【人生の岐路】独立か会社員か!?チャレンジすべきか迷った時の対処法

ArtsyBee / Pixabay

  • 独立がいいか、会社員でいるか?!
  • もともと修行のつもりで会社員になったが…
  • 果たして独立していいんだろうか?迷う…

そういった風に悩んでいる方も珍しくないかもしれません。

特に学生時代に意識が高かった人たちほど、そういった傾向にあるかもしれません。

「とりあえず就職して修行しよう」みたいに考えて、将来的に独立するつもりで就職する人も結構いますからね。

そのまま結婚して子供が産まれたりして、独立どころではなくなる人が大多数な気がしますが…。

しかし、果たして独立と会社員、どちらが良いのでしょうか?

迷った時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

独立を画策して迷う会社員は多い…

あなたのように、独立か会社員かで迷う人は実際多いです。

今は会社員で安定して働けているのですから、そこを抜け出して挑戦するのは勇気がいりますからね…。

特に結婚して嫁とかがいると、「今仕事して生活できてるんだから、なんでチャレンジしないといけないの?」みたいに理解が得られず、嫁ブロックされる人も多いですし…。

実際ネットやSNSなどを見てみても、

「もともと独立するつもりで今の会社入ったんだけど、どうしよう…。

もうアラサーだし、彼女は結婚急かしてくるし…。

これで子供までできたら、もう独立どころじゃないよな…。」

「やっぱ一度きりの人生だし、やることやって死にたいってのはある。

やっぱ一番は仕事に時間とられるから、好きを仕事にしたい。

会社員だと無理だから、俺の場合は独立しかない。

…けど会社員の安定した立場を捨ててまで…と考えるとなかなか難しいな…。」

「大学時代に「起業したい!」とか言ってた意識高い連中は、大抵もう結婚して子供いるから一生社畜確定だよw

一番意識低かった俺が独立してやってるのは皮肉だと思う。

まぁリストラされたり分社化されたりで、結果的に独立になっただけだが…。

ただまぁ、独立なんて無理してやるもんじゃねぇな…。

家族は犠牲にする覚悟は必要。」

こんな意見が散見されますね…。

大抵こういうのは、30歳くらいを機に悩む人が多い印象ですね…。

そのくらいの年齢を機に、結婚する人も多いですし。

頭もそろそろ堅くなってきて、なかなか新しいチャレンジもしにくくなってくる年齢ですからね…。

家族がいるなら、家族にも影響が出てきますし。

あなたが独立か会社員か?と悩んでしまうのもうなずけます。

独立失敗して会社員に戻る人もいるので…

ただ、こういうのはなかなか難しいんですよね…。

意識高い系の無責任なブロガーとかは、

  • 「会社員と話しててもつまらないんですよ」
  • 「フリー最高!まだ会社員で消耗してるの?」
  • 「会社イヤなら辞めればいいじゃん!起業すればいいじゃん!」
  • 「人生は一度きり!近道で突き進め!」

こんなことを言ってくる傾向にあります…。

でもこれ、独身ならいいんですが、家族いたり結婚適齢期の彼女とかいる人ですと、あなただけの問題ではないわけです。

独立失敗して会社員に戻る人もいますし。

というか、独立して軌道に乗ったものの、家族や子供の将来を考えて会社員に戻る人もいます。

やはり独立すると不安定ですし、将来の見通しもありませんからね…。

特に今は死ぬまで働く時代!なんてことも言われていますので、なかなか難しいのです。

よく考えた方が良いと思いますね…。

あまり初期費用や経費がかかるビジネスで独立は辞める

独立か会社員か、と悩む人は多いですが…。

これは何の業種で独立するか?にもよると思います。

少なくとも言えるのは、「初期費用や毎月の経費がたくさんかかるビジネスで独立するのは、辞めた方がいい」ってことです…。

 icon-exclamation-circle 

特に一番ダメなのは、

  • 飲食店
  • 小売店
  • カフェ

などの店舗型のビジネスです。

これらは開店するまでにもテナントの初期費用やら内装代やら大量に金がかかり、毎月の運転資金まで大量にかかってきます。

こういった店舗型のビジネスは、資金力のある大企業すら大苦戦していて、成功した「飲食ビジネスの神」みたいな人まで失敗して自己破産に追い込まれたりしてますからね…。

素人のあなたがやっても、成功する可能性は1%もないでしょう。

ですが何も、そんな金がかかるビジネスだけではありません。

最近は独立に際して、別にそんなに初期費用も経費もかからないビジネスも増えてきています。

独立か会社員か?と悩んでいるのであれば、そういったコストの低いビジネスで独立したほうが良いでしょう。

そういったビジネスであれば副業でも始められますし、最悪また会社員に戻るのも比較的容易です。

「人生賭けて借金して一念発起!」みたいな戦闘民族しか生き残れないようなビジネスでは、独立するべきではありません。

ITエンジニア系なら、独立もしやすく会社員復帰も容易

一番独立が容易なのは、ITエンジニア系だと思います。

これなら今は人手不足に陥ってる会社が多い業界ですし、再就職も容易です。

有効求人倍率6倍とかありますからね…。

独立して、フリーで契約!ってのも普通に行われてる業界なんです。

まぁ一般的にイメージするような独立ではないかも知れませんが…。

まぁ単価は会社員に比べて上がるので、短時間でも稼ぎやすくはあります。

まぁ結局は、フリーエンジニアとして契約先の会社の社員と一緒に働くことになるだけですが…。

大抵は、週○日とか、或いは短期などでプロジェクトに参画したりして日銭を稼ぐ感じですね。

 icon-exclamation-circle 

空いた時間に別の言語の勉強をしたり、自分がやりたいITビジネスやソフトの開発に時間を使う…みたいなパターンです。

まぁ大抵のスタートアップ企業は、そんな感じで下請けで受託開発して、合間を見つつ自社製品を開発…って感じですよ。

ITエンジニア系なら、フルリモートで在宅ワークなどもしやすいからいいですね。

中には海外の企業と契約して、一度も出社せずに遠い国からプロジェクトに参画…とかもありますし。

このブログのシステム「ワードプレス」を作ってくれた会社は、ちょっと前にオフィスを廃止して完全リモートに以降したようですし。

今独立するのであれば、ITエンジニアが一番お勧めだと思います。

副業でも稼げる時代なので、あまり道を絞らない方が良いかも…

というか、特に最近はネットが発達してきているわけです。

クラウドソーシングなどでバイト代程度なら稼げる時代ですし、主婦ライターが月収50万以上!なんてのも珍しい話ではありません。

独立か会社員か、というか、ネットの発達で色々稼ぐ道は増えてきたわけで。

ぶっちゃけ副業でも稼ぎやすい時代ですから、あまり道を絞らない方が良いかもしれませんね…。

 icon-exclamation-circle 

特に最近は、人工知能が発達して仕事がなくなる!なんてことも言われていますし。

今何らかの仕事に就いていたとしても、将来どうなるかわからないわけです。

食っていくためには、あまり独立とか会社員とか、こだわらない方が良いのでは…。

一番いいのは、副業から何らかのビジネスをはじめて、軌道に乗ったら会社を辞める感じですね。

それ一本でやってイヤになったら、また会社員に戻ってもいい、くらい意識低くやったほうが長続きすると思います。

だいたい今は会社員でも会社作って法人化できますし、副業分は自分の会社の収益にすれば、副業バレもしませんし。

役員報酬ゼロ円なら住民税も上がらないので、本業の会社に知られる可能性はほぼありません。

そのへんの話はこちらで書いていますので、参考にしてください。

→サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

既に軌道に乗っている中小企業を、格安で買うという手段も!

あとは、独立か会社員か?と二者択一で悩むのもありがちなのですが…。

最近は、既にある会社を買って、社長になるという手段も増えてきているようです。

企業買収なんてことになると、何十億もかかるようなイメージがありますが…。

それは大企業の話で、中小零細企業などは300万とか500万とかで買えるケースもかなりあるようです。

 icon-exclamation-circle 

というか、最近は後継者不足に悩む中小零細企業経営者が多いですからね…。

日本の社長の平均年齢なんて、60代とかですし。

そのまま後継者がいないと従業員が路頭に迷いますので、少額でも誰かに継がせたい社長は多いようです。

今時、働く人の9割がサラリーマンですから、子供も家業を継ぎたいなんて考えませんからね…。

なので、一から会社を作って独立なんてするよりは、既にある会社を買うのも良いかもしれません。

それで上手く行ったら、一部署としてやりたい事業をやっても良いわけですし。

まぁ大抵は、今の社長に付いてしばらく引継というか修行みたいな感じで働くケースが多いようですが…。

これなら会社員の延長線上みたいな感覚で、社長にもなれるかもしれません。

まぁ大変だと思いますが、既に軌道に乗ってる会社を買うので成功確率は高いと思います。

路頭に迷う従業員のことも考えれば、社会貢献や雇用対策的な側面もありますからね。

こちらの本に詳しく書いてありますので、興味があれば読んでみてください。

→サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 | Amazon

労働人口は更に減り、人手不足は加速!再就職はあまり心配ないかも?

独立か会社員か?ということで悩む人ですと、独立失敗した場合のことが不安なのかもしれませんが…。

最近はIT系などで独立すれば、借金を負うなんてこともないですし。

以前に比べて、独立のリスクなんてのもなくなってきていると思います。

 icon-exclamation-circle 

それに、これからは更に労働人口が減っていきますからね…。

これから更に人手不足に拍車がかかっていくでしょうから、独立失敗しても再就職にはあまり困らないような気がします。

まあ最悪失敗して正社員にはなれなくても、最近は条件満たせば非正規でも社会保険くらいは入れますからね…。

まぁ人手不足業種に絞れば正社員なんて今でも選ばなければなれますし、そんなに大げさに考えるようなことでもないと思います。

年収300万とか400万くらいの会社なら、今でもたくさんありますよ。

まぁ迷ってるなら、IT系などの独立しやすい会社に転職してみるのも良いかもしれません。

今すぐには無理かも知れませんし。

何にせよ今は仕事多くてチャンスなので、仕事を変えたいなら今のうちに動いておくのも良いと思います。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

独立か会社員か、というのはよくある悩みなのですが…。

この不安定な時代、あまり一つに道を絞らない方が良いのではないでしょうか?

正直、仕事なんて金稼げればなんでもいいと思いますし。

今稼げてる仕事に時間を使うだけで、それが稼げなくなる可能性もあるわけですからね。

会社員の仕事だって、これからどうなるかなんてわかったものではありません。

まぁ一番いいのは、IT系エンジニアとかが独立も会社員にもなりやすいのでいいと思いますけどね…。

人手不足ですし、独立失敗してもまた会社員に戻りやすいです。

何にしても今は有効求人倍率も高く転職しやすいので、今の仕事に不満があるなら今のうちに動いておいたほうが良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】


シェアする

フォローする