試用期間中だけどもう仕事辞めたい!退職すべきか考える5つのヒント

geralt / Pixabay

  • 試用期間中だけどもう仕事辞めたい!

  • 思いのほか仕事がきつ過ぎたから辞めたい!

  • でも試用期間中に辞めちゃって大丈夫なの?

とお悩みの、試用期間中だけどもう会社を辞めたいと考えている方のためのページです。

私も試用期間中で辞めた会社は何社かあるので、気持ちはわかります。

「見切りつけるの早すぎ!」と言う人もいますが、試用期間で合わないと思った会社はいくら続けても合わないですよ…。

しかし、「そんなに早く辞めて大丈夫なのか?」っていう不安がありますよね。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

辞めるなら早い方がいい

試用期間中であれば、辞めるならお互いのためにもなりますし、早く辞めた方がいいでしょう。

会社としても色々と試用期間中に教えなくてはいけませんので、辞める人間に教えても無駄になってしまいます。

もう辞めるつもりなのであれば、会社のためにも早く辞めるべきです。

 icon-exclamation-circle 

早く辞めれば会社としても、もっとやる気のある人材を雇って教育をすぐ始めることが出来ます。

あなたとしてもできるだけ早く次の会社を探すことができますので、お互いにとっていいのです。

イヤイヤ働かれて最終的に辞められるのが一番良くないです。

試用期間中の退職は気にする必要はない

mattysimpson / Pixabay

かくいう私も、試用期間中に辞めた会社というのは何社もあります。

ほとんどが、求人票に書いてある条件と違うのが原因でした。

最短三日で辞めましたよ。

ブラック企業では、求人票に虚偽の記載をしてでも良く書かないと、なかなか人が来ません。

  • 残業代が出ない

  • 社会保険なし

  • 社用車が保険に入ってない

こんな会社に人が来るわけありませんからね。

ウソついてでも釣らないと、誰も来てくれないのです。

 icon-exclamation-circle 

今まで勤めてきた会社でも、そういう人結構見ましたよ。

  • 入って一週間以内に会社に来なくなった人

  • 二日目には風邪で休んでそのまま消えた人

  • 一ヶ月続いたがバックレて来なくなった人

バイトだけでなく正社員でも結構います。

今ちゃんと働けている人でも、そういう時期があった人は結構いると思いますよ。

本人にとっては消したい過去だから絶対言わないでしょうけど…。

あまり気にする必要はないと思います。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

辞めてから生活できるかどうか?が問題

ただ問題としては、「辞めてあなたが生活できるのか?」という問題があります。

そこそこ貯金があってしばらく生活できるのであれば、全く気にすることなくバックれてでもやめていいと思います。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

全くお金がないのであれば、試用期間3ヶ月ぐらいは働いて、その間に週末や平日の夜を使って、転職活動をするといいかもしれません。

それか、節約してお金貯めるとか。

 icon-exclamation-circle 

本来はすぐやめたほうがいいのですが…。

本気でお金がないと、バイトでもしないと生活できません。

そのままフリーターになってしまう人もいますし、できるだけ辞めた後のプランは考えておいたほうがいいです。

まあ、別にお金がなくても次が見つかっていなくても、バイトする覚悟なら問題ないですけど。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント7つ

まあ、「結局あなたがどうしたいのか?」ですね。

転職活動では試用期間中に辞めたことは秘密に

Pezibear / Pixabay

何回か転職をしている人であれば、試用期間中に辞めた経験というのは結構あるはずです。

そういう人が馬鹿正直に履歴書に書いているか?というと、ほとんどの人は書いていません。

というか、馬鹿正直に書いたら落ちます。

まあバレないので大丈夫ですよ。

 icon-exclamation-circle 

以前ジョブカフェのキャリアコンサルタントに直接聞いたことがあります。

「三ヶ月、長くても4ヶ月くらい続いた職歴は書いたほうがいい」って言ってました。

根拠は不明ですが…まあ試用期間三ヶ月の会社が多いからそのせいだと思います。

さすがにこの程度で職歴詐称だと言って問題にしてくるような会社は無いと思います。

というか、この程度問題にしてくるような会社は長く勤めていくと絶対何か問題がありそうですし、別にいいと思います。

試用期間中でも社会保険に入れてくれる会社であれば、試用期間で辞めた場合、社会保険の加入履歴で詐称がばれる可能性があります。

ただその程度の事を問題にするのか?というのは企業の懐の深さが問われると思います。

あまりうるさい会社に入ってしまうと、働き続けるのは息苦しいですよ。

辞めるならすぐ辞めて、転職活動を開始しよう

人生短いですし、 こんなところで時間を使っているのは勿体無いです。

さっさとバックれてでも辞めてしまって、次を探した方がいいと思います。

⇒今すぐ仕事をやめたい!会社を確実に辞める方法2つと5つの注意点

 icon-exclamation-circle 

仕事なんて選ばなければすぐ見つかります。

今の会社を辞めたところで大してダメージは無いと思います。

問題は生活していけるかどうか?ってだけで。

とりあえず今すぐ転職活動を初めて、できるだけ早く次が見つかるようにしましょう。

幸い今は仕事もたくさんありますし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

私も何度か試用期間中に仕事を辞めたことがありますが、別に辞めてからも普通に仕事見つかりました。

「試用期間で辞めたら、次なんて見つからない!」って人もいますが、別に馬鹿正直に履歴書に書く必要なんてありませんし。

ハローワークとかでも、「三か月以下なんて職歴じゃない」って言われたりしますからね…。

まぁウソをつくのもアレなので、履歴書には書かずに出して、聞かれたら応えればよいでしょう。

まぁ試用期間中の雇用形態なんてバイトのところも多いですし、雇用契約書すら交わさない会社が多いです。

「バイトしてた」とかなんとか言っておけばウソにもならないと思うんですが。

まぁ幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんあります。

試用期間退職なんて気にしてても無駄ですし、あなたを必要としてくれる会社はたくさんあります。

特に今は「募集かけても人が来ない!」って会社が多いですし、実際企業に行ったアンケートでは約半数以上の会社が「正社員が足りていない」と回答していますからね…。

今ならすぐ次の会社なんて見つかりますので、早めに動いておきましょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする