ネチネチうるさい上司への対処法は!?いちいちウザすぎる場合の解決策

  • 上司がネチネチうるさい!
  • 細かいミスを指摘してきて本当にうざい!
  • これ以上こんな奴と働けるか不安!

そういった悩みをお持ちの、ネチネチうるさい上司への対処法を探している方のためのページです。

本人の性格なんでしょうが、細かいミスでもうるさく指摘してくる人はいますね…。

こちらが何かミスでもしようものなら、鬼の首でもとったかのようにネチネチ言ってくる人もいますし。

ましてやそれが上司となると、これはもう始末に負えません。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

うるさい上司との人間関係に悩む人は多い!

あなたのように、うるさい上司との人間関係に悩む方は実際多いです。

大手転職サイトの「エンジャパン」が行った調査によりますと、仕事のストレスとして一番大きいのが「同僚、後輩との人間関係」で、二位が「上司との人間関係」でした。

結局人間関係の悩みが一番多いわけですが、上司との人間関係に悩む人は多いのです。

特に上司との人間関係ですと、上下関係がある分めんどくさいです。

何かミスがあったら上司の責任にされますから、それもあってネチネチ言ってきたりします。

まぁわかるんですが、あんまりしつこくネチネチ言われると本当にうざいですね…。

やってられないと思います。

そういう上司は、どんなに頑張っても嫌味しか言わない!

経験上、そういったネチネチうるさい上司というのは、それが趣味みたいになってるんですよ!

多分自分の考えに自信を持っていて、他人を説き伏せるのが好きなんじゃないですかね?

「ほら!だからお前はダメなんだ!正しい俺様の言うことを聞け!」みたいな感じじゃないですかね?

どれだけ頑張っても、ネチネチうるさいのは変わらないでしょう。

できて当たり前で褒めてもくれず、ミスがあったらあなたの責任でネチネチ言われる…。

程度の差はありますが、社会人というのはそういうものです。

まぁ褒められないのは仕方ないですが、ミスがあった時にネチネチ言われるって最悪ですね。

極力そういう上司とは関わらないようにしましょう。

胃に穴が空く前に転職を検討

FotografieLink / Pixabay

そういったネチネチうるさい上司というのは、話してると本当にストレスが溜まってきますね…。

反論するわけにもいかないですから、大人しく聞くしかないですし。

話を遮ったりしようものなら、二倍になって返ってくるでしょう。

そういったうるさい上司の下で働くのは、トラブルの元です。

あまりに理不尽であれば、いっそ転職を検討してみるのも手段の一つです。

幸い、今は仕事が多く、かなり転職がしやすくなってきていますし。

今のうちに転職を検討してしまうのも手段の一つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

いっそ職場で大声をあげて号泣してみる

そんなにネチネチ言われてきついのであれば、もういっそ大声をあげて号泣してみるというのも手段の一つです。

かなり恥ずかしいですが、これやればその上司が悪者みたいな感じになります。

そのうるさい上司も「ちょっと言い過ぎたな」と反省するかもしれませんし。

まぁつらい時はむしろ思いっきり泣いたほうが、スッキリしますし。

それでいてうるさい上司への嫌がらせにもなり、反省を促す効果も見込めるかもしれません。

普通大の大人の社会人が職場で大声出して泣くなんてやらないですから、上司を含む周りの人間をビビらせる効果も見込めます。

ある意味、一目置かれる可能性があります。浮くかもしれませんが…。

ただ、マジで冷酷な上司の場合、「泣けば許されるとでも思っているのか!?」などと更に追い打ちをかけてくる恐れもあります。

そういった場合は上司の仏心に期待しても無駄ですね…。

キレて暴力の力を借りるのも手段の一つ ※非推奨

あなたもそんなネチネチうるさい上司の下で働いていて、もう疲れたでしょう。

いっそキレてしまい、禁断の暴力の力を借りるのも手段の一つです。

今度ネチネチ言ってきたら、

  • 「お前前から思ってたけどネチネチうるせぇんだよ!!」
  • 「お前みたいなのが部下を自殺に追い込むんだよ!この人殺し!」
  • 「おい!あァ!?何か言えやコラァ!」

などとキレてみるのもいいかもしれません。

まぁあんまり汚いこと言うとどうなるかわかりませんから、何を言うかは考えたほうがいいですが…。

勢いが伝われば、上司も怖気づいて考え直すかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

あとは禁断の暴力の力を借りるという手もありますが…。

まぁモロにやると処分食らったり、傷害罪で警察沙汰になる可能性もあります。

まぁちょっと小突くくらいだったらもしかしたらセーフかも?しれません。

挑発に乗ってくれば向こうがこちらに暴力ふるってきて、その上司が処分食らう可能性もあります。

最初に手を出したほうが負けなのです。

推奨はできませんが、このくらいの勢いでビビらせて、上司を牽制することも必要かも知れません。

あんまりネチネチ言ってくるのは、その上司がかなり調子に乗っていて、あなたをナメ切っているからだと思いますし。

お勧めできる方法ではありませんが、良くも悪くも何かしら状況は変わると思います。

一目置かれて同僚が味方になってくれる可能性もありますし。

まぁ一応、「暴力は辞めてください!」と言っておきますが。

本人の前で、大声で愚痴を独り言で言う

或いはどうしてもその上司について腹に据えかねているのであれば、本人の前で文句や愚痴を言ってみるのも手段の一つです。

「言ってやった!」という達成感があり、スッキリするでしょうし。

ただ、さすがに本人の目の前で面と向かっては言う勇気はなかなか無いでしょう。

なので独り言で言うといいかもしれません。

  • 「ったくあいつネチネチうるせぇなあーー!!(ブツブツ」
  • 「よく出世できたよなぁあいつ!!(ブツブツ」
  • 「ほんまストレス溜まるわあー!(ブツブツ」

みたいな。

 icon-exclamation-circle 

ポイントとしては、「本人に聞こえるようには言うが、誰のこととは言わない」ことです。

ちょっとボカして、明らかに本人のことと特定できるか微妙なレベルな感じで言いましょう。

何か上司に言われたら、

  • 「えっ!??僕今何か言いましたっけ!!??」
  • 「上司さんじゃないですから!自意識過剰なんじゃないすか!?」
  • 「ちょっと嫌なことがあっただけです!気にしないでください!」

みたいに、カマトトぶりましょう。

本当に病んで無意識に独り言で言ってるちょっとヤバい奴、くらいの感じで言うといいかもしれません。

仕事ができる社員になって、上司のミスを指摘しまくる

或いはむしろ、そのネチネチ言ってくる上司に、逆に反撃するのも手段の一つです。

その上司がネチネチ言ってくるのは、こちらの脇が甘いからかもしれません。

  • 些細なミスがある
  • 気がゆるんでいる
  • 仕事という意識が薄い

などなど。

そういう感じですと、確かに相手にネチネチうるさく言う隙を与えてしまいます。

 icon-exclamation-circle 

なのでむしろ、こちらが上司のミスをネチネチ指摘しまくれるよう、仕事を頑張りましょう。

もう一分の隙も見せないくらいになって、風紀委員みたいにうるさく上司や同僚のミスを指摘しましょう。

  • 「えっ!?上司さんそこはそうじゃないですよ!」
  • 「上司さんちょっと最近調子悪いんじゃないですか!?」
  • 「仕事なんですよ!?もっとしっかりしてくださいよ!」
  • 「社会の厳しさを教えてくれたのは上司さんでしょ!しっかりしてください!」

こういうことを言えるようになりましょう。

あんまり上から目線で言うのはダメですが、部下の立場で下から目線で突き上げる感じでいきましょう。

後ろから追われる立場は結構大変で苦しいものですし。

そのためには上司よりも仕事ができる奴になることが重要です。

実際、自分より仕事ができる奴に言われると言い返しにくいので、かなりの嫌がらせになります。

ただ、むしろ社内であなたが嫌われてしまう可能性が高いですが…。

まとめ

ネチネチうるさい上司というのは、一緒にいるとかなり働きにくいですね…。

「ミスしたらどうしよう」みたいにプレッシャーを感じ、むしろ些細なミスが発生してしまっている方も多いのではないでしょうか?

緊張感があるのは悪いことではありませんが、そんなにネチネチ言われていたらイヤになってきますね…。

まぁ今は仕事も多いですし、そんなうるさい上司と仕事するのがイヤであれば、転職を考えるのも手段の一つです。

そのまま働いてたら胃に穴が空いてきそうですしね…。

幸い今は仕事が多いので、転職するのであれば今がチャンスです。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする