若い内は会社をやめても不利にならない!? すぐ辞めても大丈夫か?

Engin_Akyurt / Pixabay

  • 新卒で入った会社を辞めたい!

  • けど転職不利にならないか不安…

  • まだ若いなら振りにはならないよね?

とお考えの、会社を辞めたいけど若いうちに会社を辞めても不利にならないかどうか気になっている方のためのページです。

私も実際に新卒で入った会社を辞めたことがあります。

若いうちに結構転職を繰り返しているほうですが…。

果たして、若いうちなら会社を辞めても不利にならないのでしょうか?

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

むしろ若いうちに辞めたほうがいいかも

別に転職を煽って言っているわけじゃないんですけれども、転職をするのであれば若いうちほうが絶対に有利です。

何故なら、転職の際若さが一番の資格であり、評価されるからです。

どんな難関資格を持っていようが、若さがなければ無意味だと言っても過言ではありません。

 icon-exclamation-circle 

もちろん仕事にもよりますが、若い方が

  • 頭が柔らかい

  • 適応力がある

  • 素直なので指導をちゃんと聞く

などの傾向があるので、会社としても使いやすいんです。

まあこんなのは人によるとは思うんですけど、確かに歳をとるほど素直ではなくなる傾向がありますし、新しい仕事も覚えにくくなってきます。

会社もそう思っていますので、採用側としては若い人の方が無難だという気がするのです。

仮にすぐ辞めてしまっても、「若者だから仕方ない」とかいって言い訳できますから。

人事もそこまで責任の追求をされることがありません。

若ければ、大体の仕事にすぐ適応できます

mohamed1982eg / Pixabay

若ければ頭が柔らかいので、転職をしてもすぐに新しい職場に適応することができます。

多少ダメな部分があっても大目に見て貰えますし、職場の同僚が年上の人しか居ないので仕事も教えてもらいやすいです。

やっぱりですね、なんだかんだ男も女も若い人が大好きなんですよ。

 icon-exclamation-circle 

若い人が嫌いなんて言っている人でも、素直な若者が「仕事を教えて下さい」って頭を下げてきたら悪い気はしませんし、ちゃんと教えますよ。

これが30歳過ぎて来たり、あるいは中高年になってくると、それまでの人生で性格が捻じ曲がったりしますが。

そうなると扱いにくい人材だったりして、職場に適応しにくいんです。

職場に馴染めなければ、当然仕事の遂行能力にも影響してきます。

最悪いじめられたりリストラの対象になってしまう可能性もあります。

若いうちに長く働けそうな職場を見つけたほうがいい

中途半端に歳を食ってってから転職してしまうと、次の職場に適応するのが難しくなってしまいます。

若いうちにできるだけ早く、長く勤められそうな仕事を見つけるのが理想です。

中途半端に歳を食ってから転職してしまうと、仕事が合わずにまた職を転々としてしまう可能性があります。

 icon-exclamation-circle 

そういうのは若いうちならば許されるのですが、30過ぎていたり中高年になってしまったりしていると、世間の目が厳しくなってきます。

仕事なんて実際に就いてみないと分からないので、ある程度職を転々としてトライ&エラーを繰り返してみるのも必要だと思います。

ですがそういうのは若いうちに済ませておかないとみっともないってことです。

単にみっともないだけならばいいのですが、歳食ってからだとプライドも高くなってしまう傾向にあります。

そうなると、仕事が続かないことを思い悩んでしまって、自殺などを考えてしまう可能性もあります。

経験や資格が無いからといって、臆する必要はない

StockSnap / Pixabay

若くして新卒で入った会社を辞めてしまう方は、経験や資格がほぼないことを理由に転職活動に及び腰になってしまう人もいます。

しかし、正直今以上にいい企業に行ける可能性は無いと思います。

それは上述した通り、今が一番若いから。

 icon-exclamation-circle 

もちろん、新卒で職歴なしで就職活動をするのが一番いい企業に行ける可能性があります。

ですがそれを除けば次に若い、今のような状態が一番いい会社に行ける可能性があります。

仮に今の会社で何年か勤めて、経験者で転職しても、経験や資格は身に付いているかもしれませんが、一番の資格である若さが失われています。

そうなると、経験が増えても若さが失われますので、今すぐ転職活動するよりはかなり不利になると思いますよ。

歳食ってからだと異業種の転職が難しくなりますからね。

まだまだずっとこの業界で食っていきたいというのであれば別ですが、

  • 「この業界はもう嫌だ」

  • 「少なくとも定年までこの業界にいるつもりはない」

というのであれば、若いうちに脱出しておいた方が良いでしょう。

中堅企業や中小企業がおすすめ

大企業や有名企業ですと、あなたのように若くして新卒で入った会社を辞めて、第二新卒として受けている人が多いです。

あなたのような、若くして会社を辞めて転職活動しようとしている人というのも世の中にはたくさんいます。

なので、そういう人が集中して受けるであろう大企業や有名企業は避けた方が無難です。

「受かったら儲けもの」程度に考えてダメ元で受けるのであれば別に構いませんが、落ちても落ち込まないでください。

どうせライバルが多すぎて受かる可能性は低いので。

 icon-exclamation-circle 

それよりはあまり受ける人がいない、中堅企業や中小企業などを狙ったほうがいいと思います。

こういう会社ですと、なかなか人材が集まらずに中高年の人とかがメインで受けていたりします。

そういう会社ですと、20代前半とかの若い人が受けに来ると一発で採用されます。

普通の会社は若者を採用して、一から仕事を教えて会社に染め上げて、後々管理職などになってもらいたいと考えています。

大企業でも中小企業でも。

大企業などは新卒がこぞって受けますし、転職してくる若者も多いので、そういう人材に困ることはありません。

 icon-exclamation-circle 

しかし、中小企業や中堅企業だと話は別です。

新卒で受ける人も少ないですし、辞めて転職してしまう人も多いので、なかなか管理職などが育たないんです。

リーマンショック後のような状況ではまた状況が変わってきます。

しかしそういった人材難の無名企業では、素直な若者が受ければ高確率で受かります。

決断するなら早いうちに

世の中では、

  • 「新卒は三年は頑張るべき」

  • 「一定期間は頑張らないと辞め癖がつく」

みたいに言われていますが、正直3年もガマンしていたらチャンスを逃すと思いますよ。

私も新卒で入った会社を1年以内で辞めていますが、別に次の会社は普通に見つかりましたからね。

 icon-exclamation-circle 

ただ注意してもらいたいのは、前の会社をすぐに辞めた理由は確実に面接で聞かれます。

これは絶対です。

たかが一回の失敗だとしても、それだけで「仕事が続かない若者」のレッテルを貼られる可能性は高いです。

嫌味の一つくらいは言われることは覚悟しておいてください。

ただ、そうは言っても素直な若者の人材は企業としても欲しいので、何だかんだ言って受かる可能性が高いです。

まあ、この辺はツンデレみたいなものだと思っておいてくれればいいです。

口では厳しいことを言っていても、内心「この人材なら若いし、素直そうだから無難だ」とか思っていますから。

若さという資格が使える内に動いておいたほうがいいでしょうね。

意思決定が遅れれば遅れるほど、変化のチャンスを逃す可能性が高くなりますから。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする