職場で友達がいない場合8つの対処法!これで友達100人作ろう

SJJP / Pixabay

 

  • 職場に友達がいない!
  • 気楽に話せる同僚の一人もいない!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は個人主義が浸透してきたからか友達が全くいないという方も珍しくありませんし。

特に職場となると仕事をする場所ですから、友達なんていなくてもいいと割り切っている方も珍しくありません。

特に最近は少子高齢化によって高齢化してきていることもありますし。

氷河期世代を中心とする四十代三十代の社員がおらず、五十代六十代の社員の次の年代はいきなり二十代という感じも珍しくありません。

話が合わず友達がいないという方も珍しくないんですね。

この記事では、職場で友達がいない場合の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

職場で友達がいない!どうしたらいい?

職場で友達がいないという方は珍しくありません。

仕事は仕事と割り切っているドライな方であれば、別に問題ないと思いますが…。

寂しがり屋な方だったり職場で友達が欲しいと考えているタイプですと、結構大変な状況かもしれません。

職場で友達がいない時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

一番気が合いそうな人とだけ仲良くなる

いくら職場で友達がいないとは言いましても、中には少しは気が合いそうなタイプの人もいると思います。

なので、一番気が合いそうな1人とだけ仲良くなるように頑張ってみるのも良いかもしれません。

1人でも気楽に話せる人がいればだいぶ楽だと思いますし。

というか1人ぐらいは気楽に話せる仲が良い同僚がいないと仕事をする張り合いもありませんし。

仕事を長く続けるのもなかなか難しくなってきますからね。

もっと職場で自分を出していく

職場で友達がいないタイプというのは、まだ職場で打ち解けていないのではないでしょうか?

なので、もっと職場で自分を出していくと良いかもしれません。

あまり自分のことを話さないタイプですと、なかなか打ち解けていくことができません。

自己開示ができないタイプですと、人間関係に壁を作ってしまい友達も出来ない傾向にあります。

まぁもっと自分のことを話したり積極的に話していくしかないですね。

そうすれば自然と以前よりは打ち解けていくことができるかもしれません。

ランチメイトでいいから作る

あとは職場の友達というか、一緒に昼食を食べる程度の間柄でいいから作ると良いかもしれません。

大抵は仲のいい人達が、なんとなく固まっているグループがあると思いますし。

そこで一緒に食べていいですか?なんて言って、一緒にご飯を食べてみるのも良いかもしれません。

なんとなく馴染んでいくことに成功することができれば、そこから関係が発展していくかもしれませんし。

とりあえずこういったところからはじめてみるのも良いかもしれません。

割り切って孤独に働く

あとは仕事は仕事と割り切って、孤独に1人で働くというのも手段の一つです。

友達がいないとは言いましても、仕事上の会話ぐらいはすると思いますし。

その程度の関係でも別に構わないのではないでしょうか?

結局がこうやって割り切って働いている方が多いと思いますが…。

あまり職場の人と関係を親密にしすぎても、トラブルがあった時に働きにくくなるだけです。

仕事は仕事と割り切った方が良いかもしれません。

ネットや社外で友達を探す

あとは職場で友達を探す必要もないと思います。

会社の外で友達を探せばいいのではないでしょうか?

これまでの学生時代の友人などと関係を修復してもいいですし。

特に最近はネットの発達によってSNSなどでも気楽に仲のいい趣味の合う人と繋がれる傾向にあります。

 

あまり職場だけで仲のいい人を探すと、関係が良好なうちはいいですが、トラブルがあった時に働きにくくなってしまいますからね。

外で探した方が良いかもしれません。

ぬいぐるみを友達に見立てて話しかける

そんなに職場で友達がいなくてきつい状況に陥っているのであれば、職場のデスクなどにぬいぐるみやフィギュアでも置いて、それを友達に見立てて話しかけるというのも手段の一つです。

若い女性で不思議ちゃん系のタイプですと、こういう人は見たことがありますね…。

いい歳したおっさんがやっていると、マジでやばい風にしか見えませんが…。

 

というか誰がやっても明らかに精神的にやばい人ですので、それを見て可哀想に思った人が話しかけてきてくれたりするかもしれません。

同情を引くためにはいい手段かもしれません。

もっと馴れ馴れしく話しかけていく

職場で友達がいないというのは、まだまだ同僚と接する頻度が低い方が多いかもしれません。

なので、もっと馴れ馴れしく同僚に話しかけていった方がいいのではないでしょうか?

正直この世知辛い世の中、図々しく馴れ馴れしく積極的に行くタイプの方が生きやすいに決まっています。

 

馴れ馴れしくても向こうから話してくる人については「少なくとも悪意はないんだな」ということが伝わりますし。

心理学的には好意の返報性の法則というものもありますし。

そうやって好意がある人に対してはあまり悪い印象を持たない傾向にあります。

友達になるきっかけになるかもしれません。

別の部署の人からも探す

職場で友達がいないというのは、今の部署に仲のいい人がいないという悩みかもしれません。

なので、別の部署や会社全体に広げて友達を探すというのも手段の一つです。

さすがに別の部署まで範囲が広げれば、1人ぐらいは気が合う人というのもいるような気がするんですが…。

隣の部署ぐらいだったら、合間にちょっとその部署に行って話しに行っても良いかもしれませんし。

昼食を一緒に食べるぐらいだったら多分できますよね。

あまりに孤独なら転職も検討

職場で友達がいなくても仕事は仕事なので、割り切って働ける人であればいいですが…。

寂しがり屋な人というのもいますし。

あまりに孤独な状況ですとかなり働きにくく、精神的なバランスを崩してしまうことも珍しくありません。

 

あまりに気が合う人がいない状況であれば、早めに転職を検討するのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんある傾向にあります。

やはり最近はブラックな会社も多いですし。

そんな状況でも仲のいい人がいれば精神的な支えになってなかなかやめない傾向にありますが、友達もいない状況であれば、その仕事を続ける理由も薄いです。

遅かれ早かれ辞めることになってしまう可能性もあります。

仕事が多い今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【doda】

転職サイトdodaで求人探し

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も第一位であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。