休みが少ない割に給料も少ない!?割に合わない仕事は辞めるべき?

geralt / Pixabay

  • 休みが少ないのに給料も少ない!

  • 転職活動する暇すらない!

  • 貯金もできないから辞められない!

という方のためのページです。

そんな会社に勤めている方は今のご時勢珍しくもないと思います。

特に最近は、ブラックな会社も増えていますからね…。

そんな会社はさっさと辞めるべきなのでしょうか?

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

休みも給料も少ない会社は最悪

時間があれば副業もできますし転職活動をすることも出来ます。

ですが、休みが少ないとそれすら出来ません。

給料が良いのであれば貯金をして、辞めてから探すこともできます。

ですが、給料が安い会社ですとそもそも貯金も満足にできませんのでそれすらできません。

 icon-exclamation-circle 

自己都合退職だと、失業給付が三ヶ月経たないと貰えないため、貯金は必須です。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

正直、給料が安くて休みも少ないような会社は本当に最悪だと思います。

社員のことなんて全く考えていないと思いますね。

即刻辞めたほうがいいかもしれません。

転職活動の時間も取れないようなら

Couleur / Pixabay

転職活動の時間も取れないような人の場合、辞めてから探さざるを得ません。

本来は在職中に探すのが理想なのですが、休みが取れないと面接にすらいけないでしょう。

 icon-exclamation-circle 

転職エージェントを使えば平日の夜や土曜に面接を入れてくれることも可能ですが…。

⇒面接で仕事が休めないなら転職エージェントの力を借りよう

土曜も出勤させられる会社の場合、面接に行けないかもしれません。

とはいえ辞めてから探すというのも、自己都合退職ですと三ヶ月間は貯金で生活しなくてはいけないのできついです。

転職活動が長引いてしまうことも考えられますので、最低3ヶ月間は生活できる貯金を持っておかないと厳しいです。

失業給付さえ貰えれば、職業訓練を受けて給付延長することも可能なので、とりあえず三か月分あればいけます。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

貯金がないのであれば、3ヶ月生活できるぐらいの貯金をすることを当面の目標にしましょう。

実際、他の会社と比べてどうか?

本当に休みが少ない割に給料が少ないのであれば、すぐ辞めるべきというのは上で述べた通りです。

 icon-exclamation-circle 

ただ、貴方の住んでいる地域によっては、他の会社に行っても似たような給料の可能性もあります。

田舎は本当に給料が安い会社も多いですし、業種によってはどこも休みが少なかったりします。

週休1日が普通な会社もありますし…。

なので、まず近隣の他の職場の求人も見てみて、他にもっとマシな会社がたくさんあるかどうか確かめたほうがいいと思います。

似たような会社しかない地域の場合、他県に引っ越すことも検討しなければならないかもしれません。

給料は安くても今より休みが増えれば満足か?

Hans / Pixabay

休みも多くて給料のいい会社…というのは、なかなか人が辞めませんので、探すのはかなり困難です。

 icon-exclamation-circle 

しかし、給料が安いけど休みは取れる職場というのは結構あります

時間さえあれば副業して収入アップを図ることも可能ですし、更に転職活動をすることも可能になります。

転職活動をするために転職をするのもどうかと思いますが…。

今の状態ですと休みが少ないので、転職活動が満足に出来ないかもしれません。

となるとこのまま何もしない場合、ズルズル何年も働き続けてしまう可能性が極めて高いです。

だったら、多少遠回りでもそうしてもいいと思いますけどね。

何もしないことが一番のリスクだったりしますし。

とりあえず転職活動を始めてみよう

転職活動を初めて、求人をとりあえず見てみるのもいいと思います。

  • 自分の行ける会社がどのくらいの会社なのか?
  • 近くにどの程度の会社があるのか?

などを見ることができます。

求人を見てみたら、実は今の職場はそこまで悪い職場ではなかったということがわかって、転職を思いとどまる可能性もあります。

転職となると当然リスクもありますので 、思い留まれるのであればその方がいい可能性もあります。

 icon-exclamation-circle 

結構、転職してから「やっぱり前の会社の方がマシだった…」となって出戻りする人も最近多いようなので…。

転職回数が多い人であれば、自分の中に比較対象がたくさんあります。

そういう人は経験から「この会社は結構マシだな」ということが判断できます。

ですが新卒で入った会社にずっと勤めている人ですと、その判断ができにくい傾向にあります。

今の会社が結構マシな会社だったと思い留まれるのであれば、それに越したことはありません。

まあ、給料安いなら副業はしたほうがいいと思いますけどね…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

あなたの転職力、 診断します!@type

早め早めに手を打つ

Sponchia / Pixabay

私も休みが少ない会社に勤めた経験があるのですが、忙しいと本当に一週間があっという間です。

イコール1ヶ月もあっという間です。

そして1年もあっという間です。

 icon-exclamation-circle 

今思い立ったということは、すぐに手を打たないとこのままダラダラと何年も行ってしまう可能性が非常に高いです。

こんなサイトを見ているということは転職について調べ始めたからだと思います。

ですが、忙しいと次いつ調べる機会があるかわかりません。

出来れば今すぐ、転職活動を始める為に動き出したほうがいいと思います。

⇒「仕事やめたい」と考えたらすぐ登録すべき転職サイト

まとめ

「諦めて今の会社で働き続けるよ…」というのであればその人の人生なので別に構いません。

ですが人生短いですので、できるだけ後悔しない道を選んだほうがいいかもしれません。

本当に、忙しく働いているとすぐに一年くらい経ってしまうので…。

わかければ外の会社にも行けますからね。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする