仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?

 

  • 理不尽すぎる!仕事やめたい!

  • 労働時間長すぎ!今すぐやめたい!

  • 人間関係がキツい!!こんな職場嫌!

とお悩みの、今の職場に不満があり、仕事をやめたいと思っている会社員の方ためのページです。

 

会社員は確かに安定していますが理不尽なことも多く、嫌気がさしてしまう方も珍しくありません。

特に最近は労働環境の悪いブラック企業も増えてきているため、長く働き続けたいと考えていても、肉体的精神的についていけなくなるケースも多いです。

給料が高い会社であれば別ですが、頑張っても大して給料が上がらない、もともとの給料が低い会社ですと、しがみつく理由もあまりありません。

結果的に「仕事を辞めたい!」と考えてしまう方が多いんですね。

 

ですが、我々には職業選択の自由が保障されています。

今の仕事を辞めるのは自由であり、どんな人生を選んでも構わないのです。

このページでは仕事を辞めたいと思っている方が、これから選べる人生の選択肢をまとめてみました。

在職中に次の仕事を探す

仕事を辞めたら、また何か新しい仕事を探さないといけません。

多額の貯金がある方であればしばらくゆっくりすることも可能かもしれませんが、それにしたって空白期間が空いてしまいます。

結局は今の仕事を辞めても、すぐに次の仕事を探す人が多いです。

 

仕事を辞めてしまうと無職になってしまうため、転職市場価値が下がってしまうケースが多いです。

在職中に次を見つけられるに越したことはありません。

転職サイトで探す

比較的良い求人を探せる可能性が高いのが、転職サイトで仕事を探す方法です。

求人掲載にお金がかかるため、質の低い求人が少ない傾向にあるのがポイントです。

 

転職となるとまず大手転職サイトを使うのが定石であり、転職の入り口ともいえます。

「仕事を辞めて転職したい!」と考えたら、まず転職サイトに登録してみるとよいでしょう。

実際に私が転職の際に使っていた転職サイトをご紹介します。

リクナビNEXT

グッドポイント

リクルートが運営する、日本で一番有名な転職サイト。

転職を考えたらまず登録すべきサイトです。

 

最大手だけあり、求人の数が多いのが特徴です。

私も転職を考えた時、まず頭に浮かんで即効で登録したのはこのサイトでした。

「強み診断」で自分の仕事の適正を図ることができますので、「自分に向いた仕事がわからない!」という方には特にお勧めです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

MIIDAS(ミイダス)

あなたの転職市場価値を診断してくれるアプリ。

登録するだけでもオファーがくるため、待ちの転職活動ができるので気楽です。

「なんとなく転職したいな…」程度の方は、情報収集がてら登録してみると良いかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

忙しいサラリーマンが転職する際によく頼っているのが、転職エージェントです。

働きながら転職先を探すのは自力では困難ですので、使えるものは何でも使ったほうが良いです。

 

エージェントも有給がとれない人が多いのは承知していますので、平日夜や土曜に面接を入れてくれることもあります。

自力で仕事探すと面接日の調整は大変ですし、あまり頻繁に有給休暇を取得していると転職活動していることが会社にバレて面倒なことになる恐れもあります。

エージェントは相談からでも無料で利用できますし、本気で仕事を辞めて転職したいのであれば、使わない手はありません。

私が使っていた転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職支援サービスの最大手が、リクルートエージェントです。

最大手だけあって、扱っている求人は業界最大級の多さです。

 

求人を調べていて、「ろくな仕事がない!」と悩んだことはありませんか?

待遇のいい会社は、採用活動を効率的に行うために、リクルートエージェントのような転職エージェントを利用する傾向にあります。

一般的なルートで仕事を探すとブラック企業の可能性が高まってしまいますが、エージェント経由で探したほうが良い会社の求人が多い傾向にあるということです。

 

icon-exclamation-circle

待遇のいいホワイト企業は、人事の人間にも長時間残業をさせない傾向にあります

企業の希望に合った人材だけマッチングして紹介してくれる、転職エージェントのほうが企業としては労力的な採用コストがかからないのです。

金銭的コストよりも、そういった労力的コストを抑えないとどんどん会社がブラック化してしまいますからね。

そういった採用の際の労力的コストを抑えるためには、企業はこのような転職支援サービスを利用し、非公開求人として限られた人にしか求人を公開しないようにして労力を省いています。

 

私の周りでもリクルートエージェントで待遇のいいホワイト企業に入社できた人は多いです。

とりあえずエージェントはここだけ使っておけば間違いないと思います。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

 

正直、在職中に次の仕事を探すのは本当に大変です。

そのうえ孤独な戦いになりますので、力になってくれる味方をつけたほうがよいでしょう。

コネを使う

最も確実と言われているのが、これです。

貴方に経営者の知り合いがいたり、求人募集している会社に勤めている知り合いがいるのであれば、

そのコネを使って通常より高い確率で採用される可能性があります。

人材を広く募集してよくわからない人物を採用するよりも、組織内部者の身内を採用したほうが安全ですからね。

 

ただ、そもそもそんなコネがないとどうしようもありませんが…。

誰しも多少なりとも人脈くらいはあるものですが、転職に直結するほどの人脈となると、持っている人は限られます。

 

あと地味に痛いのが、入社してから合わない会社だと思っても、コネ入社なので辞めにくいというデメリットもあります。

多少のことには目を瞑れるでしょうが、あまりにも肌に合わない仕事だと、無理して続けてもうつ病になってしまう可能性もあります。

「あの人はコネ入社だから」なんて陰口を叩かれたりもするでしょう。

私がこれまで経験した会社でも、そう影でヒソヒソ言われているコネ入社の社員の方はいらっしゃいましたね…。

人を選ぶ手段だと思います。

次は決まっていないが強引に辞める

既に「仕事を辞めたい!」と考えている時点で、もう一刻も早く今の会社と縁を切りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

直ちに仕事を辞めたい方の場合、次の仕事が決まっていないのに強引に辞める、という手段を取る方も珍しくありません。

ですが私もやったことがあるのでわかりますが、あまりお勧めできる方法ではありません。

思いのほか転職活動が長期化した場合、空白期間が長くなってしまい企業からの見る目が厳しくなる可能性が高いです。

⇒【次のアテなし】仕事辞めてから転職活動すると不利?8つの注意点

 

 icon-exclamation-circle 

また、自己都合退職だと失業給付が貰えるまで三ヶ月間の待機期間があるのも深刻な問題です。

つまり三ヶ月間は貯金で生活しなくてはならないということであり、貯金がない人だと詰みます。

速攻次が見つかれば問題ありませんが…。

たいていみんな無鉄砲に辞めて、後悔する羽目になるケースが多いですね…。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

副業してでも貯金すべき

これをやるのであれば、できるだけ貯金を増やしておいたほうがいいです。

幸いもう辞めるつもりであれば、副業してでも貯金を作りましょう。

副業禁止といっても、バレる可能性があるのは副業をした翌年の6月以降です。

前年の所得に基づいて住民税が計算され、その請求がくるのが6月以降なので…(副業バレは住民税が原因のことがほとんど)。

 

とりあえず、最低3ヶ月は生活できる貯金が欲しいですね。

自己都合退職でも、3ヶ月経てば失業保険が出るので。

とりあえずは3ヶ月分以上の生活費を貯めることを目標にしましょう。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

転職活動を今からはじめよう

「辞めるまで転職活動しない!」となるとスタートダッシュが遅くなり、辞めてからの転職活動が長期化してしまいます。

一番転職市場価値が高いのが在職中なので、できれば辞意を伝えて有給消化中に見つけるべきです。

 

まだ転職活動を始めていないのであれば、転職サイトに登録して求人のチェックをはじめるか、転職エージェントに登録して仕事探しをはじめるべきです。

退職後でもそれほど期間が空かないのであればまだいいのですが、何ヶ月も空いてしまうとどんどん不利になってきます。

受ける企業も足元を見てきますからね…。

⇒転職サイトで在職中に次の仕事を探す

しばらくゆっくりする手もあるが…

もし、ある程度以上に貯金もあって、当面生活に困らないのであれば、しばらくゆっくりするのも手段の一つです。

そこまで「仕事を辞めたい!」と考えているということは、もはや心身共に疲れ切っている可能性も高いですからね。

ただ、ダラダラ無職期間が長引いてしまい、社会復帰できなくなる可能性もあるので決しておススメはできませんが…。

人手不足なので、空白期間が空いても仕事は何かしら見つかるのは確か

もちろん、転職が極めて不利になるのは覚悟しなければなりません

ですが幸い、これから更に生産年齢人口は減少していきますので、人手不足は更に加速していきます。

多少ブランクが空いてしまっても、何かしら仕事は見つかる可能性が高いです。

現時点でも、人手不足業界であれば中高年でも正社員採用されていたりしますし、非正規の仕事でいいのいであれば定年後の高齢者ですら見つかっていますからね。

⇒しばらく働きたくない!?退職して当分ゆっくりする6つのポイント

 

ただやはり、いい会社への転職の道が狭まってしまうのは確かです。

お勧めできない方法なのは確かですが、今の仕事で死ぬほど消耗していて、ある程度お金があるのなら、手段の一つとして考えてみるのもいいかもしれません。

まぁそもそも年収300万もいかないような会社員の方であれば、最悪バイトかけもちでもすれば稼げますので、あまりリスクもないかもしれません。

もう会社には頼れない!独立する!

仕事を辞めて、独立を目指す方もいらっしゃいます。

やはり会社員に向いていない方もいらっしゃいますし、独立をしたいと考えている方も珍しくありませんからね。

「独立か会社員か?」で悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

 icon-exclamation-circle 

しかし、これまでに何の準備もしてこなかった方には、正直難しいと思います。

独立なんて、準備の段階でほぼ勝敗は決まっています。

無鉄砲に小売店や飲食店なんて立ち上げても、大抵はすぐ潰れますからね…。

 

ただやり方次第ではありますし、最近はネットの発達によって独立のハードルも下がってきているため、準備してからリスク対策を講じた上でやるのであれば良いかもしれません。

こちらで脱サラ起業について詳しく書いていますので、参考にしてください

→サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

ITエンジニアは比較的独立しやすい

もし会社員に嫌気がさして独立を目指すのであれば、「何の仕事で独立するか?」が極めて重要です。

業種選びによって、ほぼ利益率も必要経費も成功確率も、決まってきてしまうからです。

比較的独立がしやすいのは、IT業界のエンジニアですね。

自分の知識と技術が資本になるため、経費がほぼかかりません。

最悪の場合売り上げがゼロになるだけで、借金を負うなんてことはまずありません。

 

数年程度の業界経験でも、独立してフリーで仕事を請けている方は多いです。

エンジニアは単価が高いので、フリーだと月収100万円近く行く方も多いです。

特に最近はITエンジニアは人手不足なので、需要が極めて多い傾向にあります。

30代程度と比較的若い方であれば、未経験の方でも採用されやすい傾向にあります。

→高年収エンジニアへの転職なら【マイナビエージェント×IT】

もう日本には頼れない!国外脱出だ!

長時間労働が常態化し、「KAROSHI」という言葉を生み出したこの国では、労働者として生きるには非常に生きづらい思いをしている方も多いです

女性であれば結婚して主婦になる道もあるでしょうが、男性はまだまだ「男が稼ぐべき」という価値観に縛られていますからね…。

日本は消費者として暮らすにはこれ以上ないほど快適ですが、それは労働者の多大な頑張りによって支えられています。

ただ海外では労働者の権利が強い国も多いですし、いっそ海外転職を目指すのも手段の一つです。

 

 icon-exclamation-circle 

ですが、これも独立同様、準備が重要だと思います。

現地の言葉も覚えなくてはいけませんし、現地で仕事や住居も見つけなくてはいけません。

永住できるのか?って問題も出てきますし…。

まあ、言葉については行ったら行ったで覚えないと生活できないから、必然的に必死に覚えるという方もいますが…。

ITエンジニアは比較的海外転職しやすい

海外に移住するにしても、やはり移住先で仕事をする必要が出てきます。

大抵は資産が一定以上ないと永住権が取れなかったりしますし、何かしら高度な専門職に就いている人であれば、ビザや永住権が取りやすい場合が多いです。

この場合でも、ITエンジニアは比較的海外にも転職しやすい傾向にあります。

英語や現地の言葉のレベルが足りなくても、プログラミング言語なら世界共通語ですからね。

 

日本では「IT土方」なんて馬鹿にされる傾向にありますが、他の国では高度な専門職として良い待遇で扱われていることが多いです。

会社によってはほぼ完全リモートワークで業務を行っているケースもあり、ネット環境さえあれば全世界どこにいても働ける可能性もあります。

やはり、「どの仕事を選ぶか?」によっても人生の選択肢は全く変わってきてしまいます。

→高年収エンジニアへの転職なら【マイナビエージェント×IT】

このまま働き続けるのも手段の一つ

或いは、諦めてこのまま今の会社で働き続けるのもいいと思います。

転職を失敗して後悔している方も珍しくありませんし、「何もしない」というのも立派な戦略の一つです。

幸い手慣れた仕事でしょうから、あまり苦も無くこなしていけると思いますからね。

何も悪いことではありません。

 

ただ逆に言えば、「何もせず現状を良しとする」という選択を行うということです。

職業選択の自由があるのにそれを選んだということは、今の環境に満足しているという意思表示に他なりません。

客観的に見たらそう映りますし、少なくとも貴方の会社の人間はそう思うでしょう。

このまま働くことを選ぶのであれば、辞めたいほどの会社への不満があっても、諦めてあまり言わない方がいいと思います。

あまりにやる気がない社員だと思われてしまうと、リストラ候補にされてしまう可能性もありますので…。

今の人生を変えていくにはそれなりの覚悟が必要なので…

労働環境のいい西洋の国であればいいかもしれませんが、我々の住む日本は基本的に労働環境が悪いブラック企業が多い傾向にあります。

出産を機に退職することも可能な女性に対して、男性は死ぬまで働かなくてはいけない傾向にあります。

特に男性の場合、長時間労働だと仕事=人生になっている方が多いですね…。

仕事を辞めて転職するにはリスクもありますが、やはりリスクを取らないと人生は変えられないのだと思います。

 

ただまぁ、そこまで大げさなことでもなく、今は仕事はかなり多いですし、転職もしやすくなってきています。

有効求人倍率も高止まりしていますし、正社員の有効求人倍率も1倍を超えて高い水準で推移しています。

よほど給料が高い人であれば転職失敗すると取り返しがつきませんが、もともとあまり給料が高くない方であれば、転職のリスクはかなり低いです。

既に今の仕事を辞めたいと考えている方は、今のうちに動いておくといいかもしれません。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

まとめ

仕事を辞めたい貴方が選べる選択肢をまとめると、

  • 在職中に次の仕事を探す
  • 次は決まっていないが強引に辞めてから考える
  • 辞めてしばらくゆっくりする
  • 独立を目指す
  • 海外転職をして国外脱出を目指す
  • 諦めてこのまま働き続ける

どの選択肢を選んでも後悔はあるかもしれません。

ですがどの道を選ぶにしても、早いほうがいいですね。

歳をとってしまうと転職は更に難しくなり、いい会社には入れなくなってしまいます。

幸い人手不足のご時世なので何かしら仕事には困らないとは思いますが、給料の高い正社員の仕事となると、若い人材ではないとなかなか就けなくなってしまいます。

 

ただ仕事を辞めて転職するリスクと言うのも人によって変わってきます。

正社員でも年収300万円程度の方であれば、同程度稼げる仕事はたくさんありますからリスクは低いでしょうし。

結婚して子供がいる方であれば転職失敗のリスクは高いですが、身軽な独身の方であればリスクは低いです。

仕事を辞めて転職する場合のリスクをよく考えて、これからの道を選んでいくといいでしょう。

 

ただ東京オリンピック後くらいまでには「景気後退してまた就職難が訪れるのではないか?」なんてことも言われています。

仕事を辞めて転職をしたいと考えているのであれば、このチャンスを逃さずに動いておいた方がいいでしょう。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

 

いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。