コミュニケーション能力が低い人に向いてる仕事の特徴!と働いていくコツなど

lukasbieri / Pixabay

  • コミュニケーション能力が低くて悩んでる…
  • こんな自分に向いてる仕事はあるんだろうか…?
  • 社会人としてやっていけるか不安!

そういった悩みをお持ちの方は、珍しくもないかもしれません。

やはりコミュニケーション能力が低い人というのもいますからね…。

昔は職人的に、一人で黙々と仕事をしていれば評価される傾向にありましたが…。

今はコミュニケーション能力が低いと、生きていきにくい時代ですからね。

社会人として生きていくのに不安を抱える気持ちもわかります。

この記事では、コミュニケーション能力が低い人でも向いている仕事の特徴と、社会人としてやっていくコツなどをまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

コミュニケーション能力が低く、悩む人は多い!

最近はあなたのように、コミュニケーション能力が低いことで悩む人というのは珍しくもありません。

大人の発達障害なども増えていますからね…。

ネットやSNSなどを見てみても、

「コミュニケーション能力が低いから、働くのが不安!

ワイみたいなコミュ障、勤まる仕事なんかあるんか…?

ニートかフリーターくらいしかないか…?」

「コミュニケーション能力低いし、働くことに大いに不安があるわ。

バイトすらろくに勤まったことないからな。

社会人で40年以上働いていくなんて無理ゲーやで…」

「みんなコミュニケーション能力高くていいなー。

俺コミュ障だから、社会人としてやってけるか不安だわ。

他人と上手くやってくってキツくない?」

こんな意見が散見されますね…。

だいたい、日本人なんて島国で閉鎖的ですから、元々コミュニケーション能力低い人が多いような気もしますけどね。

昔は村社会だったから、同じ人とだけ関わっていれば良かったでしょうけど。

今は社会人として働いていく上で色々な人に会いますから、コミュニケーション能力が低い人が生きていくのはなかなか難しいかもしれません…。

一人で黙々とできる仕事!

コミュニケーション能力が低い方ですと、やはり誰かと一緒に仕事を進めていくのは苦手な傾向にあるかもしれません。

なので、一人で黙々とできる仕事が向いているでしょうね。

当たり前のことですが…。

 icon-exclamation-circle 

具体的には、

  • ライン工
  • プログラマ
  • ブロガー
  • 新聞配達
  • 清掃員

などなど。

ただ、完全に人と接しない仕事となるとほとんどないですけどね…。

雇われて働く以上、コミュニケーションは発生しますし。

コミュ障の人でも勤まる仕事でライン工やプログラマなどもよく挙げられますが、コミュニケーションは最低限必要ですし。

ただコミュニケーションはそこまで求められないので、上記のような職業を狙っていくのも良いかもしれません。

単純作業的な仕事

コミュニケーション能力が低い方でしたら、やはり単純作業的な仕事が向いていると思います。

一つの作業を黙々とやる仕事、と言えるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ただそういった仕事は、今は自動化されてきてなかなか仕事が減ってます。

そういった仕事はあっても、人件費高い日本人にやらせる必要もなくなってますし。

人件費安い海外に事業所を移転してる会社も多いですね…。

ただ製造業とかは今は人手不足ですし、探せば正社員の仕事も結構あります。

工場なんかは、やはり単純作業が多いですし。

ただ正社員となるとやはりパートさんを使う能力が求められたり、コミュニケーション能力が求められる機会はどうしてもあります。

出世すると、取引先とも会う機会も出てきますし。

まぁ今なら求人は多いので、やっていけそうな会社を探すと良いかもしれません。

転職がしやすい仕事

コミュニケーション能力が低い人ですと、職場で居心地が悪くなって辞めてしまうケースも多いです。

最初は上手く働けていても、

  • 異動で新しい職場に馴染めなかったり
  • 新人と打ち解けられなかったり
  • 役職がついて人と接する機会が増えたり

すると、コミュニケーション能力が低い人だと病んでくるケースが多いです…。

 icon-exclamation-circle 

なので、転職がしやすい仕事を選ぶというのも手段の一つです。

転職がしやすい仕事であれば、職場で居心地が悪くなっても比較的すぐに転職できますからね。

コミュニケーション能力が低い方ですと、逃げ癖がついている人も多いかもしれませんが。

転職がしやすい仕事であれば、逃げ先がいくらでもあるので気楽に働けます。

基本的に、人手不足に陥っている仕事であれば、転職しやすい傾向にあります。

具体的には、

  • 介護士
  • 看護師
  • 警備員
  • 土木、建築
  • トラックドライバー
  • ITエンジニア

などです。

これらの仕事は人手不足の今でも群を抜いて人が足りないので、有効求人倍率も数倍~五倍以上ある職種もあります。

全国平均は約1.5倍なので、いかに人手が足りていないかがわかりますね。

コミュニケーション能力が低い人であれば、多少コミュニケーションが求められる仕事でも、こういった転職しやすい仕事の方が長く働けるかもしれません。

一つの会社で馴染めなくても、すぐ同業他社に転職すればいいだけの話ですからね。

人間関係の良い会社

コミュニケーション能力が低い方ですと、人間関係の良い会社を探すべきです。

その方が単純に面倒見が良い社員が多いですから、少々コミュニケーションに難があっても働きやすいです。

勤続年数も必然的に長くなる傾向にありますし、コミュニケーション能力が低くても働きやすいのです。

 icon-exclamation-circle 

逆に人間関係が悪い会社ですと、むしろコミュニケーション能力が問われたりしますね…。

  • 人間関係が複雑すぎる
  • 仕事を教えて貰えない
  • いじめられる可能性がある
  • 新人も長続きせず、人手不足

こういった傾向にあります…。

コミュニケーション能力が低い人は、多少給料が低くても人間関係が良い会社で働くことをお勧めします。

給料が高くても人間関係が悪いと、普通の人でも長続きしませんからね。

そうなると無職の期間なども出てきて、収入が安定しません。

人間関係の良さはかなり得難い価値がありますので、そういった会社を探しましょう。

夜勤の仕事

コミュニケーション能力が低い方ですと、夜勤の仕事が向いているかもしれません。

私もいくつか夜勤ありの仕事をしましたが、コミュニケーション能力が低くても勤まりやすいです。

 icon-exclamation-circle 

コミュニケーション能力が低い人にとっての夜勤のメリットは、

  • 同僚も眠いので、会話が必然的に少なくなる
  • 会話が少なくても、夜勤で辛いだけと思って貰える
  • 夜勤手当がつくので給料も高め
  • 私生活でも、「夜勤のせいでテンション低い」と言い訳ができる

などのメリットがあります。

工場や介護職などは、夜勤ありますね。

最近は介護職などは、夜勤専属の職員なども募集されていたりしますし。

ただ健康に悪影響がある可能性があるのがデメリットですが…。

コミュニケーション能力が低い人が人並みに稼ぎたいなら、結構お勧めできる道です。

仮に正社員じゃなくても、非正規でも手当つくので結構稼げますからね。

一つの会社で長く働く方が向いてるかも?

コミュニケーション能力が低い方は、一つの会社で働く方が向いているかもしれません。

上で「転職しやすい仕事」なんて紹介しておいてアレですが…。

まぁ逃げ道は確保したほうがいいですが、コミュニケーションに自信がない方は、同じ人と一緒にずっと働いた方がいいのは確かです。

長く一緒に同じ人と働いていれば、「この人はこういう人だから」と諦めて貰えますし。

色々とフォローもして貰えます。

 icon-exclamation-circle 

だからこそ、上で述べたように人間関係が良い職場を探した方が良いのです。

でないと長続きしませんし、同僚も次々に辞めていってしまいます。

人の入れ替わりが激しく、常に新しい人と関わらなくてはならない会社だと、コミュニケーション能力が低い人だときついと思います。

人間関係がよければ、あなたが辞めない限り人の入れ替わりは少ないと思いますからね。

コミュニケーション能力が低いのであれば、人間関係が良い職場で長く働いた方が都合が良いかもしれません。

労働環境の良い会社のほうが働きやすいので…

コミュニケーション能力が低い人ですと、やはり労働環境の良い会社を探した方が良いと思います。

まぁコミュニケーション能力が高い人でもそうですが…。

そういった会社の方が人間関係も良い傾向にあり、面倒見の良い先輩たちもいる傾向にあります。

勤続年数も必然的に長くなる傾向にあり、コミュニケーション能力が低い人でも働きやすいんですね。

 icon-exclamation-circle 

幸い今は仕事は多いので、今のうちに仕事を探した方が良いでしょう。

有効求人倍率も高く、失業率も低く求職者自体が減ってますし。

大企業だと無謀ですが、中小企業なら約6割は正社員が不足している!というアンケート結果もありますし。

中小企業でも労働環境良い会社は普通にありますので、今のうちに探してみると良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

コミュニケーション能力が低い人というのも、最近は多いと思います。

ただ選べばそういった人に向いている仕事もありますし、なんとかやっていくことは可能だと思います。

まぁ仕事なんてのは要は金を稼げればなんでもいいと思いますし、最悪非正規でも今は生きられる時代です。

今は非正規でも、社会保険くらいは入れるようになってきていますからね。

まぁ今は特に有効求人倍率も高いですし、転職はかなりしやすくなってきています。

比較的良い会社を見つけたいなら今がチャンスですので、今のうちに動いておくことをお勧めします。

今なら人間関係が良い会社や、比較的待遇が良い会社も見つけやすいですからね。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする