人手不足は会社の責任!な理由と人手不足で辞められない時の対処法

StockSnap / Pixabay

  • 人手不足って会社の責任だろ!
  • 従業員の責任じゃないよね!

そういった考えをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

最近は本当に人手不足の会社が増えてきていますからね。

倒産する会社も増えてきていますし。

ただそこで人手不足で辞めようとすると、強引に引き止めてくる会社も最近は多いです。

最近はリストラや解雇のトラブルよりも、辞めさせないトラブルの方が増えているらしいですからね。

ただそこで「残ってください。お願いします」というのであればいいですが…。

大抵は強気に「お前はどこに行っても通用しない」みたいに上から目線で言ってくるだけですからね…。

人手不足なんて会社の自己責任ですよ。

この記事では人手不足は会社の責任な理由と、人手不足で辞められない時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

人手不足の会社は過去最多!人手不足倒産に陥る企業も増加!

やはり人手不足は会社の責任であると言えるかもしれません。

特に最近は経営者が無能だとか言われていますし。

役員報酬だけ高止まりしていたり会社の内部留保だけは過去最高を更新していますし、一向に給料の上がらないベテラン社員などは、バカバカしくなってさっさと辞めていってしまうんです。

まさに会社の自己責任と言えますね。

ざまぁないですが…。

しかも人手不足で倒産に陥る会社も増えてきてるんですよ。

帝国データバンクが2018年1月から6月に取った統計によると、人手不足倒産件数は70件と半期ベースで過去最多となっています。

その上約半数の企業が正社員が足りていないと回答をしていますし。

まぁ就職氷河期とかリーマンショック後の買い手市場の時に散々労働者をいじめて採用を絞ったツケが来たんじゃないでしょうか?

ざまあないですよね。

人手が欲しいならもっと会社が給料を上げて募集すべきなので、会社の責任

やはり人手不足は会社の責任と言えると思います。

人手不足を解消していきたいのであれば、もっと給料釣り上げて募集すべきじゃないですか。

大体ただの平社員にはそんな権限はありませんし。

人事部などは、具体的な採用活動を行うのが仕事ではありますが、どういった採用活動を行っていくかの方針を決めるのは会社の経営陣ですからね。

そこで自分達の役員報酬や内部留保を減らしたくないがために、給料釣り上げて募集しないんですよ。

自分の懐の方が大事だから。

これまでは安い給料でも労働者がたくさんいたので働いてくれましたけどね。

これからは労働人口もさらに減っていくのでそうはいきませんよ。

そういった見通しが取れない無能な経営陣の責任と言えますね。

まさに会社の自己責任です。

人手不足でも採用活動は人事や会社の仕事なので、あなたにはどうしようもない

やはり人手不足会社の自己責任です。

というか会社側が給料を吊り上げて募集したり方針を変えていかないとあなたにはどうしようもありませんからね。

平社員には人事権などは、ありませんし。

求人広告を出す権限も予算もありません。

頭のいいあなたであれば、もっと給料を吊り上げて募集したり労働環境改善に取り組んでいったりして働きやすい職場にしていくことも可能かもしれませんが…。

まぁ一平社員のあなたにはそんなの無理ですね。

どうしようもありません。

やはり最近は会社の経営者なども高齢化してきていると言われていますからね。

社長の平均年齢は60代とも言われていますし。

なかなか若者の感覚がなくなってきてしまっているのではないでしょうか?

まあそうは言いましてもこれからは人手不足で採用できない会社はどんどん淘汰されていくでしょうね。

人が定着するよう労働環境改善を行わなかったのは明らかに会社の責任

やはり人手不足は会社の責任だと思います。

人手不足にしたくないのであれば、既存従業員を大事にしたり、世間に対して「うちはこんなに働きやすい会社です!」とアピールしていけばいいじゃないですか。

このブラック企業が多い社会で、そうやって働きやすさをアピールすれば人たくさん来ますよ。

というか人に勧めたくなるような会社であれば、従業員のコネでどんどん入社してくることも考えられますからね。

そういった風に既存の従業員を大事にしないから人手不足に陥っているのではないでしょうか?

今は本当に転職しやすいですから、もっといい会社があれば、どんどん転職していってしまいますし。

そう言った労働環境は改善なんてあなたは立平社員にはどうにもできませんし。

会社が方針を変えて環境を改善していかないとどうにもなりませんし。

まさに会社の自己責任といえます。

人手不足になるなんて前から大体わかってたのに、放置したのは経営陣の無能さが原因

やはり人手不足は会社の責任だと思います。

というか人手不足になるだろうなんてことはだいぶ前から言われていたじゃないですか。

少子高齢化なんてもう何10年も前から予想されていたことですし。

特に今若者が減っているのは、バブル世代から就職氷河期世代あたりが結婚して子供を産んだりする人の数が減っていることも原因の1つですが…。

そんなのもうかなり前から言われていましたし。

人手不足がくるだろうなんてことは人口動態を見ている方であれば、誰でもわかったことですからね。

まさに経営陣の無能さが招いた人手不足だと言えます。

まぁとってつけたように外国人労働者などを格安でこき使おうとしていますが…。

最近は中国や東南アジアでも経済発展してきていて賃金も上がってきていますし、あっちでも人手不足になってきていますからね。

なかなかこんな落ち目の国には大量の移民は期待できないでしょう。

まさに会社の舵取りを間違えた経営陣の無能さが原因だと思います。

人手不足で辞められなくても仕事はたくさんあるので、強引に辞めるべき

やはり人手不足は会社の責任だとは思いますが…。

あなたはもしかしたらその人手不足の会社で働いていて消耗しているのかもしれません。

やはり日本人はトップがダメというのは、第2次世界大戦の時から言われていることですし。

その割を食うのは我々労働者現場で働く労働者ですからね。

 icon-exclamation-circle 

ただ今はそんな人手不足で自己責任に陥ってしまう会社にしがみつかなくても、仕事はたくさんありますからね。

今は有効求人倍率は高いですし、正社員の有効求人倍率も一倍を超えていますし。

そんな人手不足の会社で消耗しているのであれば、早めに転職を検討した方がいいかもしれません。

そんな人手不足の会社に勤めていたら新人が来ても定着せずに辞めていき、転職のチャンスを逃してしまう可能性も高いですからね。

今のうちに動いておくのも良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

人手不足で辞める場合「辞めさせてください」ではなく「〇月〇日で辞めます!」で

やはり人手不足は会社の自己責任だと思いますが…。

そういった人手不足の会社というのは、なかなかやめられない傾向にあります。

今は人手不足で倒産する会社も増えてきていますし。

募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いんですね。

失業率も低迷していますし、求職者自体も減ってきていますからね。

 icon-exclamation-circle 

なので、そういった会社を辞める場合「辞めさせてください」なんて言っても辞めさせてくれない可能性が高いです。

なので、「何月何日付けで辞めます!」という風に一方的に辞めると言わないとやめられません。

そこで「会社を辞めようと思ってるんですが…」なんて言ったところで、強引に引き止められるに決まっています。

まあできれば次の転職先をさっさと決めて、「転職先が決まったので辞めます」というふうに言うべきですが…。

まあ本当に断言する形で「辞めます」という風に言わないと、この人手不足のご時世やめられませんよ。

人手不足にしたのは会社の自己責任ではありますが、本当に最近は人手不足で倒産する会社も増えてきていますので、強引に引き止めてくる会社が多いんです。

人手不足は会社の責任なので、辞めたいなら早めに転職すべき

やはり人手不足は会社の自己責任だと思います。

従業員にとどまってもらいたいのであれば、もっと労働環境を改善したり給料を上げたりすればいいだけの話ですし。

まぁ中小零細企業ですと、資金力がないので仕方ない面もあるかもしれませんが…。

そこそこ大きい企業であれば、もっと従業員の給料に回せますからね。

今は会社の内部留保も過去最高更新していますし。

片やワーキングプアの方などが増えてきていて、政府の調査によると約6割の世帯が生活が苦しいと答えていますし。

だったらもっと給料上げてくれれば従業員はいつきますし、良い会社であれば、どんどん人が入ってきますよ。

そう言う会社じゃないから人が来ない人手不足になっているんです。

まあ日本経済も衰退してきていますし、仕方ない面はあるかもしれませんが…。

ですが人手不足でも今転職はしやすいので、早めにいい会社に入っておいた方がいいかもしれません。

あまり気にしていると、やめられませんし。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

やはり人手不足は会社の責任だとは思いますが…。

そこで強引に引き止めてくる会社が多いんですよね。

人手不足で倒産する会社も増えてきていますし。

今は中小零細企業などは、正社員で募集をかけてもなかなか人が来ない会社も多いですからね。

というか人が来てもブラックな会社だったり社員を奴隷のように酷使する会社ですと、さっさと辞めていってしまいます。

そういったことが原因で人手不足になっているということに全く気づいていないんですよ。

まさに会社の自己責任だと言えます。

まぁもし今あなたが人手不足で辞められない状況に陥っているのであれば、早く強引にでもやめた方がいいと思いますよ。

早めに辞めないとベテランの社員もどんどん辞めていき新人が来ても定着せずに、転職のタイミングを逃してしまうと思いますし。

人手不足なんてのは会社の自己責任なんですから、気にせず辞めて転職しましょう。

それがあなたの人生のためです。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする