会社で無視されている!?鬱になる前に行うべき10の行動

  • 会社の先輩に無視されている…

  • 正直仕事がとてもやりにくい!

  • 無視とか小学生かよ!?

とお悩みの、会社で無視されている方のためのページです。

ちょっと信じがたいですよね…。

大人になってもまだ無視なんて、小学生レベルのいじめみたいなことしてくる人がいるんですから。

だってこれ仕事ですよ?

正直あなたも途方に暮れていると思います。

そんなことが続いていたら仕事になりませんので、早く何とかした方が良いでしょう。

現状を何とかするための方法をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

心当たりがあれば改善する

何のきっかけもなく無視してくるということはないです。

もしかしたら、あなたの発言や行動が、その人のカンに触ったのかもしれません。

何か心当たりはありませんか?

心当たりがあれば、改善した方がいいです。

知らない間に人を傷つけてしまった可能性もありますし。

まあ、「何か気にさわったことがあるんだったら直接言えよ」って感じですけど。

無視という手段に出る人もいるみたいです。

付き合ってられないですけど…。

もしあなたに非がある場合は、大人しく改善した方がいいでしょう。

非があるなら我慢する

自分自身で「あれが原因かなー」という心当たりがあるのであれば、あなたの自業自得の可能性が高いですね。

そうだとしたら、変に文句を言ったところで関係がさらに拗れます。

その場合は大人しく、嵐が過ぎるのを待った方がいいかもしれません。

しばらくすれば飽きます。

無視してくる人って、幼稚だったりタチが悪い人が多いです。

これ以上、あんまり関係をこじらせない方がいいと思います。

他の職場に移る

正直そんな人がいる職場は、精神衛生上良くないです。

さっさと他の職場に移ってしまった方が良いかもしれません。

そんな子供レベルのイジメみたいな行為が放置されているということ自体、職場のレベルが知れます。

無視されているだけだったらいいですけど、いじめに発展する可能性もあります。

新天地を探すだけでも探してみてはどうでしょうか?

他の職場もあると思えれば、気が楽になると思いますし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

少しずつ会話を増やす

さすがに無視されている状態から、すぐに以前のように戻るのは無理だと思います。

少しずつでいいので、会話を増やしていったらどうですか?

というか、これしかないと思います。

たとえちゃんと仲直りしたところで、以前のように戻るにはまだまだ時間がかかるでしょうから。

最初は挨拶程度でいいと思います。

毎日やってれば、さすがに挨拶程度は返してくれると思いますよ。

社会人何ですから。

それでもダメとなると、もうどうしようもないですね。

ものすごく幼稚な同僚だと思います。

こっちから大人になってアプローチしているにも関わらず、人の好意を台無しにしてきてるって事ですから。

こちらも負けじと無視する

最初に無視してきたのはあっちなんですから、こちらも負けずに無視しましょう。

相手の事は、ないものと考えてください。

空気とでも考えましょう。

 icon-exclamation-circle 

しばらくお互いに無視し合ってれば、お互いに飽きてきます。

「もういいや」って感じになってくると思いますけど。

無視するのも結構疲れますからね。

まあどうしても仕事の話はしなければならない場面が出てくると思います。

それまでお互いに膠着状態を続けていればいいのではないでしょうか?

まあ1週間持てばいいほうだと思います。

馬鹿みたいですから、絶対どっちかが先に音を上げます。

仕事のことだけ最低限関わる

あえてこちらからは関わろうとせず、仕事の会話だけすればいいと思います。

つまりは距離を置くということですね。

まあ職場には、仕事をしに行ってるんです。

仕事以外の会話は極力控えた方が賢明です。

寂しい考えですけど向こうが無視してくるんだから仕方ないです。

無視してこないんだったら、いくらでも話に乗って、和気あいあいやるんですけど。

お祓いする

もしかしたら、同僚があなたのことを無視するのは、あなたに悪霊がとり憑いているからかもしれません。

怖い話でよくありがちですけど。

こんな感じです。

突然、霊感の強いクラスメイトに無視されるようになった。

「なんで私のこと無視するんですか?」って聞いたら、

「だって…!あなたの後ろの怖い女が、こちらを睨んでくるんですもの…!」

みたいな。

そんな怖い話はよくありがちです。

 icon-exclamation-circle 

もしかしたらその無視してくる同僚には霊感があって、あなたにとりついている悪霊が見えているのかもしれません。

神社に行ってお祓いしてもらった方がいいかもしれません。

単純に無視されているだけであればいいのですが、このままでは悪霊にとり殺されてしまう可能性があります。

…まーないと思いますけどね。

無視なんてされてる時点で縁起が悪いので、お祓い自体はやってもいいと思います。

あえて強引に関わる

相手がこちらの事を無視してくるのであれば、積極的に関わっていくというのも手段の一つです。

  • 後ろから脅かしてやる

  • 背中を叩いて「ねえねえ」って言う

  • 手元が狂ったフリして水ぶっかける

とか。

相手が無視しようとしているからといって、ノリよくそんなものに付き合ってやる必要はありません。

仕事なんですから。

ちゃんとやらないとダメでしょう。

 icon-exclamation-circle 

ということで、空気なんて読まなくていいです。

強引に関わっていくといいと思います。

あまり空気を読みすぎるのも考えものです。

無視するのはそいつの勝手なんですから。

強引に関わっていくのもこっちの勝手ですよ。

仕事を超頑張る

やっぱり仕事なんですから、仕事頑張るしかないと思いますよ。

仕事頑張って存在感をアピールすれば、相手も無視できませんし。

仮にあなたがその部署内で超重要な仕事を任されたとしたら、同僚もサポートをすることになるでしょう。

そのまま無視なんてしていられません。

勝手にそいつに役割を割り振ってしまって、無視なんてできないようにしてやる、という方法もあります。

とにかく仕事を頑張って、仕事を振れる立場になることですね。

出世しなくとも班のリーダーくらいになればできると思います。

仕事に集中する

仕事のために会社に来てるんですから。

同僚と仲良しごっこをするために会社に来ているわけではありません。

履き違えないでください。

なので、無視して仕事に集中してればいいと思いますよ。

あなたの仕事はそんなに暇というわけではないでしょう。

無視なんて意味不明なこと気にしてたら、仕事が進まないですし。

まとめ

どこにいっても、そういう低レベルないじめみたいなことする人はいるものです。

でも、あんまり付き合う必要ないと思いますよ。

つき合ってたらこっちまで疲れます。

仕事に集中しましょう。

あるいは、集団で無視されてるなら、もうそんな職場とは縁を切るべきですね。

精神を病みかねません。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする