【ざまぁ】人手不足は会社の責任!な理由と人手不足でも確実に辞める3の方法

StockSnap / Pixabay

 

  • 人手不足って会社の責任だろ!
  • 従業員の責任じゃないよね!
  • 人手不足で倒産するのは会社の自己責任!
  • 人手不足倒産だって?ざまぁないぜwww

そういった考えをお持ちの方は、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近は本当に人手不足の会社が増えてきており、人手不足が原因で倒産する会社も増えてきています。

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

特に誰もやりたがらない不人気業界ですと、リーマンショック後の不況ですら人が来ず人手不足でしたからね…。

世間を騒がせている例のアレの影響があるなかでも、人が来ない業界は相変わらず人手不足です。

最近はリストラや解雇のトラブルよりも、辞めさせないトラブルの方が増えているようです

ですがそこで「残ってください。お願いします」というのであればいいですが、大抵は強気に「お前はどこに行っても通用しない」みたいに上から目線で言ってくるだけですからね…。

 

そもそも快適な労働環境整備のために努力している企業は人が辞めませんから、人手不足にはなりません。

人材を定着させる努力をしない、怠けている会社側の自己責任というほかありません。

この記事では人手不足は会社の責任な理由と、人手不足で辞められない時の対処法についてまとめてみました。

人手不足の会社は急増!氷河期世代を切り捨てた企業の末路w

やはり人手不足は会社の責任であると言えるかもしれません。

特に最近は経営者が無能だとか言われていますし、役員報酬だけ高止まりしていたり、会社の内部留保だけは過去最高を更新しています。

一向に給料の上がらないベテラン社員などは、バカバカしくなってさっさと辞めていってしまうんです。

まさに会社側の自己責任と言えますね。ざまぁないですが…。

 

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

まぁ就職氷河期やリーマンショック後の買い手市場の時に、散々労働者をいじめて採用を絞ったツケが来たんじゃないでしょうか?

最近は就職氷河期にあたる40~50代の人材がおらず、「中堅社員がいない!」なんて嘆くバカな会社が増えているようです。

バブル崩壊~リーマンショックで大手企業は多くの人員をリストラしましたが、リストラされた優秀な技術者たちは中国や韓国に引き抜かれ、今の日本企業の凋落を招いているようです。

「今さえ良ければいい!」なんて考える刹那的な考えの愚かな会社が多かったツケでしょう。

ざまぁないですね。

人手が欲しいならもっと会社が給料を上げて募集すべきなので、会社の自己責任

やはり人手不足は会社の責任と言えると思います。

人手不足を解消していきたいのであれば、もっと給料を釣り上げて募集すべきじゃないですか。

大体ただの平社員にはそんな権限はありませんし。

人事部などは、具体的な採用活動を行うのが仕事ではありますが、どういった採用活動を行っていくかの方針を決めるのは会社の経営陣ですからね。

そこで自分達の役員報酬や内部留保を減らしたくないがために、給料を上げて募集しないんですよ。

自分の懐の方が大事だから。

 

これまでは安い給料でも労働者がたくさんいたので働いてくれましたけどね。

これからは労働人口もさらに減っていくのでそうはいきませんよ。

そういった見通しが取れない無能な経営陣の自己責任と言えますね。

まさに会社の自己責任です。

人手不足でも採用活動は人事や会社の仕事なので、あなたにはどうしようもない

やはり人手不足会社の自己責任です。

というか会社側が給料を吊り上げて募集したり、方針を変えていかないとあなたにはどうしようもありません

平社員には人事権などありませんし、求人広告を出す権限も予算もありません。

頭のいいあなたであれば、もっと給料を吊り上げて募集したり労働環境改善に取り組んでいったりして働きやすい職場にしていくことも可能かもしれませんが…。

まぁ一平社員のあなたにはそんなの無理ですね。

どうしようもありません。

 

やはり最近は会社の経営者なども高齢化してきていると言われていますからね。

社長の平均年齢は60代とも言われていますし、なかなか若者の感覚がなくなってきてしまっているのではないでしょうか?

まあそうは言いましてもこれからは人手不足で採用できない会社はどんどん淘汰されていくでしょうね。

人が定着するよう労働環境改善を行わなかったのは明らかに会社の自己責任

やはり人手不足は会社の責任だと思います。

人手不足にしたくないのであれば、既存従業員を大事にしたり、世間に対して「うちはこんなに働きやすい会社です!」とアピールしていけばいいじゃないですか。

このブラック企業が多い社会で、そうやって働きやすさをアピールすれば人たくさん来ますよ。

というか人に勧めたくなるような会社であれば、従業員のコネでどんどん入社してくることも考えられますからね。

そういった風に既存の従業員を大事にしないから人手不足に陥っているのではないでしょうか?

 

今は転職も一般的になってきていますから、もっといい会社があればどんどん転職していってしまいますし。

そう言った労働環境は改善なんてあなたは立平社員にはどうにもできませんし会社が方針を変えて環境を改善していかないとどうにもなりません。

まさに会社の自己責任といえます。

人手不足になるなんて前から大体わかってたのに、放置したのは経営陣の無能さが原因!

やはり人手不足は会社の責任だと思います。

というか人手不足になるだろうなんてことはだいぶ前から言われていたじゃないですか。

少子高齢化なんてもう何10年も前から予想されていたことですし。

特に今若者が減っているのは、バブル世代から就職氷河期世代あたりが結婚して子供を産んだりする人の数が減っていることも原因の1つですが…。

そんなのもうかなり前から言われていましたし。

人手不足がくるだろうなんてことは人口動態を見ている方であれば、誰でもわかったことですからね。

まさに経営陣の無能さが招いた人手不足だと言えます。

 

まぁとってつけたように外国人労働者などを格安でこき使おうとしていますが…。

最近は中国や東南アジアでも経済発展してきていて賃金も上がってきていますし、あっちでも人手不足になってきていますからね。

今は先進国全体で、というか特に東アジア全体で深刻な低出生率に陥っており、「これからは世界的に人材の争奪戦が起きるだろう」とも言われています。

そんな中、なかなかこんな落ち目のブラック国家には大量の移民は期待できないでしょう。

人口が減少していく日本語なんて学んでもコスパが悪いですし、日本企業は給料も労働環境も悪いですからね。

まさに会社の舵取りを間違えた経営陣の無能さが原因だと思います。

人手不足で辞められなくても仕事はたくさんあるので、強引に辞めるべき

やはり人手不足は会社の責任だとは思いますが…。

あなたはもしかしたらその人手不足の会社で働いていて消耗しているのかもしれません。

やはり日本人はトップがダメというのは、第2次世界大戦の時から言われていることですし。

その割を食うのは我々労働者現場で働く労働者ですからね。

 

ただ今はそんな人手不足で自己責任に陥ってしまう会社にしがみつかなくても、仕事はたくさんあります。

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

そんな人手不足の会社で消耗しているのであれば、早めに転職を検討した方がいいかもしれません。

 

そんな人手不足の会社に勤めていたら新人が来ても定着せずに辞めていき、転職のチャンスを逃してしまう可能性も高いですからね。

今のうちに動いておくのも良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

人手不足で辞める場合「辞めさせてください」ではなく「〇月〇日で辞めます!」で

やはり人手不足は会社の自己責任だと思いますが…。

そういった人手不足の会社というのは、なかなかやめられない傾向にあります。

今は人手不足で倒産する会社も増えてきていますし。

募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いんですね。

失業率も低迷していますし、求職者自体も減ってきていますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、そういった会社を辞める場合「辞めさせてください」なんて言っても辞めさせてくれない可能性が高いです。

なので、「何月何日付けで辞めます!」という風に一方的に辞めると言わないとやめられません。

そこで「会社を辞めようと思ってるんですが…」なんて言ったところで、強引に引き止められるに決まっています。

 

まあできれば次の転職先をさっさと決めて、「転職先が決まったので辞めます」というふうに言うべきですが…。

まあ本当に断言する形で「辞めます」という風に言わないと、この人手不足のご時世やめられませんよ。

人手不足にしたのは会社の自己責任ではありますが、本当に最近は人手不足で倒産する会社も増えてきていますので、強引に引き止めてくる会社が多いんです。

人手不足は会社の自己責任なので、辞めたいなら早めに転職すべき

やはり人手不足は会社の自己責任だと思います。

従業員にとどまってもらいたいのであれば、もっと労働環境を改善したり給料を上げたりすればいいだけの話ですし。

まぁ中小零細企業ですと、資金力がないので仕方ない面もあるかもしれませんが…。

そこそこ大きい企業であれば、もっと従業員の給料に回せますからね。

今は会社の内部留保も過去最高更新していますし。

 

片やワーキングプアの方などが増えてきていて、政府の調査によると約6割の世帯が生活が苦しいと答えていますし。

だったらもっと給料上げてくれれば従業員はいつきますし、良い会社であれば、どんどん人が入ってきますよ。

そう言う会社じゃないから人が来ない人手不足になっているんです。

まあ日本経済も衰退してきていますし、仕方ない面はあるかもしれませんが…。

 

ですが人手不足でも今転職はしやすいので、早めにいい会社に入っておいた方がいいかもしれません。

あまり気にしていると、やめられませんし。

まとめ

やはり人手不足は会社の自己責任だとは思いますが、そこで強引に引き止めてくる会社が多いんですよね。

今は中小零細企業などは、なかなか人が来ない会社も多いですからね。

というか人が来てもブラックな会社だったり社員を奴隷のように酷使する会社ですと、さっさと辞めていってしまいます。

そういったことが原因で人手不足になっているということに全く気づいていないんですよ。

まさに会社の自己責任だと言えます。

 

まぁもし今あなたが人手不足で辞められない状況に陥っているのであれば、早く強引にでもやめた方がいいと思いますよ。

早めに辞めないとベテランの社員もどんどん辞めていき新人が来ても定着せずに、転職のタイミングを逃してしまうと思います。

人手不足なんてのは会社の自己責任なんですから、気にせず辞めて転職しましょう。

それがあなたの人生のためです。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

仕事をやめる方法
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。