仕事で落ち込んだ時に試したい!すぐに立ち直れる15の方法!

geralt / Pixabay

  • 仕事で超嫌なことがあった…

  • もうマジ凹むわ…

  • でもすぐ立ち直らないと…

とお悩みの、仕事でとても落ち込んでいる方のためのページです。

仕事をしていたら、辛いこともたくさんありますよね。

中には、泣くほど落ち込んでしまうようなこともあると思います。

しかしそうはいっても、落ち込んでばかりもいられません。

すぐに立ち直って、前を向いて仕事に立ち向かっていかなくてはいけません。

なんとかすぐに立ち直るための方法をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

酒でも飲んで忘れる

これは、一番汎用性は高くて使えると思います。

酒が飲めない人は使えないですが…。

過ぎてしまったことはしょうがないんですから、結局忘れるしかないんですよ。

酒を飲めば脳の一部分が麻痺して、嫌なことも忘れられます。

 icon-exclamation-circle 

日本は、潜在しているアルコール中毒患者はかなりいると言われています。

まあ年間3万人近く自殺するような国ですし、

自殺未遂者はその10倍はいると言われていますから。

酒でも飲まないとやってられないんでしょうね。

かく言う私も酒はよく飲みます。

接客系の仕事でストレス過多の友人は、週6日酒を飲んでるらしいです…。

診断されてないだけで、アルコール中毒になってる人ってたくさんいると思うんですよね…。

まあそこまでアルコールに依存してしまうと危険ですが。

嫌なことがあったときくらいは、多めに飲んでしまってもいいと思います。

趣味に没頭して気分転換

あるいは何か熱中できる趣味があるのであれば、趣味に没頭して忘れるのもアリです。

まぁ結局は、「それに熱中して忘れられるかどうか?」ですね。

あまり没頭できないような趣味であれば、嫌なことも忘れられないかもしれません。

物語に感情移入できる人であれば、DVDなどを借りて洋画などを見るのもアリですよ。

感動的な話がいいかもしれません。

泣いてストレスを発散できると思います。

あるいはヤクザ映画とか、バイオレンスな映画を見るのはアリです。

深刻に悩んだ時は、人が死ぬシーンが出てくるような映画を観た方が、かえって立ち直れるような気がします。

「死ぬほどの問題ではない」と思えるからでしょうかね。

寝る

「寝逃げ」なんて言葉があるように、寝て忘れるという手段はよく使われています。

寝ることで脳の最適化が図られますから、嫌なことでも忘れやすいと思います。

喧嘩した時とか、「どうせ明日になったら忘れてるだろう」とか言ったりしますよね。

本当にそうで、寝ると結構忘れられるのです。

大体、人間の記憶力なんて大したものではないのですから。

何日間か、寝るということを繰り返していればどうせ忘れます。

家族に愚痴る

あるいは、家に帰って家族にひたすら愚痴を聞かせるのもアリです。

やっぱりそういう嫌な事っていうのは、外に出して発散した方がいいと思います。

友達に電話して聞いてもらってもいいですが、家族の方が身近です。

何かしら助けてくれるかもしれませんし。

ただ、愚痴が嫌いな人というのもいます。

愚痴を聞かせると機嫌が悪くなる人もいますので、愚痴る相手は選んでください。

ヤケ食いする

ストレスが溜まったら、ひたすら食べたいものを食べてストレス発散する…というのもよく使われる手段です。

あんまり食べ過ぎると太ってしまうというデメリットはありますけど。

食欲というのは、人間の本能に根ざしています。

それを過剰に満たすことで、ストレスが発散できるかもしれません。

もしくは、太ってしまっても、その後「痩せなきゃ」と思って運動するようになるでしょう。

運動もできて一石二鳥かもしれません。

運動してもストレス発散になりますからね。

運動して汗をかく

運動して汗をかいてもスッキリします。

特に、落ち込んで若干うつ気味になっている場合。

そのまま家に引き籠って塞ぎこんでいると、本当にうつ病になってしまったりします。

やっぱり外に出ないデメリットは多いですよ。

  • ビタミンDが生成されない
  • セロトニンが生成されない
  • 運動不足になる
  • 太る
  • 更に塞ぎ込みがちになる

などなど。

家にこもっていて、日光にも当たらず鬱病になったっていうのは、当たり前です。

外にでてスッキリしましょう。

次上手くやればいいやと開き直る

仕事を始めてどのぐらい経つのか分かりませんが。

まだ慣れていないのであれば、最初からうまくいくわけはありません。

慣れていたとしても、人間機械ではないのですからミスするのは当たり前です。

あまり気にしなくていいでしょう。

次うまくやればいいんです。

もう過ぎたんだから仕方ないです。

いくら悔やんだところで、時間を巻き戻してやり直せるなんてことはありませんし。

人生開き直って生きるぐらいはちょうどいいと思います

この失敗を糧にすれば、次はもっとうまくやれると思います。

ミスも当然減るでしょう。

そうやってみんな、躓きながらやっていってるんです。

超頑張って見返す

会社の上司や同僚にも呆れられてしまっているかもしれません。

「あいつはダメだ」と思われているかもしれません。

でしたら、仕事を超頑張って見返すという手もあります。

つまりは、汚名を返上するのです。

そうすることで自信を取り戻すことができると思います。

仕事で得た屈辱は、仕事で返さないといけません。

何らかの失敗をしたのであれば、どこがどうダメだったのかを分析しましょう。

そしてもっと2倍、3倍上手くやれる方法を考えましょう。

何も考えず行動する

あるアメリカ人で、大成功を収めた人が言っていました。

何も考えるな行動しろ!!

と。

アメリカ人らしく強引ですが、説得力があります。

落ちこんだ時は、スケジュールを埋め尽くして常に行動していたほうがいいんですよ。

そのほうが、不安や悲しいことを考えなくて済みます。

忙しく行動してれば、ネガティブなことを考える暇がありませんから。

以前、『家族が死んで、悲しみを考えないようにするために、仕事を入れまくり忙しくしていた』という人の話を聞いたことがあります。

そもそも、行動しない暇な時間があるから、失敗してしまったことや落ち込むことを思い返してしまうんです。

そんなこと思い返す暇もないくらいに、忙しく行動すればいいんです。

再発防止策を練る

何らかのミスをして落ち込んでいるのであれば、もう二度と同じミスをしないように再発防止策を練りましょう。

落ち込みから立ち直れないのは、

  • まだその失敗から何も学んでいない

  • 再発防止策をまだ立てれていない

ことが原因ではありませんか?

「もうこの失敗から学ぶことは何もない」と思えるぐらい、失敗を分析して再発防止策を練りましょう。

そのぐらい分析できれば、心から「もう忘れてもいいや」と思えます。

入社してできるようになったことを思い出す

これまでにも、何度も落ち込む事があったのではありませんか?

それでも立ち直って我慢して、頑張って働き続けてきたからこそ、今の職場で色々できるようになったと思います。

そのことを思い返してみてください。

入社した頃と比べて、できるようになったことはどのくらいありますか?

たくさんあるはずです。

あなたはちゃんとに確実に成長してきているんです。

なので、ちゃんと立ち直ることができるはずです。

これまでにも何度も立ち上がってきてるはずです。

だから今回も大丈夫ですよ。

プライベートでバカをやる

やっぱり馬鹿騒ぎして忘れるのがいいと思います。

ものすごく馬鹿なことをやると、吹っ切れて忘れられると思いますよ。

酒を飲んで街中で友達とはしゃいだりとか。

ネットのオフ会に参加して色々やってみたりとか。

普段の自分ではやらないようなことをやってみましょう。

自分の中の色々なものが、新陳代謝して良いと思います。

溜め息をついて切り替える

私これよくやるようにしてるんですけど。

仕事終わった時とかの節目節目に、『はー』とため息をつくと、それを機に頭を切り替えることができます。

まあため息でもなんでも、切り替えのスイッチになるものであれば何でもいいんですが。

もう散々悩んだんですから、もういいんじゃないですか?

ため息をついて『悩むのこれで終わり!』という風に切り替えてみてはどうですか?

これ以上何やっても無駄ですよ。

そして、また落ち込みがフラッシュバックしても、その度にため息をついて頭を切り替えるようにしてください。

プロレス観戦する

気分転換にプロレス観戦でもするといいかもしれません。

DVDでも構いませんが、ライブで見に行くとより臨場感があっていいと思います。

プロレスって、なんか物凄い勢いがあるんですよ。

なので今悩んでいることなんて、「くだらないことで悩んでんじゃねーよ!」と笑い飛ばせるパワーをもらえます。

以前会社に入ったばかりの頃、これやってました。

毎日朝会社に行くのが憂鬱だったので、早起きしてプロレスのDVD見てテンション上げてました。

プロレスのノリって結構馬鹿っぽい感じなので、立ち直れると思います。

瞑想する

あるいは瞑想を行って、頭の中を空っぽにするのもアリです。

瞑想と言うと難しそうですが、とても簡単です。

まあ言ってみれば、呼吸に集中するだけです。

呼吸以外のことは考えずに、呼吸だけに集中します。

とは言っても、考えないようにしても色々な雑念が湧いてきてしまうと思います。

極力思い出さないようにします。

そんなことを繰り返しているうちに、頭の中がすっきりして空っぽになります。

あのgoogleなどの有名なIT企業でも、社内で瞑想することが奨励されています。

瞑想すると頭も良くなるらしいので、積極的にやってみるといいかもしれません。

まとめ

基本は仕事の事は家に持って帰らず、職場や家に帰ってくる途中で処理してしまうのがいいです。

仕事のストレスを家庭に持ち込んでしまうと、喧嘩の原因になったりします。

極力、ストレスは溜めず、溜まったらすぐに発散するようにしましょう。

ストレスを溜めて良いことなんてひとつもないです。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする