フットワークが軽い人の8つの特徴!軽快に動ける人になりたいならこうすべき!

skeeze / Pixabay

 

  • フットワークが軽い人に憧れる!
  • フットワークが軽い人になりたい!

そういった考えをお持ちの方は今の御時世珍しくないと思います。

 

特に最近は社会の変化がスピードが速くなってきていますからね。

フットワークが軽い人の方が時代の変化にもついていきやすい傾向にあります。

それでいて色々なことにもチャレンジ出来て人生も楽しめる傾向にありますからね。

この記事ではフットワークが軽い人の特徴と軽快にフットワークを軽く動けるようになる方法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

フットワークが軽いと有利!特徴は?

フットワークが軽い方が有利なのは言うまでもありません。

色々なことにチャレンジできますし、社会の変化にも対応していけますし。

速さは全てを解決するなんていうことを言う人もいますね。

そんなフットワークが軽い人の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

頭がいい

フットワークが軽い人は頭がいい傾向にあります。

頭がいいからこそ今抱えている仕事などを早めにこなして色々なことに顔を出したり、行動したりすることができるんです。

頭が悪いと一つひとつの物事に時間をかけてしまい、フットワークが重くなってしまう傾向にあります。

ある程度の頭の良さは必要ですね。

 

物をあまり持たない

フットワークが軽い人は、物をあまり持たない傾向にあります。

物を沢山所有していると、その維持管理に気力と体力時間を使わざるを得なくなってしまいます。

引越しなどもしにくなってしまいますし、当然フットワークが重くなりがちです。

ものを持つのは一見いいことですが、所有するということは管理する責任も伴うため人生を縛ることになりかねません。

 

整理整頓が得意

フットワークが軽い人は整理整頓が得意な傾向にあります。

部屋や自分のスペースを整理しておけば頭の中も整理整頓されますからね。

脳が整理されてスッキリしている状態ですと、これをやるべきだ、あれをやりたいということが明確になりフットワークも軽くなる傾向にあるんです。

 

これは部屋がごちゃごちゃしている人ですと、精神状態も乱れてしまいます。

フットワークが軽いどころか仕事以外の時間は寝て過ごしたりダラダラ過ごしてしまう傾向にあります。

 

コミュニケーション能力が高い

フットワークが軽い人はコミュニケーション能力も高い傾向にあります。

コミュニケーション能力が高いからこそフットワーク軽く色々な事にチャレンジしていくことができるんです。

コミュニケーション能力が低いと行動のハードルも高くなりがちで、当然ながらフットワークが重くなってしまう傾向にあります。

 

とりあえずやってみる

フットワークが軽い人はとりあえずやってみるということを重要視しています。

試してみることに失敗はありませんからね。

フットワークが重い人は「失敗したらどうしよう」なんて重く考えてしまい、なかなか行動を起こさない傾向にあります。

フットワークが軽い人は行動した結果は失敗してしまったとしても「まあ仕方ないか」とすぐに気持ちを切り替えて別のことにチャレンジしていく傾向にあります。

 

体力がある

フットワークが軽い人は体力があります。

体力があるからこそ色々なことにチャレンジしたり、失敗してもめげずに行動し続けていくことができるんです。

フットワークが重い人は体力がないので仕事をや私生活だけで体力がなくなってしまいます。

体が資本ですから、体力がないと何もすることはできなくなってしまいます。

 

生活費が安い

フットワークが軽い人は生活費を安くしている傾向にあります。

毎月固定費でたくさんの金額がなくなってしまったり高額なローンを組んでいる方ですと、仕事に縛り付けられてしまいます。

1日たりとも休むことができなくなってしまうんですね。

そんな状態では仕事だけの人生にやってしまい、フットワーク軽く色々な事にチャレンジして行けなくなってしまいます。

生活費が安ければ最低限の労働で生活を賄うことができるため、フットワークが自然に軽くなり色々なことができる時間を確保できます。

 

食事に気を使っている

フットワークわかる人は食事に気を使っている傾向にあります。

食事に気を使わないと体力も気力も湧いてきませんからね。

毎日ジャンクフードを食べているような人は体にも精神にも悪影響がありますので、やる気もなくなりフットワークが重くなりがちです。

こういった地味な部分についてはあんまりフォーカスされない傾向にありますが、行動力のあるフットワークが軽い人は自然にやっている傾向にあります。

 

フットワークを軽くするには?

フットワークが軽ければ色々なことにチャレンジできる時代の変化にも対応しやすいです。

特にこれからの時代は更に科学技術が進歩していきその変化スピードも速くなっていく傾向にあります。

フットワークが軽くないとなかなか生き残っていけない時代なんですね。

フットワークを軽くするための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

運動を習慣にする

フットワークを軽くするには運動をして体力をつけるのが一番です。

結局はフットワークが軽いというのは、比喩でもなんでもなく自分が自ら動いて行動していく必要がありますからね。

行動力は体力が裏付けなしには宿らないのです。

 

ただそれまで運動習慣がなかった人が突然運動し始めてしまうと、体に負荷がかかって怪我の恐れもあります。

とりあえず散歩程度でもいいので運動するところからはじめてみると良いかもしれません。

車や公共交通機関などを使っていると、自分の足であまり長距離を移動する機会もないですが、散歩やジョギングなどで結構長距離を移動することができると自信にもなりますし。

それがフットワークの軽さにもつながります。

 

整理整頓しておく

フットワークを軽くするには自分の部屋やスペースを整理整頓しておくようにしましょう。

でないと頭の中もごちゃごちゃしてしまい、何がやりたいのか、今何をすべきなのかということが見えてきません。

ここで整理整頓しておいてやるべきこともタスクリストなどを使って整理しておけば、今やるべきことやりたいことが一目瞭然になります。

そうなればあとはやるだけなので、自然とフットワークが軽くなるんです。

 

明快さは力という人もいるぐらいですし。

あとはやるだけだという状況まで整理整頓しておけばフットワークを軽くしたいなんて力むこともなく自然に行動できます。

 

食べ過ぎない

フットワークを軽くするには一番手軽なのは食べ過ぎないことです。

食べ過ぎてしまうと胃に血が行きますし、行動力も半減してしまいます。

特に空腹報道頭が冴えるとも言われていますし、一説では空腹で若返るという説もあります。

まあこれについては賛否両論がありますが…。

 

そもそも人間は昔から飢餓の期間の方が長かったので空腹には慣れており、空腹が普通の状態だったんです。

こんなに食べ物がたくさんある時代はこれまでになかったので、人間の体は対応できていないという説が生物学の間では根強く支持されています。

人間本来の状態に近い空腹の状態の方が力も発揮しやすくフットワークも軽くなるかもしれません。

まぁ何も食べないというのもかえって力が出なくなるので、腹八分目7分目ぐらいに抑えるようにしましょう。

 

食生活に気を使う

あとは食生活に気を使うことも必要です。

毎日暴飲暴食や偏った食生活を繰り返していたら生活習慣病になってしまいますし。

病気になってしまったらフットワークを軽くするどころか、命まで軽くなってこの世からおさらばしてしまいかねません。

 

特にお金はない人ですと、安い炭水化物だけで食卓を作ってしまいがちです。

ちゃんと野菜やタンパク質DHAなどバランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

栄養バランスが良ければ自然と行動力も湧いてくる傾向がありますし、体力もみなぎります。

 

労働環境の良い会社で働く

あとそもそも労働環境の良い会社で働くことが必要だと思います。

フットワークを軽くして色々な行動をしていくためには当然ながら時間が必要です。

ですが労働環境の悪いブラック企業に勤めていたら、毎日毎晩残業させられ休日出勤も頻繁にさせられフットワーク軽く行動するところではありません。

残業のほとんどない労働環境の良いホワイト企業で働くことができればストレスも少なくプライベートと仕事を両立することができます。

 

幸い今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんある傾向にあります。

もし今ブラック企業に勤めているのであれば、小手先のテクニックで何とかしようとしたところで、そもそも時間がないのでフットワークを軽くすることは難しいでしょう。

こういった環境的な問題が大きいと思いますので、心当たりがある方は今の内にもう少しマシな会社に移っておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

フットワークが軽い人は生活を最低限にしていたり体力や精神面に気を使っている傾向にあります。

ただそういったテクニックや工夫も必要なのですが、そもそもの根本的な問題としてフットワークを軽くして行動できるほど自分には時間が余っているのか?ということです。

特に我が国の労働時間は長い傾向にありますし、OECD調査によれば日本人男性正社員の労働時間はフランス人男性の2倍で世界一長いとも言われています。

そんなに働かされる会社で勤めていたらフットワークを軽くする所ではありません。

 

特に生活習慣を変えなくても残業の少ない労働環境のホワイト企業に勤めているのであれば、自然と時間が余裕ができますので、フットワークが軽くなる傾向にあります。

幸い今は仕事はたくさんある傾向にありますので、今のうちにもう少しマシな環境に移っておくのが良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。