【もう若くない】バンドマンフリーターの末路は?生き残る8の人生戦略

Pexels / Pixabay

 

  • バンドマンのフリーターだけど末路は悲惨なの?
  • 将来が不安!

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

やはりバンドマンでフリーターなんていう身分ですと、「末路は悲惨だぞ」とか「将来どうするんだ」とか言われる傾向にありますよね。

バンド活動なんてやっていると、いかにもモテそうですけど…。

「バンドマンはモテない」なんていうのはよく言われることですし。

 

しかもフリーターとなるとかなり将来が不安だと思います。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

ミュージシャンを目指してバンド活動をしながらフリーターになる方は珍しくないが…

最近はあなたのようにバンド活動をしながらフリーターをする方というのも珍しくないと思いますが…。

というか昔の方がもっとたくさんいたような気がしますけどね。

今はそういった夢追い型のフリーターなんてかなり減っているんじゃないでしょうか?

最近はフリーターなんて世間体が悪いですし。

ネガティブな見方しかされませんから、「正社員の仕事がなかったから仕方なく」という止むを得ず型のフリーターの方が多いと思いますし。

あなたのようにバンドマンをしているフリーターの方なんていうのは、以前に比べればかなり減っていると思います。

 

まぁ私の知り合いにもそういった方はいましたけど、結局そういった夢追い型でポジティブな動機でフリーターをしているような方は、就職活動の面接でも説明がしやすいので結構30歳ぐらいを境にして就職していってしまう人が多いですね。

特に今なんて人手不足の会社が多いので30代40代ぐらいでも選ばなければ就職はできたりしますし。

 

フリーターでも社会保険くらいは入りやすくなったので、別にバンドマンフリーターの末路は悲惨でもないかも

あなたのようにバンドマンでフリーターをしている方は珍しくないと思いますが…。

ただバンドマンのフリーターの末路とは言いますが、最近はフリーターの社会保障も拡充されてきてますからね。

最近は法律が変わってフリーターの方でも社会保険に入りやすくなったんですよ。

 

昔はフリーターしながらバンドマンなんてやってたら、

  • 将来どうするんだ!?
  • 年金もらえないぞ!
  • 働けなくなったらどうするの!?
  • 老後は生活保護だな!
  • 年食ってからクビになったら路頭に迷うよ!
  • バンドマンフリーターは、バイトの席がいつまでもあるとでも?

こんなこと言われる傾向にありましたが…。

別に社会保険に入ってるんであれば、末路が悲惨ということもないと思いますよ。

 

 icon-exclamation-circle 

バンドマンのフリーターでも社会保険にさえ入っていれば、

  • 老後の保障が手厚い厚生年金に入れる
  • 障害者になっても手厚い障害厚生年金が貰える
  • 怪我や病気で仕事を休んでも最長1年6ヶ月傷病手当金がもらえる
  • 会社を辞めても雇用保険から失業保険が出る
  • 仕事中の怪我は労災保険から労災が出る
  • 厚生年金と健康保険は会社が半分折半で払ってくれる

こういったメリットがありますからね。

これは正社員が受けられる保証と全く同じです。

 

とりあえず社会保険にさえ入っていればある程度の保証は受けられますから、別にバンドマンでフリーターの末路が悲惨ということもないような気がします。

というか正社員でも働けなくなった末路は悲惨なことに変わりはありませんし。

まぁ正社員で真面目に働いている人としては、バンドマンでフラフラしてるフリーターなんて末路が悲惨じゃないと困るんでしょうけどね。

後述しますが、概ね従業員501人以上の事業所でフルタイムに近い働き方をしている方は、フリーターでも社会保険加入義務があります。

 

少子高齢化で人手不足は更に加速!バンドマンフリーターでも仕事に困らない可能性は高い

あなたのようにバンドマンの方でフリーターをしていて、末路が不安な方も多いと思いますが…。

そういったフリーターの方によく言われるのは、

  • 中高年でバイトクビになったら仕事なんてないぞ!
  • バンドマンフリーターの末路は生活保護だよね!
  • 中高年になったフリーターに仕事なんてないぞ!
  • 末路はホームレスだな!

こんな極端なこと言われる傾向にありますが…。

 

 icon-exclamation-circle 

ですが特にこれからは少子高齢化によってさらに人手不足が加速していくことは確定していますし、当分仕事になんて困らないと思いますよ。

「労働人口は過去最高!」とか言われてますが、定年後の高齢者が働きだしただけの話で、あと10年20年もすれば彼ら彼女らもこの世からいなくなりますからね…。

今は少子高齢化による人口減少局面に入りましたから、毎年数十万人ペースで人口も減っていきます。

 

移民が来るとは言いましても、まだ130万人ぐらいしかいませんからね。

今は政府が外国人労働者の受け入れ拡大とか言ってますけど、せいぜい数十万人ぐらいの話ですし。

中国や東南アジアなども経済発展してて人手不足になってきてますから、そこまで大量の移民は期待できませんからね。

人工知能の影響で自動化されるなんてことも言われていますが、まだ向こう10年20年ぐらいはそこまで大々的には普及できないと思いますし。

まあ当分仕事には困らないと思いますので、別にバンドマンのフリーターの末路が悲惨とかそういうことでもないと思います。

 

別に正社員になってもバンド活動はできるので、早めに就職すべき

あなたのようにフリーターをしながらバンド活動している方は多いと思いますが…。

というか別にバンドマンを目指してフリーターなんてしなくてもいいんじゃないでしょうか?

最近は正社員の仕事が多いですし、残業が少ない仕事であればバンド活動と両立できますよね。

フリーターでもどうせ最近は人手不足で、フルタイムかそれに近いぐらい働かされてる方が多いでしょうし。

 

 icon-exclamation-circle 

別に正社員になってもバンド活動と両立はできると思いますので、早めに正社員就職をしておいた方がいいと思います。

というか今なら失業率も低迷していますし、ライバルとなる求職者も減ってきていますからね。

比較的に残業の少ない正社員の仕事も見つけやすくなってきているんです。

 

正直正社員といってもピンキリですし、あまり残業がなかったり休日出勤もないような正社員の仕事も沢山ありますからね。

そういった仕事の方が世間体もよく福利厚生なども整っていますから、別にバンド活動と両立はしやすいです。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

バンドマンフリーターでいくなら、ネットを活用してリスクヘッジしたり可能性を広げるべき

ただそうは言いましてもフリーターなんてしながらバンド活動していると、「末路が悲惨なのではないか?」と将来を悲観してしまいがちです。

なので将来が不安であれば、色々とやっておいて損はないですね。

 

 icon-exclamation-circle 

バンドマンでフリーターでいくのであれば、ネットをフルに活用して稼いだり人脈を広げておいたりすれば、最悪の末路も回避しやすいと思います。

既にやっている人も多いかもしれませんが、バンドマンであれば、

  • ネットで活動したり
  • YouTubeに動画をあげたり
  • SNSで露出を増やしてフォロワーを増やしておいたり

そういった工夫はもっとしていった方が良いかもしれません。

 

そういった感じで人脈を広げておければ、最悪落ちぶれても仕事がもらえる可能性もありますし。

フォロワーが助けてくれたりもしますからね。

まぁ今はそうやってネットを使ってうまくやっていければ落ちぶれる可能性も低いですし。

誰かが助けてくれたりしますからね。

 

今はフリーターでも福利厚生手厚い会社も増えてるので、せめて大企業でフリーターする手も

バンドマンでフリーターでいくのであれば、せめて社会保険がある会社でフリーターをするのも良いかもしれません。

既に今の職場で社会保険に入れてくれているのであればいいですけど。

上でも述べたように、2016年10月に法律が変わってフリーターの方でも社会保険に入りやすくなったんです。

 

 icon-exclamation-circle 

これまでは正社員の3分の2以上働いている方は加入義務がありましたが、それにプラスして

  • 従業員501人以上
  • 月給88000円以上
  • 週20時間以上の勤務
  • 雇用期間1年以上
  • 学生以外

の方は社会保険加入勤務ができました。

権利じゃなくて義務です。

今時近所の大手スーパーで働くパートのおばちゃんですら、社会保険ぐらい入ってますよ。

 

まぁ従業員501人以上なので、そこそこ大きい会社じゃないとダメですが…。

この条件を満たせれば、上でも述べたようにフリーターでバンド活動に勤しんでいる方でも正社員と同等の社会保険の補償が受けられるんです。

何かあっても補償が受けられますので、末路が悲惨というわけではありませんからね。

 

人手不足の影響で、フリーターでもボーナスや退職金があるケースも

それに最近は人手不足の影響でなかなかバイトやパートなどの非正規雇用の人材も集まらなくなってきています。

なので、人を集めるためにフリーターなどの非正規雇用の人材でも退職金の積み立てをしてくれたり、正社員よりは額は少ないですがボーナスが出たりする職場も増えてきています。

まあ大手の会社ほど、そういった福利厚生がフリーターの方でも整ってきていますからね。

バンドマンでフリーターの末路を危惧しているのであれば、せめてそういった福利厚生が整っている比較的大きめな会社でフリーターをした方が報われやすいと思います。

 

まぁ中小零細企業ですと、正社員でも未だに社会保険すら入れてくれなかったりして正直末路は悲惨ですからね。

フリーターでも福利厚生の整った会社で働ければ末路は悲惨でもないと思いますよ。

 

ただバンドマンフリーターはモテないので一生独身の可能性も高いが…

ただバンドマンでフリーターの方ですと、末路は一生独身の可能性は高いと思います。

まぁバンド活動をしているフリーターとなると夢追い方のフリーターなので、単にだらだらフリーターをしている人よりは魅力的にうつる可能性もありますが…。

やはりバンドマンでフリーターとなるとモテない傾向にありますので、そういった傾向にはあると思います。

 

 icon-exclamation-circle 

まあこれについてはその人次第というか、別にフリーターでも結婚している人はいますから、なんとも言えませんが…。

こういったフリーターの末路系の記事で「フリーターは絶対結婚できない!」なんてことが言われてたりしますけど。

まぁ確かにそういった傾向にあるのは事実なんですよ。

 

ただ正社員でも年収300万円以下の男性は既婚率は相当に低いですからね。

フリーターは結婚出来ないというよりは稼ぎの低い男は結婚できないと言うことでしょう。

フリーターは全体的に収入低いですし。

まあこれについては本当に結婚したいのであれば、早めに正社員で就職しておくか、上で述べたようにネットで稼いだりして収入を上げていく努力は必要かもしれません。

 

別にバンドマンフリーターの末路は悲惨でもないが、バンド活動は就職してもできるので…

こういったバンドマンフリーターの末路というテーマですと、検索するとまあ本当に酷いものが出てきますね。

  • フリーターは若いうちはいいけど中高年になると詰む!
  • バイトの仕事ですら若いフリーターに取られる!
  • フリーターの末路は生活保護だよね。
  • 最悪ホームレスになるよ!
  • フリーターは死ぬしかない!

こんな極端なことが言われている傾向にあります。

まあフリーターに1度もなったことがないような世間知らずの糞ライターが書いてるんだと思いますけど…。

 

私も一時期フリーターしてた経験があるのでわかりますが、別にバンドマンフリーターだからって末路が悲惨というわけでもないですよ。

今時社会保険ぐらいちゃんとした会社ならフリーターでも入れますし。

「フリーターは何の保証もないんだぞ!」なんていうこと言われたりもしますが、別に社会保険入っていれば保証はありますからね。

転職の際は、「フリーターではなく正社員で働いてた」ってことにしても、まぁバレにくいですし。

勘違いしてる人が多いですが、正社員とフリーターに、法的な明確な違いなどありませんからね。

 

 icon-exclamation-circle 

ただバンド活動なんて別にフリーターしながらではなくても、正社員で就職しても両立は可能ですからね。

残業が少ない会社はありますし。

残業代は稼げなくなるので給料は比較的少ないですが、バンド活動と両立もしやすいでしょうし。

 

やはり世間体的な面もありますので、早めに正社員で就職しておいた方がいいと思います。

今は下手にライブなどを行うよりYouTubeなどで動画をあげたりして知名度を上げていったほうが、成功の可能性は高まると思いますし。

それなら別にフリーターじゃなくても正社員でも空いた時間でていきますからね。

今のうちに正社員になっておいた方がいいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのようにバンド活動をしながらフリーターをしている方も珍しくはないと思いますが…。

フリーターをするのであれば、せめて社会保険に入れてくれる職場で働きましょう。

そうすれば将来の保証もありますし、何かあっても安心です。

働けなくなっても最長1年6ヶ月傷病手当金が出たり、失業保険などが出たり老後厚生年金が出るのがでかいですね。

しかも会社が半分折半で保険料を払ってくれますし。

これは正社員が受けられる保証と全く同じです。

 

まあいまだに社会保険に入れるのは正社員だけと勘違いしている人もいますので、転職の際も社会保険に入っていたのであれば、正社員と言ってもバレにくいですけど。

ただやはりバイトフリーターとなると世間体が悪いですし。

別に正社員に就職してからでもバンド活動と両立はできますからね。

残業少ない会社も多いですし、今は比較的人手不足の影響でいい会社にも行きやすくなってきていますからね。

今のうちにバンド活動と両立できそうな会社に正社員就職しておくと良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

 

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

非正規雇用
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。