今の職場を脱出したい!どこでもいいから転職したいという方は

Peggy_Marco / Pixabay

  • 今の職場を脱出したい!

  • 今の職場以外ならどこでもいいから転職したい!

  • こんな北朝鮮みたいな会社はさっさと脱北したい!

とお悩みの、「今の職場を脱出したい」と考えている方のためのページです。

あなたみたいな悩みを持つ人は、確実に全サラリーマンの何割かいると思います。

ただ、なかなか生活を考えると辞められない…という人が多いと思います。

気楽に脱出できればいいのですが…。

一体どうすればいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

本当に辞めてもいいのか?

あなたの気持ちは痛いほど分かりますし、そういう風に考えて会社を辞めたことが私は何回もあります。

しかし、「果たしてどのぐらい辞めたいのか?」一度考えてみたほうがいいかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

あまり焦って「どこでもいいから転職したい!」となってしまうと、ろくな会社にあたらないです。経験済みですが。

しかも、「転職してみたら、前の会社は結構マシな会社だった…」なんてことも考えられますし。

今すぐ辞めたい!と適当に転職先を選ぶと危険!状況が悪化する可能性

「日本の会社は全部100%ブラック企業」なんてことを言う人もいるくらいですし…。

程度の差こそあれ、どこに行っても大差ないかもしれません。

そうであれば、慣れた職場のほうがマシかもしれませんし。

隣の芝生は青く見えるなんて陳腐な台詞を言うつもりはないですけど、確実にそういう傾向はありますよ。

ただ、どうしても辞めたいなら、あんまり我慢しないほうがいいですが。

死ぬほど辞めたいなら即刻辞めよう

geralt / Pixabay

ですが、世の中には本当に酷い会社もあります。

「どこでもいいから脱出したい!」と考えているということは、本当に死ぬほど辞めたい会社なのかもしれません。

このままでは死んでしまうくらい仕事が辛いのであれば、即刻やめてしまってもいいかもしれません。

世の中には本当に酷い会社があるのは身をもって知っていますので…。

⇒仕事が死ぬほどつらい!?地獄の人生を抜け出す8つのポイント

 icon-exclamation-circle 

最悪バイトでもして食いつなぐことは可能ですし。

3ヶ月たてば自己都合退職でも失業保険が貰えますので、なんとか生活していくことはできると思います。

ただまあ、多少の貯金はないと速攻生活ができなくなります。

なので私なら、まとまった貯金ができるまで待ちますが…。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

まあ、案外無鉄砲に会社辞めてもなんとかなりますよ。

危機感から行動せざるを得なくなるでしょうし、死ぬほど悩んで潰れるよりは見切り発車で辞めたほうがいいです。

家族がいるのであれば

結婚して家族がいる場合、転職にはかなり慎重になるべきです。

というか転職を実行する前に嫁ブロックされる可能性もありますが…。

独身であれば、最悪バイトで月10万ちょっとぐらい稼げば、生活していくことも可能です。

しかしこれが妻子持ちだと、家族の分の生活コストがかかりますので、そう気楽に転職できません。

妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

 icon-exclamation-circle 

まあ、特に考えずに転職してしまっても、結構なんとかなるものではあります。

ですが、その後家族仲が不仲になってしまうのは覚悟すべきです。

中にはそれが原因で離婚してしまう夫婦もいますし…。

結婚していようがしていなかろうが、次を見つけてから辞めるのが理想ではあります。

しかし、結婚しているとさらに切実な問題になります。

次を見つけてから辞めないと、非常にリスクが高いです。

すぐ辞めてもいいが、仕事をすぐ見つける覚悟で

geralt / Pixabay

基本的にキャリアアップ転職をしたいのであれば、やめてから探すのは非常に不利です。

足元を見られますので。

毎日激務に耐えている間は、「会社を辞めて1ヶ月くらいゆっくりしたい」などと考えがちです。

ですがいざ会社をやめて無職になってしまうと、一ヶ月もすれば飽きてきます。

というか「1ヶ月以内に仕事を決める!」なんて言っていた人でもついダラダラしてしまいます。

何ヶ月もいつのまにか無職のまま過ぎてしまったなんて例は挙に暇がありません。

 icon-exclamation-circle 

「もう少し休みたい」という考えもわかります。

ですが、出来ればすぐ次を見つけられるよう、ガチガチに転職活動のスケジュールを組んで行った方がいいと思います。

こういうのは、辞める前にプランを練っておくべきです。

妻子がいる場合、ダメだった場合のプランB、プランCくらいまで考えておいたほうがいいですね。

というか、理想としては次を見つけてからやめたほうがいいです。

やはりブランクが空くと不利になりますので…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

一度離れた心は戻らない

私自身の経験や、今までの会社でやめていった人達を見ていた感想ですが…。

一度会社に幻滅して離れてしまった心は二度と戻らない傾向にあります。

だましだまし働き続ける人も多いですが、あまり無理をしないほうがいいと思います。

特に我々現役世代は年金がもらえるかどうかも怪しいですし、死ぬまで働かなくてはいけない可能性もあります。

 icon-exclamation-circle 

労働時間が基本的に長いこの日本では、仕事イコール人生になりがちです。

つまり、辛い仕事に耐えているということは、人生まで地獄になってしまいます。

そんな人生が嫌だと思うのであれば、今死ぬ気で転職活動をして、もっといい会社を見つけるべきです。

今は自分を誤魔化してなんとか今の会社に行けていたとしても、そういう嫌な考えは絶対後々のしかかってきますよ。

今ならば転職もできるでしょうが、これが5年後や10年後となると、かなり難しい年齢になっているかもしれませんし。

早めに動いておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

あなたのように、今の職場を脱出したい!と考えている方は実際多いと思います。

特に今は労働環境の悪いブラック企業も多いですし、同族経営の北朝鮮のような会社も珍しくありませんからね…。

そんな会社で働き続けていては、体も精神も悲鳴をあげてしまうでしょう。

長く働き続けるだけ、トラブルの元です。

まぁ幸い今は仕事は多いですし、有効求人倍率もバブル期を超える水準にまで回復してきています。

今の職場を脱出してもっと良い会社に行きたいなら今以上のチャンスもありませんので、今のうちに動いておくと良いでしょう。

今動いておかないと、「あの時転職しておけばよかった…」と後悔すると思いますからね…。

あなたを必要としてくれる会社は今はいくらでもありますので、早めに決断したほうが良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする