多汗症で仕事がきつい!人並みに落ち着いて仕事をこなす13の方法

Hans / Pixabay

  • 多汗症で仕事がきつい!

  • 以前汗が止まらなくなったのがトラウマ

  • 恥ずかしいし、本気で死にたいほど悩んでる…!

 とお悩みの、多汗症で仕事がきついと考えている方のためのページです。

 私も以前多汗症だったので気持ちが分かります。

 変なところで汗かくし、恥かくし、馬鹿にされるしで、キツイですよね…。

 対人関係にも、なかなか積極的になれないですし。

ですがいつまでもそんなままでは、社会で働いていくことができません。

何とかするための方法まとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

多汗症でも問題なく勤まる仕事に変える

多汗症の人に向いている仕事というのがあると思います。

多汗症の人に向いている仕事というのは、「汗をかいていても不自然ではない仕事」です。

例えば、

  • 外で働く土方

  • 忙しい配送業者

  • ジムのトレーナー

  • 農家

などなど。

汗をかくのが当たり前の仕事であれば、恥ずかしい思いをしなくても済みます。

私は学生の時に引っ越しのバイトしていましたが、汗書いてて当たり前なので多汗症でも気にせず働けました。

 icon-exclamation-circle 

逆に、オフィスワークは向いてないと思いますね。

空調が効いていると思いますが、多汗症の人は快適な温度でも緊張して、汗をかいたりしますからね。

そうすると、非常に変な目で見られます。

「なんでこの人こんな快適な温度なのに汗かいてるの?」と思われてしまいます。

正直むちゃくちゃ恥ずかしいです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

「汗止め」を塗る

塗ると汗を抑えることができる薬みたいなのが売ってます。

以前多汗症で悩んでた時使ってました。

これです。

「これを塗ったところは、汗をかきにくくなる」みたいな製品です。

 icon-exclamation-circle 

ただ最初のうちは良かったんですが、途中から別の部分に異常に汗をかくようになってしまいました。

なので、途中で使うのやめてしまいましたね…。

人によって合う合わないがあるのかもしれません。

ネットのレビューでは結構高評価だったんですけどね…。

一度試してみるのもいいかもしれません。

出かける前ギリギリまで寝ておく

dagon_ / Pixabay

これ以前やってたんですが、出かける前はギリギリまで寝ておくという手段もあります。

 汗をかくのは、緊張を司る交感神経が優位になっているからです。

 リラックスを司る副交感神経が優位になっている状況では、汗をかきにくいです。

寝たり、起きてすぐの時は、体が目覚めきっていないので副交感神経が優位です。

 icon-exclamation-circle 

つまり、寝ぼけているくらいのほうが、多汗症の人にとっては活動しやすいんです。

寝ぼけているときは、まだ交感神経が働いていない状態ですから。

頭は働かないですが、汗はかかずにすみます。

汗をかかずに済むんだったら、私はそのほうがいいですけどね…。

私の体感では、起きてから3時間ぐらいは寝ぼけた状態が続く気がします。

つまり、起きて3時間ぐらいは大量に汗をかかなくて済むということです。

ただ、眠りが浅かったり、疲れがとれていない状態だと、逆に結構汗をかいてしまうんですけどね。

そこは睡眠時間をコントロールして何とかしてください。

汗が目立つ服は着ない

 何気にこれかなり重要です。

 灰色とか、色つきの制服とかシャツを着ていると、汗が物凄く目立ちます。

 黒だと目立たないですね。

 なので、汗をかいても極力目立たない服装を心がけましょう。

 作業着やスーツなどの決まった服装がある人は、下着につけても目立たない服を選びましょう。

 icon-exclamation-circle 

 汗をかいたことが目立ってしまう服を着てしまうと、恥ずかしいです。

恥ずかしさを感じてしまうと、更に汗をかいてしまいます。

多汗症の人は動揺するとすぐに汗をかいてしまいますので、動揺のタネは消しておいたほうがよいのです。

多汗症の人は、何が引き金になって動揺して汗をかいてしまうかわかりません。

野菜中心の食生活に変える

condesign / Pixabay

あるいは、食生活も関係あると思います。

熱いものとか、辛いものとか、体を温めるような食べ物は、極力食べないほうがいいかもしれません。

 本来そういったものは体にいいのですが、あなたにとっては十分すぎるほどなのかもしれません。

 できれば野菜中心の食生活に変えましょう。

 icon-exclamation-circle 

 以前これやってたとき、あまり多汗症が気にならないぐらいになりました。

精神も安定してきますし。

というか、多汗症というのは栄養バランスの乱れ食生活の乱れなども大きいと思います。

 体を冷やす野菜を食べれば、 汗をかきにくくなるかもしれませんし。

ナスやキュウリなど。

動揺するようなことは避ける

多汗症の人は、動揺するようなことは極力避けましょう。

多汗症の人というのは、メンタルが弱いといいますか、ちょっと緊張するだけで汗が吹き出してきます。

なので、極力動揺するような事態は避けましょう。

 icon-exclamation-circle 

極力、いつも通りの仕事をいつも通りにこなしていけば、問題なく給料がもらえるような仕事をするべきです。

毎日変化があって、臨機応変に対応していかなければいけないような仕事は、動揺しやすいですからね。

テンパラずに、焦らなくて済む仕事を選んだほうがよいです。

常に気を抜いてリラックスする

LoggaWiggler / Pixabay

多汗症の人は、常に肩の力を抜いてリラックスすることを心がけましょう。

 多汗症の人って、気合を入れてしまうとすぐに汗をかきます。

なので、気を抜いておいたほうがよいのです。

 一日の初めに「頑張るぞ!」とかやるだけで汗かきやすくなるような気がしますし。

 常に冷めていないと、変なところで汗をかいてしまいます。

 人前に出ている仕事中などは、常に心と体を弛緩させておきましょう。

周りに汗っかきアピールをしておく 

 これは絶対にやっておいたほうがいいと思います。

 多汗症の人って、変な場面で緊張して、変な場面で、変な汗をかくんですよ。

 そうなってしまうと恥ずかしい思いをします。

 「こんな場面で自分だけ汗をかいたら、みんなに変な目で見られてるんだろうな…」と考えてしまうと、余計に汗をかいてしまいます。

 icon-exclamation-circle 

 なので、周りに理解者を作っておきましょう。

そうすれば変なところで汗をかいても、安心して汗をかくことができます。

理解者を作っておけば、むしろ「ウソをつけない人」というプラスの評価を得られるかもしれません。

実際、多汗症の人ってウソつきにくいと思いますし…。

臭い対策は万全にしておく

Alexas_Fotos / Pixabay

これも絶対にやっておきましょう。

多汗症の人は、いつどこで汗をかくかわかりません。

変なところで汗をかいてしまうと、臭いが気になってしまいます。

臭いが気になってしまうと、さらに緊張してしまうでしょう。

「臭ってないかなぁ…?」みたいに気にしてしまうと、それだけで動揺します。

そうなると、更に緊張して更に汗が出てきてしまいます。

 icon-exclamation-circle 

その上、ニオイ対策をしておかないと「あの人汗臭くない!?」とか言われてしまう可能性がありますよね。

そんなこと言われたら、あなたのガラスのハートは砕け散ってトラウマになってしまうでしょう。

トラウマになってる人は、今この文章を見ただけで「ドキッ!」としたんじゃないでしょうか?

そうすると、事あるごとにそのトラウマを思い出してしまいます。

そうすると更に汗をかくようになり、多汗症はさらに悪化します。

対策としては、

  • 制汗剤を何本もストックしておく

  • 香水をつける

  • 着替えを何着も常に用意しておく

  • お風呂でよく体を洗う

など。

臭い対策を万全にしておけば「対策はしてあるから、いつ汗をかいても大丈夫!」と安心できます。

多汗症の人にとっては、そういった安心やリラックスこそが重要なのです。

苦手な人とは付き合わない

 多汗症の人が 汗をかかないようにするコツは、「いかにリラックスして日々を過ごすか?」です。

 なので、気の置ける人たちとしか付き合わないようにしましょう。

そうすれば動揺する機会が減りますし、いざ汗をかいたとしても「この人たちの前だったら別に汗かいても大丈夫だな」と思ってリラックスできます。

 付き合いの長い間であれば「また汗かいたのか」みたいに理解してもらえますから、気楽です。

 icon-exclamation-circle 

 私も学生時代の時、ちょっと苦手な友達とつるんで食事に行って、変なところで汗をかいてトラウマになりました。

 苦手な人だと、多汗症であることを馬鹿にしてきたり、いじってきたりするんですよ。

 もう10年以上も前の話ですが、今でもありありとをその時の嫌な気持ちを想像できます。

つまりはトラウマになってますね…。

在宅ワークに変える

fancycrave1 / Pixabay

やはり、多汗症の人にとって職業選びはものすごい重要だと思います。

私もネットなどで多汗症克服のために色々調べましたが、多汗症が原因でニートになっている人かなり多いです。

ニートだけならいいんですが、社会不安障害を併発して引きこもりになってしまって外に出られない人も多いです。

「多汗症のせいにするな!」ってのはわかりますけど、多汗症じゃない奴にあれこれ言われたくないですね……そのくらい本人は深刻に悩んでます。

 icon-exclamation-circle 

でしたら、最初から在宅ワークなどの在宅勤務ができる会社にしたほうがいいかもしれません。

最近は自分でネットで稼げる手段も増えてきていますから、独立することも可能です。

在宅勤務を奨励している会社も増えてきています。

家で働けるのであれば調子も整えやすいですし、人前で汗をかいて恥をかかずに済むと思います。

最近はネットで独立することも難しくなくなってきているので、そっちの道に進むのがいいかもしれません。

多汗症で嫌な思いをしなくても済むなら、頑張れると思うんですけどどうでしょうか?

→サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

自己暗示をかける

 多汗症の人は、変なところで緊張してしまう傾向にあります。

要は、自意識過剰なんだと思います。

 その原因となっているのは、ネガティブな思い込みだと思います。

 なので、自己暗示を使えばそのネガティブな思い込みは消せるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

 自己暗示の方法は色々ありますが、なりたい自分を想像して、それを文字に起こして音読するだけでも、自己暗示の効果があるということが最近わかってきています 。

 例えば、

「私は、 人前でも冷静にリラックスして対応することができる。」

 みたいな。

これを折に触れて何度も音読するんです。

 実際読むときは、リラックスさせるための誘導文などが必要なのですが、 これだけでも読んでイメージするだけで効果があります。

 要は、潜在意識にそれを染み込ませればいいわけですから。

この本が、効果があってわかりやすいです。

しかも手軽です。

まあ、気長にやってみるといいでしょう。

医者に行っても抗不安薬などを処方されるだけでしょうから、結局自助努力で内面を変えていくしかない気がします。

自律訓練法を使う

KJ / Pixabay

多汗症の人は、自律神経が乱れている人が多いです。

 自律神経の乱れをトレーニングして直すことができるのが、自立訓練法です。

 これをやることで、自律神経の乱れをリセットすることができます。

 これも自己暗示みたいなものです。

最も一般的な自律訓練法は、次の背景公式(基礎公式ともいう)と第1公式〜第6公式の合計7つの公式からなる。

  • 背景公式
気持ちがとても落ち着いている。
  • 第1公式
手足が重い。-「右腕が重たい」「左腕が重たい」「右脚が重たい」「左脚が重たい」/「両腕が重たい」「両脚が重たい」/「両手両脚が重たい」
  • 第2公式
手足が温かい。-「右腕が温かい」「左腕が温かい」「右脚が温かい」「左脚が温かい」/「両腕が温かい」「両脚が温かい」/「両手両脚が温かい」
  • 第3公式
心臓が静かに打っている。
  • 第4公式
呼吸が楽になっている。
  • 第5公式
お腹が暖かい。
  • 第6公式
額が涼しい。

これらの公式を順に心の中で繰り返し唱え、自己催眠状態になっていく。

疲労回復やストレスの緩和効果もあります。

ドイツの精神科医が開発した手法です。

 icon-exclamation-circle 

すっかり忘れてましたが、私これで多汗症克服したんでした。

私、これ毎日寝る前にやってます。

あまりに自然にやりすぎてて、今まで忘れてましたけど。

自己暗示をする前にこれを行うことで、自己暗示の効果を引き上げることもできます。

これを使えば、どこでもリラックスすることができるようになりますよ。

うるさい場所でもリラックスして寝やすくなります。

まとめ

 私も多汗症だったのでわかりますが、これほんとに死にたくなるくらいの悩みなんですよ。

 周りの人にはわかってもらえませんし、キモいやつ扱いされたりもするし 、恥をかいてトラウマになったりもしますし…。

  • 「また汗をかくんじゃないか?」

  • 「恥をかくんじゃないか?」

  • 「変なところで汗をかいたらどうしよう…」

みたいに思い込んでしまって、 当然ながら異性にもなかなか積極的になれません。

異性だけならいいんですが、友達と会うのも億劫になってきます。

 今のうちに何とか克服しておいたほうがいいと思います。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする