何の取り柄も無いが転職したい!資格も無い無能が転職する8ポイント

geralt / Pixabay

  •  の取り柄もないけど転職したい!

  •  目立った資格や技術もないけど転職したい!

  •  でもこんな俺に転職なんてできるのかな…

 とお悩みの、なんの取り柄もないけど転職したいと考えている方のためのページです。

 転職となると確かに

  • 「 目立った職歴がないと厳しいのではないか?」

  • 「 何か資格がないと厳しいのではないか?」

  • 「 なんの取り柄もない人間は転職なんてできないのではないか?」

みたいに考えてしまいがちです。

ですが果たしてそうなのでしょうか?

あなたもしかしたらもう今の環境に嫌気がさしていて、死ぬほどきついのかもしれません。

そんななんの取り柄もないあなたでも何度か転職する方法まとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 取り柄がないのはあなただけではないので気にしない

 「なんの取り柄もない」と言っていますが、大多数の会社員はなんの取り柄もないと思います。

 というか、個人レベルで言えば

  • スポーツで全国大会出場を果たした

  • 昔趣味でプロの世界にいた

  • 本を何冊か出した

くらいの人であれば、まあまあいるんですけど。

「それが転職に生かせる取り柄なのか?」と考えると、かなり微妙な人が多いです 。

 icon-exclamation-circle 

というか、日本にはキャリアなんて存在しないと言われていますからね…。

個人のスキルやキャリアよりも、「単に大企業に入っているからあの人はすごい」みたいな意味不明な評価のされ方をされる社会ですから。

海外だったら、ちゃんと自分の専門技能に押してキャリアを組み立てたりするんですけどね…。

わが国では、会社で評価されます。

会社ごとには色々取り柄があるかもしれませんが、社員の個人レベルで見たら、取り柄なんてないんです。

 しょぼい自分をいかに凄い人材に見せるかがポイント 

geralt / Pixabay

仕事探しというのは、「自分を売り込む」とか、営業に例えられます。

ですが上述しましたように、大多数の人は別にそこまで大したことないんです。

  • 大企業に勤めています

  • 一流大学を卒業しました

  • 外資系の会社に勤めていました

とかいうと、いかにもすごい人物に見えますが…。

ぶっちゃけそういう連中にしたって、対処ことないです。

 icon-exclamation-circle 

大抵の人は、自分をすごく見せるスキルに長けているだけです。

外資系だろうが大企業勤務だろうが一流大学卒だろうが、ただの会社員ですからね…。

大多数の日本人はあまり頭が良くありませんし、肩書に弱いです。

そういった、「なんだか凄そう」な部分にコロッと騙されるんです。

なので、「いかに自分を凄そうな人物に見えるよう演出するか?」に注力しましょう。

バレないレベルで話を盛ったりとか、職歴がボロボロであればちょっと編集してみるとか。

 体力というスキルはだれでも身に付けられる

何の取り柄もないというのであれば、今からでもいいので体力をつけるべく頑張ってみるのも 手段の1つです 。

体力なんて鍛えればだれでも身に付けることができますからね。

定年後からでも、

  • ボディービルダーを目指し始める

  • フルマラソンを目指し始める

  • エベレスト登頂を目指す

人とか結構います。

大多数の人は年齢を言い訳にして、そんなことやろうとはしませんが…。

 icon-exclamation-circle 

1ヶ月から2ヶ月のちゃんと走っていれば、10キロぐらいは走れるようになるはずです。

私もそのぐらい走れるようになったので。

馬鹿だろうがなんの取り柄もなかろうが、やれば体力なんて年齢関係なくつくんですよ。

体力って、どんな仕事をやるにも 必要なものです。

特に今は、ギリギリの人員で回している会社が多いですから。

結構ブラックな会社が多いです 。

どんな仕事だって、体力がなかったらやっていけませんからね…。

「この人ならやってくれそうだ」と思わせれば勝ち

geralt / Pixabay

転職というのは、面接官にいかに「この人ならばうちの会社でやっていけそうだ」と思わせられるかどうか?が勝負です。

身も蓋もないことを言えば「面接の場だけ取り繕えば受かる」ということです。

 icon-exclamation-circle 

だからよく就職活動では「嘘つき合戦」とか言われていますよね…。

まぁ、間違ってはいないと思いますけどね 。

でもいいんですよそれで。

面接官だって、あなたの面接時の発言をいちいち覚えているわけではないですから。

その場だけでもすごそうな人材に見せることができれば受かるんです。

 人手が足りない会社なら普通に受かる

最近は人手不足の会社も増えてきています。

本気で、すぐにでも人が欲しい会社に当たれば、よほどひどい印象与えない限り確率で受かりますよ。

まああなたの年齢にもよりますが…。

というか、今は空前の売り手市場と言われていますし。

転職するなら今がチャンス!とも言われています。

転職されてしまった会社は、当然ながら人手が足りなくなります。

 icon-exclamation-circle 

 「仕事が増えているといっても非正規雇用だけ」とか言っている人もいますけど、マジで最近正社員も人手不足ですからね…。

 そんなこと言っている人は、今転職市場がものすごく熱くなっているのはどう説明するのでしょうか?

 実際私の周りでもかなり転職は活発ですよ。

 転職すれば当然ながら椅子は空くわけで、そこに座れる人も出てくるわけです 。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

数打てば当たる

geralt / Pixabay

仕事探しにおいてはよく「数打ちゃ当たる」というのはよく言われます。

まあさすがに、闇雲にやっても成功確率は低いと思いますが、概ね本当です。

 ただ、最初の戦略を練る段階で、ちゃんと準備をしておく必要ありますけどね。

  • 履歴書の見栄えを良くしておく

  • 面接での受け答えはちゃんと事前に用意しておく

  • 面接で喋れるようトレーニングしておく

  • 志望動機と経歴をどう繋げてアピールするか考えておく

とか。

 icon-exclamation-circle 

でもそれをやればもう、後は本当に受けまくるだけです。

これについては、大学新卒の就職活動だろうが、中途採用の転職活動だろうが基本的に変わりません。

中高年の転職だと「マネジメント経験を見られる」とか言われたりもしますが、異業種転職だったらそんなの全然関係ないですから…。

とにかく、あなたでも必要としてくれる会社に行き当たるまで受けまくるしかないです。

まあぶっちゃけ、会社なんて星の数ほどありますから。

全部の会社を経験した人なんて、どんな凄腕キャリアカウンセラーでもありえないわけですから。

そういった人たちの言うことや、ネットの言うことは話半分ぐらいに聞いておいたほうがいいです。

⇒【明日にも】どこでもいいから働きたい!すぐ仕事見つける5のヒント

いい会社かどうかは、入ってみないとわからない

まあそうは言いましても、「俺はいい会社になんて転職できるわけない」なんて諦めている人が多いと思います。

ですがこんなのは、運次第でしかないと思います。

会社なんて星の数ほどありますし、中小企業だから給料が安いか?といえばそうとも限りません。

 icon-exclamation-circle 

というか、日本人は給料を「もらうもの」と考えている人が多いですが、給料って自分で稼ぐものですからね。

働きやすい会社であれば当然稼ぎやすくもなりますし。

出世もしやすいでしょうから、給料も増えやすいです。

それはつまり、あなたにとってはいい会社ですよね?

 まぁ悪い意味でも「入ってみなければわからない」なんですけどね…。

 特にハローワークなどの求人は、普通に虚偽記載しているものが横行していますからね。

 最近ようやく取り締まりが始まるか?っていう感じですが、このままいきそうな気もします…。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

やはりやる気が一番大事

Maklay62 / Pixabay

最近は、仕事が嫌いな人が多いです。

「時間だけ仕事してればいいや」みたいな考えの人ばかりですよ。

昔は日本人は勤勉と言われていましたが、日本人はなぜこんなに怠け者になってしまったのでしょうか?

まぁおそらく、正当な対価を支払わないブラック企業が増えたからだと思いますが…。

そんな世の中ですので、ちゃんと説得力をもってやる気をアピールできれば結構有利です。

 転職の話になると

  • 人を率いた経験がないときつい

  • 役職ついたことがないと無理

  • 目立った経験がないと無理

みたいに言われがちですが…。

 ぶっちゃけ仕事なんて、年齢関係なくやる気さえあれば覚えられますよ。

 特殊な仕事だったり、理系の仕事だったらまた変わってきますが…。

 だれでもできるように、代わりの人でもこなせるようにしたのが会社組織ですから。

 でないと、その会社の人が全員無くなったらもうその時点で倒産ですからね。

 会社員なんて所詮駒に過ぎませんから。

 icon-exclamation-circle 

「転職に有利になる条件は?」みたいなものばかり探していると見落としがちですけど。

大抵のことはやる気さえあればこなせますよ。

まぁやる気だけで圧倒するには「私はこの会社で、どうしても働かなければいけないんです!」ぐらいの、熱烈な説得力とやる気をアピールする必要がありますけどね…。

 会社の上層部が面接をしてくれているのであれば、そういった熱意はかなり伝わります。

「そこまで言うんなら、採用してやるか…」みたいな。

大多数の人は、そこまでして「働かせてください!」ってアピールしませんからね。

 まとめ

大多数のサラリーマンには取り柄なんて特にないと思います。

日本の社会人は、個人の凄さではなく所属している会社の凄さで評価されますから。

あなたの周りにも大企業勤務だったり公務員だったりで、鼻高々な人たちがいると思いますが。

そういう人たちも虎の威を借っているだけです。

今から転職活動するのであれば、受ける会社を一社一社、真摯に熱意を持って受ける事ですね。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする