【号泣】男なのに仕事で怒られて泣いてしまう!一体どうしたら?

blueMix / Pixabay

  • 男なのに仕事で怒られると泣いてしまう!
  • 社会人なのに情けないのは分かってるけど…

とお悩みの、仕事で怒られるとつい泣いてしまう男性のためのページです。

そういった方も珍しくないと思います。

男性だからとかではなく、感受性が強かったり、つい過剰に反応してしまう人というのはいますからね…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

感受性が強すぎるのかも

あなたのような方は、恐らく感受性が強すぎるんだと思います。

近年ようやく話題になりだしましたが、HSPという敏感な人も、日本にはたくさんいるんです。

このHSPというのは5人に1人はいると言われており、特に和を重んじる日本人には多いと言われています。

人の気持ちや周囲の空気を読まないと、生きていくのが難しい国ですからね。

まあそういった能力も重要なのですが、限度がありますよ。

過剰に敏感ですと、あなたのようにちょっと怒られただけで泣いてしまったりするんです。

私の知り合いにもそういう人いましたけど、確かに涙もろかったり、他人の悪意や怒りに敏感すぎて過剰反応してましたね…。

あんまり敏感すぎても、生きづらいと思います。

どうせ上司もバカなんだから、開き直れ!

mattysimpson / Pixabay

というか、そんなに深刻になることないですよ。

今の時代世の中全体がギスギスしていますから、そんなのいちいち気にしてたら生きていけません。

何か言われるたびに泣いてたら、身体中の水分がなくなってしまいますよ!

怒ってくるのは、ほとんどが上司でしょう。

どうせ上司もバカなんだから、聞き流しときゃいいですよ。

もう開き直りましょう。

特に考えて怒ってるわけでもないだろうし。

 icon-exclamation-circle 

というかあなたが過剰反応するから、上司も面白がって怒ってくるんじゃないでしょうか?

そういうSっ気にある上司は多いですからね…。

あなたが過剰反応するからつけあがるんですよ。

もっと心を強く持って、開き直るようにしましょう。

まあどうしても泣いてしまうなら、そこも開き直った方がいいですし。

むしろ泣いたりストレスを外に表現できる人の方が、鬱病とかにもなりにくいらしいですからね。

そう考えて開き直るのも手段の一つです。

体を鍛えて、いざという時は反撃して絞め殺せるようにしておく

本当にやっちゃダメですが…。

怒られて泣いてしまうなんて、精神的に余裕がないからではないですか?

まああんまりビビる必要ないとは思うんですけど。

精神的に余裕を持つには、強くなることです。

特に男性の場合、原始的なオスとしての自信がつけば、多少怒られても「弱者の戯れ言」と切り捨てて、心を動かされずに済むと思います。

 icon-exclamation-circle 

体を鍛えて、いざという時は怒ってきた相手に反撃して、無力化できるようにしておきましょう。

こういう自信があれば、良い意味で相手を見下すことができます。

  • 「あ?どうせこいつ俺より弱いんだろ」
  • 「最悪の場合、こいつ程度絞め殺せる」
  • 「その気になればこいつ程度、1分で地獄に送れる」

こういった生物としての自信があれば、大抵の輩の発言は深刻に受け止めず済みます。

まあ本当にやっちゃダメですけど…。

でもこのくらい体力つければ、最悪クビになっても土方でもやれば食っていけます。

健全な精神は健全な肉体に宿る…とも言いますし、結構いいアイデアかもしれません。

あまりにきつい会社なら転職を検討

FotografieLink / Pixabay

怒られて泣いてしまうなんて、会社の業務がきつすぎることが原因かもしれません。

だって、普通ちょっと怒られたくらいで泣かないですよ。

女性なら結構泣いてる人見たことありますが、男性ですと泣くくらいならケンカ起こして来なくなる人が多い気がします。

そこまでではなくても、キレて職場で問題になる…みたいな。

そうやって問題が表面化して、改善に向かうケースは多いです。

泣き寝入りが一番よくない気がしますね…。

あまりに精神的にきつすぎて、そんな気力もないのかもしれません。

でしたらもういっそのこと、転職を検討してしまうのも手段の一つです。

幸い、最近は仕事がかなり見つかりやすくなってきていますし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

NLPを学んで、ストレス耐性をつける

怒られて泣いてしまうのは、人間が怖いことが原因かもしれません。

その場合、NLPを学んでみるといいかもしれません。

神経言語プログラミングってやつです。

個人的なお勧めですけど。

人間というのは所詮、それまでに構築されたプログラムで動いてるに過ぎないんです。

人間の内面や心理なんて結構研究されてて、人間理解に役立つのがNLPです。

 icon-exclamation-circle 

怒られて泣いてしまうのは、怒られると悲しいイメージや、情けないイメージが呼び起こされるからではありませんか?

普通は、大の大人だったら

  • 「あ?なんだこいつ、いきなり怒りやがって」
  • 「やべぇ、俺なんかしたか」
  • 「ちっ、うるせぇな」

こんな反応が呼び起こされるかもしれません。

まあ少なくとも泣きはしないですね…。

NLPを学べば、そういった反応や、心の内面をもっと良いように操作できるんです。

人間理解が深まるので、怒られる機会も減ると思いますし。

まあ本がたくさんでてますから、興味があれば学んでみるといいでしょう。

ストレス耐性も身につくというか、漠然とストレスを感じる無意味さを知るので、今よりも生きやすくなると思います。

仕事ごときで深刻にならぬよう、第二の収入源を作っておく

mohamed1982eg / Pixabay

そもそもの話ですが、仕事ごときでそんなに深刻になるのもどうかと思います。

別にあなたが働かなくても誰も困らないし、個人レベルで見たらみんなそうです。

でも仕事しないと生活できないので、みんな働いてるわけですが。

 icon-exclamation-circle 

だったら、第二の収入源があれば、もっと軽く考えられると思います。

つまりは泣かなくて済みます。

今の会社以外に収入源があれば、「最悪今の会社辞めてもなんとかなる」と思えますからね。

今の会社で怒られても、泣くほどの問題ではなくなるんです。

まあネットで最近は稼げるようになってきてるので、興味があればしらべてみるといいでしょう。

最近は副業から軌道に乗せて独立…ってのも多いですし。

→サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

まとめ

怒られて泣いてしまう方も珍しくはないと思います。

ただ男性で泣いてると、職場でかなり目立つと思いますが…。

女性だと、結構職場でいじめがあったりして、物陰で泣いてるのみたことありますけどね…。

ただずっとそのままだと、やっぱりきついと思います。

会社に問題があるのであれば、今は仕事たくさんあるので、転職を検討してもいいかもしれませんね。

そんな会社で長く働くのはきついでしょうし…。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする