仕事で自宅謹慎させられてる!暇なときの有意義な7つの過ごし方

Myriams-Fotos / Pixabay

  • 仕事でやらかして、自宅謹慎中!

  • 自分が悪いんだけど、さすがに暇…

  • 何もやることがないよ…

とお悩みの、仕事で自宅謹慎をさせられている方のためのページです。

最近は理不尽なブラック企業も増えてきていますので、あなたのような方も多いかもしれません。

あなたにはあまり非がなくても、理不尽に処分されるような会社もありますからね…。

私自身は自宅謹慎はしたことはありませんが、周りには何人かいます。

前の職場の上司も、セクハラ事件を起こして自宅謹慎処分を受けていました。

1ヶ月ぐらいで復帰してましたけど…。

ですが自宅にずっと篭りっきりというのも、暇ですよね。

自宅謹慎中の過ごし方についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

自宅謹慎でも多少の外出なら問題ない

やはり自宅謹慎をさせられていると、一日中暇だと思います。

家にずっとこもっているのも暇でしょうからね…。

ですがいくら自宅謹慎とは言え、 全く外出してはいけないということはありません。

特に一人暮らしだったら、外出すらできないと食料すら買えず餓死してしまいますからね。

ただ、会社から電話がいつかかってくるかわかりません。

「1日1回は必ず電話するからね!」と言われている方もいることでしょう。

自宅の家電に電話がかかってくるようであれば、自分の携帯に転送する設定にしておけばいいと思います。

 icon-exclamation-circle 

まぁ、何時間か気晴らしに外出するぐらいだったら別に大丈夫だと思うんですけど。

ただ、たまたま同僚などにそれを見られてしまったら、何を言われるかわからないですね。

世間なんて狭いですから、どこで誰と遭遇するかわかりませんし。

「自宅謹慎中なのに何外出してんの!?」とか言われる可能性もあります。 

そういうこと言われる覚悟は必要ですね…。

一応同僚に遭遇した時のために、言い訳は考えておいた方が良いでしょう。

まあ「夕食の買い出しです」とか言えばそれ以上は何も言えないと思いますが。

謹慎中は、ネットサーフィンして過ごす手も

FirmBee / Pixabay

あるいは、謹慎中はだらだらとネットサーフィンをして過ごすのもアリです。

普段からやっているかもしれませんが、じっくり時間をかけてネットを見るというのは、激務な社会人ですとなかなかできるものではありません。

せっかく謹慎を受けて時間ができたのです。

普通の社会人人生を送っていたら、なかなか使えないような時間の使い方をしてみるのもアリです。

 icon-exclamation-circle 

普段からネットサーフィンしているかもしれませんが、そんなまとまった時間が取れることもあまりないでしょうし。

前々から興味があった分野の事でも調べてみたらどうですか?

昔好きだったこととか、昔夢だったこととかを、改めて調べてみるのもアリです。

昔の情熱や若かった頃の思いが蘇ってくるかもしれません。

たまには、そうやって自分の人生を振り返ってみる時間も必要ですよ。

社会人になると、こんな感じでまとまった時間ができる機会なんてなかなかないです。

この機会を生かして、やりたいことやったほうがいいと思います。

自宅謹慎なんてさせられてるってことは、会社に居辛くなるかもしれませんし。

何かやりたい仕事について調べるのもアリです。

⇒好きなことを仕事にしたい!好きを仕事にして自己実現するには?

謹慎中は家でゲームして過ごすのも手

家で時間を潰すとなったら、ゲームをするというのは鉄板の手法です。

最近は大人でも普通にゲームをする人が増えてきていますよね

子供の頃に普通にゲームをしていた世代が大人になっているのですから、当たり前ですけど。

なので、謹慎中はゲームをして過ごすというのも手段のひとつです。

 icon-exclamation-circle 

昔やっていたゲームや、そのリメイク版のゲームでもやってみたらどうですか?

昔やって感動したゲームを、改めてやり直してみるといいかもしれません。

当時の自分と、今の自分とを比較して人生を見つめ直すいい機会になります。

社会人なると、平日の昼間から1日中ゲームをする機会なんてなかなかありません。

この機会に自由を満喫しておくといいと思います。

あるいは、スマホゲームをやってみてもいいかもしれません。

最近は色々なスマホゲームが出ていますからね。

課金をしなくても結構遊べますからね。

そういった風に、楽しみながら時間を潰すのもいいと思います。

この機会に転職活動するのも手

geralt / Pixabay

あるいはもう、その会社に嫌気がさしているのであれば、転職活動するのもアリです。

そもそも、自宅謹慎処分なんて受けている時点で、その会社にはかなり居づらくなっていると思いますし。

何をやらかしたかわかりませんが、社内ではあなたの評価もかなり落ちているのではないでしょうか?

「事件をやらかした奴」みたいな見方をこれからずっとされていくでしょうし。

日本人はレッテルを貼るのが大好きなので、一度貼られたレッテルを剥がすために汚名挽回するのは簡単なことではありません。

というか、自宅謹慎処分というのは処分の結果待ちで、 最悪クビやリストラもあり得そうですからね…。

前向きに検討したほうがいいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

自宅謹慎なんてさせられている居心地の悪い会社にしがみつく必要など、ひとつもないのです。

今は人手不足に陥っている会社も多く 、社員の有効求人倍率も1倍を超えていますからね。

せっかく時間があるのでしたら、動いてみるのも良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

近くの図書館に行って本を借りて読むのも手

せっかく自宅謹慎なんてさせられているのですから、有意義に時間を使いたいところです。

なので、この機会に本をたくさん読むのもアリですね。

社会人になると忙しいので、なかなか本をたくさん読む機会もありませんから。

自宅謹慎とは言え、近くの図書館に行って本を借りるぐらいは大丈夫でしょう。

ただ公務員とか、地元の会社に勤めていると、誰に見られるか分からないので危険ですけどね…。

その場合は図書館よりも本屋に行って本を買ったほうがいいかもしれません。

電子書籍などであれば、スマホにダウンロードできますし。

 icon-exclamation-circle 

小説などを読むと、 自分の人生を見直すいいきっかけにもなります。

学生の頃は本をたくさん読んでいる人が多いですが、社会人になると皆途端に本を読まなくなります。

読書はいい習慣だと思うんですけどね。

これをきっかけに、読書の習慣を作ってみたらどうでしょうか?

せっかく自宅謹慎させられているのですから、人生にプラスになるようなことに時間を使いたいものです。

読書をすれば他人の生き様や価値観に触れることができますので、その後の人生にとっても有益だと思います。

謹慎中でも、強引に旅行に出かける手も

あるいは、あまりにも暇なのであれば、強引に旅行に出かけてしまうというのも手段の1つです。

ばれたらどうなるかわからないですけどね…。

推奨はしませんが、折角自宅謹慎で時間があるのでしたら、行ってみるのも手段のひとつです。

まぁ、別にGPSで追跡されているわけでもないでしょう。

自宅への電話は、携帯に転送するようにしておけば大丈夫だと思います。

ただ、背景の音には注意する必要がありますけどね。

電車のアナウンスの音などが入っていたら当然バレます。

 icon-exclamation-circle 

クビやリストラ、それに近い処分が下されそうなほどのことをしでかしたのであれば、

開き直っても行ってみるのもアリですね。

ぶっちゃけ自宅謹慎処分なんて事をしでかした時点で、あなた相当落ち込んでいると思いますから。

遠くに旅行に行って、 パーッと気晴らしをしたほうがいいかもしれません。

あまりお金がなくても、青春18きっぷなどを利用すれば、それほどお金をかけずに遠くまで行けますからね。

自宅謹慎とは言っても、電話が来たり拘束されるのは平日だけだと思いますから。

週末であれば大丈夫かもしれません。

謹慎中で自宅にこもってカビが生えそうであれば、たまにはリフレッシュすることも必要です。

これからの自分のキャリアについて考え直す

あるいは、これは自分の方向性について考え直すいい機会だと思います。

自宅謹慎処分になる人なんてそうそういませんし、かなり貴重な機会だと思います。

まぁ、ただでさえ日本人の夏休みは平均3日とか4日とか言われています。

貴重な長期休みを与えられたと考えれば、結構おいしい機会ではありませんか?

特に我が国には、バカンスなんていうハイカラなものもありませんからね。

かえって休む機会ができて、よかったのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

そもそも、自宅謹慎処分なんて受けてしまったということは、 あなたの内面に何かしら問題があったからかもしれませんし。

あるいはかなり以前から、何かネガティブなものを心に抱えていたのではありませんか?

今回それが顕在化してしまっただけで。

例えば、

  • 仕事が向いていない

  • 仕事に対する姿勢がまずかった

  • もう今の仕事にはウンザリしている

などなど。

色々反省点はあると思います。

まだまだ定年までかなりあるでしょう。

これからもその会社でその仕事でやっていけるのかどうか?もう一度考え直してみたほうがいいかもしれません。

謹慎が解けてしまったら、なかなか今のように時間を取るわけにもいかなくなるでしょうし。

謹慎が解けてまた働きはじめたら、また忙しい日々に戻ります。

軌道修正するなら今が最後のチャンスかもしれません。

まぁ可能であれば、今のうちに転職を検討するのもいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はたくさんありますからね。

今の環境に不満があるのであれば、仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

klimkin / Pixabay

自宅謹慎処分なんて、あなたはかなり落ち込んでいるかもしれませんが、考えようによってはいい機会だと思います。

普段できないことをやってみるといいと思いますね。

これからの自分の人生の方向性を考え直すいい機会だと思います。

プラスに考えて、この貴重な時間を有効に使いたいところですね。

自宅謹慎なんてさせられたら、その会社には居づらくなりますよね…。

幸い今は仕事は多いので、今のうちに転職を検討してしまうのも手段のひとつです。

その後今の会社に復帰できても、「仕事でミスをやらかした奴」というレッテルを貼られながら働くことになりますし。

そういった汚名を返上するのは、なかなか難しいですからね。

いっそのこと、新天地で一からやり直すのも手段のひとつです。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする