【仕事人間】家庭を犠牲にして仕事してる人の特徴!と今の生活から抜け出すための対処法

rawpixel / Pixabay

  • 家庭を犠牲にして仕事してる!

  • というかそうしないと仕事が勤まらないし…

  • 良くないのはわかってるけど、仕事できないと家庭も維持できないし…

そういった悩みをお持ちの方は、今時珍しくないかもしれません。

特に最近は労働環境の悪いブラック企業なども増えてきていますからね…。

残業も多く、家庭どころではない方が多いのではないでしょうか?

仕事が忙しいと、必然的に家庭なんて後回しになってしまいますからね…。

仕事ができなくては、家庭も維持できませんし。

ですが、そんな状況では本当に仕事だけの人生になってしまいますし、家庭も崩壊しかねません。

この記事では、そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

仕事が原因で、家庭が犠牲になってしまう人は多い…

やはり最近はあなたのように、仕事が原因で家庭が犠牲になってしまう人と言うのは珍しくありません。

というか最近はブラック企業も多いですし、会社の言うことに従うまま働いていたら気付けば家庭が犠牲になっていた…という方が多いかもしれません。

家庭を優先したら、無職になってしまう恐れもありますからね…。

ネットやSNSなどを見てみても、

「激務な仕事の筆頭として医者が挙げられるけど、医者は結婚式も新婚旅行も時間的に厳しいらしいよ。

何があっても患者を優先して自己犠牲して、家庭も犠牲にし、生きていくことが社会で求められてるんだって。

まぁ社畜も一緒かもしれないけど」

「家庭を顧みない夫!とか言われるけど、家庭を優先したら社内で立場がなくなる可能性あるよ。

以前いたブラック企業では、子供のために休んだ社員がリストラ候補に名前上がってたし。

パパは無職になりますが、良いんですか?」

「昔は家庭を犠牲にするのは男だけだったけど、今は女もだよ。

家庭を優先するか、仕事を優先するかを選ばなきゃいけない。

産休育休取れるような会社だって、そんなに家庭優先してたら嫌がられるからね。

他の先進国では、仕事も家庭も犠牲にしなくても良いよう労働環境が整備されてるんだけどなー。

今の首相は子供もいないから、多分無理だろうね」

こんな意見が散見されますね…。

最近は女性の社会進出で、女性も正社員としてバリバリ働かされているケースが多いですからね…。

家庭を犠牲にすることを強いられているのは、男性だけでもないかもしれません。

一億総活躍社会とかなんとか言われていますが、仕事も家庭もバリバリ両立できる人はそう多くはないのでは…。

かなり厳しいかもしれませんね…。

【統計結果】仕事より家庭を優先したい人は多い!

ですが、人々の意識としては家庭を犠牲にして仕事!なんて考えはあまり受け入れられなくなってきているかもしれません。

博報堂生活総研が運営する「生活定点」が2016年に行った調査によりますと、「家庭第一志向 vs 仕事第一志向」という質問に「家庭第一志向」と答えた人は、78.3%もいたそうです。

女性の方が約16ポイント高い結果となったようです。

 icon-exclamation-circle 

やはり最近は、ワークライフバランスが叫ばれていますからね。

仕事だけで家庭を犠牲に!なんて考えは、成り立たなくなってきているのだと思います。

我々若者世代は、家庭を犠牲にして仕事に邁進してきた先輩たちが熟年離婚などをしている光景を目にしてきていますからね…。

家庭を犠牲にして仕事!なんて考えには、抵抗を示す人も多いと思います。

ただ、労働環境の実態が伴っているか?というとそうではないと思いますけどね…。

ブラック企業も多いですし、未だに育休産休をちゃんと取得できる会社は多くないですし。

男性となると育休なんてほとんど取れない会社が多いですからね…。

人々の意識は「家庭を犠牲にして仕事なんてありえない!」という方向に変わってきていますが、実態はそこまで追いついていないかもしれません…。

家庭を犠牲にして仕事してしまう人は、ブラック企業に勤務している傾向が

やはり家庭を犠牲にして仕事をしてしまう人と言うのは、労働環境の悪いブラック企業に勤務している傾向にあると思います。

  • 残業が多すぎる
  • 離職率も高く、ギリギリの人員しかいない
  • 有給なんて当然取得できない
  • 休日出勤も頻繁にある

などなど。

最近は本当にブラック企業が多いですからね…。

会社なんて入社前には良いことしか言いませんので、入社前にブラック企業かどうかを見抜くのは非常に困難です。

有名なホワイト企業でも、入社してみたらブラック部署に配属!なんてのはよくあるパターンです。

 icon-exclamation-circle 

やはり上で述べたように、「家庭を犠牲にしてでも仕事したい!」なんて人はかなり少ないです。

それでも家庭を犠牲にして仕事してしまうのは、会社がそれを強要してくるからです。

直接言ってこなくても、無言の圧力をかけて残業せざるを得ないように仕向ける!なんてのはよくあるパターンですし。

日本人なんてただでさえ同調圧力が強いですから、そういった風潮のブラック企業だと必然的に家庭を犠牲にして仕事せざるを得なくなりますね…。

こういった会社に勤め続ける限り、家庭を犠牲にして仕事せざるを得なくなってしまうでしょう。

なかなか厳しいかもしれませんね…。

家庭を犠牲にして仕事をしてしまう人は、転職しにくい仕事が多い!

家庭を犠牲にして仕事をしてしまう人と言うのは、転職しにくい仕事をしている方も多いかもしれません。

  • 何のスキルも身に付かない仕事
  • 特殊な業界で求人が少ない
  • 買い手市場で、狭き門
  • 歳を食うと同業転職は絶対無理

こういった仕事ほど、転職や退職もかなりしにくいですからね。

他の会社に行けないので、必然的に今の会社で働かざるを得なくなってしまいます。

つまりは会社に逆らえず、家庭を犠牲にしてまで仕事をしてしまう傾向にあるんですね。

今の会社で働けなくなったら、ほかに行けないので。

 icon-exclamation-circle 

わが国は就職ではなく「就社」と言われていますから、その会社内でしか通用しないスキルしか持っていない方が多いです。

そういう仕事をしていると会社側の言うことに唯々諾々と従うしかなくなり、家庭を犠牲にして仕事する羽目になる傾向にありますね…。

これを回避したいのであれば、転職しやすい仕事を選ぶしかありません。

専門職系の仕事なら、人手不足だったり歳取ってても見つかりやすいですからね。

例えば介護職員なんかは、売り手市場で仕事がたくさんあるので、家庭を犠牲にする前にさっさと転職してしまう人が多いですし。

ジョブホッパーとか馬鹿にされたりもしますが、やはりそういった「嫌なら他の会社に行ける仕事」のほうが家庭を犠牲にせず済むと思いますね…。

今は本当にブラック企業が多いですし、会社に従ってると家庭を犠牲にして仕事しないといけなくなりますからね。

家庭を犠牲にして仕事してしまう人は、給料が安いことも多い!

あとは、金銭的な問題もあります。

そもそも家庭を犠牲にしてたくさん残業しないと、給料が安くて生活できないパターンです。

最近は生活残業なども問題になっていますが、まぁ今は人手不足でたくさん残業せざるを得ない方も多いですからね…。

「残業代がなくなったら生活できない!」という方も多いのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

こういった方は、そもそも家庭を犠牲にして仕事をしないと生活ができないのです。

  • 基本給が安すぎる
  • 残業代がないと生活できない
  • 貯金もないので、毎日あくせく働くしかない
  • むしろ会社にいたほうがお金かからないから良い

こういった方も多いかもしれません。

こういう方の場合、家庭を優先しはじめると残業が減って給料が減ってしまいます。

お金がなくては家庭を維持できませんから、遅かれ早かれ家庭が破綻する可能性が高いですね…。

お金さえあればとりあえず家計は維持できますから、まだマシですが。

こういった方も、早めに転職を検討したほうが良いでしょうね…。

特にこれからは更に残業に厳しい社会になっていくでしょうから、残業代がなくなると生活できなくなって詰みます。

仕事が多い今のうちに、もっと良い会社に転職すべき!

やはり上で述べたように、家庭を犠牲にして仕事をしてしまう方が勤めているのは、あまり良い会社ではないケースが多いです。

  • 残業が多すぎる
  • 休日出勤も頻繁にある
  • 給料が安すぎて、残業しないと生活できない
  • 休むとリストラされる恐れがある

などなど。

上でも述べたように、好きで「家庭を犠牲にして仕事したい!」なんて人は今のご時世ほとんどいませんからね。

大抵はそうせざるを得ない状況に追い詰められている方が多いと思います…。

 icon-exclamation-circle 

でしたら、いっそもっと良い会社に転職してしまうのも手段の一つです。

幸い今は、かなり仕事が見つかりやすくなってきていますからね。

有効求人倍率も1.5倍を超え、正社員の有効求人倍率も1倍を超えるほどまでに回復してきていますし。

失業率も3%を切り「完全雇用が実現した」なんてことも言われており、ライバルとなる求職者自体が減ってきているんです。

今よりももっと良い会社に行ければ、家庭を犠牲にして仕事なんてしなくても、良くなるかもしれませんし。

  • 今より残業が減る
  • 休日出勤なんてしなくていい
  • 有給休暇も割と自由に取れる
  • そのうえ給料も同程度か、むしろ上がる

こういった会社に行ければ、家庭を仕事も両立しやすくなると思います。

今なら比較的労働環境の良い会社でも見つかりやすくなってきていますので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

上司や社長と、労働環境改善を本気で話し合う

あなたが家庭を犠牲にして仕事をさせられているということは、他の同僚もそうなのではないでしょうか?

あなただけが激務!なんて状況はほぼないでしょうからね。

そういった場合は、もう本気で会社全体で労働環境改善に取り組まないとダメだと思います。

一人の力には限界がありますからね。

 icon-exclamation-circle 

できれば、上司や社長と本気で話し合った方が良いかもしれません。

会議などでテーマとして挙げてみるのも良いかもしれません。

特に人手不足の会社でしたら、議題として挙げやすいと思います。

そのまま家庭を犠牲にして仕事をせざるを得ない状況を放置していると、どんどん人材が流出してしまいますからね。

今は上でも述べたように仕事はたくさんありますし、中高年層でも選ばなければ何かしら仕事は見つかりやすいです。

そんな家庭を犠牲にして仕事せざるを得ない会社は、これからソッポを向かれてしまう可能性が高いんですね。

ただでさえこれからは労働人口も減っていきますし、採用も難しくなっていくわけですから。

…まぁこれでも無理なら、その会社はもうダメだと思いますよ…。

日本企業なんて特に保守的で変化を嫌いますから、聞く耳持たない会社のほうが多いと思いますが。

人口減少や労働人口減少の影響は想像以上にこれから響いてきますので、今やっとかないとマジでヤバいことになる可能性が高いんですけど。

その場合は、大人しく転職を検討したほうが良いかもしれません。

あなたを必要としている職場は、今は本当にたくさんあります。

家庭を犠牲に仕事してると、熟年離婚のリスクも高いので…

あなたのように、家庭を犠牲にして仕事してる方も多いとは思うのですが…。

今はまだ家庭をなんとか維持できているかもしれませんが、これから先はやばいかもしれません。

今はそういった仕事人間で家庭を顧みなかった中高年や高齢者世代などが、熟年離婚するケースも多いですし。

  • 今はまだ若くて魅力がある
  • お金もたくさん稼げている
  • これからもお金がたくさんかかる

などの要因があり、家庭を犠牲にして仕事する旦那でも一緒にいないといけない必然性があるかもしれませんが…。

定年を迎えたり子供が成人して出ていくと、一緒に暮らすメリットもなくなりますからね…。

むしろ介護のリスクなどがあったりしますし。

 icon-exclamation-circle 

最近は離婚しても、夫の年金を分割で貰えるように制度が変わりましたからね…。

家庭を犠牲にして仕事しかしてこなかった人は、見捨てられてしまう可能性も高いのです…。

特にこれからは年金も貰えるか怪しいですし、死ぬまで働く時代!なんてことも言われていますからね。

そのまま家庭を犠牲にして仕事だけしていては、本当に死ぬまで仕事だけの人生になってしまいます。

ちょっと生き方を変えたほうが良いかもしれません…。

まぁやはり、本人の意思が「仕事>家庭」になっているわけではなく、そういう会社に勤めているからだと思います。

家庭を犠牲にして仕事しないと、勤まらないような会社なんでしょう。

ですが幸い今は仕事多いので、そういった生き方に疑問を感じているのであれば、今のうちに転職を検討したほうが良いと思います。

やはり家庭を犠牲にして仕事だけする人生なんて間違っていると思いますし…。

今なら比較的労働環境の良い会社も見つかりやすい傾向にありますし。

そういった会社に行ければ、家庭を犠牲にせずともワークライフバランスを実現していくことも可能だと思います。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように、家庭を犠牲にして仕事をせざるを得ない状況の方も今は多いと思います。

人々の意識は「家庭を犠牲にして仕事なんておかしい!」という風に変わってきてるとは思いますが、やはり会社はそう簡単には変わりませんし。

特に最近は企業間の格差も開いてきていますし、負け組企業ですと利益率も低く、あくせく家庭を犠牲にして社員に仕事させないと、なかなか儲けが出ない傾向にありますね…。

正直そのまま働き続けてもジリ貧だと思います。

幸い今は仕事は多いので、今のうちに転職を検討するのも良いでしょう。

今ならば有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますし。

そのままあと何十年も、家庭を犠牲にして仕事だけする人生なんて嫌でしょうし…。

このチャンスを逃さずに、動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする