製造業が辛い5つの理由!経験者がきつすぎる場合の対処法を紹介するよ!

MichaelGaida / Pixabay

 

  • 製造業の仕事してるけど辛い!
  • こんなのでやっていけるのかな…?

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

私も製造業で工場で働いていたことがあるので分かりますが、あれは独特の辛さがあると思いますね。

コミュ障の方などは、サービス業などよりは適性があって向いているのかもしれませんが…。

耐えられない人ですと、辛くて早々に辞めていってしまう方も珍しくありません。

まぁ私も実際に製造業から転職してしまいましたし。

この記事では製造業が辛い理由とキスすぎる場合の対処法についてまとめてみました。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

製造業だけど辛い!なぜ?

製造業となると、一般的には「コミュ障や要領が悪い方でも務まるからオススメだよ」なんて言われたりもしますが…。

やはり向いていない人ですと辛いと感じることも多いですし。

要領が悪い人ですと、正直あまり向いていないと思います。

経験者が製造業を辛く感じがちな理由についてまとめてみましたので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

毎日単純作業の繰り返しだから

製造業となると基本は工場で働いている方が多いと思います。

毎日単純作業の繰り返しのことが多く、それが辛いと感じる原因になってしまうんです。

製造業は同じ製品を一定のクオリティで安定供給するのが仕事です。

だからこそ質の高い製品を様々な消費者に届けることができるのですが…。

それを仕事にしている製造業従事者は、基本的に毎日同じ単純な作業の繰り返しになってしまうため正直飽きます。

同僚にも聞いてみたことがありますが、「仕事は飽きるけど、生活のためにやってるよ」と言っている人が多かったですし。

まあ多かれ少なかれどの仕事もルーチンワークですから、仕方ないとは思いますが…。

大部分自動化されておりやりがいがないから

製造業の工場となると、いまどきほとんど自動化されていることが多いです。

未だに職人の手作業でやるような町工場的な製造業の会社もありますが、大抵はムダを省くために自動化して人件費を削減していることが多いですね。

自動化レベルが低い製造業の会社ですと、必然的に人件費がかかってくるため中国や東南アジアなどの人件費の安い国に勝てません。

まぁまだ残っている企業も多いですがあまり給料が上がらなかったりしますね。

人から感謝されないから

製造業となると機械相手の仕事になるため、まず人から感謝される機会はありませんね。

会社がよく頑張ってくれたとか労ってくれたりもあまりないですし。

エンドユーザーと顔を合わせる機会もあまりありませんからね。

この仕事は一体誰の役に立っているんだろう?という感じになってきて、辛さを感じてしまうケースも珍しくありません。

これが人と接する仕事ですと、大変ですがありがとうと言われたりすることもあるので、充実感は感じやすい傾向にありますね。

発展途上国との価格競争で給料が上がらないから

製造業となると発展途上国との価格競争にダイレクトに巻き込まれています。

正直製品を製造するのは、日本だろうが発展途上国だろうがどこでもいいですからね。

発展途上国で製造しても、最近は海や空から輸入できますので、大量に持ってくればその分輸送コストも低くなります。

人件費も当然浮きますので、価格競争に巻き込まれがちで給料が上がらないんです。

そういったことも製造業の辛さを感じる理由になっていますね。

人間関係が閉鎖的だから

私も経験がありますが、製造業の工場となると人間関係がある程度固定化されている傾向にあります。

閉鎖的で辛さを感じてしまうのも珍しくありませんね。

結構パートさんなどがいじめをしていたりしたところも見たことがありますし。

こういった事についてはどの会社も同じだとは思うんですが、人間関係が固定化されやすい分馴染めないと結構辛いと思います。

製造業の仕事が辛い!どうしたらいい?

あなたのように製造業の仕事が辛いと感じてしまう方は珍しくありませんが…。

それでもなんとか働いていかないとお金を稼ぐことができませんからね。

製造業の仕事が辛い時の対処法についてまとめてみましたので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

夜勤に回してもらう

製造業の仕事が辛いと感じてしまうのは、人間関係に起因することも多いです。

結構閉鎖的ですし、陰湿な人というのはいるものですし。

もし人間関係が原因で辛さを感じているのであれば、夜勤に回してもらうというのも手段の一つです。

夜勤の方が日勤よりも確実に人が少ない傾向にありますし。

みんな割と眠かったり疲れていたりするので、会話も少なくなる傾向にあります。

夜勤の方が手当が出てお金が稼げますからね。

有給で休みつつ騙し騙し働く

あとはあまりに辛いのであれば、休みを確保しつつだましだまし働いていくしかないのではないでしょうか?

有給休暇などを使って休みを確保しつつ働くと良いかもしれません。

このページを見ているあなたのような真面目な方であれば、あまり有給休暇も使わずに溜まっているかもしれませんし。

有給休暇を使用するのは我々労働者の当然の権利ですからね。

営業など別の部署に異動する

あとは単純作業が辛いと感じているタイプの方であれば、営業など別の部署に異動するというのも手段の一つです。

私が製造業の会社に勤めていた時も、もう単純作業は飽きたということで異動願いを出して営業に行った人もいましたし。

まぁそれで馴染めずに辞めていった人もいましたが…。

向いている人ですと、そちらで才能を開花させて別の会社に営業職で転職していったような人もいましたし。

あまりに辛いのであれば、別の職種に変えてもバチは当たらないような気がします。

早めに転職を検討する

あとはそこまで辛いのであれば、いっそのこと環境を変えてしまうのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

今は失業率も低迷していて求職者数も減ってきているため、ライバルが少なく比較的良い会社にも行きやすくなってきています。

今ならば製造業にこだわらなくても別の業界などで採用してもらえる可能性も高いので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

製造業も向き不向きがある!早めに転職を検討しよう

やはり製造業となると向き不向きがあると思います。

基本機械相手の仕事で単純作業ですし。

コミュ障の方だったり妄想して時間をつぶせるようなスキルがある方であればいいですが、そうではないとなかなか難しいのではないでしょうか?

幸い今仕事はたくさんある傾向にありますので、早めに転職を検討してしまうのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。