【地方】ド田舎過ぎて仕事がない!薄給でろくな求人がない時の解決策

PIRO4D / Pixabay

  • 転職先探してるけど、仕事がなさすぎる…
  • もう都会に出るしかないのか…?
  • 今の仕事続けるしかないじゃん!

とお悩みの、地方在住で仕事が少なく困っている方のためのページです。

地方だと仕事の絶対数も少なめです。

今の理不尽な職場でもマシなほう…なんて途方に暮れている人も多いと思います。

一体どうすればいいのでしょうか?

⇒「仕事やめたい」と考えたらすぐ登録すべき転職サイト

今の仕事があまりにもイヤならば…

あまりに毎日会社に通うのが苦痛であれば、給料が下がることを覚悟してでも転職したほうがいいと思います。

精神的にとても辛く、このままではうつ病になってしまう…なんて状況であれば、一刻も早く辞めるべきです。

精神や体を壊してしまうと、職業人として使い物にならなくなってしまいます。

最悪もう働けなくなってしまうなんて人もたくさんいます。

そうなってはそれ以降の収入はゼロです。

障害年金や生活保護は受給できる可能性がありますが…。

そんな酷い状況で働いているのは、お金のために魂を磨り減らしているようなものです。

正に、地獄はこの世にあった…というような状況です。

貴方はそんな過酷な労働をして多少多いお金を稼ぐためだけに、生まれてきたわけではないはずです。

耐えられそうなら、考え直したほうがいいかも?

Kurious / Pixabay

とはいいましても、耐えられる程度なら、よく考えたほうがいいと思います。

田舎ほど保守的な人間が多い傾向にあります。

「何で辞めたの?」なんて社会不適合者を見るような目で見られたりすることもあります。

大企業の工場がある都道府県だとこういう傾向ありますねー…。

 icon-exclamation-circle 

なまじいい企業に勤めていますと、「勿体無いから辞められない!」なんて状況になってしまい、自殺してしまう人もいます。

「○○社員の貴方と結婚したのよ!?」なんて有り得ないこと言ってくる女性もいます。

そういう嫁がいるのであれば、退職=家庭崩壊を意味しますので、よく考えたほうが良いでしょう。

まあ、いい企業辞めると、田舎だとそれ以上の転職先はまず見つからないですからね…。

でも、本当に辛いならなりふり構わず辞めてください。

嫁だろうが親だろうが所詮他人なので、貴方のことなんて本気で考えてくれる人は意外に少ないです。

残念ですが。

収入減は副業で補える

転職した結果収入が減ってしまったとしても、副業をすることで補えます。

月数万円~10万円程度であれば、サラリーマンの副業でも稼ぐことができます。

 icon-exclamation-circle 

あるいはもっと、月50万円とか、月100万円以上副業稼ぐ人もいます。

これについては、ほぼ上限はないといっていいでしょう。

月数百万円以上副業で稼いでいて、本業を辞めないサラリーマンもいますから。

そもそも今の時代、会社にもそんなにお金を払える余裕はないですし、3年後には業績悪化でリストラするかもしれません。

人件費がそれだけ多いということは、会社が「人件費高いから削れないか?」と考えやすいのです。

本業の会社があまりいい給料をくれないのであれば、自分で副業で稼げばいいのです。

副業禁止は気にせず複数の収入源を持ち、リスクヘッジすべき6の理由

一つの会社を頼るのはリスクが高い

Unsplash / Pixabay

今はあまり企業にも余裕がありませんので、副業の重要性は年々高まっています。

これまでの会社は赤字社員でも養って来れましたが、これからはグローバル化や、成熟した業界再編の波で、とてもではないですが余裕はありません。

 icon-exclamation-circle 

「給料分だけ仕事してりゃいいや」って考える社員は多いです。

しかし社会保険の会社負担分、福利厚生費、電気代諸々もかかります。

給料分だけ稼ぐ社員は赤字社員であり、企業にとっては負債です。

赤字社員を脱しようにも直接利益を生まない間接部門に従事している人も多いです。

一人の力では限界があります。

特にグローバル化や業界再編のような大きな経済変動には流されるほかありません。

最初から諦めて別の道を確保しておくことが、これから先生き残るためには必要です。

会社の寿命、製品のライフサイクルは年々短くなってきていますからね…。

副業をしておくことが、そういった事態の損害を和らげるリスクヘッジになるのです。

地方在住者こそ、ネットに活路を見出すべき

地方となるとあまり給料のいい仕事がなく、一つの勤務先からの給料ではあまりいい生活を送ることが出来ません。

景気が悪く失業率の高い都道府県では、正社員なのに月給10万円台前半+ボーナス無し…などという信じられないような求人しかなかったりします。

そういう都道府県ですと、若者は仕事の多い大都市に移住せざるを得ません。

 icon-exclamation-circle 

それは会社が不当に搾取しているからではなく、そもそもその都道府県の景気が悪いからです。

主たる産業もなく、大企業も誘致できない。

のさばってるのは公務員だけ…という世紀末のような世界です。

とはいっても、家庭の都合で大都市に引っ越せない人も多いですし、引越しとなると費用もかかります。仕事も見つけなくてはなりません。

期間工などで赴任するならともかく、結構ハードルが高いです。

 icon-exclamation-circle 

そこで活躍するのが、インターネットでの副業です。

インターネットならば、田舎だろうが大都市だろうが関係ありませんし、地方の最低賃金も何も関係ありません。

手軽にできるのは、『ランサーズ』などのクラウドワーキングサイトです。

ライティング案件などは未経験でスキルがなくてもはじめられ、サラリーマンの副業で月数万円~5万円とか稼いでいたりするのもザラです。

インターネットであれば地方でも仕事があるのです。

『ランサーズ』についてはこちらで紹介していますので、参考にしてください。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

薄給激務の会社なら、ゆとりのある会社に転職を

geralt / Pixabay

薄給激務の会社ですと、最悪です。

スキルを磨く余裕もなく、勉強をする時間もありません。

ただただ日銭を稼ぐだけの毎日で、働けど働けど暮らしは楽にならず、ぢっと手を見るような毎日です。

そんな環境とは、すぐにオサラバしたほうが賢明です。

 icon-exclamation-circle 

薄給でも時間的ゆとりがある会社であれば、ネットで副業ができます。

地方の給料が10万円代の会社に勤めているようであれば、頑張れば副業の収入が本業の収入を超えることもザラです。

そうなれば、独立して自分だけのビジネスを行うこともできます。

実際、仕事のない北海道などでは、結構ネットでの起業が盛んです。

時間があればお金にできますし、更に稼ぎを倍々で増やしていくことも、戦略を立てれば可能です。

⇒「仕事やめたい」と考えたらすぐ登録すべき転職サイト

会社が稼げないなら、自分が稼ぐしかない

会社自体が稼げずに薄給しか貰えないようであれば、これはもう自分で稼ぐしかありません。

「ウチの会社は、社長は稼げないからダメだ」と言うのであれば、じゃあお前が稼げよ!ということです。

そうなんです、自分で稼いでしまえばいいんです。

今は、そういう時代になりつつあります。

 icon-exclamation-circle 

特に地方は過疎化、少子化の影響をダイレクトに受けます。

今は良くてもこれから更に悪化していくことは確実です。

引っ越せないのであれば、今いる場所でなんとか稼ぐ方法を考えるしかないです。

「そんなのムリ!」というのであれば、せめて隣の都道府県の会社に転職して通うくらいしかありません。

意思決定が遅れれば遅れるほど不利になってきます。

決断するのは早いほうが良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする