40代で退職したその後はどうする?中高年がこれから生き残るための方法

 

  • 40代で退職したけど、その後どうしよう!
  • 希望退職に応じたけど、その後が不安すぎる…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

今は40代以降の社員に対してリストラが吹き荒れています。

定年延長の流れで、企業側に中高年を抱えるリスクが高くなっているため、黒字なのにも関わらずリストラをする「黒字リストラ」が社会問題になっています。

40代となると結婚して子供も生まれ、住宅ローンを組んでいる方も多いのではないでしょうか?

一番お金がかかる年代で退職したら、その後は不安でしょうがないと思います。

 

この記事では、40代で退職したその後の生き方についてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

40代で退職して後悔!早期退職に応募して後悔!なんて意見も多いが、会社に残れる人ばかりではない

こういった「40代で退職したその後」なんて話題になると、

  • 40代で退職したけど後悔してる
  • 早期退職に応募したけど後悔してる
  • なんとしても会社にしがみつくべきだった

こんな、今更言っても仕方のないような後悔をされる人も多いです。

 

ですが、それは会社に残れる場合だった人の話でしょう。

本当に今の会社には余裕がなくなってきており、多少仕事はできても人件費の高い中高年なんていらなくなってきているんです。

そのうえ定年延長で70歳まで雇えなんて言われても、厳しすぎるでしょう。

そこで退職しなかったとしても、会社側はなんとしても辞めさせようとしてきたでしょうから、遅かれ早かれという感じだと思います。

なんとか頭を切り替えていくしかありません。

40代で退職したその後はどうしたらいい?対策はこれ!

40代で退職なんてしてしまうと、その後どうしたらいいのか途方に暮れている方が多いと思います。

若ければ企業にも歓迎されますが、40代では難しいと言わざるを得ません。

まぁそうはいっても昔に比べて何かしら仕事はあるので、以前に比べればマシとも言えますが…。

40代で退職したその後生き残る方法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

可能ならキャリアアップ転職を目指す

40代で退職したその後生き残る方法として、可能であればキャリアアップ転職を目指すというのも手段の一つです。

これまで築き上げてきたキャリアがあり、評価してくれそうな会社がありそうであれば、いっそのことキャリアアップ転職を目指してみるのもいいかもしれません。

評価するのは企業側ですので、もしかしたら思いもよらない価値があなたにある可能性もあります。

40代となるとお金がかかる年代でしょうから、これまで並みかそれ以上の年収が欲しいのが本音でしょう。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

 

「優秀な人から辞めていく」なんて言われるが、40代以降で転職成功するのは一部の上位層だけ

しかしそうは言いましても、40代以上の年齢でキャリアアップ転職なんて、なかなか狙えるものではありません。

40代で早期退職、みたいな話題になると「転職できる優秀な人から辞めていく」なんて言われたりしますが、40代以降で転職成功する人なんて、一部の上位層だけですよ。

日本企業はまだまだ年功序列の給料体系の会社が多く、年齢を過剰に気にしますから、40代以上で高い給料を払わなくてはいけないのであれば、相当会社に貢献できるスキルや人脈がないと難しいです。

今はそこそこ優秀でも、企業はこれから定年延長で20年以上抱え込んでいかなくてはいけないリスクがあるのですから、中高年は敬遠されます。

 

まぁそうは言っても、40代以上でも引く手あまたの人はいます。

どういった人材が中高年でも転職成功しているかと言えば、一言でいうと「雇っておけば少なくとも人件費以上のリターンをもたらしてくれる人材」です。

新規開拓営業がメインの仕事でバンバン契約を取ってきたり、人脈などがあって会社に仕事や売り上げを作ってくれる人だと、雇わない理由がないですからね。

それまで何も評価されるスキルを養って来なかった、ただ会社の規模だけでいい給料を貰ってきた人材は、最低賃金ですら敬遠されるでしょう。

比較的マシな待遇で雇ってくれる非正規の仕事を探す

40代以上で退職してしまうと、やはりその後の転職活動は厳しいと言わざるを得ません。

「優秀な人なら40代以上でもいくらでも転職できるから!」なんて希望的観測を述べる人も多いですが、そんなことが可能なのは一部の上位層だけです。

大抵の会社員は、ただ毎日会社に言われた通りのルーチンワークをこなしているだけの無能側で、会社にいる期間が長いだけで身の丈に合わない給料を貰っているにすぎません。

なので、多くの無能側の会社員は、40代以上で退職したら非正規の仕事くらいしか見つからないかもしれません。

 

幸い最近は非正規でも社会保険に入りやすくなってきたり、少ないながら賞与や退職金がある会社も増えてきています。

何のスキルもない、今から前職並みの給料を貰うことも絶対無理だろうというのであれば、比較的マシな非正規の仕事を探すしかありません。

40代以上でも正社員を狙えるが、ブラック業界ばかり

ただ、そうは言っても正社員にこだわる人も多いでしょう。

一応40代以上でも正社員は狙えますが、拾ってくれる可能性があるのは人が来ないブラック業界ばかりです。

  • 介護業界
  • 飲食業界
  • タクシー業界
  • 警備業界
  • 土木建築業界

などなど。

サービス残業が横行していたり、時給換算するとフリーターのほうがマシなレベルの企業も多いです。

 

比較的マシなのは、私も経験ありますが介護業界くらいですかね。

地方は給料安いので論外ですが、東京かその近郊ならば人手不足で介護派遣の時給が高騰しており、稼ぎやすいです。

⇒介護資格が0円で取得できる!未経験から介護するなら【かいご畑】

せめて社会保険ありの非正規を探そう

非正規の仕事を狙う場合、せめて社会保険ありの非正規の仕事を探すといいでしょう。

最近は厚生年金の財源がきつくなってきたため、非正規でも加入拡大されてきています。

概ね、

  • 従業員501人以上の事業所で、週20時間以上、月給88000円以上を1年以上継続して働く場合
  • 正社員の3/4以上の時間働く場合

は、非正規でも社会保険加入義務があります。

 

最近は少子高齢化の影響で本当に年金財源がきつくなってきているため、取り締まりも強化されつつあり、これから更に加入範囲を拡大していく方向のようです。

20代30代の若者は更に年金支給開始年齢が引き上げられて実質年金が貰えない可能性もありますが、40代となると年金が頼みの綱になる可能性が高いです。

社会保険に入れれば協会けんぽなどの健康保険から傷病手当金なども貰える可能性があるので、ぜひとも社会保険に入れてくれる会社を探しましょう。

職業訓練を受けて失業保険をフルに貰う

40代以上で退職した人の場合、失業保険を貰っている人も多いでしょう。

しかし失業保険は貰える期間が限られているため、「その後どうしよう」と途方に暮れている人が多いと思います。

そこそこの給料を貰っていて、今後再就職に成功する可能性が低い人の場合、もう二度と今の失業保険以上の金額は貰えない可能性が高いです。

できるだけ長く失業保険を貰いましょう。

 

職業訓練に通うことで、条件はありますが訓練期間中は失業保険の受給期間を延ばせる可能性があります。

入学金は無料で、テキスト代のみ自己負担、みたいな訓練校が多いです。

ただ40代以上となると入校試験で落ちる可能性が高くなりますが、いくつか受けていけば受かる可能性は高くなります。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

雇用保険がなかった人でも月10万円貰える

しかしブラックな会社に勤めていた人の場合、雇用保険にすら加入していなかった!なんてケースも珍しくありません。

普通に働いていれば非正規でも雇用保険加入義務があるのですが、わが国は違法な企業を野放しにしてきたため、そういった方も珍しくありません。

 

しかし職業訓練に通うことで、条件を満たせば月10万円の職業訓練受講給付金が貰えます。

申請すれば一定時間以内でバイトもできる訓練校が多いので、生活費も補填できる可能性があります。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

地方でろくな仕事がないなら、都会に出稼ぎに行くことも検討する

40代以上が退職してその後再就職を目指す場合、住んでいる場所によって難易度は天と地ほど変わってきます。

地方はろくな仕事が無く、若者でもワーキングプアの仕事しか見つからないからです。

特にこれからは少子高齢化の影響で、2040年には約三割の自治体が人口一万人を切り、約半数の自治体が消滅の危機に陥るとも言われています。

地方はこれから衰退することはあっても、発展していくことはないでしょう。

 

地方でろくな仕事がない人の場合、都会に出稼ぎに行くことも検討したほうがいいでしょう。

東京・神奈川は既に最低賃金が1000円を超えているため、高校生のバイトですら時給1000円以上貰えますからね。

単純に求人数が多いため仕事も見つかりやすく、何のスキルもない中高年でも年収300~400万程度なら、残業時間次第で稼げる可能性が高いです。

東京でも多摩や八王子などの郊外なら、単身用物件が家賃月2万円台からある

ただ、こういう話をすると「東京は家賃が高いから」なんてことを言う人も多いでしょう。

家族全員で引っ越すことは難しいですが、1人で出稼ぎに行くのであればそれほどお金はかかりません。

東京でも多摩や八王子あたりの郊外であれば、単身用物件が家賃月2万円台からあります。

このあたりは以前住んでいたことがありますが、京王線や小田急線に乗り、新宿まで40分くらいで通うことができます。

⇒3万円以下で探す多摩市の賃貸住宅[賃貸マンション・アパート]情報

⇒3万円以下で探す八王子市の賃貸住宅[賃貸マンション・アパート]情報

 

今は非正規でも社保あり、交通費全額支給程度の条件ならば割とたくさんあるので、東京郊外に住んで節約生活を送り、家族に仕送りするのもいいでしょう。

田舎は非正規となると最低賃金スレスレでろくに稼げないため、家賃などの負担が増えたとしても東京で働いた方が稼げる傾向にあります。

独立を考えるなら、元手のかからない個人でできるサービス業一択

40代以上で退職した人の場合、その後「独立するか」なんて考える人も多いでしょう。

もし独立を考えているのであれば、何の仕事を選ぶかはよく考えましょう。

やる仕事次第で、成功するか失敗するかが決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

独立を考えるなら、元手のかからない個人でできるサービス業一択です。

最近はネットのお陰で元手をかけずに集客やサービス提供もできるようになってきているため、以前に比べてハードルは低くなってきています。

具体的には、

  • 占い師
  • マッサージ師
  • 人生相談
  • ライター
  • ブロガー
  • YouTuber
  • 同人作家
  • 家庭教師

などなど。

これらは副業程度でも始められるため、嫌になったら辞めて他の仕事をすればいいだけの話ですし、ダメでも売上げゼロになるだけで借金を負うことはありません。

 

何百万何千万も銀行から借りてやっと参入できるような仕事は、失敗した場合のリスクが高すぎるため、絶対に辞めましょう。

独身で保証人も担保も立てずに借りられて、「最悪自己破産すればいいやw」くらいに開き直ってやるなら別ですが、守るものがある人は最悪自殺まで追い込まれる可能性があるので危険です。

フランチャイズは絶対にやめておく ※特にコンビニ

40代以上で退職した人ですと、その後「フランチャイズで独立するか」なんて考える人も多いです。

しかしフランチャイズは本部への上納金が高すぎて儲からない場合が多いため、絶対にやめておいたほうがいいでしょう。

特にコンビニフランチャイズは上納金がトップクラスに高いですし、一定年数経たないと閉店もできず、独立したのにオーナーの裁量で休業にしたりできません。

未だにコンビニオーナーなんて現代の奴隷になりたがる人がいるのは、この少し調べれば実態が分かる情報化社会では、自己責任という他ありません。

 

大手チェーンの看板があれば集客力はあるので売り上げは立つでしょうが、その分取られていたら何の意味もありません。

結局そうやって他人の力を借りようとすると莫大な金がかかるので、月1万2万の利益でもいいから自分で考えて一からやったほうがいいでしょう。

今はネット広告も個人で気楽に出せますし、工夫次第でネットやSNSで無料で集客もできる時代ですし。

本部にノウハウを教えてもらわなくても、バイトや契約社員で働いてみれば大抵の内部事情は分かりますからね。

40代以上の転職に強い転職エージェントに相談してみる

40代以上で退職、その後どうしようと途方に暮れている人が多いでしょう。

その後どうしたらいいか分からない人は、40代以上の転職に強い転職エージェントに相談してみるのも手段の一つです。

やはり転職のプロに相談したほうが、適切なアドバイスも貰えますし、いい仕事も紹介してもらいやすい傾向にあります。

無料で相談できますので、気楽に相談に行ってみるといいでしょう。

 

やはり大手のエージェントを選んでおいた方が、求人数も多いですし、資金力のあるいい会社の求人が多く集まる傾向にあります。

こちらの大手エージェントなら、いい会社の求人が多いのでお勧めです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

まとめ

40代以上で退職してしまうと、その後どうしたらいいのか途方に暮れてしまうと思います。

若かったり、独身で生活レベルも低いのであればいいですが、結婚して子供がいるとお金がかかる年代ですからね…。

 

ただ今は比較的仕事も多い傾向にありますので、以前よりは仕事も見つかりやすい傾向にあります。

長期的に人手不足のトレンドは続いていくので、何かしら仕事は見つかるでしょう。

今後が不安だと思いますが、早めに動いて、生活を安定させましょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【doda】

転職サイトdodaで求人探し

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も第一位であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

仕事をやめた後
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。