仕事辞めてゆっくりしたいならこうしろ!計画的に休んで余裕で再就職する方法はこれ!

 

  • 仕事辞めてゆっくりしたい…
  • もう仕事に疲れた…

そんな考えをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に労働環境の悪いブラック企業で働かされていると、仕事を辞めてゆっくりしたいと考えてしまう傾向にあります。

私も以前ブラック企業で散々働かされていた時は、そう考えていましたね。

ただ生活費の問題があり、なかなか仕事を辞めてゆっくりするという方法へ舵を切れる人は少ないのではないでしょうか?

この記事では、仕事を辞めてゆっくりし、計画的に休んで余裕で再就職するための方法についてまとめてみました。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

日本は労働時間が長い!仕事辞めてゆっくりしたいのは当たり前!

あなたのように、仕事を辞めてゆっくりしたいと考える人は多いと思います。

日本はあまりにもブラック企業が多すぎますから、ネットなどを見ていても

  • 今の仕事を投げ出してしばらくゆっくりしたい
  • 給料下がってもいいからもっと自由な時間がほしい
  • 貯金が溜まっていく一方だよ
  • お金を使う暇がない

こんな風に、ゆっくり働きたい人は多いです。

あなたが仕事を辞めてゆっくりしたいと考えてしまうのも当たり前かもしれません。

仕事を辞めてしばらくゆっくりしてその後計画的に再就職するには?

仕事を辞めてゆっくりするには、いくつか注意点やコツがあります。

お金もないのに無計画に仕事を辞めてしまったら、大変なことになりますからね。

仕事を辞めてしばらくゆっくりして、その後計画的に再就職するための方法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

失業保険をフル活用して限界まで失業保険を貰う

仕事を辞めてゆっくりするための方法として、失業保険をフル活用して、限界まで失業保険を貰うということが挙げられます。

雇用保険をかけている方であれば、仕事を辞めても失業保険をもらうことができます。

自己都合の退職ですと三ヶ月間の待機期間がありますが、会社都合退職であればすぐに貰うことができます。

残業時間が月45時間以上など過大な残業させられている方は、残業時間を証明できれば会社都合退職にできて、すぐに失業保険をもらえる可能性があります。

 

後は条件がありますが、職業訓練を受けることでも、失業保険の期間を延長することができる可能性があります。

こういった制度を活用して失業保険をフルに活用していくと良いかもしれませんね。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

最大限仕事をしない期間を延ばしたいなら生活レベルを極限まで下げる

仕事を辞めてゆっくりしたい時の対処法として、最大限仕事をしない期間を伸ばしたい場合は、生活レベルを極限まで下げることが挙げられます。

なぜ我々が大変な仕事を毎日あくせくしないといけないかと言えば、生きているだけで生活費が必要になってくるからです。

しかし必要な生活費というのは人によって変わってきますし、あまりお金を使わない人であれば、それほど多くのお金は必要ありません。

仕事を辞めてゆっくりしたい場合は、生活レベルを極限まで下げてみるといいでしょう。

必要なお金が少なくなれば、仕事を辞めても貯金が減るペースも減り、むしろ失業保険では貯金までできる可能性があります。

必要な生活費が下がればあまり働かなくても生活できる

生活レベルを下げる話の続きですが、必要な生活費を下げることができれば、あまり働かなくても生活することができます。

もし月に数万円程度で生活できるなら、月に何回かバイトでもすれば余裕で生活していくことができますからね。

節約ガチ勢ですと、月3万円前後で1人暮らししているような方までいらっしゃいます。

 

具体的には

  • 激安物件に引っ越したり
  • 格安SIMに変えたり
  • 外食ではなく自炊をしたり
  • 無駄な細かい出費を減らしたり

などなど。

生活を見直すことで生活に必要なお金が下がり、あまり仕事をしなくても生きていくことができます。

仕事辞めた後はネットで小遣い稼ぎをして「自営業してました」と言えるようにしておく手も

仕事を辞めてゆっくりしたい時の対処法として、ゆっくりしていた時も空白期間対策についても考えておかなくてはいけません。

お金がなくなれば、遅かれ早かれまた働く羽目になってしまいますからね。

一番使いやすい理由としては「独立してました」とか「自営業をしていました」という感じの理由ですね。

「資格に勉強をしてました」とか「家業を手伝っていました」みたいな理由よりも、キャリアとしてプラスになる可能性があるからです。

 

幸い最近はネットでも手軽にお金が稼ぎやすくなってきています。

いくらかでも稼いでいれば、自力で稼いでいたということですから嘘でもないですし、空白期間の理由としておすすめです。

ただ失業保険を貰う場合は就労と見做される可能性があるため、あまり稼ぎすぎたり事業レベルと見做されるとダメです。

まぁ少し稼ぐぐらいなら相談の上でOKになることが多いので大丈夫です。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

結婚して子供がいる場合、離婚になるリスクまであるので家族と相談は必須

仕事を辞めてゆっくりしたい気持ちもわかりますが、結婚して子供がいる場合は慎重になった方が良いかもしれません。

仕事を辞めて収入が途絶えてしまうと、最悪の場合離婚、一家離散なんていうことになってしまうリスクもあります。

そのため、家族と相談することは必須になってきます。

特に「旦那の収入が低い」という理由は、離婚理由の上位に挙げられることが多いため、本当に死活問題です。

子供がいて学費などもかかりますし、仕事を辞めてゆっくりしているどころではありませんからね。

身軽な独身なら勝手に辞めて事後報告でもOK

しかし逆に言えば、結婚もしていない、恋人もおらず結婚の見込みもないような独身の方であれば、いきなり勝手に仕事を辞めてゆっくりしだしても特段問題はありません。

お金がない場合はすぐにバイトを探す羽目になるかもしれませんが、1人生きていくぐらいであればあまりお金はかかりませんし、1人であればかなり無理な節約も可能になってきますからね。

独身でブラック企業に勤めている場合はさっさと辞めて、両親や兄弟親戚などには後で落ち着いてから事後報告すればいいでしょう。

滅多に会わないような場合は辞めたことを言わなくてもどうせバレませんので、そのままでも構いません。

無職になると時間が経つのが早いのでやりたいことを事前に計画しておく

仕事を辞めてゆっくりしたい時の対処法として、やりたいことを事前に計画しておくということも挙げられます。

それと言いますのも、無職になってしまうと時間が経つのが早いからです。

ストレスも少なくなり快適になるので毎日が楽しくなり、あっという間に時間が経ってしまったという人も珍しくありません。

なので、仕事辞めてゆっくりしたいと言っても、仕事を辞めて何がしたいのかは事前に決めておいた方がいいです。

仕事を辞める前から計画を初め、「無職になったらすぐにこれをやる!」ぐらいに計画的に決めておいた方がいいです。

空白期間については適当に捏造して体裁良くするくらいでもいい

仕事を辞めてゆっくりする場合、やはり空白期間は問題になっています。

しかし空白期間については、適当に捏造して体裁良くするぐらいでも良いかもしれません。

まあ厳密に言うと職歴詐称になってしまいますが、正社員の職歴を水増ししたりとか、かなり大胆にやるので無ければ、空白期間を埋めるための捏造ぐらいであれば、これはやり方次第だと思います。

私もその位はやったことがありますし。

繫ぎでバイトしてたとか言っても、社会保険履歴がなければ証拠がないのでほぼバレない

特に空白期間をごまかすためによく使われるのが「つなぎでバイトをしていました」という言い訳ですね。

一応働いていたということで「ニートをしていました」と言うよりは印象は良いです。

特に最近は、アルバイトでも条件を満たせば社会保険加入義務ができましたが、まだまだバイトの方は入れてくれない職場が多いです。

職歴詐称がバレる原因となるのは社会保険履歴が原因のことがほとんどなので、社会保険履歴がなければ「バイトをしていました」と言ってもバレる可能性は低いです。

良い会社があれば、すぐに動けるよう常に仕事は探しておく

仕事を辞めてゆっくりしたい時の対処法として、常に仕事を探しておくことも挙げられます。

いついい会社の求人が出るかは分かりませんので、常に仕事探しをしておくぐらいの感覚でいいと思います。

仕事を辞めてゆっくりしたいのは、今ブラック企業に勤めていることが原因だと思います。

労働環境もいいホワイト企業であれば、残業も休日出勤もなく快適に働けて、ワークライフバランスを実現していくことができますからね。

常にアンテナを張り巡らせておいた方がいいでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

仕事を辞めてゆっくりしたい時の対処法についてまとめてきました。

特にブラック企業に勤めていると、一刻も早く仕事を辞めてゆっくりしたいと考えてしまいがちです。

ただ空白期間ができてしまいますので、空白期間対策については事前に考えておいた方がいいですね。

 

あとは、ゆっくりしたいと考えてしまうのは、労働時間の長い、労働環境の悪いブラック企業に勤めていることが原因だと思います。

労働環境のいいホワイト企業に行ければ、働きながらでもしっかり休めてゆっくりできますので、良い会社を探す方向でも検討してみた方が良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職支援実績NO.1であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。