕事とどう向き合えばいいの?

無能すぎてつらい状況ですと、これから先どう仕事と向き合っていったらいいのか?わからない方が多いと思います。

無能だと同僚からもバカにされ、左遷されたりろくな扱いを受けないケースも珍しくありませんし。

なんとか無能な方でも仕事と付き合っていくための方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

仕事のできる人と仲良くなる

無能な方ほど、仕事のできる人と仲良くなっておくと良いかもしれません。

職場で有能な方と仲良くなれば、何かにつけてフォローもしてもらいやすい傾向にあります。

悪く言えば虎の威を借る行為ですが、無能すぎる方であればプライドを捨ててこういった戦略をとっていく必要があると思います。

 

まぁ、そんなに有能な人が、あなたと付き合うメリットがあるかどうか?は問題ですが…。

無能でも話が面白いとか、相手のメリットを与えられるようになる努力は必要かもしれません。

労働環境の良い会社に勤める

無能な方ほど、労働環境の良いホワイト企業に勤めるべきです。

そのほうが、

  • 待遇も良い
  • 人間関係も良い
  • 休みもとりやすい
  • 働きやすい

などのメリットがあります。

無能でも同僚にフォローしてもらいやすかったり、働きやすいんですね。

幸い今は有効求人倍率も高いですし、比較的良い会社にも行きやすくなってきています。

今のうちに良い会社を探しておくと良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

生活費を極限まで下げて生きやすくする

無能でつらい方でも、色々と生きていく方法は今のところあると思います。

ですがこれからは更に人工知能なども普及し、無能な方の仕事がなくなり隅っこに追いやられていく可能性が高いです。

無能ではなんとか仕事にありつけても、不安定で安い給料の仕事しか与えられない可能性が高いです。

 

そんな中でもなんとか生き残っていくためには、生活費を極限まで下げて生きやすくしましょう。

毎月出て行くお金が少なくなれば、その分稼がなくても生活しやすくなります。

具体的には、

  • 家賃の安い物件に住む
  • スマホは格安simに変える
  • 車はできるだけ持たない
  • 外食はせず自炊で
  • 趣味はネットで無料で済ます

などなど。

そうやってお金がかからない生活をすれば、その分生きやすくなります。

転職しやすい職業を選んでおく

あまりに無能な方ですと、職場でリストラされてしまうリスクもあります。

そうではなくても、職場で居場所がなくなって退職に追い込まれるケースも珍しくありません。

無能な人ほど、職を転々としつらい人生になりがちです。

 

なので、無能な人ほど転職しやすい、他の職場に移りやすい職業を選んでおくと良いかもしれません。

そうすれば無能すぎて居心地が悪くなっても、割とすぐに他の職場に移れる傾向にありますし。

お勧めなのは介護職員などの医療福祉系の仕事ですね。

私も一時期介護士をしていたことがありますが、人手不足で誰でもウェルカムな状況です。

資格と経験があればすぐにでも転職できるため、無能な方でも生きやすい傾向にあります。

⇒介護資格が0円で取得できる!未経験から介護するなら【かいご畑】

若いうちに稼いで貯金を貯めこんでおく

無能な方でもまだ比較的若いのであれば、若さからくる体力でなんとか乗り切れると思います。

ですが歳をとってしまうと、今でさえ無能なのに更に使えない人材になってしまいます。

そうなるとなんとか働くことはできても、職場で邪魔者扱いされたりしてろくなことにはなりません。

 

なので、できれば若いうちにお金を稼いでおき、貯金を貯めこんでおくと良いかもしれません。

お金さえあれば生き残れますし、結局無能な人が生き残るにはお金が一番頼りになります。

それでいて上で述べたような節約生活をすれば、かなり生きやすくなります。

今の会社でつらいなら一旦辞めてみる手も

もしかして、無能でつらいというのは今の会社で働くことがつらすぎるというだけではないでしょうか?

特に最近はブラックな会社も多いですし、あなたにも問題はあるかもしれませんが環境の問題もあるのでは?

あまりに今の会社で無能扱いされていてつらいのであれば、一旦辞めてみるというのも手段の一つです。

 

幸い雇用保険をかけていた方であれば、会社を辞めても失業保険が出ます。

お勧めしたいのは職業訓練を受けることですね。

職業訓練を受ければすぐに失業保険の対象になりますし、訓練期間中は失業保険が延長されます。

雇用保険をかけていなかった方でも、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

入学金や授業料はほぼタダで、新たな分野の資格やスキルが身につく可能性があるのです。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

副業してリスクヘッジをしておく

無能な方ほど、一つの会社に収入源を依存してしまうと厳しいかもしれません。

本業の会社で無能だとなじられ居場所もなく、本気でつらい状況に陥ってしまう傾向にあります。

なので、副業をしてリスクヘッジをしておくと良いかもしれません。

そうすれば第二の収入源を得られますし、本業の居心地が悪くなって辞めてしまっても、収入ゼロ円にはなりません。

無能な方ほど、こういった生き方を模索していく必要があると思います。

⇒月30万以上稼いで独立も可能!在宅ワークなら【クラウドワークス】

最悪の場合非正規雇用でも生きられるようにしておく

無能な方でも、今はなんとか正社員で働けているのかもしれません。

ですが無能ですとこれからも働けるか分かりませんし、最悪の場合も想定しておいたほうがいいでしょう。

最悪の場合、非正規雇用でも生きられるような覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。

ましてやこれから先人工知能が更に普及していき、無能な方は仕事がなくなっていく可能性があります。

非正規の仕事くらいは見つかるかもしれませんが、正社員で給料いい仕事となるとかなり難しいのでは…。

まぁ一番は、上で述べたように生活費を下げたり、今のうちに貯金をしておくことですね。

無能な方ほど、お金をかけない生活をして生き残りを図っていくべきだと思います。

フリーターの何が悪い!馬鹿にされがちなフリーターでも世間体良く生きるには?

良い会社なら無能でも働きやすい!環境を変えてみるのもアリ

無能な方ほど、どこの会社で働くかはよく考えた方が良いです。

無能でも労働環境の良いホワイト企業であれば働きやすい傾向にあります。

待遇も良く人間関係も良く、周りの同僚からもフォローしてもらいやすいですからね。

幸い今は有効求人倍率も高く、比較的良い会社にも行きやすくなってきています。

無能でつらい方ほど、今のうちに良い会社を探しておくことをお勧めします。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。