仕事でメンタル崩壊しそうな時の8つの対処法!これで精神を保ち生き残れ!

geralt / Pixabay

 

  • 仕事でメンタル崩壊しそう!
  • メンタルをやられそう!

そんな悩みをお持ちの方は、今の御時世珍しくないと思います。

 

特に最近はブラック企業も多いですし、人手不足に陥っており負担が増えている方が多いと思います。

今はストレス社会と言われていますし、精神疾患の労災件数も右肩上がりで急増してきていますからね。

私も以前ブラック企業に勤めていた時は、仕事でメンタルを崩壊しそうになってしまいやめてしまった経験もあります。

最近は最低賃金も上がってきていますし、企業の社会保険料負担も増えているため、限られた人員で回そうとする会社が多いのです。

 

しかし本当にメンタルが崩壊してしまったら働けなくなってしまいますし、なかなか厳しいでしょう。

仕事でメンタルが崩壊しそうな時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

仕事でメンタル崩壊しそう!どうしたらいい?

最近は本当にブラックな労働環境で働かされている人が多いので、仕事でメンタルが崩壊しそうという状況に陥っている方も珍しくありません。

ただそのまま働いていると、本当にメンタルがやられてしまいかねません。

精神的に病んでしまうと、しばらく働けなくなってしまう可能性もありますからね。

対処法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

強引に有給休暇をとる

そんなに仕事でメンタルが崩壊しそうなのであれば、しばらく休んだ方がいいと思います。

強引に有給休暇を取ってしまうというのも手段の一つです。

まぁそんなにメンタルが崩壊しそうなほど働かされているということは、人手不足だったり休めない環境にいるのかもしれませんが…。

有給休暇は我々労働者の当然の権利ですので、強引に使ってしまってもいいと思います。

会社側は「時季変更権」という、有給休暇の取得時期を繁忙期を理由にずらす権利はありますが、とらせないという権利はありませんからね。

できればまとまった休みがとれればベスト

ただメンタルが崩壊しそうということは、1日や2日休んだだけでは回復しない可能性が高いです。

できればまとまった休みが取れればベストですね。

少なくとも数日、できれば1週間2週間ぐらいまとまった休みが取れれば一番いいですね。

まぁなかなか難しかったりするかもしれませんが…。

 

特に最近は人手不足に陥ってる会社が多いです。

あなたに辞められてしまったら会社も猛烈に困る可能性が高いですから、やり方次第でもしかしたらまとまった有給休暇を勝ち取れるかもしれません。

抱えてる仕事を他の人に一部任せる

そんなにメンタルが崩壊しそうなほど仕事をさせられているということは、仕事量が多すぎるのではないでしょうか?

今抱えている仕事を、他の人に一部任せる方向で頑張って行った方が良いかもしれません。

全て1人でやろうとしたら絶対に無理でしょうし、本当にメンタルが崩壊してしまいます。

上司や同僚に仕事を割りふったり、相談していく必要があるかもしれません。

 

まぁブラックな会社ですと、こうやろうとしてもなかなか難しかったりしますが…。

難しいようであれば、あまりいい手段ではありませんが、立場の弱い後輩や気の弱い社員に無理やり仕事を押し付けるという方法もあります。

代わりにその人が潰れる可能性もありますが、こちらも押し付けないと潰れてしまいますからね…。

同僚や上司に相談してみる

あとはそんなにメンタルが崩壊しそうということを、同僚や上司に相談してみるというのも手段の一つです。

そこで本当にあなたのメンタルが崩壊してしまったら、会社を辞めることになってしまうかもしれませんし。

しばらく働けなくなってしまうかもしれません。

今は本当に人手不足に陥っている会社が多いので、あなたにいなくなられてしまったら同僚や上司も困るでしょうし。

少しは親身に相談にのってくれるかもしれません。

 

これで相談して「まぁもう少し頑張ってみろよ」なんて何の役にも立たないアドバイスしかしてくれないようであれば、本当にメンタルが崩壊する前に辞めて転職してしまった方がいいと思います。

その場合、上司も同僚もあなたのことなんてどうでもいいと考えています。

一旦会社を辞めてみるという手も

あとはそんなにメンタルが崩壊しそうな仕事にしがみつく必要もないかもしれません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

ただそんなにメンタルが崩壊しそうな状況ですと、これから先のことなんて考えられないかもしれません。

いっそのこと一旦会社を辞めてみるというのも手段の一つです。

そのまま働いていたら本当にメンタル崩壊して、最悪死んでしまったり、長期間働けなくなってしまう可能性もありますからね。

会社を辞めても失業保険が貰える

ちなみにですが、雇用保険をかけている場合は会社を辞めても失業保険がもらえます。

まぁ自己都合退職の場合は3ヶ月間の待機期間がありますので、3ヶ月間は貯金で生活しなければなりませんが…。

貰える金額はざっくりと今の給料の5割から6割ぐらいですが、とりあえず収入はゼロになる訳ではありません。

残業が多いなら会社都合退職にできるかも

そんなにメンタルが崩壊しそうなほど仕事をさせられているのであれば、もしかしたら会社都合退職にできる可能性があります。

概ね月45時間以上の残業を3ヶ月連続でしていた場合は、失業保険の特定受給資格者となりすぐに失業保険の対象になります。

自己都合退職に比べて失業保険が貰える期間も長めです。

ただ労働時間の証明が必要になるので、タイムカードのコピーを取っておいたり、1度はハローワークに相談に行ってみると良いかもしれません。

職業訓練を受けて失業保険を延長する

あとは職業訓練を受けることでも、失業保険の受給期間を延長することができます。

しかも職業訓練を受け始めればすぐに失業保険の対象になりますので、自己都合退職でも早く失業保険をもらいやすくなります。

ただ失業保険の受給期間を延長するには、職業訓練の入学日までに失業保険の受給日数をある程度残しておく必要があります。

あまりにメンタルは崩壊しそうであれば、こういった手段を使って少し休んでみるのも良いかもしれません。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

職業支援・給付金などについて知る|ハロトレ特設サイト|厚生労働省

休職を申し込んでみるという手も

本当にメンタルが崩壊しそうで限界であれば、いっそのこと休職を申し込んでみるというのも手段の一つです。

中小零細企業だと余裕がないのでなかなか難しいですが、福利厚生が充実している大企業であれば、休職もある程度認めてもらいやすい傾向にあります。

会社を辞めるよりもしばらく休んで復帰できるのであれば、それに越したことはありませんからね。

ただ復帰してから椅子が無くなっている可能性もありますが…。

心療内科に行って診断書を貰う

もし休職したいということであれば、心療内科に行って診断書をもらうことは必要になると思います。

そんなにメンタルが崩壊しそうな状況ですと、恐らく何かしらの精神疾患や精神障害と診断される可能性があります。

適応障害やうつ病などは、割と簡単に診断してもらいやすい傾向にあります。

私も以前ブラック企業に勤めていた時は、1回の診断で適応障害と診断されることができましたし。

六割くらいの労力でやっつけで仕事をこなす

あとそんなに仕事でメンタルが崩壊しそうであれば、あまり真面目に仕事をやらなくてもいいと思います。

6割くらいの労力でやっつけで仕事をこなしていくと良いでしょう。

そもそも人手が足りていないのかもしれませんし、仕事の要求水準が高すぎるのかもしれません。

そんなに頑張って完璧を求めてやることはありませんよ。

でないと本当にメンタルは崩壊してしまいます。

 

まぁやっつけ仕事で適当にやっとけばいいのではないでしょうか?

それでクビになるようならクビになったでまたその時考えればいいと思います。

人が足りないなら人を増やしてもらう

そんなにメンタルが崩壊しそうなほど仕事をさせられているということは、人が足りていないのではないでしょうか?

最近は本当に人手不足に陥っている会社も多いです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

 

もし人が足りないようであれば、人を増やしてもらうしかありません。

物理的に人を増やして社員の負担を減らしていかないとあなたもメンタルが崩壊してしまうと思いますし。

他の同僚もかなり限界まで追い込まれているのではないでしょうか?

誰も来ないなら派遣社員を活用

ただ最近は失業率も低迷しており求職者数も減ってきているため、なかなか募集をかけても人が来ない会社が多いです。

あまりに誰も来ないようであれば、派遣社員を活用することも考えた方が良いかもしれません。

派遣会社に割高な派遣料を払う必要はありますが、派遣会社に頼めばすぐに人をよこしてくれる傾向にあります。

まあ最近は派遣スタッフも人が集まらなくなってきていますので、あまり良い人材は来ないかもしれませんが…。

まぁいないよりはマシかもしれません。

たまには早めに帰って体調管理する

そのまま過重労働を続けていたら本当にメンタルが崩壊してしまいかねません。

たまには早めに帰って体調管理をして行った方がいいと思います。

定時で帰ったり、適当にやっつけ仕事でこなして早く帰ったり。

会社はそんなにメンタルが崩壊しそうなほど仕事を押し付けてくるのに、自己管理しろなんて何の役にも立たないアドバイスしかして来ませんからね。

 

やっつけでもいいから、クレーム上等で早く終わらせてさっさと帰ってしまいましょう。

これも自己管理の一貫ですよ。

何かあっても、人を増やさない会社が悪いんです。

メンタル崩壊しそうならやばい!早めの転職を

最近は本当にブラックな会社も多く、人手不足に陥っている会社が多いので、メンタルが崩壊しそうなほど追い込まれてしまう方も珍しくありません。

ただそんな会社で頑張ってもろくなことはないと思いますし。

本当にメンタルが崩壊したら働けなくなってしまうリスクもありますからね。

 

本当にメンタルが崩壊しそうでやばいのであれば、早めに転職を検討した方がいいと思います。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

今ならばもっとマシな環境にも移りやすくなっていていますので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。