仕事辞めたい!次の仕事をできるだけ早く見つけ会社を辞める6の方法

geralt / Pixabay

  • 仕事辞めたい!
  • けど次の仕事が見つかってないから辞められない…
  • なるべく早く次の仕事を見つけたい!

とお考えの、仕事を辞めたいけど次の仕事が見つかっていないから辞められないと考えている方のためのページです。

仕事を辞めるには在職中に次の仕事を見つけてから辞めるのが理想的です。

「次の仕事が見つからないから辞められない!」という人も多いでしょう。

早く次の仕事を見つけるための方法をまとめてみました。

⇒「仕事やめたい」と考えたらすぐ登録すべき転職サイト

どんな仕事を目指すか明確にする

仕事を辞めたいと考えるのはいいのですが…。

「次どんな仕事に就きたいのか?」あなたの中で明確になっていないと、仕事を探す効率性が悪くなります。

  • あの会社もいい
  • この会社もいい
  • これもやってみたい

などと散漫な気持ちで転職活動をしていては、いつまでたっても決まりません。

 icon-exclamation-circle 

受ける会社に一貫性が無いと、履歴書の志望動機もその都度大幅に変えなくてはいけないので面倒です。

ある程度やりたい仕事が決まっていれば志望動機なんてのはある程度決まってきます。

面接の際も説得力が出て、結果的に受かる確率が上がります。

「今の会社以外だったらどの会社でもいい!」なんていういい加減な気持ちですと当然面接官にも見抜かれます。

それに転職できたとしても、「やっぱり前の会社の方が良かった」などとなってしまう可能性もあります。

今すぐ辞めたい!と適当に転職先を選ぶと危険!状況が悪化する可能性

まだどんな仕事に就きたいのかイメージができていない人は、とりあえず転職サイトあたりで求人を眺めてみるといいかもしれませんね。

期限を決める

Kaz / Pixabay

どんな仕事、業界、会社を目指すかを決めたら、いつまでに転職するのか?期限を決めたほうがいいです。

在職中に転職活動するというのはかなりスケジュール的にきつくなります。

短期決戦で行ったほうがいいです。

 icon-exclamation-circle 

特に結婚して子供がいるような人ですと、転職活動がうまくいかずついイライラしてしまいます。

結果的に家庭不和の原因にもなります。

妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

精神的にも不安定になりますので、できるだけ短い時間で次を決めてしまった方が良いです。

また、会社から帰ってきてクタクタになっていても転職活動をしなくてはならないので、つい甘えが出てしまいます。

何の活動もしないまま1週間、1ヶ月が過ぎてしまったなんてことにもなりかねません。

周りにいませんか?

「俺は会社をやめる」なんて言っているのに、いつまでたっても辞められない人…。

本気で次の会社を見つけて、今の仕事を辞めたいのであれば、しっかりと期限を区切って、短期間で効率的に転職活動を行うべきです。

短期間で仕事を見つけるつもりで頑張って、実際に見つからなくてもそれはそれで仕方がないのです。

が、短期間で見つけるつもりでやらないと、絶対に短期間では見つかりません。

使えるものは何でも使う

在職中の転職活動は致命的に時間が足りません。

使えるものは何でも使い、手段は選ばないほうがいいです。

 icon-exclamation-circle 

例えば何らかのコネがあるのであれば、徹底的に活用して転職活動に活かすべきです。

あと、家族がいて家ではなかなか転職活動ができないというのであれば。

  • 近場の自習室を借りたり
  • 図書館を利用したり

などして工夫していく必要があります。

独身者であれば別に転職を失敗しても、最悪バイトや派遣で食いつないでいくことは出来ます。

しかし結婚して子供がいるような人ですと、転職失敗してしまうと家族にも被害が及びます。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント6つ

あまり余裕もありませんので、

  • 使えるものは何でも使う!
  • 手段は選ばない!

ぐらいの気持ちで行ったほうがいいでしょう。

転職エージェントを利用する

Kaz / Pixabay

使えるものは何でも使う…ということに通じるのですが、転職エージェントなどは積極的に利用したほうがいいでしょう。

これも結構担当者次第の面はあるのですが、ちゃんと経験豊富なエージェントに当たれば転職活動中の悩みを聞いてくれます。

在職中にうまく次の仕事を見つけるためのアドバイスや相談に乗ってくれたりもします。

向こうから求人を見つけて持って来てくれたりもします。

社会人の在職中の転職活動になると、圧倒的に時間がありません。

猫の手も借りたいくらいだと思います。

使えるものは徹底的に利用しましょう。

仕事が休めないなら転職エージェントの力を借りる

有給は躊躇なく使う

もう辞めることを決めているのであれば、 有給は躊躇なく使いましょう。

面接は普通平日の時間に設定されますから、有給を使わないと面接に行くことすらできないでしょう。

 icon-exclamation-circle 

転職エージェントを使えば平日の夜や、土曜に面接を入れてくれることもあります。

が、これも受ける会社次第で変わってきますので、確実とはいえません。

どうせ辞める会社なのですから、有給は躊躇なく使ってしまいましょう。

あなたもあまり有給を使えていないと思いますし、今こそが使い時です。

上司や同僚に嫌みの一つや二つを言われたりもするかもしれません。

しかし会社をやめてしまえば、もうほぼ会う機会はありません。

まあ、一応休む時の言い訳は角が立たないようなものを適当に用意しておいた方がいいとは思いますが。

どうせ辞める会社なら、あまり気を使う必要もないかもしれません。

有給休暇は労働者の権利ですし、本来自由に使うことが出来ますからね。

お金があれば辞めてから次を探しても良い

WerbeFabrik / Pixabay

ほぼ貯金がない人ですと、辞めてから次を探すのはかなり困難になります。

 icon-exclamation-circle 

しかし、今すぐ仕事を辞めてもすぐには生活に困らない程度のお金がある人であれば、別に辞めてから探しても構いません。

もちろん在職中の転職活動に比べて不利にはなりますが、あまり焦らなくてもゆっくり次を探すことができます。

まあ、ギリギリ何ヶ月か生活できる程度の貯金しかなければ、焦ってしまうとは思いますが。

1年ぐらい生活できる貯金があれば、かなり精神的ゆとりをもって次を探すことができると思います。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

「在職中に探した方が給料は保証されているし、ゆとりをもって探せる」なんて言う人もいますが…。

既に仕事を辞めたいと思っている人の場合、「今の会社以外の会社ならどこでもいい!」と 無意識に考えてしまって、焦ってしまう傾向にあります。

そうなると、「こんなはずじゃなかった」なんてことになる確率も上がります。

実際、在職中に次の転職先を見つけたものの、合わずにすぐに辞めた…みたいな人は結構実際に見てます。

なので、在職中に探すから余裕をもって探せるとも限らないです。

辞めてから3ヶ月たてば、自己都合退職でも失業給付がもらえます。

辞めてから探しても良いかもしれませんね。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする