対人恐怖症で仕事辞めたい!上手く社会で働いていくための6つのヒント

Unsplash / Pixabay

  • 対人恐怖症で仕事辞めたい!

  • 同僚や取引先の人と接するのが苦痛!

  • これじゃどの仕事も勤まらない気がする…

とお悩みの、対人恐怖症で仕事を辞めたいと考えている方のためのページです。

最近は人間関係が希薄になりましたから、コミュニケーション能力が低い人が増えています。

それでいて社会生活を営む上では人とのコミュニケーションが不可欠ですから、対人恐怖症になってしまう気持ちもわかります。

さぞお辛いことででしょう。

ですが、果たしてそこで辞めてしまってもいいのでしょうか?

なんとかするための方法をまとめてみました。

⇒出社拒否で退職!?退職手続きを郵送で済ませる5つのポイント

新たな職場で人間関係構築するのも大変

対人恐怖症で仕事を辞めたくなる気持ちというのは、わかります。

私もあまりコミュニケーションが得意なほうではありませんし、結構人と接するのが苦痛に思うこともあります。

このご時勢だからか、ギスギスした人も増えているような気がしますしね…。

 icon-exclamation-circle 

ですがこれが、仕事を辞めるとなると、むしろ面倒なことになる可能性もあります。

といいますのも、遅かれ早かれ転職して別の職場に行くことになると思いますが、そこで新たに人間関係を構築しないといけないからです。

対人恐怖症となると、シャイで人見知りをする人が多いと思いますが…。

新たな人間関係に馴染めなかった場合、また「対人恐怖症だから仕事やめたい」ということになりかねません。

結構、リスキーかもしれません。

また同じことにならないための解決策を考える

転職しても結局は人間関係から逃れられません。

というか、これから先生きていくことを考えると、一生何らかの人間関係はついて回ると思いますし…。

 icon-exclamation-circle 

ですので、対人恐怖症を克服するための方法を考えるとか、何らかの解決策を考えたほうがいいと思います。

別の職場に移ってしまっても、また同じことになるかもしれませんし…。

具体策としては、

  • 仕事以外のコミュニティの場に顔を出す

  • 同じ悩みを持つ人たちと出会う

  • 営業職などにあえて飛び込んでみる

などなど。

考えられる解決策はいくつかあります。

このまま、ずっとこの悩みを抱えたままというのもきついでしょうし…。

なんとか、克服する方法を考えたほうがいいと思います。

心療内科に行く

或いは、心療内科に行って薬を貰うというのも手段の一つです。

抗不安薬などの薬を貰えば、多少落ち着いて社会生活を送ることができるかもしれません。

ただ、薬を飲み始めるとなかなかやめられませんが…。

 icon-exclamation-circle 

対人恐怖症といっても程度によりますが、それによって社会生活に著しい支障をきたしているようであれば、ちゃんと医者も対応してくれます。

といっても、薬を出してくれるだけですが…。

対人恐怖症になっている人というのは、結構うつ病や統合失調症などの精神病も併発していたりします。

そういった疑いもありますので、一度心療内科や精神科にかかってみるというのも手段の一つです。

海外の職場に移る

或いは、海外の職場に移るというのも手段の一つです。

「対人恐怖症なのに海外なんて無理!」と思うかもしれませんが、違うんです。

 icon-exclamation-circle 

それというのも、対人恐怖症というのは日本特有の疾患…という説を唱えている学者がいるからです。

言われてみれば確かに、日本人ってやたら細かいというか、神経質な人が多い気がします。

もともと不安を感じやすい、神経質になりやすい遺伝子を日本人は持っているらしいですが…。

海外の人は、もっと大雑把に仕事してたりするって聞きますし。

最近は、英語や現地語が喋れなくても海外で働ける選択肢はありますね。

といっても、同僚は日本人ばかりのコールセンターみたいな感じですが…。

そういう日系企業で働き、合間に語学を習って現地に馴染むのも手段の一つです。

確かに、外人の知り合い結構いますけど、日本人ほど細かくないし、神経質な感じではないですね…。

他人を異常に気にする感じでもないですし。

そういった環境に飛び込めば、また変わってくるかもしれません。

対人恐怖症でも勤まる仕事に変える

或いは、対人恐怖症でも勤まる仕事に変える、というのも手段の一つです。

たとえば、

  • ライン工

  • プログラマ

  • ブロガー

  • 職人系の仕事

などなど。

といっても、対人恐怖症の程度によりますけどね…。

あまりにひどい場合は、採用されないと思います。

ですが、一応今の職場で働けているということは、それほど酷いわけではないと思います。

上で挙げたような仕事であれば、比較的人と接する機会も少なかったりするので(といっても職場や雇用形態にもよるが…)、なんとかなるかもしれません。

そういった仕事に変えてしまうというのも手段の一つです。

夜勤メインの仕事に変える

或いは、夜勤メインの仕事に変えてしまうというのも手段の一つです。

なぜかというと、夜勤のほうが当然ながらみんな眠いため、コミュニケーションが少なくなる傾向にあるからです。

私も以前、工場の夜勤の仕事をしていましたが、0時を過ぎてしばらくするとみんな疲れてきて、朝方は無言になってる人が多いですね…。

そういうほうが対人恐怖症の人としては気楽でしょう。

 icon-exclamation-circle 

というか、私もモロに経験したんですが、夜勤やってると性格が暗くなってくるといいますか、覇気がなくなってきます。

夜勤やってる回数が多い人は、ゾンビのようになってた社員もいました。

まあ、夜勤だと稼げますけどね。

いっそのことやってみるのも手段の一つです。

まとめ

対人恐怖症というのはつらいと思いますが、なんとか自分にあった仕事を続けていくしかありません。

まあ、最悪試用期間で辞めれば職歴にせずに済むので、いくつか新しい職場にチャレンジしてみるというのもいいと思いますが。

人間関係となると生きている以上どうしてもつきまとってきますので、なんとか克服しておいたほうがいいかもしれません。

案外こういうのって思い込みだったりしますし、ちょっとしたきっかけや努力次第で、なんとかできるものだと思います。

まあ、克服するには恐れずに人と接していくしかないですね…。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする