【次のアテなし】仕事辞めてから転職活動すると不利?8つの注意点

geralt / Pixabay

  • 次を見つけて辞めたいが、転職活動する時間がない…

  • 有給も取れないから平日面接にも行けない…

  • もう辞めてから転職活動しようかな…?

とお考えの、今の仕事を辞めてから転職活動をしようか考えている方のためのページです。

確かに、次を決めてから辞めるのが理想的ですが…。

時間がない、有給も取れない方は、そうも言っていられません。

仕事をやめてから転職活動をしても、不利にならないための注意点をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

辞めた後の行動は徹底的に詰めておくべき

会社を辞めて無職になってしまうと、自分から動き出さないといけないので毎日ダラけた生活をしてしまいがちです。

今は会社に通って、「会社を辞めてやる!」という反骨心があるので、辞めてから転職活動する気満々かもしれません。

が、会社を辞めると急に心細くなってくると思います。

 icon-exclamation-circle 

特に生活リズムは乱れがちになります。

なので退職後すぐに転職活動できるように、退職後の行動は詳細に決めておくべきです。

「毎日の転職活動をどのようにやっていくのか?」を、現実的に詰めておいたほうがいいと思います。

会社を辞めると、「あれをやれ」「これをやれ」と教えてくれる上司もいません。

気楽ではありますが全て自分で決めて行動していかないと行けなくなります。

今は比較的頭が冴えていて生活リズムが整っているでしょう。

心理的余裕のある今のうちに、退職後の転職活動についてよく考えておいたほうがいいですよ。

遅くとも3ヶ月以内には次を決める覚悟を

Maialisa / Pixabay

遅くとも、辞めてから三ヶ月以内には決めてしまいたいですね。

3ヶ月以上経ってしまうと、更に転職活動が不利になってくる可能性がある…というのもあるのですが…。

三ヶ月も経てばあなた自身の心も体もダラけてきてしまうと思います。

特に、人間ダメになるのはあっという間ですので、転職活動は短期決戦で行くべきです。

 icon-exclamation-circle 

特に自己都合退職ですと、3ヶ月経つと失業給付が貰えます。

3ヶ月経っても次が見つからなかったら、「失業給付が貰えるからいいや」となってしまい、更にダラけてしまう可能性もあります。

心強くはありますが、なまじ保険があると本気になれない可能性もあります。

無職になって心細くなってしまうと、どうしてもそういう風に安きに流れてしまう傾向があります。

鉄は熱いうちに打て!と言いますが、転職活動も熱いうちにやって終えてしまった方がいいですよ。

ダラけてしまうと、「もう少ししたら求人が増える始める時期だから、まだ様子見」なんて言い始めてしまいます。

そうなると、更に無駄な時間を過ごしてしまう可能性があります。

最低3ヶ月は生活できる貯金をしておく

上で失業給付について述べましたが、自己都合退職でも3ヶ月経てば失業給付が給付されます。

失業給付はダラけてしまう要因にもなりかねないので、あまり貰うのも考え物なのですが…。

頑張って転職活動しても3ヶ月では決まらないということも考えられます。

 icon-exclamation-circle 

そうなると生活が出来なくなってしまいますので、とりあえず失業給付が出るまでの3ヶ月間を凌ぐ為の貯金が必要になります。

通常失業給付は最低3ヶ月は貰えますので、3ヶ月生活できる貯金があれば、6ヶ月は生活できます。

職業訓練をに通い始めれば給付期間を延長することもできますので、とりあえず3ヶ月間生活できる貯金があれば何とかなります。

貯金や失業給付については別の記事で書いていますので、参考にしてください。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

今すぐ転職活動を始める

geralt / Pixabay

できるだけ早く転職先を見つけたいのであれば、もう今から転職活動を始めるべきです。

「辞めてから始めればいいや」何て悠長なことを言っていますと、転職先が見つかるのが遅くなります。

転職活動に身体をならしていかないといけませんので、できるだけ早く初めていたほうがいいです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

有給は全消化する

あなたは今までにあまり有給も使えなかったでしょう。

辞める時ぐらいは全て消化してから辞めましょう。

会社によっては渋ってくる可能性もありますが…。

有給取得は労働者の権利ですので断られたら労働基準監督署に連絡しましょう。

 icon-exclamation-circle 

単純にお金が貰えるのにもったいないというのもあるのですが。

有給消化中は仕事に行かずに済みますし、転職活動を今の会社に在籍しながら行うことができます。

有給消化中に次を見つけられるのであれば、それに越したことはありません。

有給が溜まっている人であれば 1ヶ月ぐらい使える可能性もありますので、かなりありがたいです。

念のためクレジットカードを作っておく

TheDigitalWay / Pixabay

これからちゃんと仕事が見つかればいいのですが…。

仕事が見つからずにフリーターになってしまったり、無職期間が長引いてしまう可能性も考えられます。

そうなるとなかなかクレジットカードなども作れなくなってしまいます。

 icon-exclamation-circle 

クレジットカードがあれば最悪、そこからお金を引っ張ることも可能です。

無職ですとお金は原則借りられませんので、クレジットカードが生命線になる可能性があるんですね。

審査が甘いカードであれば無職でも作れる可能性はありますが…。

クレジットカードの種類によってはそこそこの年収がないと作れないものもあります。

後で作ろうと思っていたカードがあるのであれば、今のうちに作っておいた方がいいですね。

転職先が決まったとしても今より年収が下がって作れなくなる可能性もありますし。

以前、私も無職期間が長引いてしまった時に、クレジットカードのキャッシングで乗り切ったことがあります。

何枚か持っておくと生き延びることができますよ。

もちろん後で返済はしなくてはいけませんけどね…。

自宅以外の活動拠点を見つけておく

会社を辞めてしまうと、自分の居場所が一つ無くなることになります。

大抵の会社員は家と会社の往復の生活しかしていませんから。

居場所である会社が無くなってしまえば、自宅しか居る場所が無くなってしまいます。

 icon-exclamation-circle 

一人暮らしであれば誰とも合わない生活になってしまいます。

家族と同居しているにしても、毎日家にいるとなると「いつ仕事見つかるの?」などと言われて焦らされる可能性があります。

なので、自宅以外でゆっくり転職活動を行える場所を確保しておいたほうがいいかもしれません。

例えば、

  • 図書館

  • スターバックス

  • ネットカフェ

など。

とりあえず落ち着ける場所があれば、スマホで求人を見たりすることもできます。

会社を辞めてしまうと、よほど友達が多い人でも孤独になってしまいます。

なかなか仕事が見つからない苛立ちから、気分が落ち込んでしまうこともしょっちゅうです。

そんな中、ずっと自宅にいると気分が塞ぎ込んでしまいますので、どこか気楽に出かけられる場所があると、とても助かりますよ。

もう会社を辞めたら、翌日からそっちに通うようにして、通勤みたいな感じにするのが理想です。

【居場所ない】エア出勤に最適の場所は!?時間を潰せる10スポット

こうすれば生活リズムも崩れにくいです。

同居している家族としても毎日の生活がいつも通りで変わらないので、無駄な軋轢を生まなくて済みます。

家族の理解を得る

tookapic / Pixabay

一番重要なのが、これです。

最初にこれをやってしまうのもいいですが、ここまでに述べた注意点をなんとか解消できるように、先に熟考したり手を打っておいたほうがいいと思います。

先に懸念事項は全部潰して根回ししておいたほうがいいです。

退職した後の転職活動をどのように進めるのか?について、詳細に詰めて決めていることが分かれば、家族も安心します。

家族の心配というのは、詰まるところ

  • すぐに次の仕事が見つかるのか?

  • 会社を辞めて生活していけるのか?

この二つが主です。

この二つさえクリアしてしまえば、そこまで反対はされないと思います。

 icon-exclamation-circle 

まあ、大企業に勤めていたり公務員だったりすると、辞めるなんて言いだしたらキチガイ扱いされたりする可能性はありますけどね…。

中には「私は大企業社員のあなたと結婚したのよ!?」なんて信じられないようなことを言う鬼嫁もいます。

離婚の原因にもなりかねません。

が、奥さんも本当にあなたのことを考えてくれているのであれば、応援してくれるはずなんですけどね。

世間体がどうとか言い出して、「私がイヤだから辞めるのは思い留まって!」何て言ってくる嫁とは、ちょっとこの先長くは付き合えないんじゃないでしょうか?

今はいいかもしれませんが、後々絶対に問題が表面化してきますし、何かあったら絶対裏切りますよそういう嫁は。

妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

遅かれ早かれ家族の同意を得ないと転職するのは難しいと思います。

出きるだけ潰せる懸念事項は潰してしまって、打ち明けてみるといいと思います。

まとめ

次を見つけてから辞めるのが理想ですが、忙しすぎる社会人ですとそうも言ってられません。

いつまで経っても会社を辞められませんし、だったら辞めてからでもいいから転職活動すべきです。

こんなページを見ているということは、あなたは結構酷い職場に勤めているのかもしれません。

でないと、会社を辞めてでも転職活動したい!なんてあまり言わないと思いますし。

大変ですが、障害になることなんて予測できますので、事前に対策を立てておきましょう。

そうすればいざ会社を辞めても、慌てずに済みます。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする