会社でスタンディングデスクを導入してもらいたい!導入してもらうには?

3dman_eu / Pixabay

  • 会社でスタンディングデスクを導入してもらいたい!
  • 座りすぎは体に悪いっていうし…

そういった考えをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

やはり最近は座りすぎの害が報告されていますからね。

なんと日本人は世界一座る時間が長いと言う統計結果もあるようです。

私も家ではスタンディングデスクを使っていますね。

集中力も上がりますし。

微量ながら消費カロリーを増えますので、わりと都合がいいです。

ただ会社で導入してもらうとなるとなかなか大変かもしれません。

なかなかこういったことの理解がない会社も多いですし。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

日本人は世界一座る時間が長い座りすぎは死亡リスクを1.4倍高めるというデータが

最近はそういったスタンディングデスクが流行ってきています。

スタンディングデスクを導入する会社も増えてきていますね。

それといいますのも、最近は座り過ぎの悪影響が指摘されてきているからです。

 icon-exclamation-circle 

驚くべきことに、わが国は世界一座る時間が長いと言う統計結果もあります。

特に座ることによって病気になるリスクも上がってしまうと、言われていますし。

死亡率も約1.4倍に高まるという研究結果も報告されていますし。

→座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎ​ている | BUSINESS INSIDER

しかも糖尿病になるリスクが上がったり心血管疾患になるリスクも上がるようです。

まぁ逆にずっと立ちっぱなしというのも体に悪いと思いますが…。

ずっと座りすぎて同じ姿勢でいるから体に悪いんだと思います。

ずっと座っていると、血流も滞ってしまいますからね。

そんな中スタンディングデスクという選択肢ができれば消費カロリーも上がる傾向にありますし。

血流もいい傾向にありますからね。

なんとか会社を説得してスタンディングデスクという選択肢を取り入れていきたいところです。

有名企業も座りすぎの害を認識!続々とスタンディングデスクを導入

最近はそういった座りすぎることへの人体の悪影響を考慮して、スタンディングデスクを導入する会社も増えてきています。

グーグルなどのit企業はだいぶ前から導入しているようですね。

日本でもサイバーエージェントなどのIT企業は結構積極的に導入していっているようです。

まぁスタンディングデスクと言っても、最初は机の上に箱を置いてその上にパソコンを置くとかでもできますけどね。

その方が費用もかかりませんし。

ただそうやってたって仕事をすることを会社が認めてくれるかどうかだと思います。

1人だけ立っていると、罰ゲームみたいに見えてしまいますし。

気が散るからやめろと言われてしまう可能性もありますからね。

まぁぶっちゃけ立って仕事するだけですから、やろうと思えばどの会社でもすぐできますけども。

社長などの上層部に提案してみるのも手段の1つ

やはり上でも述べたように、最近は座りすぎの悪影響が指摘されてきていますからね。

糖尿病などのリスクも上がってしまいますし。

なんとかスタンディングデスクなどの選択肢を増やして、健康維持に努めていきたいところです。

それにはやはり社長などの経営陣を説得するのが一番いいのではないでしょうか?

上司などに相談しても、所詮管理職としては下っ端ですからね。

なかなかそういったことを決める権限もないかもしれません。

まぁぶっちゃけ立って仕事するだけですから、それを良しとしてくれるのであれば、誰でも構わないと思いますけど。

まぁなかなか大きい会社ですと、社長などの経営陣と距離が遠いので難しいですけどね。

中小零細企業だったら社長説得すれば明日にでも実行できると思いますけど…。

何とか座りすぎの悪影響を懇切丁寧に事細かに説明すれば、説得できると思うんですが

とりあえず自分だけデスクに箱でも置いて、スタンディングにしてみるという手も

最近は本当に座りすぎな悪影響が指摘されていますので、あなたのように会社でスタンディングデスクを導入したいと考える人も増えてきていますが…。

そういった場合はとりあえずあなただけスタンディングデスクを始めてみるのもいいかもしれません。

とりあえずデスクに箱を置いたり本を積み重ねたりして、その上にパソコン置けばもうスタンディングデスクですからね。

別に専用のデスクを購入しなくてもそうやってすぐに導入することが可能です。

まぁあなた1人だけやったら罰ゲームみたいに見えてしまいますが…。

とりあえずそうやってあなたが実行して生産性が上がるようであれば、職場の人達も見直すかもしれませんし。

やるのであれば、まず自分から率先してやった方がいいですね。

さりげなく席を立って、立ちながら仕事をするところからはじめてみるのも手

スタンディングデスクを会社に導入したいと考える人も多いですが…。

いきなりあなただけスタンディングデスクをやるのも、結構抵抗があるかもしれません。

特にまだやったことがない人ですと、どの位の効果があるのかわかりませんし。

なので、まずはトイレに行ってデスクに帰ってくる時などに座らずにそのままちょっと立ってさりげなく仕事をしてみるといいかもしれません。

そうやってちょっとスタンディングデスクを実行してみるだけでも、どんな感じなのかわかって違ってくると思いますし。

それで集中してできるようなら本格的に机の上に箱を置いたりしてスタンディングデスクにしていけばいいんです。

まぁ最初は小さいところからやってた方がいいと思います。

いきなり専用のデスクを買っても合わなければ挫折して無駄になってしまいますし。

ただあまり押し付けがましくなると同僚に嫌われてしまう可能性が

スタンディングデスクを会社に導入したいと考える人も多いですが…。

こういったことは向き不向きもあるんですよね。

どんな仕事をしているかにもよりますし。

じっくり考える必要がある仕事などは、スタンディングデスクはあまり向きませんし。

人の性格に寄ってもじっくり腰を据えて仕事をしたいタイプの人はスタンディングですと向かないかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

なので、あんまり押しつけがましくならない方がいいですね。

何にでも言えますが、

  • これ絶対いいよ!
  • やった方がいいよ!
  • やらないのはアホだね!

こんな風に押し付けがましくなると100%嫌われます。

いかに効果があるものでもそんな風に押し付けられたらやろうとは思いませんからね。

胡散臭いとか拒否反応を示されるに決まっています。

まぁさりげなくあなた1人だけ初めて成果が上がっている様子を同僚がみれば、自然と広がっていくと思うんですが。

まぁずっと立ってるのも疲れますから、ちょくちょく座った方がいいですし。

バランスよくやってくのがいいですね。

頭の固い会社はスタンディングデスクは無理かも…。もっと従業員の健康を考えている会社に転職も検討

そういったスタンディングデスクを会社に導入したいと考える人も多いですが…。

やはり頭が固い会社ですと、なかなか難しいと思いますね。

特に最近は高齢化により、社長の平均年齢も60代とかですし。

頭が固い方も多いと思います。

スタンディングデスクなんて言っても良い反応を示してくる会社も少ないかもしれません。

本当に最近は座りすぎな悪影響が指摘されていて、他人事ではないんですが…。

そういった会社の場合は、早めに転職も検討した方がいいかもしれません。

今はIT系の会社など新しい会社ほど、そういった従業員の健康維持に対する取り組みはしっかりやっていってる傾向にありますし。

まぁ今は有効求人倍率も高く仕事なんていくらでもありますので、本当に今のうちに転職しておくのもいいかもしれません。

そういった会社次第で健康寿命なども全然変わってきたりしますし。

今のうちに動いておくのもいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

会社にスタンディングデスクを導入したいと考える人も多いですが…。

やはり会社側が賛成するかどうかが問題になってきます。

あなたは1人だけやっても罰ゲームみたいですし。

気が散るからやめろと言われてしまう可能性もありますからね。

まぁ最近は本当に座り過ぎの悪影響が指摘されていますので、会社で導入できなくても家で導入してみるとかやって行った方がいいと思いますが…。

特にイギリスは政府がスタンディングデスクを奨励していますし。

最近本当に日本人でも肥満の方や糖尿病の方生活習慣病になる方が増えてきていますからね。

手軽に立つだけで消費カロリーが上がったり足腰が強くなるのであれば、それに越したことはありません。

まぁなかなかそう言ったことが難しい会社であれば、転職を検討するのもいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く転職もしやすくなってきていますし。

仕事が多い今のうちに、従業員の健康を大切にする会社に転職しておくのもいいと思います。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする