求人の週休二日制は嘘だった!求人票の休日の条件で騙された時の対処法

MaeM / Pixabay

  • 求人には「週休二日制」って書いてあったのに…

  • 実際入社してみたら休日出勤だらけ!

  • 騙された!ふざけんな!

最近は悪質な会社も多いので、そういった悩みをお持ちの方は珍しくもないかもしれません。

特に休みについての規定は信用できませんよね…。

あれこれ「繁忙期だから」とか言ってなし崩し的に働かせようとする会社も多いですし。

企業など信用できたものではありません。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

週休二日制と完全週休二日制は違う!

残念ですが、週休二日制といっても、完全に週二日休みとは限りません。

というか「週休二日制」の他に「完全週休二日制」というものがあり、両者は違うのです。

 icon-exclamation-circle 

「完全週休二日制」が、確実に週二日休める制度の会社のことです。

ですがただの「週休二日制」は、月に1回以上二日休める週がある…という制度なんです。

他の週は週1休みしかなくても、月に1回でも二日休める週があれば、週休二日と言えるのです。

「こんなの詐欺じゃん!」と思いますが、これが現状のようです…。

だから会社なんて入ってみないとわからないんですよ。

国もあんまりこういうの取り締まるつもりも無いようですし…。

というか別に違法でもないので、問題ないと考えてるんじゃないですかね…。

というか、厳密に休暇制度を守る会社ばかりではない

そもそもですが、週休二日制だろうが完全週休二日制だろうが、企業側にそれを守る気がなければ形骸化します。

中には「※但し客先の事情による」みたいに但し書きを小さくつけてたりする会社もありますし。

会社は繁忙期を理由にすれば残業も月100時間でもOK!みたいな法案が国会を通過しましたし。

会社など、入ってみなければわかりません!

会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

 icon-exclamation-circle 

私も何回か転職してますが、求人票と実際は違った!なんてのは普通ですし。

結局極力嘘の少ない、相対的にマシな会社を選んで働くしかないのです…。

以前休日出勤バリバリで実質年間休日80日くらいの会社に勤めてた時も、人事は「年間休日120日以上!」とか言って募集かけてましたからね…。

詐欺ですよこれ。

ですが

  • 「あれはあくまで求人「広告」だから!」
  • 「求人出した時とは状況変わったから…」
  • 「あの職種はもう前の人を採用して決まっちゃったから…」

こんな風に、どうとでも言い逃れができてしまうのです…。

嘘を理由に抗議しても、罰則を与えるのは難しい

こういうの、嘘なんだから違法じゃないの?とも思うんですが…。

求人出してた時と今では状況が変わるなんてのも考えられますし、今のところ「求人出してた時はこうだった」みたいに言い逃れされたら終わりです。

あとは繁忙期を理由に仕事を押しつけても、合法ですし。

 icon-exclamation-circle 

そもそも労基法では

  • 週に1日以上の休日
  • 4週で4日以上の休日

を付与すればいいとされています。

つまり月4日以上休日があるなら、違法ではないんですね。

完全週休二日制ではなく「週休二日制」は、月に一週でも二日休める日があればいいわけですから。

そもそも我が国では、労働基準法自体が形骸化してますからね…。

法律があっても守られなければ意味がありませんし、「違法も法だよ」みたいなことになってる気がします。

この国は法治国家ではないのでしょうか?

もっと休める会社に転職も手段の一つ

FotografieLink / Pixabay

そんな会社ですと、年間休日もひどいことになっていることが多いと思います。

休日出勤も頻繁にさせられ、休む暇もあまりないのではないでしょうか?

でしたらいっそのこと、早めに転職をしてしまうのも手段の一つです。

幸い、今は有効求人倍率が高止まりしており、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

週に二日も満足に休めないようでは、これから先長く働いていくことは難しいでしょう。

まぁ気合いと根性で乗り切ることはできるかもしれませんが、仕事だけしてるわけにもいかないですし、あなたの人生は仕事だけで塗りつぶされてしまうでしょう。

仕事が激務だと、週に二日も休めないようだと体力も回復せず、疲れが翌週に持ち越されてしまいますからね…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

嘘求人なら、ハローワークに告発

そんな感じで、週休二日制でも嘘ではない、違法ではない可能性が高いです。

ただそういった誠意のない会社ですと、他にも求人票に嘘書いてたりしませんか?

  • 正社員のはずがバイト
  • 社会保険完備のはずがなし
  • 手当が実際は出ない
  • 仕事内容が実際と違いすぎる
  • 給料が実際は違って安すぎる

などなど。

私はいくつか騙されてひっかかったことがありますが…。

 icon-exclamation-circle 

ハローワークはそういった嘘求人の苦情を受け付けていますので、ハローワーク求人の場合は苦情を出しておきましょう。

あまりに苦情が多い企業の場合は、求人を出せなくなりますので。

あとは厚労省の「ハローワーク求人ホットライン」というのもありますので、やっておきましょう。

こういった手段をとらないと嘘求人を出す会社が野放しにされてしまい、第二第三の被害者が発生してしまいます。

他の方のためにも、然るべき処置をとったほうがいいでしょう。

⇒「ハローワーク求人ホットライン」の受付曜日を拡大します|厚生労働省(外部サイト)

残業代も規定通り出ない会社なら、勤務記録をとるべき

そういった嘘を書く会社ですと、残業代も規定通り支払われない傾向にあります。

そもそも「週休二日制!」って言ってあたかも週二日は休めるようなことを言っておきながら、実際は嘘!ってことを平気でやる会社なんですから。

遵法意識が希薄といえますし、

  • 「バレなきゃ問題ない」
  • 「労働者なんてバカなんだから」
  • 「どうせ罰則なんてない」

こんな風に開き直っているのでしょう。

そういう会社は、残業代も規定通り出ない傾向にあります。

 icon-exclamation-circle 

なので、勤務時間の記録を取っておき、後で未払い残業代をふんだくれるようにしておいたほうがいいと思います。

本来残業代は一分単位で支払う義務がありますし、

  • 法定時間外の残業
  • 法定休日以外の休日出勤残業
  • 深夜時間帯の残業

などについては、割増で残業代を支払う義務がありますし。

「うちは裁量労働制だから!」なんて誤魔化してる会社も多いですが、これ対象職種が決められてますから、嘘ついて残業代払わない会社も多いんですよ。

最近はGPSでスマホで勤務時間をつけられるアプリもありますので、こういったものを使うといいかもしれません。

最寄りの労働問題に詳しい弁護士に相談もしやすい機能がありますので、もしもの時は残業代を請求してやりましょう。

⇒残業証拠レコーダー(外部サイト)

質の高い求人から仕事を探すべき

Free-Photos / Pixabay

やはりそういった週休二日制!といってあたかも週二日確実に休めるように宣伝して求職者を集めるような会社は、実際多い傾向にあると思います。

最近は特に人手不足で、なかなか募集かけても人なんて来ない傾向にありますからね…。

もっとワークライフバランスが実現できる会社に行きたい!というのであれば、それなりの会社から選んで探すことです。

一番は、企業が求人にそれなりのお金をかけている会社から探すことですね。

そういった会社のほうが資金力もあって福利厚生が整っている傾向にありますし、人も増えやすいので休みもとれる傾向にあります。

  

極力質の高い求人から仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェント経由で採用するには企業はそれなりのお金を払ってますので、資金力のあるいい会社が多い傾向にあります。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

週休二日制なのに実際週二日も休めない!嘘じゃん!なんて悩みは、結構ありがちです。

大体「忙しいから休日出勤してくれ!」なんて頻繁に言われる会社ですと、公式には完全週休二日でも、実質週1休みみたいになりますし。

会社や取引先の状況などにもよって変わってしまうので、なんとも難しいですね…。

まぁ今は有効求人倍率も高く、比較的いい会社でも仕事は見つかりやすくなってきています。

今じゃないとなかなか質の高い会社には入れないかもしれませんので、今のうちに転職したほうがいいかもしれません。

今無理ならこれからずっと無理かもしれませんし…。

そのくらいには今はチャンスなんです。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【MIIDAS】
あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒転職市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする