上司の反感を買ってしまった!居心地が悪い時の対処法

RyanMcGuire / Pixabay

  • 上司の反感を買ってしまった!
  • 居場所がなくなってしまった!どうしよう!

そういった悩み落ちろ方は今のご時世珍しくないかもしれません。

やはり働いていると色々なトラブルが起こったりもしますからね。

特に馬の合わない上司ですと頻繁に反感を買ってしまうこともありえます。

最近は人間的に未熟な好き嫌いが激しい人が上司にいたりしますからね…。

そんな人と一緒に働いていては、あなたが悪くなくても上司に反感を買ってしまうということも考えられます。

ですがそんな状況ですと、かなり職場での居心地が悪くなっているのではないでしょうか?

上司などの管理職権力を持っている人にたてつくとろくなことはありませんからね。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

上司の反感を買い、悩む人も多い

最近はあなたのように上司の反感を買ってしまい、職場で居心地が悪くなっている方というのも珍しくありません。

特に最近は労働環境も人間関係も悪いブラック企業が増えてきていますので、なおさらだと思います。

今は本当に人手不足の会社も多いですし、1人あたりの業務量が増加していてギスギスしている職場も多いですからね。

そういった職場で働いているとみんな余裕がないので、上司からの反感も買いやすくなってしまいます。

実際ネットなどを見てみても、

最近上司の反感を買ってしまったわ

ちょっとした事で対立したことが原因なんだけど

確かにこっちも悪いとは思うけどあんなことぐらいで怒ることないじゃん。

今の職場、本当に人手が足りなくて本当ギスギスしてるよ

些細なミスがあっても上司や社員が切れたりするし

私もこの前ちょっとミスして上司の反感を買っちゃった

まぁ気にしないようにしてるけどね

今の上司すごい神経質だよ

些細な事で反感を買うんだよね

そんなことぐらいでってとこでいきなりきれたりするし

最近変な人多くない?

こんな意見が散見されますね。

最近は精神年齢が幼い人も多いような気がします。

そういった人でも上司になってしまっている時代だと言えます。

特に最近はギスギスしてる職場も多いですから、そういったことが原因で人間関係が悪かったり最悪退職に追い込まれてしまったりもします。

こちらが悪くて反感を買ったなら、謝るべきだが…

あなたのように、上司の反感を買ってしまう人というのも珍しくないのですが…。

上司が神経質だったり向こうが悪いのであれば別ですが、あなたが悪い場合はおとなしく謝った方がいいかもしれません。

あなたが悪い場合は上司に反感を買ったというか、上司は当たり前に怒っているだけですからね。

悪いことしたらごめんなさいと謝りましょうなんていうのは、小学校で習いましたからね。

悪いことをしても謝らないのであれば、反感を買ってしまうのは当たり前です。

馬鹿な部下を指導するのも上司の役目ですからね。

 icon-exclamation-circle 

ですが、あなたが悪くないのであれば謝る必要はありません。

ただ単に向こうが神経質過ぎて、些細な事で怒っているだけかもしれません。

そういった些細な事で反感を買ってしまうこともありえます。

そういう神経質な上司の扱いには、特に注意が必要です。

誤解があって反感を買ったなら、よく話し合う手も

働いていると色々なトラブルも起こりますので、上司に反感を買ってしまうというのも珍しい状況ではないと思うのですが…。

そういった時にありがちなのは誤解されているということです。

  • あなたは悪くないのに悪いように見えたり
  • 説明が足りなかったり
  • 自分だけが悪者になればいいやと思っていたり

そんな感じです。

あなたは悪くないのに反感を買ってしまう可能性もあります。

 icon-exclamation-circle 

そういった場合は誤解を解くためにも、よく話し合った方がいいでしょう。

よく話し合わないとあなたはずっと反感を買ったままで、これからの人間関係もギスギスしますし。

そういった些細なすれ違いが人間関係に致命的な軋轢を生む可能性が高いです。

その会社で長く働くつもりでないのであれば別ですが、これから先も長く働いていきたいのであれば、上司との付き合いが長くなるでしょうか?

反感を買ってしまった誤解があるのであれば、解いておいた方が良いでしょう。

まぁ人間大抵のことは話し合えば理解できると思いますし。

同僚に頼んで、遠まわしに反省してることを伝えてもらう手も

あなたのように上司の反感を買ってしまう人というのも珍しくはないのですが…。

その会社でまだ長く働いていきたいのであれば、その後のリカバリーはちゃんとしておいた方がいいかもしれません。

反感を買ったままにしようとこれから先どんどん働きにくくなりますからね。

ですが、直接謝るのは気が引ける人も多いかもしれません。

謝るのはなんか恥ずかしい気もしますし。

 icon-exclamation-circle 

その場合は同僚に頼んで、あなたが反省していることを伝えてもらうというのも手段の1つです。

やはり第三者がそういった状況を伝えた方が安いという心理学的な効果もありますし。

例えば、

  • あいつ、○○さんの反感を買ったことで落ち込んでましたよ
  • すごい反省しましたよ
  • そろそろ許してやったらどうでしょうか?

みたいに言ってもらうのも手段の1つです。

まあ、こんなのは同僚も面倒臭がるでしょうから、断られる可能性も高いですが。

自分で言え!なんて言われるかもしれません。

まぁあくまでも手段の1つですね。

反感を買っても、すぐ忘れるだろうから無視する手も

やはり社会人生活も長いですから、働いていれば上司の反感の1つや二つ買ってしまうことも考えられますが…。

いくら反感を買ったとはいえ、人間なんて忘れる生き物ですからね。

特に上司などの管理職なんて、ある程度以上歳をとっている中高年の方も多いでしょうし。

特に何もしなくてもすぐに忘れるのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

なので、放置して放っておくのも手段の1つです。

まぁ二、三日とか1週間ぐらいすれば、その上司も忘れるのではないでしょうか?

というか、人間はそうやって忘れていくから生きていくことができる訳ですからね。

その上司の反感を買ってしまったとは言っても、上司は四六時中その反感を買ったことについて腹を立てているわけではないでしょうし。

そんな事してたら血圧が上がって早死してしまいますからね。

まぁ翌日ぐらいには、寝てだいぶ反感も薄らいでいるのではないでしょうか?

それでほとぼりが冷めた頃に、この前はすみませんでしたと、ちょっと謝っておけばなんとかなるかもしれません。

まぁ機嫌が悪い時に言い出すとやぶ蛇になる可能性もありますけど。 

いい機会なので、更に反感を買ってみる手も

社会人生活は色々ありますから、働いていると上司の反感を買ってしまうことも充分考えられますが…。

そんなに反感を買ってしまったと言うのは、あなたが日々ストレスを抱えているからではないでしょうか?

火のないところに煙は立たないとも言いますし。

反感を買ってしまったというのはあなたが無意識に上司に対して反感を持っていたからではないでしょうか?

気をつけていてもそういった思っていることというのは態度として出ますからね。

そういったことが原因で上司の反感を買ってしまったことも考えられます。

 icon-exclamation-circle 

あまりに腹に据えかねているようであれば、もっと更に反感を買ってみるのも手段の1つです。

まぁ、人間関係なんてそうやって衝突したり仲良くなったり仲直りしたりの連続ですからね。

そういった衝突なくては打ち解けていくこともできませんし。

いい機会ですから更にお互い本音をぶつけ合ってみるのも手段の1つです。

あまりに人間関係悪いなら、転職も検討

あなたのように上司の反感を買ってしまう方というのも珍しくはないとは思うのですが…。

そんな反感を買ってしまう職場なんて、かなり人間関係が悪いのではないでしょうか?

労働環境も人間関係も良いホワイト企業でしたら、そんな上司の反感を買うような状況も少ないですからね。

みんな穏やかにゆとりを持って働けていればそんな上司の反感を買うような状況もあまりありませんし。

ちょっと反感を買ってもすぐに仲直りできる環境にあるんです。

それができずに上司に反感を持たれたままということはあまり環境が良いとは言えないのかもしれません。

幸い今は仕事はたくさんありますので、今のうちに転職を検討してしまうのも手段の一つです。

人間関係が悪いのは退職の際、1番の原因になることが多いですからね。

そんな職場でずっと働いていくことはなかなか難しいのではないでしょうか?

幸い今ならば有効求人倍率も高く仕事はたくさんあるので転職のチャンスではあります。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように上司の反感を買ってしまう方というのも珍しくはないと思うのですが…。

そんな反感を買ったままですとかなり働きにくいですし。

居心地が悪くなって、職場での居場所がなくなってしまう可能性もあります。

特に上司などの管理職を敵に回すと、

  • 左遷されたり
  • 査定が下がったり
  • 嫌がらせされたり
  • パワハラされたり

しますからね。

ろくなことにはなりません。

幸い今は仕事が多いので、今のうちに転職を検討するのも手段の1つです。

やはりそういった人間関係の悪い会社は離職率も高いですからね。

温厚な貴方が上司の反感を買ってしまったということは、他の同僚もちょくちょく反感を買っているのではないでしょうか?

そういった瞬間湯沸かし機のような上司というのもいらっしゃいますからね。

そういった離職率の高い人間関係の悪い人ではない傾向にあるんです。

今のうちに、他の仕事を探してみるのも良いと思いますよ。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする