【栄転】出世を断りたい!?断る際の注意点7選

bykst / Pixabay

  • 出世の話が来たが断りたい!

  • 管理職になると残業代出なくなるし…

  • 責任も増えるし嫌だ…

とお悩みの、出世の話が来たものの断りたいと考えている方のためのページです。

最近はあなたのように、出世したくない若者も増えています。

というか、最近はブラック企業が多いですから、名ばかり管理職も多いですね。

出世してもほとんど旨みがなく、責任だけ増えるというパターンも多いと思います。

ですが、「果たして出世を断ってしまっていいのか?」ということがありますね。

出世を断る際の注意点をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

下の人に疎まれる可能性が

未だに、大抵の会社では年齢で出世がかなり考慮されると思います。

年齢と勤続年数です。

ある程度歳がいっていて、ある程度の勤続年数があれば、出世の声はかかってくると思います。

出世ということに関しては、年功序列ではなく成果主義にしている会社も多いですが。

未だに年齢は重要なファクターです。

 icon-exclamation-circle 

そんな中あなたが出世を断ったら?

年齢が下の、勤続年数があなたよりも少ない後輩は、ちょっと疎ましく思うかもしれません。

年齢が下の後輩たちは、「順当に、年上のあなたに出世してもらいたい」と思っているはずです。

でないと、あなたの後輩に出世の話が来るから。

最近の人は出世したがらないので、出世=ババ扱いしている人も多いです。

年齢が下の後輩が出世してしまったら?

あなたが後輩の部下になるので、年上の部下ができてしまって扱いにくいです。

断る事も可能かもしれませんが、そういった覚悟はしておきましょう。

→【立場無し】後輩に抜かれた!?先に出世されたときの7つの対応策

出世は社内の状況が決める

そもそも、出世はあなたが決めるのではなく社内の状況が決めます。

適切な人員配置と役職付を考えたら、あなたを出世させるのが妥当だと会社は判断したということです。

単に、「あなたにはそれを受け入れる覚悟があるかないか?」だけの話です。

一応出世の打診があったということは、会社側の辞令が降りたということですし。

 icon-exclamation-circle 

辞令がまだ正式に出ていなくても、秘密裏に相談されたということかもしれませんが。

話が来たということは、上の人間も下の人間も、「あなたは出世すべきだ」という状況に今なっているんでしょう。

期待されているとも言えます。

そういったことも頭に入れておいてください。

能力もやる気もないなら断った方がいい

とはいえ、能力もやる気もないという自覚があるのであれば、断った方がいいかもしれません。

出世しまったら、下の人間に対して迷惑になってしまう可能性もありますし。

出世をするということは、権限を持つということです。

つまりは力を持つこと。

出世する器ではない人間が力を手にしてしまったら、大変な事になります。

→精神論を振りかざす!理不尽な根性上司と上手くやっていく方法

 icon-exclamation-circle 

最近はサービス残業だとか休日出勤だとかする会社が増えていますが、運営がうまくいっていないということですよね。

それはつまり、

  • 上に立つべきではない人間
  • 管理能力のない人間
  • 人を使うのに向いていない人間

が、出世してしまっているということです。

まあ、管理職ではなく社長の問題でもありますが…。

そうなるとみんなに迷惑がかかってしまうので、断った方がいいのかもしれません。

断ると二度と出世の話は来ないかも

断り方にもよるのかもしれませんが、一度断ると「向上心なし」とみなされます。

二度と出世の話は来なくなるかもしれません。

まあ「出世を断った人」というレッテルを貼られますよね。

後で「誰かを出世させよう」という風になる時も、またすぐ来るでしょう。

その時に「あの人は一度断ってるからダメだ」という風に、話すら来ないと思います。

それでいいのならそれで構いませんが。

 icon-exclamation-circle 

長く会社に勤めていると、状況も変わってくるでしょう。

年下の後輩が出世していくこともあると思います。

そうなった時に、「やっぱり俺も出世したい」って言っても手遅れかもしれません。

社内の査定に響くかも

出世を断るというのは、会社は当然いい顔はしないでしょう。

  • うちの会社で長くやっていく気があるんだろうか
  • 我が社の利益をちゃんと考えているんだろうか
  • 責任感がないやつだ
  • やる気があるのか

などと、会社に判断される可能性があります。

そうなると当然、ボーナスの査定などにも響くかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

そりゃあそうですよね。

会社としては、ちゃんと責任感を持って出世を受け入れてくれる社員に、多くのボーナスを払いたいに決まっていますから。

とはいえ、そこそこの会社に勤めているのであれば、平社員でもかなりのボーナスは貰えるでしょう。

それでいいのならかまいませんが。

後輩が先に出世する覚悟はすべき

あなたが出世を断ると、次の人に出世の話が行くでしょう。

あなたの同期かもしれませんが、もしかしたら年下の後輩かもしれません。

ちょっと考えればわかると思いますけど。

後輩が出世して、後輩に使われる立場になる覚悟があるのであれば、別に構わないでしょう。

 icon-exclamation-circle 

まあ、こんなの気にするのもプライドが高すぎるような気もしますし。

仮に転職とかしたら、そんなことはザラなのですから、あまり気にすることもないのかもしれません。

出世とはいえ、所詮会社の役割ですからね。

ただ、プライドが高い人は結構気にしてしまうかもしれません。

→【ムカつく】仕事で嫌いな後輩が!イライラする毎日を変える9の方法

平社員でいられるのであればそれもアリ

中には出世の話を断ると、リストラ候補に入れたり退職を強要してくるような会社もあるようです。

ですがあなたの会社は、平社員でも会社にいられるのであれば、それで構わないかもしれません。

平社員の方が気楽ですしね。

 icon-exclamation-circle 

実際に知り合いの大企業勤務の人で、そういう人います。

出世を断って、そのまま定年まで平社員でいたって言う人…。

まあ結構いるんでしょうけど。

出世を断ってもそのまま平社員で働けるんであればそれもアリです。

まとめ

出世をするというのは一見良いことのように見えますが、新しい役割を与えられれば新しい仕事を任せられます。

それについていけず、適応障害などを発症してしまう人も多いです。

正直いいことばかりではないです。

出世を受け入れてしまったら良くも悪くも状況が変わってしまいますので。

慎重に考えた方がいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする