【意志薄弱】優柔不断な人に向いてる仕事の特徴!と決断力不要な職種3選!

qimono / Pixabay

 

  • 優柔不断だから、仕事が勤まるか不安!
  • 優柔不断な人に向いてる仕事が知りたい!
  • 優柔不断でも勤まる仕事が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

 

優柔不断というのは、決断力がないとも言い換えることができるかもしれません。

なかなか決めることができないと、仕事にも悪影響があると思いますし。

これまでも色々仕事をしてきたけど、あまり勤まらなかったのかもしれません。

 

この記事では、そんな優柔不断な人でも勤まる仕事の特徴と、具体的職種などをまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

優柔不断で仕事選びに迷う人は多い…

あなたのように、優柔不断で仕事選びに迷っている人というのは珍しくありません。

特に日本人なんて決断するのが苦手な人が多そうですし、優柔不断な人も多そうです。

 

ネットやSNSなどを見てみても、

「俺優柔不断だから、社会人勤まるか不安だわ…。

働き出したら、一人で色々判断する場面も多いだろうしな。

というかバイトでも使えない人間だったし、勤まるか不安やわ…」

 

「俺、優柔不断とか意志が弱いとかよく言われるんだけど…。

こんなので働けるんか?不安だ。

面接で落ちそう」

 

「大人になったら、決断力が重要だと思うんだよね。

仕事選びもそうだし、何を食べるかもそうだし、結婚するかどうかとかも決断力が関わってくる。

優柔不断だと、結局何も選べずに行動できないからな。

良くも悪くも決断力がある奴は勝手に進んでいくよ」

こんな感じの意見が散見されますね…。

 

仕事となると、決断の連続とも言えますからね。

もちろん勝手な行動をするのはダメですが、逐一上司に聞くわけにもいきませんし。

優柔不断ですと、仕事で決断が必要な場面で迷って行動できない傾向にあるかもしれません。

 

優柔不断な人は、ゴールが明確な仕事に向いている

優柔不断な人ですと、当然ながら決断していくのは不向きです。

何度も決断の連続になるような仕事は、辞めた方が良いでしょう。

世の中には、曖昧な目的しか与えられないような仕事も多いですからね。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、優柔不断な人はゴールが明確な仕事のほうが向いていると思います。

それでいて、その課程で決断を求められることが比較的少ない仕事を選びましょう。

仕事である以上、決断の連続であることは確かですが、それが少ない仕事というのはやはりあります。

 

営業職や販売職など、人と接する仕事はあまり向いていないかもしれませんね。

人によってケースバイケースのことが多すぎて、その都度その都度、決断を求められますから。

人が相手の仕事よりは、機械や物相手の仕事のほうが、ゴールが明確なので向いているかもしれません。

 

優柔不断な人は、管理職には向いていない!

優柔不断な人ですと、当然管理職には向いていないと思います。

管理職になってしまうと、決断の連続ですからね…。

  • 様々な部下のサポートもしないといけない
  • 上の人間の言うことを噛み砕いて、現場に反映させないといけない
  • とにかく決断の機会が多い

平社員と比べて、そういった傾向にあるのです。

 

特に上にも下にも人間関係が増えるため、優柔不断な人は向いてないでしょう。

物や機械相手なら勝手もわかるかもしれませんが、人間なんて気分次第で行動も変わりますし、一番の不確定要素です。

 

 icon-exclamation-circle 

ただ、ブラックな会社ですと離職率が高かったりします。

同僚は次々と辞めていき、「適任は自分一人しか残っていない!」なんて状況にもなりがちです。

そうなると当然、優柔不断なあなたにも出世の白羽の矢が立つ可能性があります…。

 

そう考えると、出世を回避しやすい労働環境の良い会社を探した方が良いでしょうね。

労働環境の良い会社なら人は辞めにくいので、優柔不断なあなた以外のもっと適任な人材が出世していくでしょう。

幸い今は仕事は多いので、今のうちにホワイトな会社を探しておいた方が良いでしょうね。

 

優柔不断な人は、職人的な仕事に向いていることも

優柔不断な人となると、やはり人が相手の仕事はあまり向いていないかもしれません。

物や機械が相手の、職人的な仕事の方が向いていると思います。

 

やはり人間相手の仕事となると、

  • 気分次第で行動も変わる
  • 相手が一人とは限らない
  • 人によって態度や行動も変える必要がある
  • クレームがきたら、どうするか決断しなくてはいけない

などなど、不確定要素が多いのです。

人間相手の仕事は常に臨機応変さが求められるため、優柔不断な人には向いていないと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、職人的な仕事を探した方が良いかもしれません。

機械や物相手の仕事であれば、決められた成果物を作って納品すれば勤まりますからね。

 

わからないことがあれば誰かに聞けばいい話ですし、せっかちな人間と違って物や機械は待ってくれますからね。

優柔不断な人でも、勤まりやすいのです。

 

向いている仕事1 エンジニア

優柔不断な人ですと、エンジニアなどの仕事が向いているかもしれません。

これならば機械相手の仕事ですから、すぐ決断が必要!みたいな状況にもなりにくいです。

優柔不断な人でも、割と向いているんですね。

 

仮に仕事でわからないことがあっても、

  • 同僚に聞いたり
  • ネットで調べたり
  • 参考書を調べたり

することで、解決していくことができます。

人間相手の仕事でしたらこうはいきませんし、すぐに決断が求められますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

しかも今はエンジニアは空前の人手不足なのです。

有効求人倍率は全国平均で1.5倍を越えていますが、エンジニアに限って言えば有効求人倍率5倍を越えていますし。

あまりに人がいないため、最近は30代以上未経験の人でも採用されやすくなってきています。

 

それでいて、給料も比較的他の仕事に比べて高い傾向にありますし。

最初は給料低くても、実績を積めばもっと良い会社に転職していける傾向にあります。

昔は「エンジニア35歳定年説」なんてことが囁かれていましたが、今はあまりに人がいないので、技術さえあれば50代以上とかでも仕事はかなり見つかりやすいようです。

優柔不断な人でしたら、そういった仕事のほうが向いているかもしれません。

 

向いている仕事2 工場勤務

優柔不断な人ですと、工場勤務なども向いていると思います。

これもエンジニア同様、機械相手の仕事ですね。

ライン工などですと、決められた作業を黙々とやるだけです。

これならば優柔不断な人でも勤まるでしょう。

 

 icon-exclamation-circle 

ただ製造業は派遣などの非正規雇用に置き換わっているケースも多く、正社員の仕事は以前に比べて減ってきていますが…。

自動化なども進んでいますからね。

ですが今は製造業も人手不足で、一昔前に比べれば正社員でも採用されやすくなってきています。

 

ただ食品工場などは給料安いので、工業製品系の工場にしたほうが良いでしょうね。

私も以前工場で何社か働いたことがありますが、やはり工業系の方が商品の単価が高く、従業員の待遇も良い傾向にあります。

夜勤などをすれば、手当がついてかなり稼げますからね。

 

工場なら学校みたいな感じに近いので、上司の言われたことに従って仕事をしてればそれで勤まります。

今なら製造業の求人も多いので、今のうちに探しておくと良いでしょう。

 

向いている仕事3 事務、経理など

優柔不断な人ですと、やはり内勤系の仕事に向いていると思います。

営業職など、外に出て行く仕事はあまり向いていないでしょうね。

そういった仕事ですと、どうしても一人で判断を下す場面がたくさん出てきますし。

優柔不断な人には、外に出ていく営業職などは不向きです。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、事務や経理などの仕事の方が向いているかもしれません。

これなら、わからないことがあっても自社の同僚に聞けば済む話ですからね。

優柔不断でも勤まりやすいのです。

 

…ただ、男性ですとそういった仕事にはかなり受かりにくい傾向にありますが…。

女性のほうが採用されやすいですね。

 

それに、最近は事務や経理など企業の利益に直結しない部門は自動化されたり、IT化で人がいらなくなってきています。

これからは更にAIの普及で、事務や経理なんて真っ先になくなる!なんてことも言われていますし。

まぁ派遣などの非正規なら仕事はありますので、若い女性であればやってみるのも良いかもしれません。

大企業の事務派遣などですと、女性が結婚相手候補を探すために結構人気だったりしますし。

 

仕事が多い今なら、優柔不断な人でも良い仕事を探しやすい

優柔不断ですとやはり、仕事を選ぶ際にも迷ってしまう人が多いと思います。

ただでさえ優柔不断なので、

  • 「あっちの仕事のほうがいいんじゃないか?」
  • 「こっちの仕事の方が向いてるんじゃないか?」

なんて迷ってしまいがちです。

 

ですが、結局どれかの仕事を選ばないといけないわけで、あんまり優柔不断で迷ってても仕方ありません。

「無理そうなら試用期間中に辞める!」くらいの意識の低さでいいと思います。

実際、短期で辞めた場合は職歴にしなくても済む場合も多いですし。

 

 icon-exclamation-circle 

特に今は、有効求人倍率も高いので仕事はたくさんあります。

極力望む仕事にも、以前に比べて就きやすくなってきているんですね。

まぁ優柔不断な人ですと、選択肢は少ない方が良いのかもしれませんが…。

 

でもブラック企業よりは、労働環境の良いホワイト企業で働きたいですよね?

最近は人手不足の会社がかなり多いので、そういった労働環境の良い会社にも行きやすくなってきているのです。

比較的いい会社に行きたいなら今のうちですので、このチャンスを逃さずに仕事を探していくと良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

優柔不断でも、なんとか働ける仕事はあると思います。

優柔不断な人は、単独行動や責任感が求められる仕事はやめたほうがいいでしょうね。

多分そうなると優柔不断さを発揮してしまい、行動できなくなってしまうと思います。

そうなると当然、仕事も勤まりません…。

 

まぁ幸い今は仕事は多いので、何かしら優柔不断な人でも向いてる仕事は見つかりやすいと思います。

今は有効求人倍率も高いですし、人手不足の会社が多いですからね。

仕事を選びやすくなってきていますので、このチャンスを逃さずに仕事を探した方が良いでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

転職活動
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。