【手書きw】無駄な報告書を書かされる!時代遅れの会社で消耗しない6の対策

Free-Photos / Pixabay

 

  • 会社で無駄な報告書を書かされる!
  • しかもいまどき手書きとか…ww
  • こんなの書いてもどうせ読まねぇだろ…

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

特に日本企業はそういった無駄な報告書が大好きな傾向にありますからね。

特に大企業などの大きな会社ほど、そう言った無駄な報告書をやたら書かせる傾向にあります。

それが活用されるのであればいいですが、その時上司に見せて上司が満足するだけで、あとはファイルに入れて誰も見ないと言う状況になってしまうも珍しくありませんし。

まぁ記録しておくことは必要だとは思うんですけど、そんな無駄な業務のせいで他に利益を増やせる行為が疎かになっていることが、最近の日本企業の低迷の原因だと言うことが指摘されていますからね。

 

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

日本企業は無駄な社内報告書の作成に7割の無駄な時間を費やしているという説も!

そういった無駄な報告書を書かされる会社は我が国の企業ではとても多いと言われています。

有名なコンサルタントが言うところでは、日本企業は社内向けの無駄な書類作成に業務時間の7割を費やしており、これが日本企業の業績低迷の原因になっているということを指摘しています。

 

確かに我が国の企業では無駄な会議や報告書などの書類が多すぎますからね。

そういった利益に全く直結しないような部分は簡略化して、もっと利益に直結することだけをやるべきだと思います。

海外の企業などは、割り切ってそう言った風にやっていますので、かなり強いですよね。

そんな無駄な報告書を書かされていたら1人当たりの従業員の売り上げも上がりませんし。

必然的に業績も低迷してしまいますよ。

 

報告書も使われるなら良いが、手書きの報告書なんて場所も取るし書いて終割ということも…

あなたのように無駄な報告書を書かされるという方は珍しくありません。

そういった報告書でも使われるならいいんですが、大抵は使われずにその時上司が見てファイリングして終わりですよね。

特に未だに報告書を手書きで書かされるという、前時代的な会社も珍しくありませんし。

手書きですと、わざわざでかいファイルにファイリングしなくてはいけませんからね。

 

それが使われることもなく、会社の棚の肥やしになっている会社が多いのではないでしょうか?

今は報告書なんてデジタル化してデータベース化して活用できるようにした方が場所もとりませんし。

会社にとっても有意義だと思うんですよね…。

そんな無駄な報告書を書かされている時点でどうせ活用なんてしてないんでしょうし。

無駄の極みだと思います。

 

手書きの報告書の場合、邪魔になる上見ないのでせめてデジタル化を進言する手も

あなたのように、無駄な報告書をたくさん書かされている方も珍しくないと思いますが…。

やはりそういった方の場合、手書きで無駄な報告書を書かされている方が多いのではないでしょうか?

今どき手書きなんてわざわざファイルを出してみないといけませんし。

一覧性がないのでなかなか活用しようとも思いませんからね。

ただでさえファイリングなんてしてたら邪魔ですし。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、会社の会議で報告書のデジタル化を進言するといいと思います。

既に報告書がデジタル化されているのであればいいですが、そうではない会社も多いですからね。

 

特に報告書などは、売上や客数などを数値化できるものについてはエクセルなどで共通フォーマットを作れば、集計したりして利用価値が出てきますからね。

このぐらいやってる会社は昔から普通にやってるんですけどね。

やってない会社はただ単に無駄な報告書を量産していくだけで、ゴミが増えていくだけで本当にムダです。

 

デジタルの報告書なら、音声入力を使って楽をするという手も

あなたのように無駄な報告書をさんざん書かされている方は珍しくないと思いますが…。

そういった方でも多少マシな会社であれば、デジタルな報告書を書かされている人も多いと思います。

デジタルの場合は報告書を書くのも楽なんですよ。

 

 icon-exclamation-circle 

最近は音声入力の技術も進化してきていますので、スマホなどを使えば音声入力で素早く入力することができます。

実はこのブログの文章を音声入力で早く書かれています。

音声入力はかなり早いですよ。

極めれば10分で4000文字ぐらい書けますし。

 

まぁ何を書くかを事前に決めておく必要がありますけどね。

これならば無駄な報告書でもそれほど時間をかけずに書けますからね。

要点だけ伝えることもできますし。

こういった風に無駄を省いていかないと、働き方改革なんて出来ないのではないでしょうか?

 

あまり無駄が多い会社なら、早めに転職も検討

未だにそういった無駄な報告書を書かされる会社というのも珍しくないと思いますが…。

今のご時世そんな無駄な報告書をたくさん書かせている会社はやばいと思います。

そんな無駄な報告書を書く時間があるならば、1円でも多く利益になることをした方がいいと思いますし。

 

記録を残していくことも必要だと思いますが、それはもっと簡略化していくことはできますよね。

特にこれから先さらに技術の進化スピードが早まっていくと言われているのに。

現時点でも日本企業はIT化が未だに遅れていて、世界の企業に取り残されているということも指摘されていますからね。

 

まあ今は他にもっとマシな会社はたくさんありますので、今のうちに転職を検討しておくのもいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も一番を超えてきていますし。

そんな無駄な報告書で時間を取られるような前時代的な会社はこれから先生き残っていけない可能性が高いので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

どうせ報告書なんてろくに見ないので、適当に書いて提出する手も

やはりそういった無駄な報告書に無駄な時間を取られてしまうというのは正直勿体ないことです。

人生の時間は限られていますし、仕事なんてさっさと終わらせてプライベートな時間を確保して、家族との時間を作ったりしていきたいのが本音ではないでしょうか?

それにそんな無駄な報告書を書いても、その時だけ上司が見て「受け取っておくよ」ということでファイリングして終わりですからね。

 

 icon-exclamation-circle 

どうせ報告書なんてろくに見ないので、適当に書いて提出すればいいと思います。

まああれですね、そこで報告書を通す技術というか、要領のよさを発揮していく必要があるかもしれませんが。

グラフを使って一見わかりやすく書いていったりとか、最近は無料の素材などで簡単に絵や図解などが作られますし。

エクセルなどで簡単にグラフも作れますからね。

 

そんな感じで何か凄いっぽい感じの報告書を短時間で作れば、無駄なリテイクもなくなるでしょう。

そうやって短時間で簡単にそこそこの報告書を作る技術と言うのは、無駄に仕事の時間を使わないために必要だと思います。

どうせ報告書なんてろくに見ませんからね。

 

書いた報告書が活用されるなら良いが、ムダに終わっているケースも多いので…

あなたのように無駄な報告書をさんざん書かされている方も珍しくないと思いますが…。

書いた報告書が会社の利益のために活用されるのであれば、描く方としても本望ですけど。

大抵上司の自己満足のためとかだったりしますよね。

その時は上司は満足するかもしれませんが、すぐファイル行きになってしまいどうせ見ませんし。

本当に無駄です。

環境のためを考えるのであれば、早くデジタル化して簡略化していって1円でも多く会社の利益になることに時間を使った方がいいと思いますね。

 

まあそんな前時代的な会社はこれから先かなりやばくなっていくと思いますけどね。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

今ならばもっとマシな会社はたくさんありますので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように無駄な報告書を書かされてしまっている方も珍しくありませんが…。

やはりそんな無駄な報告書で無駄な時間を費やしているというのは、本当に人生の損失だと思いますし。

どうせ報告者なんて書いてもろくに活用されずに、見もしない会社が多いと思います。

上司の仕事を確保するためだったり、体面を保つためだったり、ただ惰性で書かされている方が多いと思います。

そんな報告書を書くためだけに残業の時間が増えたりして、本当に無駄そのものですね。

 

まぁ今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。

今ならばもっとマシな会社もたくさんありますので、今のうちに動いておけば良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。