リラクゼーション業界をやめたい!労働時間が長く激務です

rhythmuswege / Pixabay

当サイトに寄せられたブラック企業体験談をご紹介するコーナーです。

お客様に安心と癒しを与えるリラクゼーション業界ですが、そこで働く従業員は安心や癒しから程遠い条件で働いている人も結構いるようです。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

『過酷な労働条件と、悲惨な労働時間』

リラクゼーション業界店舗責任者  30代女性 Yさんの事例
 
 
大きな大企業というわけではなかったのですが、労働時間が長く休みは月に2日程度でした。
 
24時間体制の店舗だったのですが、18時から朝9時までが基本シフトで人がいないときなどはお昼の12時くらいまで残っていました。
そして打ち合わせや会議があるときはだいたい14時からでしたので、48時間ほど続けて働くときもありました。
 
 
それまでもブラックな企業に勤めてたことはあるのですが、まだ手当が出る分我慢して働いていました。
 
何より店舗適任者としての責任もありましたから、簡単に辞めることは出来なかったのです。これが名ばかり管理職というのでしょう。
 
 

人手不足による激務で、睡眠障害に

Counselling / Pixabay

アルバイトはみんな若い女性でしたが、夜に働きたいというひとがほとんどいませんでした。

人手不足で自分は接客などをやらなくてもよい立場にいたのですが、人が居なさすぎて店舗営業もメインで行うようになってしまいました。

更に今までの管理者としての仕事などもありますから、仕事量が増えて自分のシフト内では仕事を終わらすことが出来なくなってきました。

結局は深夜は自分で店を回して、日中に事務作業などを行うしか術がありませんでした。

それを繰り返していると、睡眠障害になり、日中起きているのに寝ているというよくわからない状況に陥るようになってしまいました。

寝ながら歩いて接客をしているのです。

自分では無意識なのですが、寝てる最中に仕事をしていてその時の記憶が全くないという状況が続くようになりました。

ストレスでついに病気を発症

休みが全くなく33連勤というときもありました。

その中で連続勤務は最大で74時間です。

約3日間寝ずに働きづめになって結局はストレスが原因で盲腸になってしまい、それと併用して子宮内膜症にもなってしまい、緊急手術を行うことになってしまいました。

無理した結果お店にも迷惑をかけてしまいました。

 icon-exclamation-circle 

後から気付いたことですが、自分がそこまで責任を感じて必死に無理しなくとも、人がいなくなったら経営者は代わりに大目に人を雇ったりしますし、何らかの対策をとります。

もっと早くギブアップしておけばよかったと今になって後悔しています。

これを見ている人の中にはリラクゼーション業界の人が多いと思いますが、この仕事はかなり大変です。

歩合制だったりしますし…。

セラピストが勤まっているなら、他の仕事にも絶対適性があるはずです。

コミュニケーションが好きな人が多いと思いますので…。

「ずっとこの業界でやっていくのか?」よく考えた方がいいかもしれません。

⇒【強み診断有】リクナビNEXTに一分で無料登録!

私の周りでは、加齢とともに体がついていかなくなって病める人が多いので…。

まとめ

壮絶な体験談ですね…。

最大74時間も連続で勤務なんて、激務の勤務医でも無いと思いますよ。

丸三日以上です。

しかも、最後にこの方は『お店にも迷惑をかけてしまった』と、勤務していたお店への申し訳なさを吐露しています。

これほどまでの激務で働かされて、しかも病気になって手術するような事態になったにも関わらず…。

この方が、いかに正常な判断ができない状況で酷使されていたかがわかります。

リラクゼーション業界はブラックか?

この方は店舗責任者という立場で、追い込まれた結果このような悲惨な結果になってしまいました。

果たしてリラクゼーション業界全体はブラックなのでしょうか?

リラクゼーション業界といえば、マッサージや整体、エステサロンやネイルサロンもそうかもしれません。

これらに共通するのは、無資格で行えて国家資格がない(あっても有名無実化している)ところが多い、ということです。

 icon-exclamation-circle 

ですが、最近は法律の穴をかいくぐって『ウチは○○マッサージなので、法律で規定されているあん摩マッサージ指圧行為ではありません』などと主張し、

無資格にも関わらず店舗拡大しているリラクゼーション企業が多いです。

まぁ国がしっかり取り締まらないから悪いのですが、そんなグレーな業界なので、遵法意識も希薄な傾向にある可能性があります。

待遇面でも、決していいとはいえません。

実際マッサージ系の店舗は大半が無資格のバイトであり、正社員でも時給制だったり歩合制の会社が多いです。

有資格者で、リラクゼーション業界に嫌気がさしている方は…

このページを見ている方で、国家資格を持っているにも関わらずブラックなリラクゼーション企業で働いている方もおられることでしょう。

「もうこの業界には嫌気がさした!他の業界に行く!」と思い立って異業種転職をしてもいいのですが、せっかく国家資格をとったのに勿体無いと思います。

上記のようなグレーな商売をしているところはブラック度が高いですが、有資格者しか雇わない整体院、鍼灸院や接骨院などでは、ちゃんとした待遇で働けるところも確実に存在します。

無資格でマッサージなどをしているリラクゼーション企業は、未経験のバイトでもいいわけですから有資格者を軽視する傾向にあります。

資格の有無よりは「一人でも多く固定客つけろ!」という感じで、その人の営業力のみで評価が決まってしまいます。

貴方を正当に評価してくれるところを、探したほうがいいと思います。
こちらの転職サービスであれば、高待遇の職場を探すことができます。

⇒柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師の転職なら「ウェルクス治療家」

柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師資格保持者限定の転職支援サービスですが、それゆえに有資格者にきめ細かい転職支援を行っているサービスです。
有資格者のみの転職支援って、残念ながらあまりないんですよね…。

普通のリラクゼーション業界の転職支援サービスよりも、高待遇の職場が見つかる可能性が高いです。
異業種転職をする前に、同業転職を検討してみるといいかもしれません。単に今の職場が酷すぎるだけかもしれませんので…。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする