ブラック会社で働く覚悟をするには?覚悟があれば辞めないのか?など対処法まとめ

TheDigitalArtist / Pixabay

  • 入社した会社がブラック企業だった…
  • ブラック会社で働く覚悟がしたい!

今のご時世、そういった悩みをお持ちの方も珍しくないと思います。

 

最近は労働環境の悪いブラック会社が増えていることもあり、あなたのような方は珍しくありません。

特に地方は求人が少ないこともあり、ブラック会社の求人しかない!なんて状況になりがちです。

ブラック会社でも働かないと生活していくことができないため、なんとか適応していかざるを得なくなってしまうのです。

必然的に「甘えを捨ててブラック会社で働く覚悟がしたい」なんていう、ちょっと病んだ考えにもなってしまう傾向にあります。

 

しかし、果たしてブラック会社で働く覚悟なんてできるのでしょうか?

この記事ではブラック会社で働く覚悟をしたい時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

覚悟したくらいで続くなら苦労はない!

ブラック会社でも、覚悟すれば働き続けられるのであればいいのですが…。

あなたのように考えて、毎年数え切れないほどの人が、ブラック会社に入社しています。

ブラックということを覚悟した上で。

しかし、果たしてそんな覚悟があるからといって続くものなのでしょうか?

 

答えは「覚悟をしても続かないから、ブラック会社は毎年大量に求人募集している」です。

大体どんな仕事だろうと、何の覚悟もなしに働いている人なんていないと思います。

そもそも働くということ自体、人生の大事な時間を仕事に捧げているということですからね。

多かれ少なかれ人生を捧げる覚悟がなければ、働くこと自体できません。

覚悟が長続きする人は少ない

こういうのって、最初はいいんですよ。

短い期間だったら耐えられる可能性はあります。

ですが、これが毎日の事になってしまいますとかなりキツいと思います。

でなければこれだけ多くの人が、ブラック企業の被害にあって鬱病になったり、労災認定されませんよ。

 

私もブラックと言われている業界で働いたことがありますが、最初は「覚悟して働けばそれほど辛くはないだろう」と思っていました。

ですが1年もたなかったですね…。

同じ時期に入ってきた同僚は一週間とか一か月とかで辞めていたので、意地を張らずにさっさと辞めておけばよかったです。

人生で仕事だけやってればいいんだったらいいですが、仕事だけしてるわけにもいかないですからね。

覚悟があろうが何だろうが、ずっと仕事漬けの生活してると「俺何やってんだろ」って言う考えが絶対出てきます。

もっとマシな仕事を見つける覚悟をしよう

Prawny / Pixabay

 

ブラックな会社しか選択肢にないのであれば、もっとマシな仕事を見つけたほうがいいと思います。

地方在住で仕事の選択肢が少ないのであれば、仕事の種類が豊富な都会に引っ越すって手段もあるわけですし。

→【地方】ド田舎過ぎて仕事がない!薄給でろくな求人がない時の解決策

 

ブラックで働く覚悟なんてしても人生が破壊されるだけですし、それでしたらもっとマシな仕事を見つけるための覚悟をしたほうが絶対にいいです。

都会だろうが地方だろうが、もっと探せばマシな仕事はあるはずなんです。

 

ちょっと探したくらいで「ブラックしかない」なんて諦めていませんか?

確かに最近はブラック会社が多いですが、そこで諦めてしまうとマジで人生終わってしまいます。

幸い最近は少子高齢化によって人手不足トレンドが続いているため、昔に比べてマシな会社も探しやすくなってきています。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

給料が安くても、ブラックではない会社を探す

ブラック会社ですと、仕事量も責任も重い割に給料も安い!なんていう酷い待遇のことが多いです。

それならば、給料は安いけどブラックではない仕事を探したほうがいいです。

時間があれば副業をしたり、もしくは転職活動をまたすることもできます。

仕事もきつい、給料も安いとなると最悪です。

 

お金も時間もないとただ毎日消耗するだけの毎日で、貯金すらできません。

収入アップのための手段を講じることもできません。

ただただ安い給料でこき使われるだけで、人生の貴重な時間が浪費されていってしまいます。

気付けば大してお金も貯まらないまま、年だけ食ってしまい取り返しのつかない年齢になってしまう可能性が高いです。

ブラック底辺正社員よりホワイト企業の非正規のほうがマシ

もっと言えば、ブラック底辺正社員で消耗するよりは、ホワイト企業で非正規フリーターしてたほうが遥かにマシな生活が送れると思います。

最近は法律が改正されてバイトですら条件を満たせば社会保険加入義務ができましたし、2024年10月からは従業員51人以上の小さい会社でも社会保険加入義務ができます。

社会保険に入れば雇用保険や厚生年金などに入れますので、何かあった時の保障が手厚いのです。

ホワイト企業の非正規なら、最近は少額ながらボーナスや退職金積立をしてくれる会社も増えています。

最近は少子高齢化による生産年齢人口の減少により、都合よく使えるパートなどの非正規労働者は取り合いになってきていますからね。

 

ブラック会社の底辺正社員だとボーナスは寸志か最悪なし、退職金制度なし、社会保険すら違法に加入逃れをしている…なんてケースも珍しくありません。

最近は最低賃金もかなりのペースで上がってきていますので、ブラック会社で底辺正社員なんてするよりは、大手のホワイト会社でフリーターしたほうがマシな生活ができます。

ブラックだと長続きしない!ブラック会社をナメないほうがいい

TheDigitalWay / Pixabay

このページを見ている人はブラック会社で働く覚悟をしたい人だと思いますが…。

やはりブラック会社で働くのはやめたほうがいいです。

私も様々なブラック会社で働いてきましたが、あまりブラック会社をナメないほうがいいです。

  • 土日祝日も呼び出され休みが無くなる
  • サービス残業が多く、時給換算するとバイト以下
  • 時給換算すると最低賃金すら下回るケースも
  • 最悪過労で死ぬ
  • ストレスと過労から生活習慣病になり寿命が縮む

などの悪条件が重なることが多いのです。

生き残れたとしても、退職する頃にはボロボロになっているかもしれません。

私が以前勤めていたブラック会社の同僚も、体を壊して病気になりそのまま息を引き取りましたからね…。

命より大事な仕事など存在しませんし、私なら気楽なフリーターでもやってたほうが遥かにマシです。

 

会社なんてたくさんあるんですから、ブラックでも働く覚悟とか言ってないで他にもっとマシな会社を見つけるべきです。

入社前にブラックとわかっている会社で我慢して働こうなんてのは、絶対長続きしないと思いますよ。

入社後ブラックだと分かったら即刻辞めるべき!

中には求人票の虚偽記載があまりにも多いから、「最悪ブラックに当たっても働く覚悟をしよう」という意味でこのページを見ている方もいるかもしれません。

ですが、そんな会社は我慢して働こうと思っても絶対長続きしないと思います。

特に入社してからブラックだと分かったら、試用期間中にさっさと見切りをつけてやめたほうがいいと思います。

実際私も、試用期間中にさっさと見切りをつけて一週間くらいで辞めた会社、かなりありますからね。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

中途半端に続けられても会社としても迷惑だと思いますし、こちらも毎日理不尽な目に遭うことが分かりきってるんですから。

ダメだと思ったらさっさと手を引くのがお互いのためです。

すぐ辞めれば職歴に書かなくてもどうせバレない

勘違いしている人が多いですが、すぐ辞めればその後の転職活動で職歴に書かなくても、どうせバレません。

マイナンバーや税金関係からバレるリスクはほぼないですし、職歴を辿れる手段は社会保険履歴くらいです。

しかし最近は社会保険なんてバイトでも入れるようになってきたため、入社後に社会保険履歴を突っ込まれても「つなぎでバイトしてたけど就職が決まったからやめた」と言っておけば問題ありません。

2022年からは年金手帳も廃止になるため、年金手帳を提出する際に職歴がバレることもなくなります。

さっさと辞めてもっとマシな会社を探そう

まぁブラック会社だとわかっているなら、さっさと辞めてもっとマシな会社を探したほうがいいと思いますよ。

特に最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も増えてきている傾向にあります。

そんなブラック会社で働く覚悟なんてしなくても、仕事はたくさんあるんです。

あまりしがみついても足元を見られてこき使われるだけですので、今のうちにもっと良い会社に転職してしまったほうが良いでしょう。

まとめ

確かに最近はブラック企業が増えていますので、あなたのように病んだ考え方をしてしまう人も増えているのかもしれません。

ですが比較的マシな会社というのは探せばあります。

多くの人は人生がかかっている仕事なのに、そこまで必死に探さない傾向にあります。

会社なんて入ってみないと分からないんですから、入社後ブラックだとわかったら即刻やめるべきです。

すぐ辞めれば職歴にせずに済みます。

あんまり自分を安売りしてしまうと、人生までそんな感じで劣悪なものになってしまいます。 

 

幸い最近は昔に比べて仕事も全体的に多い傾向にあるので、覚悟がないと働けないような酷い会社で頑張るのはやめましょう。

覚悟がないとダメな会社と言う時点で、待遇も悪いでしょうし労働環境もわるいでしょう。

今は人手不足の会社も多いですし、帝国データバンクの2021年4月の調査でも、約4割の企業が「正社員が足りていない」と回答しています。

あなたを諸手を上げて歓迎してくれるもっと良い会社はたくさんありますので、今のうちに動いておくと良いでしょう。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。