職場の先輩に八つ当たりされる!?理不尽に対抗する方法8選

  •  先輩に八つ当たりされる!

  •  正直理不尽すぎる!

  •  私でストレス発散してんじゃねえよ

 とお悩みの、職場の先輩に八つ当たりされている方のためのページです。

 いますよねそういう人…。

 正直、ストレスぐらい自分の中で消化しろよって思いますけどね…。

ですが、そんな職場にずっと勤めていては精神が持ちません。

何とかするための方法まとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

言い返す

 あなたはかなり大人しいタイプなのかもしれません。

 だから先輩としても、あなたには八つ当たりしやすいんですよ。

 八つ当たりしても、あなたは反論もやり返しもしないから先輩としては安全なんだと思います。

…冗談じゃないと思いますけどね。

 icon-exclamation-circle 

 なので、今度八つ当たりされたら言い返してやればいいんじゃないですかね?

 「ふざけんじゃねえよクソ野郎!!」とか。 

 そういう嫌な奴って、意外に気が小さかったりするんですよ。

 あなたが言い返さないから八つ当たりしてくるだけです。

普通に言い返してくるタイプには強気に出れなかったりします。

そんなヤツに気を使う必要ありませんので、堂々と言い返してやりましょう。

ただ、その後結構気まずくなったりする覚悟は必要ですが…たまにはいいでしょう。

⇒【許せない】職場でキレてしまった!その後取るべき行動12選!

理詰めで反論する

あるいは、八つ当たりされたら理詰めで反論してやるのもアリかもしれません。

 こういった八つ当たりしてくるタイプは、冷静に理詰めで反論してくるタイプの人間が苦手です。

 八つ当たりしてくるのは、あなたに対して感情的になっているだけですからね。

正直、頭はあまりよくないです。

  •  「そんなに怒られるような事してないですよね?」

  •  「具体的に私がどんな悪いことをしたんですか?」

  •  「そんなに怒る必要があるんですかね?」

  •  「あなたがまいた種じゃないですか?」

 などなど。 

 そうやって落ち着いて冷静に反論してやれば、向こうも居場所がなくなってくると思います。 

こちらも八つ当たりする

 目には目を、歯には歯を、です。

なので、こちらも八つ当たりしてあげればいいと思います。

こちらが八つ当たりし返してあげれば、その先輩も自分の行動を振り返るきっかけになるでしょう。

「自分はこんなに理不尽なことをしていたのか」と。

 icon-exclamation-circle 

恐らくあなたは、その先輩にナメられているんですよ。

「こいつにはいくら理不尽な仕打ちをしてもやり返されることはないだろう」みたいに考えてると思います。

これぐらいやってやれば、向こうも八つ当たりして来なくなると思います。

そいつを辞めさせる勢いで仕返ししてやるのもアリです。

⇒会社で嫌いな人がいる!?辞めさせるよう仕向ける15の方法

力ずくで屈服させる

bykst / Pixabay

 腕っ節に自信があるのであれば、力ずくで屈服させてやるというのも手段の1つです。

 というか、腕っ節に自信がなかったとしても、不意打ちで襲い掛かれば大抵のヤツには勝てると思います。

どんな屈強なヤツでも、背後から金属バットで思いっきり殴られたら死にますからね…。

 まあ、暴力に訴えるということですけど。

 ちょっと小突いて脅す程度だったらいいのではないでしょうか?

 あなたのことを「面倒な奴」と思ってもらえれば、八つ当たりなんてしてこなくなるでしょうし。

今度八つ当たりしてきたら、暴力に訴えてやりましょう。

ちょっとした喧嘩程度なら、べつに警察沙汰にもなりませんよ。

辞めて転職する

 そんなひどい先輩が幅をきかせている会社ですと、人間関係もかなり悪いのではないでしょうか?

 でしたら、早いうちに転職してしまうというのも手段の1つです。

人間関係が悪い職場というのは、結構多いですけど…。

 八つ当たりしてくるなんてかなりひどい職場だと思いますよ。

あと、そういうのはその人の性格にもよると思うんですけど。

あなたのように大人しい真面目な人を、いじるのが好きな人も多いですから。

 このままそんな職場に勤め続けていたら、病んでしまうと思います。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

仕事で見返す

cegoh / Pixabay

 あるいは正攻法でいくのであれば、仕事で見返すのが一番ですね。

そんな八つ当たりしてくる奴よりも、あなたが職場に貢献すればよいのです。

そうすれば、その理不尽な先輩よりも、あなたの方が職場内での発言力が持てるようになります。

そうすれば、どんどんそのバカな先輩の立場はなくなっていくでしょう。

後はそのバカな先輩に嫌な仕事を押し付けてやってもいいですし、逆にいじめられるように仕向けるのもありかもしれませんね。

 icon-exclamation-circle 

 そういうことをしてくるバカって、潮目が変われば立場が逆転する可能性がある…なんて考えたこともないんですよ。

 なので、そんなバカは陥れてやればいいと思います。

ただ、あなたがあまり仕事ができないタイプなら、まずは仕事ができるようになる努力が必要ですけどね…。

⇒要領が悪くて嫌われる!?ダメ社員でも何とかやっていく8つのコツ

ネットで憂さ晴らしする

 ネットで憂さ晴らしするというのも手段の1つです。

匿名掲示板の2ちゃんねるなどに「殺してやりたい人間の本名を書き込むスレ」みたいなのがあります。

そういう場所に、そいつの本名などの情報を書いてやるのも手段の一つです。

あるいは、その会社がブラックだとキャリコネとか転職会議に書き込むとか。

もしくは、その先輩が如何に理不尽か?というのを、100倍ぐらいに脚色して話をもって、はてな匿名ダイアリーに投稿するとか。

もしかしたら、ネット上で話題を呼んでバズるかもしれません。

そうすれば、あなたの自己顕示欲も満たされます。

「バカな先輩の醜態を晒してやった」ということで、あなたの気も晴れるかもしれません。

上司に相談する

geralt / Pixabay

 無駄かもしれませんが、上司に相談するのも手段の1つです。

 まぁ、本当に無駄かもしれませんけどね…。

 そんな八つ当たりを放置しているという時点で、頼りない上司なのかもしれません。

 あるいは、とても陰湿な職場で、上司にはどうにもコントロールできない状態なのかもしれません。

 ただ、一応あなたの上司ですので、部下を管理する責任があるわけです。

 一応ダメ元で相談してみるのも手段の1つですね。

まとめ

 どのぐらい八つ当たりされているのかわかりませんが、

あまりにもひどいようであれば、逃げることも考えたほうがいいと思います。

世の中には、社会人になっても小学生レベルのいじめを行うような、信じられない人もたくさんいるみたいですから。

そんな人間が子供を産んで育てたりしているのですから、恐ろしい世の中です。

このまま働き続けたいのであれば、何とかそのバカな先輩を黙らせる方法考えたほうがいいと思う。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする