【話が違う】試用期間が延長された!本採用されない場合の6つの注意点

Fotomek / Pixabay

  • 試用期間が延長されてしまった!

  • 「まだ正社員にはできない」と言われた…

  • 本採用がまだできないと言われた…

とお悩みの、試用期間が延長されてしまった方のためのページです。

最近はブラック企業が増えていますので、あなたのような方も全く珍しくはないと思いますが…。
試用期間が延長されたということは、本採用になるのがその分遅れてしまったということです。
ちょっと考え直したほうがいいような気もしますが…。

なんとかするための方法をまとめてみました。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

そのまま正社員にしてくれない会社も…

そもそもですが、「試用期間をのばす」ということ自体、ちょっとおかしいです。

その会社は、本当に正社員にしてくれるのですか?

友人で、あれこれ試用期間延長の言い訳をされて、一年以上試用期間だった人がいます。
結局いつまで経っても正社員にしてくれなかったので、結局辞めていました…。

 icon-exclamation-circle 

会社って、本当に信用できないところが多いです。

「労働者なんて適当なことを言っておけばなんとかなる」くらいに考えていますよ。
あなたにも、何か心当たりがありませんか?
人を大事にしない会社とか。

そういった会社ではもし正社員採用されたとしても、後々絶対に何かトラブルが発生するに決まっています。

今のうちになんとかしておいたほうがいいかもしれません。

考え直した方がいいかも…?

ioana_radu / Pixabay

そもそも、試用期間を延長するという時点で、会社側に誠意が感じられません。

試用期間を延長するということは、あなたが正社員になるのがその分遅れるということです。
最終的に本採用されて正社員になれればいいですが…。

その間は、あなたはただのフリーターです。

この事実をもう一度見つめ直した方がいいかと思われます。
そんな不安定な状態では周りの人に堂々と「仕事はこれです!」と言うこともできないでしょうし。

最終的に本採用されず、ポイ捨てされる人も多いです。

人の人生をなんだと思っているのでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

交渉の基本、騙されないための基本としては「最初の話と違ってきた時点で、断る」というのがあります。

ふつう、最初の話通りに事を進めるつもりであれば、「試用期間を延長する」なんてことにはならないですよ。

信用できる人物なら、問題が無ければそのまま最初の話どおりに進めます。

最初からあなたを騙して入社させるつもりだったのではないでしょうか?

試用期間で辞めれば職歴に書かなくても済むので、さっさと辞めたほうがいいかもしれません。

【向いてない】もう辞めたい!試用期間で退職する際の注意点12個

会社は「体のいいバイト」くらいに考えているかも

試用期間であれば、会社は通常の本採用の社員よりも安い金額で人材を使うことができます。

  • 「試用期間中は時給制」

  • 「試用期間中は給料抑えてある」

  • 「試用期間中は社会保険に入れない」

こんな感じなのではないでしょうか?

その場合、会社はあなたのことを単なる「体のいいバイト」くらいに考えている可能性もあります。
腹が立ってきませんか?

 icon-exclamation-circle 

最近は正社員の人材は募集すれば結構来ますが、非正規の人材なんて全然集まりません。

今は労働人口も減ってきていますし、人手不足の会社も多いですからね。

今勤めてる会社は結構なブラック企業なんでしょうから、そんな会社からはどんどん人材が流出していってしまいます。

そこで、あなたのように「正社員採用をチラつかせて、安い賃金で働かせる」ということをやってくる会社もあるだろう、ってことです。

時間を無駄に過ごせば過ごすほど、不利になる

geralt / Pixabay

仕事探しにおいては、若さが一番の資格です。

つまり、そんな会社で無駄な時間を過ごせば過ごすほど、不利になってくるということです。

これは、「正社員登用制度あり」に騙されて無駄な時間を過ごしてしまうフリーターの人にも当てはまります。

知り合いにもいますよ、「頑張れば正社員になれる」と騙されて、何年も正社員になれなかった人…。
結局彼は辞めていきましたが、今もフリーターをしています。
もっと早く見極めて転職しておけば、そうはならなかっただろうに…。

日本人は他の国に比べて過剰に年齢を気にすると言われており、年齢差別もひどいです。
歳を食ってしまうと、一気に仕事が見つかりづらくなってしまうのです!

そんな会社にはさっさと見切りをつけて、他の会社に行ってしまったほうが賢明かもしれません。

向いてないなら、さっさと辞める

…とは言いましても、中には本当に仕事が向いてない、仕事が一人前に勤まらなくて、試用期間を延長されている人もいるかもしれません。

最近は社会保険料も最低賃金も上がってきていることもあり、会社が社員を雇うことに関してはかなり慎重になってきていますからね…。

あまりに今の会社で怒られる機会が多かったり、ミスする機会が多いのであれば、あなたはこれに該当するかもしれません。

その場合は会社が試用期間を延長しようとするのは極めて真っ当であり、正当な主張だと判断できます。
まあ、その場合はハッキリと「あなたは無能過ぎてウチの会社では使えない」と、もっと早く言うべきだと思いますが…。

心当たりがあるのであれば、あなたは今の仕事に向いていないかもしれません。
やはり、仕事に向き不向き、合う合わないはありますよやっぱり。

合わない仕事で本採用されて正社員になったところで、毎日が苦しくなるだけだと思います。
見切りをつけて、自ら去っていった方がいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

ハッキリと上司の確約を得るべき

geralt / Pixabay

とりあえず、上司と本気で話し合った方がいいと思います。

多分三ヶ月とか長くても半年、試用期間を延長されたのだと思います。

ですが、このままズルズルと「やっぱりもう一度延長させて」と言ってくる可能性もあります。

というか、その可能性はかなり高いでしょう。

そう言われた場合、あなたは断る勇気がありますか?

ないのであれば、今の時点で損切りし、別の会社を探したほうがいいかもしれません。

でないとズルズルフリーター期間が延びる可能性が高いです。

 icon-exclamation-circle 

一般的に人間は、それまで労力をかけたことに関して、「勿体ないし、もう少しやれば成功するかも」と考えてしまいがちです。

かけた労力を「サンクコスト」と言って、ギャンブルや投資で負ける人間はそういう考えをしがちです。

とにかく早めに損切りするのが一番損失が少なく済むのですが、サンクコストを気にして損切りできない人も多いのです。

曖昧に濁されたら、絶対に辞めるべき

なのでこれはもう、ハッキリさせたほうがいいと思います。

書面にさせて契約書を貰いましょう。

そのさい、

  • 「それは君の頑張り次第だよ」

  • 「あと○ヶ月頑張ってから、また考えよう」

などとお茶を濁されるようであれば、あなたが本採用される確率は極めて低いと言えるでしょう。

少なくとも現段階では、会社側にはあなたを本採用するつもりはありません。

さっさと辞めてください。

これ以上頑張るだけ、時間の無駄です。

まとめ

企業側は、本当に信用できません。

  • 「労働者なんてちょっと騙せば安くこき使える」

  • 「高い給料なんて払いたくない」

  • 「試用期間でズルズルと騙してこき使ってやれ!」

くらいに考えてますよ。

私が経営厳しい中小企業経営者だったら、高い人件費を抑制して会社を回すためにそうするかもしれませんし。

もっと、正社員にスムーズにしてくれる会社を探した方がいいと思います。

今すぐ速攻バックレてでも辞めて、応募しまくってすぐに採用されれば、マトモな会社なら三ヶ月後には正社員になっていると思います。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする