【半人前】仕事で一人前になるには!?早く独り立ちする9の方法

Tabeajaichhalt / Pixabay

  •  仕事で早く一人前になりたい!

  •  いつまでも半人前は嫌だ!

  •  早く一人前になるためにはどうしたらいいのかな ?

 とお悩みの、仕事で早く一人前になりたいと考えている方のためのページです。

 仕事を始めたからには、早く一人前になりたいですよね。

 早く独り立ちしないと、先輩や上司に文句を言われますし。

 結構肩身が狭い思いをしているのかもしれません。

 なんとか早く独り立ちするための方法まとめてみました。

最初は基本的な実務を覚える

 色々覚えることはあると思いますが、まずは基本的な実務を覚えましょう。

まず覚えるべきは、一通りの一日の仕事の流れです。

細かいことは後回しで構いません。

 まずはここ覚えないとはじまらないと思います。

 ここに関しては、とにかく慣れですね。

 まずは慣れて、場に馴染むことができれば、冷静に周りを見渡すこともできるようになってくるでしょう。

 最初は、怒られるのは当たり前です。

最初からできないのが当たり前なんですから。

 最初からできる人なんていません。

 とりあえずは、一日の平均的な毎日の仕事の流れを覚えればいいと思います 。

細かい部分は一通り覚えてから

  •  「ここの部分はどうなってるの?」

  •  「こうなったらどうしよう」

 みたいな、細かい部分やイレギュラーな出来事への対応は、まずは覚える必要はありません。

 とりあえずは先ほど申し上げました通り、一通りの毎日の仕事の流れを完璧に覚えることからです。

まずざっくりと流れを覚えてから、細かい部分を詰めていきましょう。

 特にイレギュラー対応などは、基本ができていないとまず無理です。

 まあ、あなたがかなり要領のいい人間であれば、もしかしたらすぐできるようになるかもしれません。

ですが、こんなページを見ているということは、残念ですがあなたはそれほど要領がいいわけではないのでしょう。

 とりあえずは細かいことは考えなくていいので、大筋の仕事の流れを覚えることから始めましょう。

メモを忘れない

 仕事を教えてもらう時は、メモを絶対に忘れないようにしましょう。

 とにかく、一度聞いたことは二度と聞かないで済ますようにしましょう。

できるだけ早く1人前になりたければ、一度聞いたことは忘れないようにするのがコツです。

一つ覚えたら一つ忘れる…というのは最悪です。

それではいつまで経っても一人前になることはできないでしょう。

頭だけで覚えようとすると忘れてしまいます。

人間の記憶というのは、それほどアテになるものではありませんから。

とりあえずメモをとっておけば、後になって見返すことができますからね。

後になって見返してみて「あれ、これってそうだったんだ」みたいに、自分の認識が誤っている事が分かることもザラです。

その時は理解できなくても、後になってわかったりもしますからね。

とにかく紙に記録として残しておきましょう。

家で仕事のイメージトレーニングをする

intographics / Pixabay

これはかなり有効です。

 メモなどを何も見ないで、 自分の頭の中のイメージだけで仕事がこなせるかどうか?やってみましょう。

 家から出て仕事場に行って、まずはこれをやって、これがこうなって、 これをこうやってこなして…みたいな。

 想像でできなければ、実際にやることはできません。

 やってみるとわかりますが、「ここは…あれ?どうやるんだっけ?」みたいに、曖昧な部分がたくさん見つかります。

 あいなまいな部分さえ見つけてしまえば、後はそれを潰していくだけです。

 曖昧の部分を潰せば、仕事もかなり完璧にこなすことができるようになります。

 想像力が低い人は難しいかもしれませんが…。

 まあ想像力は努力次第で鍛えられますので、 今からでもやり始めるといいかもしれません。

アファメーションを使う

 イメージトレーニングと同じような感じですが。

アファメーションという心理的技法を使うのもアリです。

アファメーションとは、ポジティブな言葉で自分に語りかけ、自分を変えるテクニックのことです。

理想の自分になることができます。

今のあなたは、一日のかなりの部分

  • 「この職場でやっていけるのかな?」

  • 「私はなんてだめなやつなんだ」

  • 「こんなんじゃ生きていけないんじゃないだろうか?」

みたいな、ネガティブな声が、心の中にあるはずです。

それだと、アファメーション的にはダメです。

そうではなく、ポジティブな声で心の中を満たすんです。

「私は記憶力もよく、飲み込みも早く、積極的なので、今の職場で自信を持って働いている」と自分に語りかけましょう。

「なる」とか「なりたい」ではなく、理想の自分の状態を今達成している…と語りかけるんです。

心の中のあなたが変われば、それが実際に外側にも出てきます。

失敗してもネガティブにならない

失敗してネガティブになってしまったところで、良いことは一つもありません。

 おそらく失敗してしまったら、 先輩や上司に何か文句の1つぐらいは言われると思います。

そういった忠告を聞くことも重要なのですが、半分聞いて半分聞き流しましょう。

教訓だけ得て、後は忘れるのが賢明です。

失敗についてよく分析したり、考えることは重要です。

ですがそれについて思い悩んだり、深刻になりすぎても全く意味はありません。

あなたは恐らく最善を尽くしていると思いますから、できることだけ最善を尽くしてやって、ダメならダメで諦めましょう。

あなたにはそれしか道はないのですから。

向いてないなら見切りの速さも重要

 とは言いましても、やはり仕事に向き不向きはあると思います。

 向いていないのであれば、早々と切り上げてしまうのもアリです。

 つまりは、職歴にならないうちにさっさと辞めてしまって、次の職場を探すという方法です 。

そんな感じでは今の職場も長続きしないかもしれません。

そうなると短期職歴になってしまいます。

それであれば、さっさと他の職場に移ってしまうのも手段の1つです。

短期職歴がつくよりは、その間無職でもやってたことにしたほうがはるかにマシです。

リラックスする術を身に付ける

rhythmuswege / Pixabay

まだ今の仕事には慣れていないかもしれません。

ですが、リラックスできるように努力しましょう。

仕事中にミスをしてそこで焦ったりしても、いいことは1つもありません。

なので、常にリラックスしていたほうがいいのです。

リラックスするためには、いくつも方法があります。

  • 腹式呼吸を身に付ける

  • 自立訓練法を身に付ける

  • 自己暗示を使う

など。

リラックスしているときならば、人間は100パーセント自分の力を発揮することができるのです。

ある程度時間が解決してくれる

 とりあえず、めげずに出勤しましょう。

そうすれば慣れてきて、ある程度時間が解決してくれる面はあります。

 その前にめげてしまって、辞める人も多いですが…。

 まあ前の職場では、2年くらいいるのに全然仕事できない人もいましたけどね…。

 それはそれで、上司がまた考えるでしょう。

 でも働けるのであれば、それでもその人はその会社には必要な人材なんです。

 まああんまり焦ったりプレッシャー感じでもいいことはないと思いますので、気長にやっていけばいいと思います。

まとめ

 大抵のことは、慣れれば何とかできるなると思います。

 ただ、向き不向きはあります。

今の仕事にあまりやりがいを感じていないのであれば、見切りをつけるのは早いほうがいいと 思いますけどね。

 優秀な人材が辞めてしまって、教えるのがあまりうまくない社員しか残っていない…なんて会社は世の中にかなり多いですから 

 まあいろいろ試行錯誤してみるといいでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする