メモを取っても仕事覚えられない!要領が悪すぎる時の7つのヒント

  • メモをとっても仕事が覚えられない!

  • 昔から物覚えは悪かったけど…

  • こんなので今の仕事が勤まるのか不安…

とお悩みの、メモを取っているのに仕事が全く覚えられない方のためのページです。

なかにはあなたのような要領の悪い方もいますので、それほど珍しいものでもないかもしれませんが…。

メモをとって覚えられないとなると、これは厳しいですね。

「仕事を覚えるにはメモを取ること」というのが鉄板の手法なのですが…。

それが無理となると、結構厳しいです。

何とかするための方法をまとめてみました。

⇒「仕事やめたい」と考えたらすぐ登録すべき転職サイト

「メモさえ取ればいいや」と思ってませんか?

あなたのような方の場合、メモを過剰に過信している傾向にある気がします。

  • 「メモさえとっておけば大丈夫」
  • 「うっせえな。メモとっときゃいいんだろう」
  • 「書けば覚えられるはず!」

みたいな。

 icon-exclamation-circle 

ですがメモなんて、あくまでも補助ですからね。

後で見返して復習できるようにするために、メモをとるわけで。

メモを取るだけでは、覚えられるわけがありません。

単に言われたことをその場で書くだけであれば、馬鹿でもできますからね。

重要なのは、それをちゃんと覚えることです。

その時に多少は頭に入れる

上で述べた事にも通じるのですが。

「メモさえ取っておけばいいや」と考えている人は、書くことだけに夢中になってしまう傾向にあります。

 icon-exclamation-circle 

そういう人の場合、書いた時点で満足してしまって、全く頭に入っていないことが多いです。

あとになって見返せるメモを取った方がいいのは言うまでもないのですが、少しは頭に入れるようにしましょう。

頭に少しでも入っていれば、あとから思い出すことができますからね。

ちゃんと頭に入っていれば、メモをあまり見返さなくても済みますし。

分からないところがあればその場で聞く

そして、「メモさえとっておけばいいや」と考えている人にありがちなのが、わからないところを聞かないことです。

最初に教わった段階で、書くことだけに集中していると、その場で考える余裕がありませんからね。

 icon-exclamation-circle 

その場でメモだけに集中せず、ちゃんと少しは聞いておけば、自分の頭で考えて、

  • 「ん?ここはどうなっているんだろう?」
  • 「これはどういうことなんだろう?」
  • 「これはこの場で聞いておいた方がいいかもしれないな」

みたいな疑問が出てきます。

自分でもよくわからないものをメモに残しておいても、後から見返してもよく分からないに決まっています。

くれぐれも、書くだけに集中せず、少しは自分の頭で考えるようにしましょう。

帰宅したらメモを見返し、記憶の定着を図る

メモというのは、当然ですが書くだけでは頭に入りません。

なので、家に帰ったらその日のうちにメモを見返して、復習するようにしましょう。

最近の研究では、どんなに頭がいい人でも、繰り返し復習しないと記憶の定着が起こらないことがわかっています。

記憶力がいい人というのは、何回も頭の中で思い出して、記憶の定着を図っているだけなんです。

あなたは幸いメモはちゃんと取っているようですから、家に帰ったら何度もメモを見返して復習しましょう。

仕事が覚えるのが早い人とか、記憶力がいい人というのは、影でこういうことをちゃんとやってますよ。

当たり前だと思っているから、わざわざ自慢して言わないだけで。

ボイスレコーダーで録音しておく

あるいは、字が汚い人とか、頭の回転が遅い人の場合は、これが有効です。

ICレコーダーや、スマホの録音アプリを使って、仕事の説明を録音しておきましょう。

これならば、メモの取り忘れもありませんし、後から何度でも繰り返すことができます。

 icon-exclamation-circle 

単純に、メモに書いたことを思い出すよりも、音声データとして理解したほうが、思い出しやすいと思います。

「ああ、こんなこと言ってた!」みたいに。

メモを書いても仕事を覚えられないあなたのような方であれば、ここまでやったほうがいいと思います。

「こんなことまでやるの!?」と思うかもしれませんが、あなたが早く仕事を覚えないことには、職場のみんなにも迷惑がかかりますので…。

使える手段は何でも使った方が良いのです。

向いてないならさっさと辞める

geralt / Pixabay

或いはもしかしたら、あなたはその仕事に向いていないかもしれません。

向いていないというか、興味がないというか…。

人間は興味があることであれば、ものすごい速度でそれを吸収し、習得することができます。

ですが興味がないことですと、何度教わっても、いくらメモをとっても、覚えることができません。

「仕事なんだから興味を持つべき!」と思うかもしれませんが、こればっかりは仕方ありません。

でしたら、もっと興味が持てる仕事に変えてしまうというのも手段の1つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場での強みを診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

あまりに要領悪いとクビになる可能性が

一般的に考えたら、「メモを取っているのに仕事覚えられない」なんていうのは、さすがに要領が悪すぎます。

さすがにそこまで要領が悪いと、クビになってしまう可能性も出てきますね…。

  • 「メモをとっても仕事が覚えられないんです!」
  • 「どうやったら仕事が覚えられるのでしょうか!?」
  • 「もっと効率の良い仕事の覚え方を教えてください!」

こんなことを同僚に相談したところで、いいアイデアなどくれるはずがありません。

大抵の人は、メモを取っていればじきに覚えられるからです。

「こいつは要領が悪すぎる。クビにした方がいいんじゃないか?」と思われるに決まっています。

正直、そこまで面倒見きれませんからね…。

まとめ

あなたのように、なかなか仕事が覚えられない人もいるかとは思うのですが…。

こういったことは、本人の意識の問題が大きいと思うんですよ。

あまりにその仕事に興味がないとか、「メモさえ取っておけばいいや」みたいにいい加減に考えていたりとか。

みんな同じ人間ですから、そんなにアタマの構造に違いがあるわけでもありませんので…。

  • 「早く仕事覚えたい!」
  • 「早く仕事を覚えなきゃ!」

こういった意識の部分で、差が出てくる気がします。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする