仕事に気合が入らない!やる気が湧かない時気合いを入れる9の方法

Pezibear / Pixabay

  • 仕事に気合が入らない!

  • 仕事のやる気が出ない!

  • 何か気合いを出す方法はないかなぁ…

とお悩みの、 仕事に気合が入らずに悩んでいる方のためのページです。

特にマンネリ化した毎日を送っていると、そういった状態になりがちです。

毎日似たような仕事を惰性でこなしていると、気合が入るはずもないですからね…。

しかしイレギュラーなどは突然起こりますし、そうなると気合を入れて対処しないといけなかったりします。

気合を入れないと、厳しい仕事などには対処していくことができませんからね。

そんな時に、なんとか気合を出す方法をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

運動して気合を入れるのも手

やはり、気合を入れるには運動するのが一番だと思います。

運動不足に陥っていては、体がだるくて気合なんて出ませんからね。

ただ手軽にできるものとなると、一人でもできるものを選ぶ必要があると思います。

例えば、

  • 筋トレ

  • ジョギング

  • ヨガ

などなど。

 icon-exclamation-circle 

運動することで、脳内伝達物質のセロトニンも出ます。

そうすればストレス耐性もつきますし、精神的にも強くなれるのです。

セロトニンが不足してしまうと、うつ病になりやすくなってしまいますからね。

もしかしたら気合が出ない原因は、単にセロトニンが不足しているからかもしれませんね。

でしたら、外に出て運動すれば日光に当たってセロトニンも出やすいです。

日光に当たらないと、ビタミンDも生成されませんからね。

やる気も気合も出ないときは、とりあえず外に出て体を動かしましょう。

掃除をして気合を入れる!

気合いを入れるためには、掃除をするのも有効です。

今気合が入らない!と悩んでいる方は、部屋が汚くなっている方も多いのではないでしょうか?

精神状態は、自分の部屋に現れますからね…。

部屋の掃除をすれば、体も動かすので気合が入りますし、部屋もキレイになって一石二鳥です。

 icon-exclamation-circle 

実際寺の修行僧や軍隊などは、朝掃除から始まります。

掃除をして気合いを入れることで、精神が鍛えられるのです。

部屋の乱れは心の乱れ、心が乱れると部屋も汚れますからね。

汚い部屋で寝起きしていては、気合など入るはずがありません。

ハウスダストなどで、病気などにもかかりやすくなってしまいます。

まぁたまにやりだすと、止まらなくなってしまう人もいますが…。

適当なところで切り上げるようにしましょう。

格闘技の動画を見て気合を貰う!

格闘技の動画を見るのも、テンション上げて気合いを入れるのに有効ですね。

選手たちは気合が無いと格闘技なんてできませんから、頑張って戦っている選手たちをみることで気合を貰うことができます。

プロレスの動画とかみるといいかもしれません。

気合が入るはずです。

 icon-exclamation-circle 

私も以前、新入社員の時に「テンション上げて行かなきゃ」と思って、出勤前にプロレスの動画を見てテンション上げていました。

ややバカっぽいノリですが、それがテンションを上げたり気合いを入れるのに一役買ってくれます。

あまりプロレスなどの格闘技は好きではないかもしれませんが、気合いを入れるという面ではかなり有効な方法です。

騙された思って試してみてください。

或いは見るだけではなく、趣味として格闘技を始めてみるのも良いかもしれません。

大変なトレーニングをしないといけないので、気合を貰うこともできますし。

もっと向いている仕事に変えるのも手

FotografieLink / Pixabay

あなたのように、気合が入らない!と悩んでいる方は多いとは思いますが…。

そういった方はもしかしたら、仕事が向いていない可能性もありますね。

向いている仕事だったり、やりがいを感じている仕事であれば自然と気合が入ると思いますし。

ただ単に何となく就いた、なんとなくな仕事なのかもしれません。

やる気が出ないのであれば、早いうちに転職を考えるのもアリですね。

若いうちであれば、他の会社にも行けますから。

まだまだ、定年っていう年でもないんでしょうし。

特にこれからは年金も貰えるかどうか怪しく、「死ぬまで働く時代!」なんてことも言われていますからね…。

あまり興味もない仕事に就いていて気合が入らないのであれば、転職を検討するのも手段の一つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

栄養ドリンクを飲んで気合を入れる手も

仕事で気合を入れるために、栄養ドリンクを飲むというのも鉄板の手法です。

各種生薬や無水カフェインなどの作用により、気合を入れることができるでしょう。

まぁ「一時的に血糖値が上がって、気分が上がるだけ」なんていう冷めた意見もありますが…。

少しは効くと思います。

 icon-exclamation-circle 

できるだけ、高めのドリンクを飲むといいかもしれませんね。

ユンケルやゼナとか。

リ○ビタン程度だと、あまり効果はないような気がします。

ランクが上のやつは効きますけどね。

様々な生薬が配合されている、喉がかーっと熱くなるような高い栄養ドリンクがいいですね。

私も、仕事で疲れている時は気合を入れるために。結構高めの栄養ドリンク買っちゃいますよ。

気休めかもしれませんが、気合が入らないっていうのは完全に気分の問題ですから。

例え気休めだったとしても、気合は入ると思います。

息を止めて、気合を入れてみる

Pezibear / Pixabay

気合を入れたいのであれば、これも有効な方法です。

一時的に、限界まで息を止めてみましょう。

思い立てば今この場ですぐできますから、手軽な解決策の一つです。

生存本能のスイッチが入って気合が入るかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

人間というのは、生死に関わることであればものすごいエネルギーが湧いてきます。

なぜなら、そこでエネルギーを出さなかったらそのまま死んでしまいますからね。

平和ボケした日本人は、このくらいやって死の片鱗を身をもって体感しないと、気合はなかなか入らないかもしれません。多分。

実際、 寝ぼけた頭を起こす時も、息を止めるのが有効だと言われています。

そのほうが頭が働きだすのです。

あの著名な発明家のドクター中松氏も、新たなアイデアを出す時は息を止めているらしいです。

というかプールに行って「死ぬ寸前まで潜る」ことで、アイデアの閃きを得ることができるとかなんとか。

そういった天才の真似をして、やってみるのも良いかもしれません。

熱いシャワーを浴びて気合を出す!

気合を入れたいのであれば、やはり身体面でのアプローチが効果的だと思います。

何らかの強い刺激があれば、気合が入りやすいですね。

まだ出勤前であれば、熱いシャワーを浴びてみるのも効果的ですね。

興奮を司る、交感神経が刺激されます。

気合いを入れるためには、頭と体を起こす必要がありますからね。

覚醒させるには、交感神経を活発にする必要があるのです。

 icon-exclamation-circle 

ちょうど良いぐらいのお湯ですと、むしろリラックスしてしまいます。

ちょっと熱めのお湯でシャワーを浴びるといいと思います。

熱さの刺激の力で、反射的に気合がはいることでしょう。

あるいは逆に、冷たい水をかぶるのもアリですね。

これも強い刺激の一つですし、気合が入るでしょう。

できればサウナなどに行って、サウナと水風呂を交互に行き来する「交互浴」などをやってみるのも良いかもしれません。

私も週1~2回くらいで通っていますが、自律神経が整い、脳内麻薬も出て気合が入ります。

悲惨な状況の人を見て、気合を貰うのも手

KasunChamara / Pixabay

あとは、自分よりもかなり悲惨な状況の人を見ると気合が出ると思います。

例えば

  • ホームレスの人

  • 貧困状態の人

  • 失業してお金がなく困っている人

などなど。

今あなたが気合を出さなかったら、あなたもそうなるかもしれませんからね…。

明日は我が身ですよ。

「ああはなりたくない」と思えれば、気合もやる気も出てくると思います。

 icon-exclamation-circle 

気合、つまりモチベーションには2種類あると言われています。

  • 危機回避型モチベーション

  • 願望追求型モチベーション

この2つです。

特に我々日本人は、「ああなりたい」という願望追求型のモチベーションよりも、

「ああはなりたくない」という危機回避型のモチベーションのほうが強いと言われています。

なので、この「悲惨な状況の人を見る」というのは、やる気と気合いを出す効果が期待できるのです。

まぁYouTubeなどの動画でも色々ありますので、見てみると良いかもしれません。

自分が死ぬことを考えてみるのも手

pixel2013 / Pixabay

仕事に、生きることに気合が入らないのであれば、自分が死ぬことをありありと思い描いてみればいいと思います。

やはり自分の人生がかかっていることを実感しないと、気合も入らないと思いますし。

いい加減な気持ちで生きていては、本当の意味で気合を入れることは難しいでしょう。

人間の一生なんてあっという間ですからね。

仮に80歳まで生きられたとしても、3万日しか生きることはできません。

 icon-exclamation-circle 

あなたの年齢がいくつだかわかりませんが、人生は確実に有限です。

あなたは今、「気合が入らない」とか言って、なんとなく日々を過ごしてしまっているのかもしれません。

ですが、そんな感じで無駄に一日一日を過ごしてしまっている間に、 いつの日か人生の持ち時間は確実にゼロになります。

これはどんな人でも確実に、です。

「気合が入らない」なんて言って、無駄に過ごしていい日なんて一日たりとも無いのです。

そういうことを考えれば、やる気が出てくるかもしれません。

まとめ

あなたのように、「気合が入らない!」ということで悩んでいる方は多いですが…。

もしかしたら、気合が出ない日ばかりであれば、仕事自体が向いていない可能性もあります。

興味もないつまらない仕事に就いていては、気合が入らないのも当たり前ですからね。

あるいは既にマンネリ化していて、全く新鮮味を感じない仕事になってしまっているのかもしれません。

であれば、新しい仕事を引き受けてみたり、新しい環境にチャレンジしてみたりするのもアリだと思います。

人間、同じ環境でばかり生きていたら、マンネリ化してきてしまいますからね。

気合が出ないのも当然です。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、仕事はたくさんあるのです。

もし今あまりにつまらない仕事に就いていて気合が入らないのであれば、仕事が多い今のうちに転職を検討するのも良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする