仕事行きたくないし家から出たくない人の特徴!地獄の毎日を変えるにはこれをやれ

 

  • 仕事行きたくないし家から出たくない…
  • 出社したら嫌な目にあうし…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

私も以前ブラック企業に勤めていた時は、仕事に行きたくないし家からも出たくないと毎日考えていました。

出社してしまえば仕事は体で覚えているので、なんとか業務をこなしていくことはできるのですが…。

一日があっという間ですし、疲れますし、たまには家でゆっくり休んでいたいですからね。

特にブラック企業ですと残業も多く休日出勤も多く、肉体的にも精神的にも消耗してしまいますからね。

 

この記事では、仕事行きたくないし家から出たくない人の特徴と、毎日仕事に行きたくない思いを抱えながら働かされている時の対処法についてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

地獄のような環境のブラック企業が増加!仕事に行かず家から出たくないのはあなただけじゃない!

最近はあなたのように、仕事行きたくないし家からも出たくない人と言うのは珍しくありません。

最近は労働環境の劣悪なブラック企業が急増していますし、例の新型疾病のせいで会社の業績が悪化したり、突然仕事が忙しくなったりした人も多いですからね。

ネットやSNSなどを見てみても、

  • 土日だけじゃ休み足りないでしょ…全然休んだ気がしない。家で寝ていたい
  • 家で仕事できる人が羨ましい。デスクワークなのに毎日出社させるとか、頭悪いんじゃないの?
  • うつでヤバかった時はマジで家から出れなくなったし、結局仕事にも行けずにそのまま辞めたよ

こんな意見が散見されますね…。

 

特に最近はストレス社会と言われていますし、それが仕事のきつさを加速させている面はあると思います。

精神疾患の労災件数も、右肩上がりで急増していますからね。

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴!こんな人は追い込まれてしまう

あなたのように、仕事に行きたくないし家からも出たくない人は珍しくないと思います。

しかし私もそうだったように、家から出たくないくらいに追い込まれてしまう人と言うのは、一定の特徴があると思います。

大抵は真面目すぎる人だったり、本人に原因なくても環境が悪すぎることが多いですね…。

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴についてまとめてみましたので、参考にしてください。

労働環境が劣悪なブラック企業で働かされている

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴として、労働環境が劣悪なブラック企業で働かされていることが挙げられます。

労働環境が悪い会社ですと、仕事時間中は不愉快なことや理不尽なことばかりで、ろくな目にあいません。

その割に給料も安く報われず、ろくなことはありません。

そんな環境で働かされていたら、仕事に行きたくなくなるのは当たり前です。

 

そういったブラック企業の場合、自らの意思で働いているというよりも、働かされているという感覚になってきます。

実際に残業が多すぎたり休日出勤を頻繁にさせられたりしますから、働かされていると言っても過言ではありません。

人間関係が最悪で、仕事に行くと嫌な思いをすることが確実

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴として、人間関係が最悪で、仕事に行くと嫌な思いをすることが確実なことも挙げられます。

仕事に行くと確実に嫌な思いをすることが分かっていたら、仕事に行きたくなくなるのは当たり前です。

まぁ多少の不愉快であれば耐えられるかもしれませんが、本当に精神的に病んでしまうくらい人間関係が悪い場合、あなたの無意識がストップをかけている可能性もあります。

うつ病などは体が動けなくなって家から出られなくなることも珍しくありませんが、そうすれば危険な外界に出ていかなくても済みますからね。

あなたが仕事に行きたくなく家にいたいと考えているのは、人間関係や環境が劣悪すぎて、あなたの無意識が自動的に自衛しようとしているのかもしれません。

真面目なので断れない、つい仕事を抱え込んでしまう

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴として、真面目なので断れない、つい仕事を抱え込んでしまうことも挙げられます。

やはりこういった一人で抱え込んでしまう性格の人ほど、追い込まれてしまう傾向にあります。

それでいて他人を頼ることができず、気楽に相談することができない傾向にあります。

 

というか、労働環境が悪いブラック企業ですとギリギリの人員で回しているケースがほとんどなため、そもそも頼れる人がいないという場合が多いですね。

「断れない性格」なんていうと本人のせいにされることも多いですが、そもそも適切な人員配置や環境整備をしていない、ブラック企業側にも大きな非があると思います。

残業も休日出勤も多く、家にいる時間や休みが全く足りない

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴として、残業も休日出勤も多く、家にいる時間や休みが全く足りないことも挙げられます。

特にきつい肉体労働だったり、感情や精神をすり減らすようなサービス業に従事している人ですと、土日祝日の休みだけではリフレッシュしきれません。

特に家族がいると休みの日に寝ているだけというわけにもいかず、疲れが溜まってしまう傾向にあります。

 

9時5時で終わり、土日祝日は必ず休めて有給休暇も全消化できるようなホワイト企業勤務であれば別ですが、ブラック企業ではそんなのは無理です。

これまではなんとか耐えられたかもしれませんが、無意識に肉体的精神的に疲れが溜まってしまい、ついに家から出たくないほど消耗してしまったのでしょう。

仕事行きたくないし家からも出たくないのは甘えだ!と自分を責めてしまう

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴として、仕事行きたくないし家からも出たくないのは甘えだ、と自分を責めてしまうことも挙げられます。

こんなページを見ている時点で、あなたがとても真面目な人だと言うのはわかります。

しかし真面目ゆえに、自分を責めてしまうのです。

まぁ「仕事行きたくないし家からも出たくない」なんて、文字だけで見たら甘えに見えてしまうのは仕方ないですが…。

そもそもそんなところまで追い込まれている時点で、日ごろから休みも無く働かされている人が多いでしょうからね。

 

こういうのは、「会社のせい」「社会のせい」くらいに他人のせいにするくらいのほうが、図太く生きていきやすいです。

まぁこういうことを言うと「社会のせいにするな」とか言ってくる人がいますが、まぁなんでもかんでも自分のせいにして背負い込んでしまうと潰れてしまいますからね。

まぁ口で言うと叩かれますから、内心そう思っているくらいでいいでしょう。

会社のせい社会のせいにし、気楽に生きていった方がいいと思います。

仕事行きたくないし家からも出たくない時の対処法!これをやって地獄の毎日から抜け出そう

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴についてまとめてきました。

しかしそのままの状態を放置していたら、本当に精神を病んでしまいかねません。

そうなると二度と働けなくなってしまったり、死んでしまう方も珍しくありません。

仕事行きたくないし家からも出たくない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

とりあえず今日のところは強引に休む

仕事行きたくないし家からも出たくない時の対処法として、とりあえず今日のところは強引に休むことが挙げられます。

そんなに家から出たくない状態ということは、本当にあなたの無意識がストップをかけている可能性もあります。

家から出たくない状態は軽いうつ状態だと思いますが、なぜそういった状態になるかといえば、自分を守るためです。

家にいれば、危険な外界に出ていかなくても済みますから、身を守ることができますからね。

 

あなたのような真面目な方は普段は休まず働いているでしょうから、たまには休んだらどうですか?

まぁ「当日欠勤するな」とかギャーギャー言われるかもしれませんが、そんなの知ったこっちゃありません。

悪いのは休みなくこき使っているブラック企業側なんですから、堂々と休んでしまいましょう。

あなたのような人は普段は自分を殺して周りに合わせてしまうでしょうから、たまにはワガママを言って発散していかないと潰れてしまいます。

無鉄砲に会社を辞め、とりあえず失業保険で暮らす

仕事行きたくないし家からも出たくない時の対処法として、無鉄砲に会社を辞め、とりあえず失業保険で暮らすことも挙げられます。

家から出たくないレベルで仕事に行きたくないのであれば、もう潮時でしょう。

これ以上無理して働いたら、本当に精神的に潰れてしまい、二度と働けなくなってしまう方も珍しくありません。

とりあえず無鉄砲に会社を辞めてしまい、しばらく休んでみるのも手段の一つです。

 

ただ、自己都合退職の場合は三か月の待機期間がありますので、すぐには貰えませんが…。(追記:2020年10月から原則二か月に短縮されました)

しかし残業が多い方の場合、残業時間の証明ができれば会社都合退職にすることができ、すぐに失業保険を貰える可能性があります。

あとは職業訓練を受けることでもすぐに失業保険が貰えますし、訓練期間中は失業保険を延長して貰うことができます(条件あり)。

とりあえずこういった手段を使って、しばらく休んでみるのもいいかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

退職代行を使って即日で今日辞める

仕事行きたくないし家からも出たくない時の対処法として、退職代行を使って即日で今日辞めることも挙げられます。

あなたのような真面目な方は、会社を辞めると言い出せない方も珍しくありません。

そもそも家から出たくないレベルまで追い込まれているのに辞めないということですから、そもそも言い出せない、或いは人手不足で辞めさせてもらえないような方が多いです。

 

しかし最近は、数万円程度の料金を払えば会社に退職を代わりに伝えてくれるという、退職代行業者も増えてきています。

こういったところに頼めば、即日で会社を退職することも可能ですし、退職の書類一式も貰うように頼むことができます。

⇒未払い残業代請求も可能!弁護士による退職代行なら【汐留パートナーズ法律事務所】

転職エージェントに相談してみる

仕事行きたくないし家からも出たくない時の対処法として、転職エージェントに相談してみることも挙げられます。

もうそんな状態まで追い込まれているということは、そろそろ潮時でしょう。

本気で仕事を変えて、もっとマシな環境に移ってしまうことを強くお勧めします。

 

ただ、転職に不慣れな人の場合は、まずは転職のプロに相談してみるのがいいでしょう。

相談からは無料でできますので、気楽に相談してみるのもいいかもしれません。

あとは転職サイトに登録しておくのもお勧めですね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

仕事行きたくないし家からも出たくない人の特徴や、対処法についてまとめてみました。

そもそもそんな状態まで追い込まれている時点で、もう辞めたほうがいいでしょう。

そこで無理に働いてしまうと、本当に精神的に潰れてしまいかねませんし…。

そうなると、もう二度と働けなくなったり、自ら死を選んでしまう人も珍しくありません。

 

まぁ他にも仕事なんてたくさんあるわけですから、早めに転職を検討することをお勧めします。

一日でも若い方が、いい会社に行ける可能性がありますからね。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。